Researchers Database

inagaki takeshi

    AnatomyForensicMedicine Research Associate
Last Updated :2021/10/17

Researcher Information

Degree

  • Bachelor(2005/03 Jichi Medical School)

URL

Research funding number

  • 20775895

ORCID ID

J-Global ID

Research Interests

  • メタボリックシンドローム   脳血管障害   脳卒中   加齢   血管線維化   血管リモデリング   Hypertension   Type I Collagen   Cerebral Perivascular Macrophages   Cerebral Arteriolosclerosis   Legal Medicine   Forensic Science   Medico-Legal Autopsy   Pathology   Human Pathology   Forensic Pathology   

Research Areas

  • Life sciences / Anatomy
  • Life sciences / Human pathology
  • Life sciences / Forensic medicine

Academic & Professional Experience

  • 2016/01 - Today  Jichi Medical UniversitySchool of Medicine, Department of Anatomy, Division of Forensic MedicineResearch Associate
  • 2015/04 - 2015/12  本山町立国民健康保険嶺北中央病院診療部長 (内科)
  • 2013/04 - 2015/12  高知県・高知市病院企業団立高知医療センター病理診断科副医長
  • 2013/09 - 2015/09  Jichi Medical UniversitySchool of Medicine研究生
  • 2013/04 - 2015/03  本山町立国民健康保険嶺北中央病院内科医長
  • 2012/04 - 2013/03  高知県・高知市病院企業団立高知医療センター病理診断科専修医
  • 2011/04 - 2012/03  仁淀川町国民健康保険大崎診療所(内科)
  • 2009/04 - 2011/03  梼原町立国民健康保険梼原病院内科
  • 2008/04 - 2009/03  大月町国民健康保険大月病院内科
  • 2007/04 - 2008/03  高知県立幡多けんみん病院内科主査
  • 2005/04 - 2007/03  高知県・高知市病院企業団立高知医療センター総合診療科初期臨床研修医

Education

  •        - 2005/03  Jichi Medical School  医学部  医学科

Association Memberships

  • THE JAPANESE SOCIETY OF PATHOLOGY   JAPANESE SOCIETY OF LEGAL MEDICINE   

Published Papers

  • Takeshi Inagaki, Ken Fujiwara, Yoshiaki Shinohara, Morio Azuma, Reiji Yamazaki, Kiyomi Mashima, Atsushi Sakamoto, Takashi Yashiro, Nobuhiko Ohno
    Histochemistry and cell biology 2021/04 [Refereed]
     
    Hypertension leads to structural remodeling of cerebral blood vessels, which has been implicated in the pathophysiology of cerebrovascular diseases. The remodeling and progression of arteriolosclerosis under hypertension involve fibrosis along with the production of type I collagen around cerebral arterioles. However, the source and regulatory mechanisms of this collagen production remain elusive. In this study, we examined if perivascular macrophages (PVMs) are involved in collagen production around cerebral small vessels in hypertensive SHRSP/Izm rats. Immunoreactivity for type I collagen around cerebral small vessels in 12-week-old hypertensive rats tended to higher than those in 4-week-old hypertensive and 12-week-old control rats. In ultrastructural analyses using transmission electron microscopy, the substantial deposition of collagen fibers could be observed in the intercellular spaces around PVMs near the arterioles of rats with prolonged hypertension. In situ hybridization analyses revealed that cells positive for mRNA of Col1a1, which comprises type I collagen, were observed near cerebral small vessels. The Col1a1-positive cells around cerebral small vessels were colocalized with immunoreactivity for CD206, a marker for PVMs, but not with those for glial fibrillary acidic protein or desmin, markers for other perivascular cells such as astrocytes and vascular smooth muscle cells. These results demonstrated that enhanced production of type I collagen is observed around cerebral small vessels in rats with prolonged hypertension and Col1a1 is expressed by PVMs, and support the concept that PVMs are involved in collagen production and vascular fibrosis under hypertensive conditions.
  • Kiyomi Mashima, Morio Azuma, Ken Fujiwara, Takeshi Inagaki, Iekuni Oh, Takashi Ikeda, Kento Umino, Hirofumi Nakano, Kaoru Morita, Kazuya Sato, Daisuke Minakata, Ryoko Yamasaki, Masahiro Ashizawa, Chihiro Yamamoto, Shin-Ichiro Fujiwara, Kaoru Hatano, Ken Ohmine, Kazuo Muroi, Nobuhiko Ohno, Yoshinobu Kanda
    Acta Histochemica et Cytochemica 53 (3) 43 - 53 0044-5991 2020/06 [Refereed][Not invited]
     
    Leukemias are refractory hematopoietic malignancies, for which the development of new therapeutic agents requires in vivo studies using tumor-bearing mouse models. Although several organs are commonly examined in such studies to evaluate the disease course, the effectiveness of interventions and the localization of tumor cells in the affected organs are still unclear. In this study, we histologically examined the distribution of leukemia cells in several organs using two leukemic mouse models produced by the administration of two cell lines (THP-1, a human myelomonocytic leukemia, and A20, a mouse B cell leukemia/lymphoma) to severe immunodeficient mice. Survival of the mice depended on the tumor burden. Although A20 and THP-1 tumor cells massively infiltrated the parenchyma of the liver and spleen at 21 days after transplantation, A20 cells were hardly found in connective tissues in Glisson's capsule in the liver as compared with THP-1 cells. In the bone marrow, there was more severe infiltration of A20 cells than THP-1 cells. THP-1 and A20 cells were widely spread in the lungs, but were rarely observed in the small intestine. These findings suggest that each leukemia model has a unique localization of tumor cells in several affected organs, which could critically affect the disease course and the efficacy of therapeutic agents, including cellular immunotherapies.
  • Toshinori Omi, Sachie Nakiri, Setsuko Nakanishi, Naomi Ishii, Taiki Uno, Fumiharu Konno, Takeshi Inagaki, Atsushi Sakamoto, Masayuki Shito, Chihiro Udagawa, Naomi Tada, Kazuhiko Ochiai, Takuya Kato, Yoshi Kawamoto, Shuichi Tsuchida, Shin-Ichi Hayama
    BMC research notes 13 (1) 121 - 121 2020/03 [Refereed][Not invited]
     
    OBJECTIVES: Following the massive earthquake that struck eastern Japan on March 11, 2011, a large amount of radioactive material was released into the environment from the damaged reactor of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (FDNPP). After the FDNPP accident, radiocaesium was first detected in muscle samples from wild Japanese monkeys exposed to radioactive materials, and haematologic effects, changes in head size, and delayed body weight gain were also reported, but little is known about the distribution of 137Cs in the organs and tissues of wild Japanese monkeys. RESULTS: We detected the 137Cs in various organ and tissue samples of 10 wild Japanese monkeys inhabiting the forested areas of Fukushima City that were captured between July and August 2012. Among muscle, brain, heart, kidney, liver, lung, and spleen, muscle exhibited the highest and the brain the lowest 137Cs concentration. The concentration (mean ± SD) of 137Cs in muscle, brain, heart, kidney, liver, lung, and spleen was 77 ± 66, 26 ± 22, 41 ± 35, 49 ± 41, 41 ± 38, 53 ± 41, and 53 ± 51 Bq/kg, respectively. These results can help us understand the biological effects of long-term internal radiation exposure in non-human primates.
  • Morio Azuma, Takehiro Tsukada, Takeshi Inagaki, Fujianti Casmad, Depicha Jindatip, Alimuddin Tofrizal, Rita Maliza, Khongorzul Batchuluun, Rahimi Syaidah, Nobuhiko Ohno, Ken Fujiwara, Motoshi Kikuchi, Takashi Yashiro
    Acta Histochemica et Cytochemica 51 (5) 145 - 152 0044-5991 2018/10 [Refereed][Not invited]
     
    Laminin, a major basement membrane protein, comprises three subunit chains: α, β, and γ chains. Among these chains, only the laminin α chain is capable of signaling via laminin receptors. Although laminin isoforms containing the α5 chain were reported to be the first laminin produced during rat anterior pituitary gland development, the functions of these isoforms are unknown. We used immunohistochemical techniques to localize the laminin α5 chain and its specific receptor, basal cell adhesion molecule (BCAM), in fetal and adult pituitary gland. Laminin α5 chain immunoreactivity was observed in the basement membrane of the primordial adenohypophysis at embryonic days 12.5 to 19.5. Double immunostaining showed that BCAM was present and co-localized with the laminin α5 chain in the tissue. Quantitative analysis showed that the laminin α5 chain and BCAM were expressed in the anterior pituitary gland during postnatal development and in adulthood (postnatal day 60). In the adult gland, co-localization of the laminin α5 chain and BCAM was observed, and BCAM was detected in both the folliculo-stellate cells and endothelial cells. These results suggest that laminin α5 chain signaling via BCAM occurs in both the fetal adenohypophysis and adult anterior pituitary gland.
  • Takeshi Inagaki, Hiroshi Ohno, Toshinori Omi, Atsushi Sakamoto
    Jichi Medical University Journal (学)自治医科大学 39 23 - 28 1881-252X 2017/03 [Refereed][Not invited]
     
    We encountered two autopsy cases of sudden infant death in which involvement of patent ductus arteriosus (PDA) was suspected. Case 1 involved a 16-day-old boy with normal birth and development, who caught a cold and completely recovered. Five days after catching the cold, a few hours after a night cry, he was found apneic and unresponsive. Case 2 involved a 7-week-old girl who was born by vacuum extraction without any growth history of note. She was also found unresponsive, several hours after taking milk as usual. In both cases, PDAs were recognized on autopsy, but had been asymptomatic and clinically undiagnosed (silent PDA). Because the lungs showed a tendency to sink in a hydrostatic lung test and inflammatory changes such as lymphocytic infiltration mainly into the bronchioles was evident on histopathological examination, we diagnosed bronchial pneumonia as the direct cause of death. However, changes in the lungs were considered too mild to fully account for the speed and prime cause of death, and reactions to respiratory syncytial virus (RSV) tests were faint. We therefore concluded that persistent cardiac load or some kind of circulatory stress from the comorbid PDA was eventually involved in the process of sudden death in these cases. PDA is a rather common cardiovascular malformation, and many infants with PDA may develop normally. Since detection of PDA has been difficult, especially in asymptomatic case, and even silent PDA can lead to sudden infant death with complications such as RSV infection, we emphasize the importance of paying attention to the probability of undiagnosed PDA in forensic autopsy for cases of sudden infant death. (Key Words: sudden infant death; determining cause of death; patent ductus arteriosus; respiratory syncytial virus infection; autopsy)
  • Toshinori Omi, Shota Nakazawa, Chihiro Udagawa, Naomi Tada, Kazuhiko Ochiai, Yong Hwa Chong, Yuiko Kato, Hiroko Mitsui, Azusa Gin, Hitomi Oda, Daigo Azakami, Kyoichi Tamura, Toshinori Sako, Takeshi Inagaki, Atsushi Sakamoto, Toshihiko Tsutsui, Makoto Bonkobara, Shuichi Tsuchida, Shigenori Ikemoto
    PLoS ONE 11 (10) e0165000 - e0165000 1932-6203 2016/10 [Refereed][Not invited]
     
    Cat's AB blood group system (blood types A, B, and AB) is of major importance in feline transfusion medicine. Type A and type B antigens are Neu5Gc and Neu5Ac, respectively, and the enzyme CMAH participating in the synthesis of Neu5Gc from Neu5Ac is associated with this cat blood group system. Rare type AB erythrocytes express both Neu5Gc and Neu5Ac. Cat serum contains naturally occurring antibodies against antigens occurring in the other blood types. To understand the molecular genetic basis of this blood group system, we investigated the distribution of AB blood group antigens, CMAH gene structure, mutation, diplotypes, and haplotypes of the cat CMAH genes. Blood-typing revealed that 734 of the cats analyzed type A (95.1%), 38 cats were type B (4.9%), and none were type AB. A family of three Ragdoll cats including two type AB cats and one type A was also used in this study. CMAH sequence analyses showed that the CMAH protein was generated from two mRNA isoforms differing in exon 1. Analyses of the nucleotide sequences of the 16 exons including the coding region of CMAH examined in the 34 type B cats and in the family of type AB cats carried the CMAH variants, and revealed multiple novel diplotypes comprising several polymorphisms. Haplotype inference, which was focused on non-synonymous SNPs revealed that eight haplotypes carried one to four mutations in CMAH, and all cats with type B (n = 34) and AB (n = 2) blood carried two alleles derived from the mutated CMAH gene. These results suggested that double haploids selected from multiple recessive alleles in the cat CMAH loci were highly associated with the expression of the Neu5Ac on erythrocyte membrane in types B and AB of the feline AB blood group system.
  • Hidehiko Maruyama, Takeshi Inagaki, Yusei Nakata, Akane Kanazawa, Yuka Iwasaki, Kiyoshi Sasaki, Ryuhei Nagai, Hiromi Kinoshita, Jun Iwata, Kiyoshi Kikkawa
    American Journal of Perinatology Reports 05 (02) e124 - e128 2157-6998 2015/10 [Refereed][Not invited]
     
    【Introduction】This report will discuss a case of minimally conjoined omphalopagus twins (MCOTs) with a body stalk anomaly (BSA). 【Case Report】We experienced monochorionic diamniotic (MD) twins born at 31 weeks. One infant was suspicious of BSA before birth, and another infant was normal. But normal infant had anal atresia with small intestine which was inserted behind the umbilicus. Twins had very short common umbilicus and infant with BSA had intestinal conjunction, two appendixes at the site of the colon, and a blind-ending colon. We diagnosed MCOTs. 【Discussion】On the basis of the Spencer hypothesis, the etiology of MCOTs was that MD twins shared a yolk sac. However, this could not explain the presence of a BSA. It is necessary to consider the possible reasons for a singleton BSA. In addition, intestinal fusion occurred unequally in this case, although two appendixes were found in the same place, which might have occurred because of the balanced fusion.
  • Takehiro Okabayashi, Yasuo Shima, Jun Iwata, Tatsuaki Sumiyoshi, Akihito Kozuki, Teppei Tokumaru, Yasuhiro Hata, Yoshihiro Noda, Takeshi Inagaki, Saori Morishita, Masanori Morita
    Internal Medicine 52 (24) 2753 - 2757 0918-2918 2013 [Refereed][Not invited]
     
    A 55-year-old man suffering from melena was admitted to our hospital. A blood test showed severe anemia. Contrast-enhanced computed tomography (CT) revealed a huge lesion in the duodenum and dilatation of the common bile duct. Upper gastrointestinal endoscopy also identified hemorrhaging from the tumor in the duodenum. Due to the low density of the tumor mass, we performed emergency pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy. Histology revealed an area of well-differentiated liposarcoma as well as an area of highgrade spindle cells and pleomorphic sarcoma without obvious differentiation. The final pathological diagnosis was dedifferentiated liposarcoma. This is the first case report of primary liposarcoma of the duodenum.
  • Amornpun Sereemaspun, Koichi Takeuchi, Yuki Sato, Sadahiko Iwamoto, Takeshi Inagaki, Shigeo Ookawara, Yoji Hakamata, Takashi Murakami, EijiI Kobayashi
    Gene Expression 12 (4) 305 - 313 1052-2166 2005 [Refereed][Not invited]
     
    Many endogenous gene expressions in the liver are well known to be predominant in males, compared with those of females. In contrast, the fate of hepatic transgene expression between sexes is not fully understood. Here we studied whether sex hormones changed hepatic transgene expression in the ubiquitous CAG promoter-driven lacZ transgenic (Tg) rat. Both sexes of CAG-lacZ Tg rats received gonadectomy. Liver biopsy was taken weekly to determine the change of transgene expression. Histological result of adult males showed mosaic lacZ expression but it was negative in adult females, while livers in neonatal stage showed comparable expression of lacZ. Other organs exhibited equal expression in both sexes. At 2 weeks after castration, lacZ expression in male liver was significantly decreased and became negative after 4 weeks while no significant difference was observed in the lacZ expression pattern in other organs. After ovariectomy, lacZ expression in female liver remained undetectable. Moreover, testosterone treatment to gonadectomized rats of both sexes could enhance lacZ expression in the liver. In summary, we report that CAG-lacZ Tg rats demonstrate sexual dimorphism of transgene expression specifically only in the liver. Testosterone administration mediated upregulation of liver lacZ expression. Our findings suggested that androgen, especially testosterone, plays an important role in the hepatic transgene expression.
  • Koichi Takeuchi, Amornpun Sereemaspun, Takeshi Inagaki, Yoji Hakamata, Takashi Kaneko, Takashi Murakami, Masafumi Takahashi, Eiji Kobayashi, Shigeo Ookawara
    The anatomical record. Part A, Discoveries in molecular, cellular, and evolutionary biology 274A (2) 883 - 886 0003-276X 2003/10 [Refereed][Not invited]
     
    Transgenic (Tg) animals with reporter genes are useful models in which to study cell lineage and the process of differentiation into tissues. We developed the green fluorescent protein (GFP)-Tg rat, which is more suitable for transplantation and stem cell research because it is larger than mice. We found that marker gene expression was dependent on each organ and developmental stage. In this study we describe GFP expression in various tissues from embryonic, neonatal, and adult animals. GFP expression in brain, lung, liver, and islet tissues was restricted to early developmental stages, but it was continuously strong in the exocrine pancreas, kidney, and cardiac and skeletal muscles. The CAG promoter that was presumed to induce ubiquitous protein expression might be responsible for the differences in expression.
  • Sadahiko Iwamoto, Maki Kumada, Toyomi Kamesaki, Hiroshi Okuda, Eiji Kajii, Takeshi Inagaki, Daisuke Saikawa, Kouichi Takeuchi, Sigeo Ohkawara, Riichi Takahashi, Shoji Ueda, Seiichiro Inoue, Kazunori Tahara, Yoji Hakamata, Eiji Kobayashi
    Journal of Biological Chemistry 277 (48) 46463 - 46469 0021-9258 2002/11 [Refereed][Not invited]
     
    We cloned a rat ABO homologue and established human A- and B-transferase transgenic rats. A DNA fragment corresponding to exon 7 of the human ABO gene was amplified from Wistar rat genomic DNA and sequenced. Using the amplified fragments as a probe for Southern blotting, multiple hybridized bands appeared on both EcoRI- and BamHI-digested genomes of seven rat strains, which showed variations in the band numbers among the strains. Four cDNAs were cloned from a Wistar rat, three of which showed A-transferase activity and one of which showed B-transferase activity. These activities were dependent on the equivalent residues at 266 and 268 of human ABO transferase. Wild Wistar rats expressed A-antigen in salivary gland, intestine, and urinary bladder tissue, but B-antigen was not stained in any organs studied, whereas a transcript from the ABO homologue with B-transferase activity was ubiquitous. Human A-transferase and B-transferase were transferred into Wistar rats. A-transgenic rats expressed A-antigen in ectopic tissue of the brain plexus, type II lung epithelium, pancreas, and epidermis. B-antigen in the B-transgenic rat was expressed in the same organs as A-transgenic rats. These results may shed light on the function and evolution of the ABO gene in primates.

Books etc

  • 最新 社会福祉士養成講座・精神保健福祉士養成講座: 1 医学概論
    稲垣 健志 (Contributor第4章 疾病と障害の成り立ちおよび回復過程; 第1節 疾病の発生原因と成立機序)
    中央法規出版(株) 2021/02 9784805882313
  • 日本プライマリ・ケア連合学会四国支部 論文集 No.5
    稲垣 健志 (Contributor震災関連; 活動を通して再認識)
    日本プライマリ・ケア連合学会四国支部 2012/04 61

Conference Activities & Talks

  • 脳細動脈硬化における血管線維化と脳血管周囲マクロファージの関連  [Not invited]
    稲垣 健志, 山崎 礼二, 長内 康幸, 篠原 良章, 坂本 敦司, 大野 伸彦
    第53回日本臨床分子形態学会総会・学術集会  2021/10  Web開催  日本臨床分子形態学会
  • 剖検で偶発された脾inflammatory pseudotumorの一例  [Not invited]
    稲垣 健志, 木城 典子, 前田 純子, 大岡 汐里, 小山田 隆, 近江 俊徳, 坂本 敦司
    第105次日本法医学会学術全国集会  2021/10  誌上+Web開催  日本法医学会
  • 交通事故により車両火災が続発した自動車運転中の内因性急死の1剖検例  [Not invited]
    稲垣 健志, 大野 博, 前田 純子, 木城 典子, 大岡 汐里, 小山田 隆, 近江 俊徳, 坂本 敦司
    日本法医学会第89回学術関東地方集会  2020/10  東京ガーデンパレス(東京都文京区)  日本法医学会
     
    [P22] 【緒言】 火災現場で発見された遺体の剖検では焼死と死後の焼損との鑑別が重要である. 【事例概要】 60歳代男性.死亡前日の朝から腹痛が持続していた.死亡当日の朝は出勤のため自動車を運転して自宅を出発した.近所の交差点に赤信号を無視して進入し,道路から草地に約70cmの高さを落下して草地面に衝突した.一時停止後,草地から更に畑地にかけて約40mを前進して農機具小屋に自車前部を衝突させた後,車両火災により自車及び農機具小屋を全焼させた. 【剖検所見】 身長173cm,体重60.5kg.全身の炭化・焼損が著しい.気管・食道に煤煙の付着は認めない。総腸骨動脈分岐部に12.0×7.5×4.5cm大の動脈瘤を認め,内部には器質化した壁在血栓や石灰化を部分的に伴う.動脈瘤の左側面に4.0×1.2cmの裂開と,その周囲に15×13cmの範囲で1,156gの血腫を認める.血腫は更に広範に後腹膜に拡がり,右腎盂から副腎内側の脂肪織や腸間膜にも及ぶ.薬毒物検査:陰性.血中一酸化炭素ヘモグロビン(CO-Hb)濃度:心臓血で16%. 【まとめ】 (1)大量の血腫を伴う腹部大動脈瘤破裂を認める.(2)高度の炭化・焼損を認めるが生活反応に乏しく,(3)血中CO-Hbは致死濃度よりも低く,死後の燃焼と考えられる.(4)薬毒物検査は陰性で,(5)その他には死因になり得る損傷や病変を認めない.以上より本屍の死因は腹部大動脈瘤破裂と判断した.
  • 剖検にて特異な悪性リンパ腫に遭遇した焼死の1例  [Not invited]
    坂本 敦司, 稲垣 健志, 大野 博, 前田 純子, 木城 典子, 大岡 汐里, 小山田 隆, 近江 俊徳
    日本法医学会第89回学術関東地方集会  2020/10  東京ガーデンパレス(東京都文京区)  日本法医学会
  • Inagaki Takeshi, Fujiwara Ken, Ohno Nobuhiko, Sakamoto Atushi
    18th Jichi Medical University Symposium  2019/09  Jichi Medical University (Shimotsuke, Tochigi)  Jichi Medical University
     
    [I-29] 【背景】 脳血管のリモデリングは、高血圧に伴う脳血管障害の病態に深く関わっている。高血圧下において脳の細動脈硬化が進展する過程では、脳血管中膜の平滑筋細胞の変性に加えて、脳細動脈周囲のⅠ型コラーゲンの増生による血管線維化の進行が報告されている。しかし、これらのコラーゲン線維の産生細胞は同定されておらず、その機序も不明である。本研究ではラットの高血圧モデルを用いて、脳血管周囲マクロファージ(perivascular macrophage; PVM)が細動脈周囲のコラーゲン産生に関わる可能性について検討を行った。 【方法】 脳卒中易発症系高血圧自然発症ラット(SHRSP/Izm; 高血圧ラット)とその対照動物(WKY/Izm; 対照群ラット)の4、8、12週齢の雄の個体を用いた。還流固定後に新鮮凍結切片を作製し、各種抗体による免疫組織化学(immunohistochemistry; IHC)とコラーゲン遺伝子Col1a1に対するin situ hybridization (ISH)を行った。一部の動物では電子顕微鏡試料を作製し、透過型電子顕微鏡(電顕)観察を行った。 【結果】 PVMマーカーであるCD206に対するIHCでは、PVMは脳細動脈の分岐部ないし近傍に局在した。12週齢の高血圧ラットの脳細動脈周囲では4週齢の高血圧ラットや12週齢の対照群ラットと比較して、IHCにおけるI型コラーゲンの免疫反応の増加が認められた。また、電顕観察でも12週齢の高血圧ラットのPVM周囲の細胞間隙に、多数のコラーゲン線維が認められた。I型コラーゲンを構成するCol1a1に対するISHでは、脳細動脈近傍に陽性シグナルを有する細胞が散見された。そこでCol1a1に対するISHと各種細胞マーカーに対するIHCの二重染色を行ったところ、脳細動脈近傍のCD206陽性細胞の一部にはISHシグナルとの共局在が認められたが、GFAP(glial fibrillary acidic protein; 星状膠細胞マーカー)やDesmin(血管平滑筋および周皮細胞マーカー)陽性細胞では、ISHシグナルとの共局在は見られなかった。 【結論】 高齢の高血圧モデルラットでは脳細動脈周囲のI型コラーゲンの増生がみられ、Col1a1 mRNAを星状膠細胞や血管平滑筋細胞ではなく、PVMが有していることが示された。PVMは高血圧条件下での脳細動脈周囲におけるコラーゲン線維の増生と関連しており、高血圧の持続によって引き起こされる脳細動脈硬化性変化に関与している可能性が示唆された。
  • 交差適合試験不適合B型ドナーネコの血清学的・遺伝学的解析  [Not invited]
    近江 俊徳, 宇埜 友美子, 川上 翔太, 土田 修一, 浅野 潤三, 落合 和彦, 呰上 大吾, 稲垣 健志, 坂本 敦司, 小林 輔
    日本DNA多型学会第27回学術集会  2018/12  松江イングリッシュガーデン(島根県松江市)  日本DNA多型学会
     
    P-17
  • Sudden infant death in which involvement of patent ductus arteriosus was suspected: four autopsy case reports.  [Not invited]
    Inagaki Takeshi, Sakamoto Atsushi
    17th Jichi Medical University Symposium  2018/09  Jichi Medical University (Shimotsuke, Tochigi)  Jichi Medical University
     
    [F-29] We encountered four autopsy cases of sudden infant death in which involvement of patent ductus arteriosus (PDA) was suspected. Case 1 involved a 16-day-old boy who caught a cold and completely recovered. Five days after catching the cold, a few hours after a night cry, he was found apneic and unresponsive. Case 2 involved a 5-week-old girl, Case 3 involved a 7-week-old girl. In both cases, several hours after a night cry, she was found unresponsive. Case 4 involved a 9-week-old girl who was found unresponsive in a prone position, several hours after she was confirmed that sleeping in a semiprone position. Case 1, 2 and 4 were normal birth and development. Case 3 was born by vacuum extraction without other remarkable growth history. In all cases, PDAs were recognized on autopsy, but had been asymptomatic and clinically undiagnosed (silent PDA). In case 1, 2 and 3, because the lungs showed a tendency to sink in a hydrostatic lung test and inflammatory changes such as lymphocytic infiltration mainly into the bronchioles was evident on histopathological examination, we diagnosed bronchial pneumonia as the direct cause of death. In case 4, because she was found in a prone position and mild abrasion was observed around her mouth and nose, we estimated that smothering was the direct cause of death. However, the lesions and injuries of these four cases were relatively mild. In case 1, 2 and 3, changes of the lung lesions were considered too mild to fully account for the speed and prime cause of death, and reactions to respiratory syncytial virus (RSV) tests were faint. In case 4, lungs showed extensive congestion, but no significant congestion in other organs and no petechiae was found. We therefore concluded that persistent cardiac load or some kind of circulatory stress from the comorbid PDA was eventually involved in the process of sudden death in these cases. PDA is a rather common cardiovascular malformation, and many infants with PDA may develop normally. Since detection of PDA has been difficult, especially in asymptomatic case, and even silent PDA can lead to sudden infant death with complications such as RSV infection or occlusion of mouth and nose, we emphasize the importance of paying attention to the probability of undiagnosed PDA in forensic autopsy for cases of sudden infant death.
  • 子宮腫瘤(KS1655)  [Not invited]
    松本 学, 早藤 咲, 稲垣 健志, 岩田 純
    第378回高知病理研究会  2015/08  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 卵巣腫瘍(KS1653)  [Not invited]
    松本 学, 早藤 咲, 稲垣 健志, 岩田 純
    第377回高知病理研究会  2015/07  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 胎盤病変(KS1650)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 早藤 咲, 松本 学, 永井 立平
    第377回高知病理研究会  2015/07  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 後腹膜腫瘍(KS1642)  [Not invited]
    松本 学, 早藤 咲, 稲垣 健志, 岩田 純
    第376回高知病理研究会  2015/06  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 胃病変(KS1640)  [Not invited]
    岩田 純, 林 昭光, 稲垣 健志, 早藤 咲, 松本 学, 藤原 聡史
    第376回高知病理研究会  2015/06  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 後縦隔腫瘍(KS1637)  [Not invited]
    岩田 純, 林 昭光, 稲垣 健志, 早藤 咲, 松本 学, 岡本 卓, 張 性洙
    第375回高知病理研究会  2015/05  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 膀胱腫瘍(KS1632)  [Not invited]
    松本 学, 早藤 咲, 稲垣 健志, 岩田 純
    第374回高知病理研究会  2015/04  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 右手掌軟部腫瘍(KS1631)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 早藤 咲, 松本 学, 沼本 邦彦
    第374回高知病理研究会  2015/04  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 子宮腫瘍(KS1626)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 林 昭光, 松本 学, 木下 宏美
    第373回高知病理研究会  2015/03  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 腎腫瘍(KS1625)  [Not invited]
    松本 学, 稲垣 健志, 岩田 純
    第373回高知病理研究会  2015/03  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 卵巣腫瘍(KS1622)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    第372回高知病理研究会  2015/01  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 膝窩部軟部腫瘍(KS1619)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    第371回高知病理研究会  2014/12  高知赤十字病院(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 右乳腺腫瘍(KS1613)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 林 昭光, 松本 学, 高畠 大典
    第371回高知病理研究会  2014/12  高知赤十字病院(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 頭部皮膚腫瘤(KS1609)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    第370回高知病理研究会  2014/11  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • Body Stalk Anomalyを合併したMinimally Conjoined Omphalopagus Twins
    丸山 秀彦, 稲垣 健志, 中田 裕生, 金澤 亜錦, 岩崎 由佳, 佐々木 潔, 永井 立平, 木下 宏実, 岩田 純, 吉川 清志
    日本人類遺伝学会第59回大会、日本遺伝子診療学会第21回大会  2014/11  タワーホール船堀(東京都江戸川区)  日本人類遺伝学会、日本遺伝子診療学会
     
    1O12-3
  • 足底皮膚病変(KS1608)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    第369回高知病理研究会  2014/10  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 頬部皮膚腫瘍(KS1606)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    第369回高知病理研究会  2014/10  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 下部直腸腫瘍(KS1603)  [Not invited]
    林 昭光, 岩田 純, 稲垣 健志, 松本 学, 森下 佐織
    第368回高知病理研究会  2014/09  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 卵巣腫瘍(KS1601)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    第367回高知病理研究会  2014/07  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 腹腔内腫瘤(KS1600)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    第367回高知病理研究会  2014/07  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 腹腔内腫瘍(KS1597)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 林 昭光, 松本 学
    第366回高知病理研究会  2014/06  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 背部皮下腫瘍(KS1596)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    第366回高知病理研究会  2014/06  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 卵巣腫瘍(S2523)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    日本病理学会中国四国支部学術集会 第114回スライドカンファレンス  2014/06  高知大学医学部(高知県南国市)  日本病理学会中国四国支部
     
    症例:30〜40歳未満・女性 月経痛のため近医を受診したところ、超音波検査で子宮体部右側に径 8 cm の腫瘤を認め、卵巣腫瘍と診断された。当院で腫瘍が摘出され、最大径約 9.5 cm で、充実性、分葉状、黄白色調で、部分的に出血を伴っていた。術後7ヵ月で再発、転移の兆候はない。 → Microcystic stromal tumor
  • 肺病変(KS1594)  [Not invited]
    松本 学, 林 昭光, 稲垣 健志, 岩田 純
    第365回高知病理研究会  2014/05  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 脳腫瘍(KS1578)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 森本 雅徳
    第361回高知病理研究会  2013/12  高知赤十字病院(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 右脛骨病変(KS1573)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志沼本, 長沼 誠二
    第359回高知病理研究会  2013/10  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 膵腫瘍(KS1563)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 住吉 辰朗, 志摩 泰生
    第357回高知病理研究会  2013/09  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 左副腎病変(KS1554)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 小野 憲昭
    第355回高知病理研究会  2013/06  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 岩田 純, 稲垣 健志, 沼本 邦彦
    第49回日本骨軟部腫瘍研究会 (Bone Tumor Club)  2013/05  東邦大学医療センター佐倉病院(千葉県佐倉市)  日本骨軟部腫瘍研究会
  • 右卵巣腫瘍(KS1550)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 木下 宏美
    第354回高知病理研究会  2013/04  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 副腎病変(KS1543)  [Not invited]
    稲垣 健志, 岩田 純, 齋坂 雄一
    第352回高知病理研究会  2013/02  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 十二指腸腫瘍(KS1537)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 岡林 雄大
    第351回高知病理研究会  2012/12  高知赤十字病院(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 右耳下腺腫瘍(KS1532)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 小桜 謙一
    第350回高知病理研究会  2012/11  高知大学医学部附属病院(高知県南国市)  高知病理研究会
  • 胃腫瘍(KS1526)  [Not invited]
    稲垣 健志, 岩田 純, 山田 高義
    第349回高知病理研究会  2012/10  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 左卵巣腫瘍(KS1511)  [Not invited]
    岩田 純, 稲垣 健志, 小松 淳子
    第345回高知病理研究会  2012/06  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 当院から高知医療センターへのヘリ搬送により、救命できた2症例  [Not invited]
    豊崎 浩一郎, 中山 一, 橋元 球一, 小野 歩, 稲垣 健志
    香川プライマリ・ケア研究会、日本プライマリ・ケア学会四国支部第11回学術集会、第18回四国地域医学研究会 合同集会  2012/01  リーガホテルゼスト高松(香川県高松市)  香川プライマリ・ケア研究会、日本プライマリ・ケア学会四国支部、四国地域医学研究会
  • 梼原町におけるインフルエンザ予防接種の受診率向上に向けての取り組み  [Not invited]
    大崎 和江, 内田 望, 稲垣 健志, 西村 芳美, 西村 みずえ, 中越 緑
    第25回高知県国保地域医療学会  2011/02  高知医療センター(高知県高知市)  高知県国保連合会
  • 「梼原病院でよかった」と思ってもらえる病院を目指して ー梼原病院・病院をよくする会の取り組みー  [Not invited]
    里見 奈保, 内田 望, 川村 欣之, 棚田 純代, 稲垣 健志
    第25回高知県国保地域医療学会  2011/02  高知医療センター(高知県高知市)  高知県国保連合会
  • 梼原町高齢者における大腿骨骨折の実態と課題  [Not invited]
    盛實 篤史, 稲垣 健志, 棚田 純代, 川村 欣之, 的場 俊
    第24回高知県国保地域医療学会  2010/02  高知医療センター(高知県高知市)  高知県国保連合会
     
    P1-40
  • 痛風結節自壊による皮膚潰瘍の一例  [Not invited]
    森木 有里恵, 稲垣 健志, 青木 啓祐, 小野 歩
    第23回高知県国保地域医療学会  2009/02  高知医療センター(高知県高知市)  高知県国保連合会
  • 心房細動患者における低強度ワルファリン療法中の出血性合併症の検討  [Not invited]
    小野 歩, 青木 啓祐, 稲垣 健志, 森木 有里恵
    第23回高知県国保地域医療学会  2009/02  高知医療センター(高知県高知市)  高知県国保連合会
  • αグルコシダーゼ阻害薬内服が発症誘因と考えられた、腸管嚢胞様気腫症の3例  [Not invited]
    稲垣 健志, 川村 昌史, 森木 有里恵, 青木 啓祐, 小野 歩
    第8回日本プライマリ・ケア学会四国支部総会、第15回四国地域医療研究会 合同学術集会  2008/12  愛媛県民文化会館(愛媛県松山市)  日本プライマリ・ケア学会四国支部、四国地域医療研究会
  • 喉頭腫瘍(KS1334)  [Not invited]
    稲垣 健志, 沼本 敏, 岩田 純, 中井 登紀子, 田村 耕三
    第304回高知病理研究会  2007/02  高知医療センター(高知県高知市)  高知病理研究会
  • 原発性鎖骨下静脈血栓症 (Paget-Schroetter症候群)  [Not invited]
    稲垣 健志, 山本 美香, 大郷 剛, 川田 哲史, 羽原 真人, 濱田 知幸, 尾原 義和, 田口 英詞, 杉本 和彦, 山本 克人, 古野 貴志
    循環器談話会  2007/01  高知医療センター(高知県高知市)
  • HELLP症候群が疑われ母体救命のために緊急帝王切開を施行した1症例  [Not invited]
    稲垣 健志, 谷口 佳代, 楠目 智章, 森岡 信之
    高知産婦人科集談会  2006/09  高知医療センター(高知県高知市)
  • 加重型妊娠高血圧腎症と子宮内胎児発育遅延により帝王切開となった1症例  [Not invited]
    稲垣 健志, 寺澤 晃司
    高知産婦人科集談会  2006/09  高知医療センター(高知県高知市)
  • 岡林 孝弘, 澁谷 祐一, 稲垣 健志, 沼本 敏
    第3回日本乳癌学会中国四国地方会  2006/09  愛媛県医師会館(愛媛県松山市)  日本乳癌学会中国四国地方会
     
    43
  • Pickwick症候群が疑われた急性呼吸不全の1例  [Not invited]
    稲垣 健志, 兼松 貴則
    第8回高知医療センター救命救急センター救急症例検討会  2006/02  高知医療センター(高知県高知市)  高知医療センター救命救急センター
     
    事例発表 2
  • 稲垣 健志, 瀧上 慶一, 黒瀬 祐子, 土山 芳徳
    第93回日本内科学会四国地方会  2005/12  サンポートホール高松(香川県高松市)  日本内科学会四国支部
     
    123

MISC

  • 心内膜線維弾性症が推定された1剖検例
    稲垣 健志, 大野 博, 前田 純子, 木城 典子, 小山田 隆, 近江 俊徳, 坂本 敦司  The Japanese journal of legal medicine  74-  (2)  119  2020/12  [Not refereed][Not invited]
     
    [P01] 【事例概要】 70歳代の男性.登山旅行の下山路で約半月後に発見された.本屍と所持品の発見状況から数メーター程度落下したと推定される. 【剖検所見】 腐敗傾向の男性屍.身長172cm,体重59kg.左眼部皮下血腫(+),左眼窩脂肪織内血腫(+).頭蓋骨骨折(-),左大脳半球に少量のクモ膜下出血(+).左肋骨背側の多発肋骨骨折と左血胸(約200mL)を認め,肺臓(左576g,右580g)には左肺挫傷を推定する.心臓(502g)は前壁から中隔壁に白色斑状の線維化と冠動脈硬化(70~90%内腔狭窄)を認め,心臓血に暗赤色調の凝血(++).肝臓(1,026g)に小挫創(+).脾臓(96g),膵臓(108g),腎臓(左166g,右168g).胃内はほぼ空虚.腰臀部にデコルマン形成(+).大動脈の損傷や骨盤骨折は認めない. 【組織所見】 冠動脈粥腫と陳旧性心筋梗塞に加えて心内膜に多層の弾性線維束による肥厚を認め,心内膜線維弾性症の併存を推定する.左肺臓に肺胞内出血(肺挫傷推定),大脳に小出血斑の散在(脳挫傷推定),肝挫創中に血腫を認める. 【まとめ】 腐敗のため死因診断に難渋したが,ほぼ同時期受傷(推定)の複数損傷に血腫を認め,本屍死亡の主因は多発外傷と推定した.一方,現場状況から損傷後の移動が考えられ,心臓血に大量の軟凝血を認めることから,損傷下の冠不全や心内膜線維弾性症による心機能悪化の関与も推定された.
  • カセットこんろ用ガスの吸引による窒息が推定された自殺の1剖検例
    稲垣 健志, 前田 純子, 木城 典子, 大岡 汐里, 大野 博, 小山田 隆, 近江 俊徳, 坂本 敦司  The Japanese journal of legal medicine  74-  (1)  84  2020/08  [Not refereed][Not invited]
     
    [P85] 【緒言】 カセットこんろ用ガス(カセットボンベ)の内容はブタン及びプロパンが主成分の液化石油ガス(LPガス)であるが、これを用いた自殺例の報告はあまり多くない。 【事例概要】 50歳台の男性。駐車車両内で本屍とともに、缶底に穴を開けて中身が空になったカセットボンベ6本と左頬部に張り付いたビニール袋を認めた。死亡の約4週間前にも、駐車車両内で睡眠薬を服用し石油ストーブを焚くという自殺未遂があった。 【剖検所見】 身長171cm、体重62.2kg。顔面うっ血、眼瞼結膜に溢血点、右胸骨舌骨筋内に血腫、左頚部リンパ節にうっ血、横隔膜に出血斑を認める。口鼻腔から食道及び気管・気管支内に赤色調漿液を容れ、喉頭から気管支の粘膜の発赤と喉頭・気管の粘膜下出血を認める。舌にびらんを認める。食道粘膜は暗褐色調に変色し、部分的にびらんを認める。食道胃接合部から胃底部に粘膜出血を散見し、胃体上・中部の粘膜は広範囲に脱落して、十二指腸・回腸にびらんを認める。回腸から結腸にかけて腸管壁が青緑色調に染色されている。心臓血は暗赤色流動性で少量の凝血塊を混じる。諸臓器は軽度うっ血を示す(肺臓(左)552g;(右)520g、肝臓1,712g、脾臓158g、腎臓(左)122g;(右)106g)。組織学的には心筋線維の断裂と諸臓器にうっ血を認める。薬毒物検査で血液中にエチゾラム、ニトラゼパム及びフルニトラゼパムの含有を認めるが、ガスの成分は検出されない。 【考察】 カセットこんろ用ガスを吸引した痕跡があったが、血液中にガスの成分は検出されなかった。口腔から気道及び消化管に粘膜びらんを認め、過去に報告されているLPガス吸引による急死の剖検例と類似した所見であった。加えて窒息を示唆する所見も認めた。以上より本屍の死因は「カセットこんろ用ガスの吸引による窒息」と推定した。
  • 老人性心アミロイドーシスによる突然死が推定された高齢者の1剖検例
    坂本 敦司, 稲垣 健志, 前田 純子, 木城 典子, 大岡 汐里, 小山田 隆, 大野 博, 近江 俊徳  The Japanese Journal of Legal Medicine  74-  (1)  86  2020/08  [Not refereed][Not invited]
  • Inagaki Takeshi  Jichi Medical University Journal  42-  62  2020/03  [Not refereed][Invited]
     
    【背景】 脳血管のリモデリングは,高血圧にともなう脳血管障害の病態に深く関わっている。高血圧下において脳の細動脈硬化が進展する過程では,脳血管中膜の平滑筋細胞の変性に加えて,脳細動脈周囲のI型コラーゲンの増生による血管線維化の進行が報告されている。しかし,これらのコラーゲン線維の産生細胞は同定されておらず,その機序も不明である。本研究ではラットの高血圧モデルを用いて,脳血管周囲マクロファージ(perivascular macrophage; PVM)が細動脈周囲のコラーゲン産生に関わる可能性について検討を行った。 【方法】 脳卒中易発症系高血圧自然発症ラット(SHRSP/Izm; 高血圧ラット)とその対照動物(WKY/Izm;対照群ラット)の4,8,12週齢の雄の個体を用いた。還流固定後に新鮮凍結切片を作製し,各種抗体による免疫組織化学(immunohistochemistr y; IHC)とコラーゲン遺伝子Col1a1に対するin situ hybridization (ISH)を行った。一部の動物では電子顕微鏡試料を作製し,透過型電子顕微鏡(電顕)観察を行った。 【結果】 PVMマーカーであるCD206に対するIHCでは,PVMは脳細動脈の分岐部ないし近傍に局在した。12週齢の高血圧ラットの脳細動脈周囲では4週齢の高血圧ラットや12週齢の対照群ラットと比較して,IHCにおけるI型コラーゲンの免疫反応の増加が認められた。また,電顕観察でも12週齢の高血圧ラットのPVM周囲の細胞間隙に,多数のコラーゲン線維が認められた。I型コラーゲンを構成するCol1a1に対するISHでは,脳細動脈近傍に陽性シグナルを有する細胞が散見された。そこでCol1a1に対するISHと各種細胞マーカーに対するIHCの二重染色を行ったところ,脳細動脈近傍のCD206陽性細胞の一部にはISHシグナルとの共局在が認められたが,GFAP(glial fibrillary acidic protein; 星状膠細胞マーカー)やDesmin(血管平滑筋および周皮細胞マーカー)陽性細胞では,ISHシグナルとの共局在は見られなかった。 【結論】 高齢の高血圧モデルラットでは脳細動脈周囲のI型コラーゲンの増生がみられ,I型コラーゲンの産生に関わるCol1a1 mRNAを星状膠細胞や血管平滑筋細胞ではなく,PVM が有していることが示された。PVMは高血圧条件下での脳細動脈周囲におけるコラーゲン線維の増生と関連しており,高血圧の持続によって引き起こされる脳細動脈硬化性変化に関与している可能性が示唆された。
  • びまん性脳挫傷による死亡が推定された一剖検例
    坂本 敦司, 稲垣 健志, 大野 博, 大岡 汐里, 木城 典子, 前田 純子, 小山田 隆, 近江 俊徳  The Japanese Journal of Legal Medicine  73-  (2)  143  -144  2019/12  [Not refereed][Not invited]
  • 矢口 雅美, 宇埜 友美子, 落合 和彦, 山根 咲恵, 金子 直博, 稲垣 健志, 坂本 敦司, 小野沢 栄里, 土田 修一, 近江 俊徳  日本獣医学会学術集会講演要旨集  162回-  468  2019/08  [Not refereed][Not invited]
  • 短時間内に受診を繰返したが生前診断されなかった内ヘルニアの一剖検例
    坂本 敦司, 稲垣 健志, 大野 博, 大岡 汐里, 木城 典子, 前田 純子, 小山田 隆, 近江 俊徳  The Japanese Journal of Legal Medicine  73-  (1)  100  2019/05  [Not refereed][Not invited]
  • びまん性脳幹損傷の診断に苦慮した1例
    坂本 敦司, 稲垣 健志, 大野 博, 大岡 汐里, 島田 佑季, 小山田 隆, 近江 俊徳  The Japanese Journal of Legal Medicine  72-  (2)  287  2018/12  [Not refereed][Not invited]
  • 落合 和彦, 平間 日奈子, 森松 正美, 川上 翔太, 道下 正貴, 中川 貴之, 呰上 大吾, 稲垣 健志, 坂本 敦司, 近江 俊徳  日本獣医学会学術集会講演要旨集  161回-  431  2018/08  [Not refereed][Not invited]
  • Sudden infant death with respiratory syncytial virus infection in which patent ductus arteriosus was suspected to involve: four autopsy case reports
    Inagaki Takeshi, Ohno Hiroshi, Shimada Yuki, Ooka Shiori, Oyamada Takashi, Omi Toshinori, Sakamoto Atsushi  The Japanese Journal of Legal Medicine  72-  (1)  121  -122  2018/05  [Not refereed][Not invited]
     
    【Background】 We encountered four autopsy cases of sudden infant death with mild respiratory syncytial virus (RSV) infection in which patent ductus arteriosus (PDA) was suspected to involve. 【Materials and Methods】 Case 1 was a 16­-day-­old male infant. He caught a cold and completely recovered. Five days after catching the cold, several hours after a night cry, he was found unresponsive. Case 2 was a 7­-week-­old female infant, case 3 was a 5­-week-old female infant, and case 4 was a 3­-month-­old female infant. In these three cases, several hours after a night cry, she was found unresponsive. Case 1, 2 and 4 were normal birth and development. Case 3 was born by vacuum extraction without other remarkable growth history. 【Results】 In all cases, PDAs were recognized on autopsy, which had been asymptomatic and clinically undiagnosed (silent PDA). Because the lungs showed a tendency to sink with a hydrostatic lung test and inflammatory changes such as lymphocytic infiltration mainly into the bronchioles by a histopathological examination, we diagnosed that bronchial pneumonia (in case 1 and 2) or bronchiolitis (in case 3 and 4) was the direct cause of death. However, changes of the lung lesions were considered too mild to fully account for the speed and prime cause of death, and reactions to RSV tests were faint. 【Conclusions】 Therefore, we concluded that persistent cardiac load or some kind of circulatory stress from the comorbid PDA was eventually involved in the process of sudden death in these cases. PDA is a rather common cardiovascular malformation, and numbers of infants with PDA may develop normally. Since detection of PDA has been difficult, especially in asymptomatic case, and even silent PDA can lead to sudden infant death with complications such as RSV infection, we emphasize the importance of paying attention to the probability of undiagnosed PDA in forensic autopsy on sudden infant death cases.
  • An autopsy report of an infant sudden death case with pulmonary lympho-proliferative disease complicated by respiratory syncytial virus infection
    Sakamoto Atsushi, Inagaki Takeshi, Ohno Hiroshi, Ooka Shiori, Shimada Yuki, Oyamada Takashi, Kikuchi Motoshi, Omi Toshinori  The Japanese Journal of Legal Medicine  72-  (1)  202  -203  2018/05  [Not refereed][Not invited]
  • 血管壁構造の特異的変化に基づく上行大動脈破裂の一剖検例
    坂本 敦司, 小山田 隆, 稲垣 健志, 大岡 汐里, 大野 博, 美島 千紘  The Japanese Journal of Legal Medicine  71-  (2)  124  2017/12  [Not refereed][Not invited]
  • Inagaki Takeshi, Omi Toshinori, Sakamoto Atsushi  Rechtsmedizin  27-  (4)  357  2017/07  [Not refereed][Not invited]
     
    【Background】 We encountered three autopsy cases of sudden infant death in which patent ductus arteriosus (PDA) was suspected to involve. 【Material and Methods】 Case 1 was a 16-day-old male infant with normal birth and development, who caught a cold and completely recovered. Five days after catching the cold, several hours after a night cry, he was found apneic and unresponsive. Case 2 was a 7-week-old female infant who was born by vacuum extraction without other remarkable growth history. She was also found unresponsive, several hours after taking milk as usual. Case 3 was a 9-week-old female infant with normal birth and development. She was found unresponsive in a prone position, several hours after she was confirmed that sleeping in a semiprone position. 【Results】 In all cases, PDAs were recognized on autopsy, which had been asymptomatic and clinically undiagnosed (silent PDA). In case 1 and 2, because the lungs showed a tendency to sink in a hydrostatic lung test and inflammatory changes such as lymphocytic infiltration mainly into the bronchioles was evident on histopathological examination, we diagnosed bronchial pneumonia as the direct cause of death. In case 3, because she was found in a prone position and mild abrasion was observed around her mouth and nose, we estimated that smothering was the direct cause of death. However, the lesions and injuries of these three cases were relatively mild. In case 1 and 2, changes of the lung lesions were considered too mild to fully account for the speed and prime cause of death, and reactions to respiratory syncytial virus (RSV) tests were faint. In case 3, lungs showed extensive congestion, but no significant congestion in other organs and no petechiae were found. 【Discussion and Conclusions】 Therefore, we concluded that persistent cardiac load or some kind of circulatory stress from the comorbid PDA was eventually involved in the process of sudden death in these cases. PDA is a rather common cardiovascular malformation, and numbers of infants with PDA may develop normally. Since detection of PDA has been difficult, especially in asymptomatic case, and even silent PDA can lead to sudden infant death with complications such as RSV infection or occlusion of mouth and nose, we emphasize the importance of paying attention to the probability of undiagnosed PDA in forensic autopsy on sudden infant death cases.
  • 副腎褐色細胞腫(intraadrenal paraganglioma)の合併を認めた急死の1剖検例
    坂本 敦司, 稲垣 健志, 大岡 汐里, 美島 千紘, 島田 佑季, 小山田 隆, 大野 博, 近江 俊徳  The Japanese Journal of Legal Medicine  71-  (1)  86  2017/05  [Not refereed][Not invited]
  • 感染性硬膜静脈洞血栓症が推定された一剖検例
    稲垣 健志, 近江 俊徳, 小山田 隆, 大岡 汐里, 瓦井 佑季, 美島 千紘, 坂本 敦司  The Japanese Journal of Legal Medicine  70-  (2)  144  -145  2016/12  [Not refereed][Not invited]
  • 動脈管開存の関与が推定された乳児突然死剖検例
    稲垣 健志, 大野 博, 瓦井 佑季, 美島 千紘, 大岡 汐里, 小山田 隆, 近江 俊徳, 坂本 敦司  The Japanese Journal of Legal Medicine  70-  (1)  98  2016/05  [Not refereed][Not invited]
     
    [P53] 乳児突然死の剖検において動脈管開存(PDA)を認めた2例を経験したので報告する。 【事例1】生後約1/2か月、正常分娩。死亡5日前に38.3°Cの発熱で近医を受診しているが解熱した。体調変化は認めなかったが、夜啼きの数時間後に反応しない状態で発見されたものである。体重3kg、身長53cm。外表に奇形や外傷は認めない。脳452g、髄液透明。胸腺26g。心臓24g、卵円孔開口とφ約5mmの動脈管を認める。左肺30g、右肺42g、浮遊試験にて両肺ともに沈降し、割面は肝臓様である。RSV簡易テスト(±)。組織像で心筋炎や心内膜炎は認めないが、肺胞内には出血、円形細胞集簇および脱落した気管支上皮を認める。 【事例2】生後約1か月。正常分娩で1か月健診でも異常は指摘されていない。哺乳量や機嫌等も普段通りであったが、やや伏臥位で眠っているのを確認されてから数時間後に反応しない状態で発見された。体重5.4kg、身長61cm。鼻口部周囲には軽度の表皮剥脱・乾燥を認める。脳594g。胸腺26g。心臓32g、冠動脈分枝異常や心中隔欠損等の奇形は認めないが、左鎖骨下動脈の低位分岐とほぼ同じ高さに合流するPDAを認める。左肺58g、右肺66g、気管支内に泡沫液を認めるが、肺炎様の所見は認めない。なお、両例ともに白内障や脾奇形は認めない。 PDAは先天性風疹症候群の一症状の場合もあるが、原因不明のことも少なくない。肺高血圧症、うっ血性心不全や肺炎・気管支炎を合併するだけでなく、突然死の原因になり得るとされる。直接死因を事例1では肺浮遊試験や組織像から気管支肺炎、事例2は発見時状況等から鼻口部閉塞による窒息と推定したが、いずれも比較的軽度の病変や損傷と考えられ、併存PDAが相当程度に急死の過程に関与したものと推定した。
  • 伊達 慶一, 志摩 泰生, 上月 章史, 岡林 雄大, 齋坂 雄一, 住吉 辰朗, 徳丸 哲平, 藤原 聡史, 大石 一行, 森川 達也, 古北 由仁, 寺石 文則, 高畠 大典, 尾崎 和秀, 澁谷 祐一, 中村 敏夫, 福井 康雄, 西岡 豊, 松本 学, 岩田 純, 稲垣 健志, 早藤 咲  Journal of Japan Surgical Association  77-  (3)  730  2016/03  [Not refereed][Not invited]
     
    [5] 症例は90歳男性。食欲不振、黄疸で当院に紹介となった。CT、血液検査で遠位胆管癌、閉塞性黄疸を認め、減黄のためERBD tubeを留置した。減黄不良のためENBD tubeを留置したが、減黄が進まず、金属ステントを留置した。その後、吐血、下血があり、CT、EGSで胆道内出血を認めた。緊急血管造影を施行し、コイル塞栓術で止血を得た。以降は減黄が順調になり、PPPDを施行した。病理診断では、遠位胆管癌、Bd、未分化癌、T3a(膵、十二指腸)、N1、M1(リンパ節)、pStageⅣであった。術後21日目のCTでは術前に認めなかった多発肝転移を認めた。術後32日目にBSCの方針で転院となった。遠位胆管癌の未分化癌は比較的珍しく、術前処置に難渋した1例を経験したので文献的考察を加え報告する。
  • 腸回転異常に基づく絞扼性イレウスと考えられた1剖検例
    稲垣 健志, 坂本 敦司, 大岡 汐里, 小山田 隆, 瓦井 佑季, 近江 俊徳  The Japanese Journal of Legal Medicine  69-  (2)  131  -132  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • 先天性腸間膜部分欠損に基づく内ヘルニアの一剖検例
    稲垣 健志, 近江 俊徳, 小山田 隆, 大岡 汐里, 瓦井 佑季, 美島 千紘, 坂本 敦司  The Japanese Journal of Legal Medicine  69-  (1)  69  2015/05  [Not refereed][Not invited]
  • 森川 達也, 寺石 文則, 伊達 慶一, 公文 剣斗, 藤原 聡史, 大石 一行, 徳丸 哲平, 尾崎 和秀, 中村 敏夫, 西岡 豊, 志摩 泰生, 稲垣 健志, 松本 学, 岩田 純  Journal of Japan Surgical Association  75-  (増刊)  759  2014/10  [Not refereed][Not invited]
     
    [一般演題 (示説): 大腸 悪性5: P-518] 今回我々は、粘膜下腫瘍(SMT)様の肉眼形態を呈し、colitis cystica profundaを併存した直腸癌の一例を経験したので報告する。 【症例】 69歳、男性。下痢を主訴に前医を受診し、大腸内視鏡検査にて下部直腸に長径37mmおよび16mm大のSMT様病変を認めた。生検では悪性所見を認めず、軽度の炎症細胞浸潤を伴う再生粘膜と診断された。造影CT検査では造影効果を伴う嚢胞壁を有する腫瘤を認めた。3か月後のフォローアップCT検査でSMT様病変は長径49mmおよび12mm大と一方の腫瘤に増大傾向を認めた。増大した腫瘤に対し再度生検を行ったが、異型上皮を認めず潰瘍底組織と診断された。超音波内視鏡では第3層の下層に、内部やや不均一で隔壁を有さない腫瘤が描出され、第4層由来の腫瘍として直腸消化管間質腫瘍(GIST)と診断し、腹腔鏡下直腸切断術、D2郭清を施行した。病理組織検査にて、増大した腫瘤はmucinous adenocarcinoma (pType 1, pT1bN0M0, Stage I)と診断された。一方、縮小した腫瘤は悪性所見を認めずcolitis cystica profundaと 診 断 さ れ た。 【考察】 SMT様の肉眼形態を呈する腫瘍として直腸カルチノイドやGIST、リンパ濾胞性ポリープなどがある。組織生検で診断が困難なSMT様の直腸腫瘍において、自験例のように直腸癌やcolitis cystica profundaも鑑別診断として念頭におくべきと考えられた。
  • 張 性洙, 中野 貴之, 岡本 卓, 米田 浩人, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 志摩 泰生, 岩田 純, 稲垣 健志  Japanese Journal of Lung Cancer  54-  (5)  594  2014/10  [Not refereed][Not invited]
     
    [Poster112 転移性肺腫瘍5: P-688] 膵癌肺転移は時に肺胞上皮置換性の増殖を示し粘液産生性肺腺癌との鑑別が困難となる。 【対象】 2011年4月-2014年3月に当院で膵癌術後肺病変に対して外科切除した9例のうち組織学的にも鑑別に難渋した5例について検討。 【結果】 年齢は72-86歳、男性2例:女性3例、膵癌は全例腺癌で病期はstage2-4a、術式はPD3例、膵体尾部脾切除2例、膵切除後化学療法は3例に施行。DFIは17-71ヶ月で平均39ヶ月、肺病変個数は1-5個で最大腫瘍径が8-14mm、CT上は全例が境界不明瞭な充実性で画像診断での鑑別は困難。全例胸腔鏡下部分切除を行い4個以上存在した2例は術中確認できた病巣のみの可及的切除であった。病理診断では全例で粘液産生と肺胞上皮置換型増殖を伴う腺癌の像を示し免疫染色所見を含めた結果3例が原発性肺癌類似の所見があるが膵癌肺転移と診断、1例が原発性肺癌として矛盾しないが膵癌肺転移の否定はできない、1例は鑑別困難であった。実臨床では双方の可能性を考慮しながら、術後化学療法を3例に施行、平均観察期間は14ヶ月で全例生存しており1例が腹膜播種による再発を認めている。 【結語】 膵癌肺転移と粘液産生性肺腺癌は画像上、組織学的にも非常に類似した所見をもち鑑別に難渋することがある。組織診断だけでなく臨床像からも判断することが必要とされ双方の可能性を念頭におきながら診療にあたることが望まれる。
  • A case in which bronchopneumonia and myocarditis induced by cytomegalovirus (CMV) infection was thought to attribute to onset of sudden death of infant
    Sakamoto Atsushi, Inagaki Takeshi, Ohoka Shiori, Wakishima Megumi, Masuda Hiroyo, Oyamada Takashi, Ohmi Toshinori  The Japanese Journal of Legal Medicine  68-  (1)  122  2014/05  [Not refereed][Not invited]
  • 1児に Body Stalk Anomaly を認めた一絨毛膜二羊膜性 (MD) 双胎の1例
    岩崎 由佳, 丸山 秀彦, 中田 裕生, 越智 裕昭, 金光 喜一郎, 渡邉 宏和, 所谷 知穂, 木口 久子, 金澤 亜錦, 宮澤 真理, 西内 律雄, 吉川 清志, 佐々木 潔, 永井 立平, 木下 宏実, 稲垣 健志, 岩田 純  The Journal of the Japan Pediatric Society  117-  (7)  1149  2013/07  [Not refereed][Not invited]
  • 豊崎 浩一郎, 橋元 球一, 藤原 千紗子, 小野 歩, 稲垣 健志  地域医療  第52回特集号-  257  -259  2013/03  [Not refereed][Not invited]
     
    研究発表 S1 臨床: 演題番号005
  • 的場 俊, 川村 欣之, 棚田 純代, 稲垣 健志, 盛實 篤史, 宜保 美紀  地域医療  第49回特集号-  np353  -np356  2011/05  [Not refereed][Not invited]
     
    研究発表 P1 臨床1: 演題番号040
  • 小野 歩, 青木 啓祐, 稲垣 健志, 森木 有里恵  地域医療  第48回特集号-  1021  -1023  2009/12  [Not refereed][Not invited]
     
    211
  • 稲垣 健志, 川村 昌史, 木原 一樹, 森木 有里恵, 青木 啓祐, 小野 歩  The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine  98-  (Suppl.)  138  2009/02  [Not refereed][Not invited]
     
    [一般演題 (ポスターセッション) 90] 【方法】 αグルコシダーゼ阻害薬の副作用として腸管嚢胞様気腫症は稀であり、過去に数例報告されているのみである。前大会ではボグリボースによる2例の自験例を報告した。今回我々は、ミグリトールによる腸管嚢胞様気腫症にともなう仮性腸閉塞を経験した。なおミグリトールによる腸管嚢胞様気腫症の報告は本邦初である。その臨床経過を検討し、若干の文献的考察を加えて報告する。 【結果】 症例:82歳女性。子宮筋腫で子宮全摘の術後。糖尿病の経過観察中、食後過血糖のため非薬物療法では血糖コントロール不良となり、ミグリトール 150 mg/日の内服が追加された。直後より、放屁の増加あり。また時折、軽度の腹痛や嘔気・嘔吐があったものの放置していた。1か月後、腹部所見は乏しいものの、腹部X線検査で仮性腸閉塞と腸管壁内気腫の所見が認められた。ミグリトール内服中止と絶食により、わずか1日の経過で自覚症状・身体所見・X線所見は速やかに改善した。 【総括】 αグルコシダーゼ阻害薬による腹部症状は、一般的に内服開始後2週間程度で治まると言われている。しかしそれ以降も症状が持続する場合には腸管嚢胞様気腫症を疑い、腹 部X線検査を施行すべきであると考えられた。
  • 小野 歩, 青木 啓祐, 稲垣 健志, 森木 有里恵, 藤田 敏郎  The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine  98-  (Suppl.)  210  2009/02  [Not refereed][Not invited]
     
    [一般演題 (ポスターセッション) 377] 【目的】 低強度ワルファリン療法中に起こる脳梗塞と出血性合併症の発症率とその特徴を明らかにする。 【方法】 当院外来にて、プロトロンビン時間のINRで1.5〜2.5を目標にワルファリンを投与されたAF患者 (n=103) について、臨床背景、脳梗塞および出血性合併症の発症の有無、発症時のINRを前向きに検討した。 【結果】 登録時の平均年齢は76歳、女性は51%であり、平均4.4年観察した。脳梗塞は11人 (2.4%/年) に発症し、内5人 (1.1%/年) が脳塞栓であった。発症時のINRは7人 (64%) が目標範囲内であった。CHADS2スコアは、脳梗塞を発症した患者の方が発症しなかった患者に比べ有意に高かった (3.2±1.6 vs. 2.1±1.3, p <0.05)。出血性合併症は16人 (3.5%/年) に発症し,内6人 (1.3%/年) が大出血であった。発症時のINRは10人 (63%) が目標範囲内であった。CHADS2スコアは、出血性合併症の有無により差はなかった (2.3±0.4 vs. 2.2±0.2)。 脳梗塞および出血性合併症の発症率は、これまでの比較試験の結果と同程度であった。 【総括】 低強度ワルファリン療法中の脳梗塞および出血性合併症の発症率は低かったが、半数以上は目標範囲内のINRから発症しており、特に脳梗塞はリスクの高い患者に多かった。
  • 小野 歩, 森木 有里恵, 青木 啓祐, 稲垣 健志, 大野 雅子, 山本 明子, 東 純一  Japanese journal of clinical pharmacology  39-  (Suppl.)  S173  2008/11  [Not refereed][Not invited]
     
    一般演題口演発表 1-O-009
  • 稲垣 健志, 川村 昌史, 上田 弘, 山本 裕子, 東村 美矢子, 青井 二郎, 緒方 巧二, 森木 有里恵, 岡村 浩司  The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine  97-  (Suppl.)  238  2008/02  [Not refereed][Not invited]
     
    [一般演題 (ポスターセッション) 435] 【方法】 αグルコシダーゼ阻害薬の副作用として腸管嚢胞様気腫症は稀であり、過去に数例報告されているのみである。ボグリボースによる2例の自験例について臨床経過を検討し、若干の文献的考察を加えて報告する。 【結果】 症例1:79歳男性。胃潰瘍で胃切除の既往あり。間質性肺炎に対するステロイドパルス療法で血糖値が上昇しボグリボース 0.9 mg/日の内服を開始。約11か月後の胸部X-Pで横隔膜下に free air を認めた。放屁が増加していた。 症例2:86歳男性。悪性リンパ腫による腸閉塞で小腸切除・化学療法の既往あり。肺癌に対する放射線治療により放射線肺臓炎を発症。ステロイド投与で血糖コントロール不良となりボグリボース 0.9 mg/日の内服を追加。約4か月後に食欲低下・胃部不快・腹部膨満・便秘・放屁増加が出現した。2例とも腹部所見に乏しく、X線検査で腸管壁内気腫と腹腔内遊離ガスを認めた。ボグリボース内服中止のみで、自覚症状・身体所見・X線所見は速やかに軽快した。 【総括】 開腹手術歴・呼吸器疾患の存在・ステロイド長期投与は腸管嚢胞様気腫症の発症誘因となり得るが、ボグリボース内服により発症の危険性が高まるものと思われた。
  • Wang Jun, Takeuchi Koichi, Inagaki Takeshi, Ookawara Shigeo  Anatomical Science International  79-  (Suppl.)  334  2004/08  [Not refereed][Not invited]
  • Regulatory Mechanism of Green Fluorescent Protein (GFP) Expression in GFP Transgenic Rats
    Sereemaspun Amornpun, Takeuchi Koichi, Inagaki Takeshi, Hakamata Yoji, Takahashi Masafumi, Kobayashi Eiji, Ookawara Shigeo  Acta Anatomica Nipponica  78-  (Suppl.)  239  2003/04  [Not refereed][Not invited]
     
    P-248
  • GFP transgenic rat: a novel tool for embryology
    Inagaki Takeshi, Takeuchi Koichi, Sereemaspun Amornpun, Hakamata Yoji, Takahashi Masafumi, Kobayashi Eiji, Ookawara Shigeo  Acta Anatomica Nipponica  78-  (Suppl.)  286  2003/04  [Not refereed][Not invited]
     
    P-436

Awards & Honors

  • 2018/09 Jichi Medical University Excellent Poster Award, 17th Jichi Medical University Symposium
     Sudden infant death in which involvement of patent ductus arteriosus was suspected: four autopsy case reports JPN japan_society 
    受賞者: Inagaki Takeshi
  • 2018/04 Jichi Medical University 平成30年度自治医科大学医学部研究奨励金 JMU Young Investigator Award
     脳細動脈硬化におけるⅠ型コラーゲン産生細胞と脳血管周囲マクロファージの役割の解明 
    受賞者: Inagaki Takeshi

Research Grants & Projects

  • Elucidation of the mechanism of vascular fibrosis in cerebral arterioles using animal models and significance in recurrent stroke in human
    Taiju Life Social Welfare Foundation:Medical Research Grant 2021 (54th)
    Date (from‐to) : 2021/09 -2023/03 
    Author : Inagaki Takeshi, Yamazaki Reiji
  • Elucidation of the mechanism of vascular fibrosis in cerebral arteriolosclerosis using animal models for disease and significance in human cerebrovascular lesions
    Daiwa Securities Health Foundation:Investigation and Research Grant 2021 (48th)
    Date (from‐to) : 2021/10 -2022/09 
    Author : Inagaki Takeshi, Azuma Morio, Yamazaki Reiji, Shiori Ooka
  • Jichi Medical University:Jichi Medical University Young Investigator Award 2018
    Date (from‐to) : 2018/04 -2019/03 
    Author : Inagaki Takeshi

Social Contribution

  • 栃木県警察: 指定協力医
    Date (from-to) : 2016/11/01-Today
    Role : Advisor
  • 第1回 高知医療センター ICLS: インストラクター
    Date (from-to) : 2006/09/30
    Role : Organizing member
    Sponser, Organizer, Publisher  : 高知医療センター(高知県高知市)

Academic Contribution

  • 第6回 高知県感染症・ケースカンファレンス: コメンテーター
    Date (from-to) :2012/12/15
    Role: Others
    Type: Academic society etc
    Organizer, responsible person: 高知県臨床感染症教育研究会
    近森病院(高知県高知市)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.