kawai kensuke

FacultySurgicalNeurology
Job titleProfessorWeb site

Profile

Research Keywords

    GABA, Seizure, glutamic acid decarboxylase, immunocy tochemistry, inferior colliculus, cerebral ischemia

Research Areas

  • Clinical surgery / Neurosurgery
  • Biomedical engineering / Biomedical engineering/Biological material science
  • Clinical surgery / Otorhinolaryngology

Career

  • Jan.2017
    -
    Today
    Jichi Medical University Department of Neurosurgery, Professor
  • Sep.2013
    -
    Dec.2016
    NTT Medical Center Tokyo Neurosurgery, Director
  • Jun.2008
    -
    Aug.2013
    University of Tokyo Graduate School of Medicine Neurosurgery, Associate Professor
  • Jun.2003
    -
    May2008
    University of Tokyo Graduate School of Medicine Neurosurgery, Associate Professor
  • Apr.2000
    -
    May2003
    Tokyo Metropolitan Neurological Hospital Neurosurgery
  • Jun.1996
    -
    Mar.2000
    University of Tokyo Neurosurgery, Assistant professor
  • Apr.1993
    -
    Mar.1996
    Teikyo University Neurosurgery, Assistant professor
  • Jan.1990
    -
    Aug.1992
    National Institutes of Health NINDS, Stroke Branch

Academic Societies

  • JAPANESE SOCIETY OF NEUROLOGY
Display all
Academic Societiesclose
  • JAPANESE SOCIETY OF NEUROLOGY

Research Activities

Papers(paper)

  • Visualization of declamping procedure during carotid endarterectomy by ICG videoangiography.
    Kimura T, Kidani N, Ibayashi K, Kawai K
    British journal of neurosurgery 29(5) 726-727 Oct. 2015
  • Spontaneous Temporal Pole Encephalocele Presenting with Epilepsy: Report of Two Cases.
    Shimada S, Kunii N, Kawai K, Usami K, Matsuo T, Uno T, Koizumi T, Saito N
    World neurosurgery 84(3) 867.e1-6 Sep. 2015
  • Machine Learning of DTI Structural Brain Connectomes for Lateralization of Temporal Lobe Epilepsy.
    Kamiya K, Amemiya S, Suzuki Y, Kunii N, Kawai K, Mori H, Kunimatsu A, Saito N, Aoki S, Ohtomo K
    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine Sep. 2015
  • [Adjunctive Therapy with Levetiracetam for Elderly Japanese with Partial Epilepsy: Effectiveness of Levetiracetam in Seizure Management of Epilepsy Patients with Advanced-age Onset in a Practical Setting].
    Yamauchi T, Kanemoto K, Kawai K, Ishida S, Yamada M, Tokumasu T, Shirai H, Yamamura K
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 67(6) 749-758 Jun. 2015
  • Alternating zones selective to faces and written words in the human ventral occipitotemporal cortex.
    Matsuo T, Kawasaki K, Kawai K, Majima K, Masuda H, Murakami H, Kunii N, Kamitani Y, Kameyama S, Saito N, Hasegawa I
    Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991) 25(5) 1265-1277 May 2015
  • Direct clipping of large basilar trunk aneurysm.
    Kimura T, Nakagawa D, Kawai K
    Neurosurgical focus 38(VideoSuppl1) Video17 Jan. 2015
  • Dissociated roles of the inferior frontal gyrus and superior temporal sulcus in audiovisual processing: top-down and bottom-up mismatch detection.
    Uno T, Kawai K, Sakai K, Wakebe T, Ibaraki T, Kunii N, Matsuo T, Saito N
    PloS one 10(3) e0122580 2015
  • Epilepsy surgery: current status and ongoing challenges.
    Kawai K
    Neurologia medico-chirurgica 55(5) 357-366 2015
  • The significance of parahippocampal high gamma activity for memory preservation in surgical treatment of atypical temporal lobe epilepsy.
    Kunii N, Kawai K, Kamada K, Ota T, Saito N
    Epilepsia 55(10) 1594-1601 Oct. 2014
  • [Paradigm shift in the concept and treatment of refractory epilepsy: Raison d'être of palliative treatment and vagus nerve stimulation].
    Kawai K
    No shinkei geka. Neurological surgery 42(9) 807-816 Sep. 2014
Display all
Papers(paper)close
  • Visualization of declamping procedure during carotid endarterectomy by ICG videoangiography.
    Kimura T, Kidani N, Ibayashi K, Kawai K
    British journal of neurosurgery 29(5) 726-727 Oct. 2015
  • Spontaneous Temporal Pole Encephalocele Presenting with Epilepsy: Report of Two Cases.
    Shimada S, Kunii N, Kawai K, Usami K, Matsuo T, Uno T, Koizumi T, Saito N
    World neurosurgery 84(3) 867.e1-6 Sep. 2015
  • Machine Learning of DTI Structural Brain Connectomes for Lateralization of Temporal Lobe Epilepsy.
    Kamiya K, Amemiya S, Suzuki Y, Kunii N, Kawai K, Mori H, Kunimatsu A, Saito N, Aoki S, Ohtomo K
    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine Sep. 2015
  • [Adjunctive Therapy with Levetiracetam for Elderly Japanese with Partial Epilepsy: Effectiveness of Levetiracetam in Seizure Management of Epilepsy Patients with Advanced-age Onset in a Practical Setting].
    Yamauchi T, Kanemoto K, Kawai K, Ishida S, Yamada M, Tokumasu T, Shirai H, Yamamura K
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 67(6) 749-758 Jun. 2015
  • Alternating zones selective to faces and written words in the human ventral occipitotemporal cortex.
    Matsuo T, Kawasaki K, Kawai K, Majima K, Masuda H, Murakami H, Kunii N, Kamitani Y, Kameyama S, Saito N, Hasegawa I
    Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991) 25(5) 1265-1277 May 2015
  • Direct clipping of large basilar trunk aneurysm.
    Kimura T, Nakagawa D, Kawai K
    Neurosurgical focus 38(VideoSuppl1) Video17 Jan. 2015
  • Dissociated roles of the inferior frontal gyrus and superior temporal sulcus in audiovisual processing: top-down and bottom-up mismatch detection.
    Uno T, Kawai K, Sakai K, Wakebe T, Ibaraki T, Kunii N, Matsuo T, Saito N
    PloS one 10(3) e0122580 2015
  • Epilepsy surgery: current status and ongoing challenges.
    Kawai K
    Neurologia medico-chirurgica 55(5) 357-366 2015
  • The significance of parahippocampal high gamma activity for memory preservation in surgical treatment of atypical temporal lobe epilepsy.
    Kunii N, Kawai K, Kamada K, Ota T, Saito N
    Epilepsia 55(10) 1594-1601 Oct. 2014
  • [Paradigm shift in the concept and treatment of refractory epilepsy: Raison d'être of palliative treatment and vagus nerve stimulation].
    Kawai K
    No shinkei geka. Neurological surgery 42(9) 807-816 Sep. 2014
  • [Cutting edge of surgical treatment for epilepsy].
    Kawai K
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 72(5) 881-886 May 2014
  • Decoding visual object categories from temporal correlations of ECoG signals.
    Majima K, Matsuo T, Kawasaki K, Kawai K, Saito N, Hasegawa I, Kamitani Y
    NeuroImage 90 74-83 Apr. 2014
  • Modification of vertical hemispherotomy for refractory epilepsy.
    Kawai K, Morino M, Iwasaki M
    Brain & development 36(2) 124-129 Feb. 2014
  • Simultaneous recording of single-neuron activities and broad-area intracranial electroencephalography: electrode design and implantation procedure.
    Matsuo T, Kawai K, Uno T, Kunii N, Miyakawa N, Usami K, Kawasaki K, Hasegawa I, Saito N
    Neurosurgery 73(2 Suppl Operative) ons146-54 Dec. 2013
  • Effect of dural detachment on long-term tumor control for meningiomas treated using Simpson grade IV resection.
    Fukushima Y, Oya S, Nakatomi H, Shibahara J, Hanakita S, Tanaka S, Shin M, Kawai K, Fukayama M, Saito N
    Journal of neurosurgery 119(6) 1373-1379 Dec. 2013
  • Scalp-recorded evoked potentials as a marker for afferent nerve impulse in clinical vagus nerve stimulation.
    Usami K, Kawai K, Sonoo M, Saito N
    Brain stimulation 6(4) 615-623 Jul. 2013
  • The dynamics of language-related high-gamma activity assessed on a spatially-normalized brain.
    Kunii N, Kamada K, Ota T, Greenblatt RE, Kawai K, Saito N
    Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology 124(1) 91-100 Jan. 2013
  • Characteristic profiles of high gamma activity and blood oxygenation level-dependent responses in various language areas.
    Kunii N, Kamada K, Ota T, Kawai K, Saito N
    NeuroImage 65 242-249 Jan. 2013
  • Modulation of cortical synchrony by vagus nerve stimulation in adult rats.
    Usami K, Kano R, Kawai K, Noda T, Shiramatsu TI, Saito N, Takahashi H
    Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference 2013 5348-5351 2013
  • State-dependent precursors of seizures in correlation-based functional networks of electrocorticograms of patients with temporal lobe epilepsy.
    Takahashi H, Takahashi S, Kanzaki R, Kawai K
    Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology 33(6) 1355-1364 Dec. 2012
  • Two cases of spontaneous temporal encephalocele.
    Kamiya K, Mori H, Kunimatsu A, Kawai K, Usami K, Ohtomo K
    Journal of neuroradiology. Journal de neuroradiologie 39(5) 360-363 Dec. 2012
  • Tumor-to-tumor metastasis: lung adenocarcinoma metastasizing to vestibular schwannoma suspected on preoperative [18F]-fluorodeoxyglucose positron emission tomography imaging.
    Fukushima Y, Ota T, Mukasa A, Uozaki H, Kawai K, Saito N
    World neurosurgery 78(5) 553.e9-553.e13 Nov. 2012
  • Voxel-based comparison of preoperative FDG-PET between mesial temporal lobe epilepsy patients with and without postoperative seizure-free outcomes.
    Takahashi M, Soma T, Kawai K, Koyama K, Ohtomo K, Momose T
    Annals of nuclear medicine 26(9) 698-706 Nov. 2012
  • Reconstruction of an extensive anterior skull base defect using a muscle-sparing rectus abdominis myocutaneous flap in a 1-year-old infant.
    Iida T, Mihara M, Yoshimatsu H, Hara H, Koshima I, Kawai K, Tsuchiya T, Asakage T
    Microsurgery 32(8) 622-626 Nov. 2012
  • [Dynamics of the language/memory functional regions determing using ECoG and fMRI].
    Kamada K, Kunii N, Hiroshima S, Ota T, Kawai K, Saito N
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 64(9) 1001-1012 Sep. 2012
  • [Role of functional neuroimaging in the surgical treatment of epilepsy].
    Kawai K
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 64(9) 1013-1022 Sep. 2012
  • Significance of Simpson grading system in modern meningioma surgery: integration of the grade with MIB-1 labeling index as a key to predict the recurrence of WHO Grade I meningiomas.
    Oya S, Kawai K, Nakatomi H, Saito N
    Journal of neurosurgery 117(1) 121-128 Jul. 2012
  • Delayed complication after Gamma Knife surgery for mesial temporal lobe epilepsy.
    Usami K, Kawai K, Koga T, Shin M, Kurita H, Suzuki I, Saito N
    Journal of neurosurgery 116(6) 1221-1225 Jun. 2012
  • [Frequency of the use of vagus nerve stimulation for the treatment of intractable epilepsy during the first year of public health insurance coverage with in Kyushu Rosai Hospital and other areas in Japan].
    Morioka T, Sayama T, Shimogawa T, Hamamura T, Hashiguchi K, Kawai K, Mukae N, Murakami N, Sasaki T
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 64(6) 681-687 Jun. 2012
  • Usefulness of extent analysis for statistical parametric mapping with asymmetry index using inter-ictal FGD-PET in mesial temporal lobe epilepsy.
    Soma T, Momose T, Takahashi M, Koyama K, Kawai K, Murase K, Ohtomo K
    Annals of nuclear medicine 26(4) 319-326 May 2012
  • Mesenchymal chondrosarcoma of the orbit--case report.
    Hanakita S, Kawai K, Shibahara J, Kawahara N, Saito N
    Neurologia medico-chirurgica 52(10) 747-750 2012
  • [Vagus nerve stimulation for epilepsy].
    Kawai K, Usami K, Saito N
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 51(11) 990-992 Nov. 2011
  • A detailed analysis of functional magnetic resonance imaging in the frontal language area: a comparative study with extraoperative electrocortical stimulation.
    Kunii N, Kamada K, Ota T, Kawai K, Saito N
    Neurosurgery 69(3) 590-6; discussion 596 Sep. 2011
  • Tumor-induced osteomalacia originating from the temporal bone: a case report.
    Kobayashi K, Nakao K, Kawai K, Ito K, Hukumoto S, Asakage T, Oota S, Motoi R
    Head & neck 33(7) 1072-1075 Jul. 2011
  • Osteomalacia caused by skull base tumors: report of 2 cases.
    Uno T, Kawai K, Kunii N, Fukumoto S, Shibahara J, Motoi T, Saito N
    Neurosurgery 69(1) E239-44; discussion E244 Jul. 2011
  • Refined analysis of complex language representations by non-invasive neuroimaging techniques.
    Ota T, Kamada K, Kawai K, Yumoto M, Aoki S, Saito N
    British journal of neurosurgery 25(2) 197-202 Apr. 2011
  • [Vagus nerve stimulation therapy for epilepsy].
    Kawai K
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 63(4) 331-346 Apr. 2011
  • Intrasulcal electrocorticography in macaque monkeys with minimally invasive neurosurgical protocols.
    Matsuo T, Kawasaki K, Osada T, Sawahata H, Suzuki T, Shibata M, Miyakawa N, Nakahara K, Iijima A, Sato N, Kawai K, Saito N, Hasegawa I
    Frontiers in systems neuroscience 5 34 2011
  • Familial lateral temporal lobe epilepsy confirmed with intracranial electroencephalography and successfully treated by surgery.
    Koizumi S, Kawai K, Asano S, Ueki K, Suzuki I, Saito N
    Neurologia medico-chirurgica 51(8) 604-610 2011
  • Intraoperative monitoring of cortically recorded visual response for posterior visual pathway.
    Ota T, Kawai K, Kamada K, Kin T, Saito N
    Journal of neurosurgery 112(2) 285-294 Feb. 2010
  • The motor-evoked potential threshold evaluated by tractography and electrical stimulation.
    Kamada K, Todo T, Ota T, Ino K, Masutani Y, Aoki S, Takeuchi F, Kawai K, Saito N
    Journal of neurosurgery 111(4) 785-795 Oct. 2009
  • Early hemispherotomy in a patient with multilobar cortical dysplasia with intractable seizure: clinical-neurophysiological study.
    Kubota M, Goishi K, Takemura S, Kawai K, Arai N
    European journal of paediatric neurology : EJPN : official journal of the European Paediatric Neurology Society 12(6) 516-520 Nov. 2008
  • [Vagus nerve stimulation for intractable epilepsy: implantation of vagus nerve stimulator].
    Kawai K
    No shinkei geka. Neurological surgery 36(11) 979-989 Nov. 2008
  • [Less invasive treatment of intractable epilepsy--vagus nerve stimulation and stereotactic radiosurgery].
    Kawai K
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 59(4) 299-311 Apr. 2007
  • Expressive and receptive language areas determined by a non-invasive reliable method using functional magnetic resonance imaging and magnetoencephalography.
    Kamada K, Sawamura Y, Takeuchi F, Kuriki S, Kawai K, Morita A, Todo T
    Neurosurgery 60(2) 296-305; discussion 305 Feb. 2007
  • Hippocampal transection for treatment of left temporal lobe epilepsy with preservation of verbal memory.
    Shimizu H, Kawai K, Sunaga S, Sugano H, Yamada T
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia 13(3) 322-328 Apr. 2006
  • Functional monitoring for visual pathway using real-time visual evoked potentials and optic-radiation tractography.
    Kamada K, Todo T, Morita A, Masutani Y, Aoki S, Ino K, Kawai K, Kirino T
    Neurosurgery 57(1 Suppl) 121-7; discussion 121 Jul. 2005
  • High frequency activities in the human orbitofrontal cortex in sleep-wake cycle.
    Nishida M, Uchida S, Hirai N, Miwakeichi F, Maehara T, Kawai K, Shimizu H, Kato S
    Neuroscience letters 379(2) 110-115 May 2005
  • Theta oscillation in the human anterior cingulate cortex during all-night sleep: an electrocorticographic study.
    Nishida M, Hirai N, Miwakeichi F, Maehara T, Kawai K, Shimizu H, Uchida S
    Neuroscience research 50(3) 331-341 Nov. 2004
  • [Surgical treatment for temporal lobe epilepsy with preservation of postoperative memory function].
    Shimizu H, Kawai K, Sunaga S, Yamada T
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 44(11) 868-870 Nov. 2004
  • Impulse response function based on multivariate AR model can differentiate focal hemisphere in temporal lobe epilepsy.
    Miwakeichi F, Galka A, Uchida S, Arakaki H, Hirai N, Nishida M, Maehara T, Kawai K, Sunaga S, Shimizu H
    Epilepsy research 61(1-3) 73-87 Sep. 2004
  • Clinical outcomes after corpus callosotomy in patients with bihemispheric malformations of cortical development.
    Kawai K, Shimizu H, Yagishita A, Maehara T, Tamagawa K
    Journal of neurosurgery 101(1 Suppl) 7-15 Aug. 2004
  • Usefulness of [11C]methionine PET in the diagnosis of dysembryoplastic neuroepithelial tumor with temporal lobe epilepsy.
    Maehara T, Nariai T, Arai N, Kawai K, Shimizu H, Ishii K, Ishiwata K, Ohno K
    Epilepsia 45(1) 41-45 Jan. 2004
  • Proximal occlusion of the middle cerebral artery in C57Black6 mice: relationship of patency of the posterior communicating artery, infarct evolution, and animal survival.
    Furuya K, Kawahara N, Kawai K, Toyoda T, Maeda K, Kirino T
    Journal of neurosurgery 100(1) 97-105 Jan. 2004
  • Theta oscillation in the anterior cingulate and beta-1 oscillation in the medial temporal cortices: a human case report.
    Uchida S, Maehara T, Hirai N, Kawai K, Shimizu H
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia 10(3) 371-374 May 2003
  • Sleep spindles in human prefrontal cortex: an electrocorticographic study.
    Nakamura M, Uchida S, Maehara T, Kawai K, Hirai N, Nakabayashi T, Arakaki H, Okubo Y, Nishikawa T, Shimizu H
    Neuroscience research 45(4) 419-427 Apr. 2003
  • Outcome of long-term vagus nerve stimulation for intractable epilepsy.
    Kawai K, Shimizu H, Maehara T, Murakami H
    Neurologia medico-chirurgica 42(11) 481-9; discussion 490 Nov. 2002
  • Pathological effect of seizures on the hippocampus in cases with temporal lobe epilepsy caused by brain tumors.
    Uesugi H, Shimizu H, Arai N, Maehara T, Mizutani T, Kawai K, Nakayama H
    Psychiatry and clinical neurosciences 56(5) 557-559 Oct. 2002
  • Postoperative development of children after hemispherotomy.
    Maehara T, Shimizu H, Kawai K, Shigetomo R, Tamagawa K, Yamada T, Inoue M
    Brain & development 24(3) 155-160 Apr. 2002
  • Cardiac arrest cerebral ischemia model in mice failed to cause delayed neuronal death in the hippocampus.
    Kawahara N, Kawai K, Toyoda T, Nakatomi H, Furuya K, Kirino T
    Neuroscience letters 322(2) 91-94 Apr. 2002

Papers(other)

  • 【てんかん診療入門-患者100万人のありふれた神経疾患を知る】 てんかん診療のmultidisciplinarity 各科のエキスパートが教える最新知識
    加藤 天美, 宇川 義一, 兼本 浩祐, 川合 謙介, 須貝 研司
    脳神経外科速報 25(10) 1051-1060 Oct. 2015
  • クリニカルパスの運用のための看護師と臨床検査技師の連携
    佐藤 泰史, 高工 愛美, 芳村 旺美, 山田 由美, 宮崎 由紀, 山川 憲文, 三田村 靖子, 川合 謙介, 松尾 健
    日本クリニカルパス学会誌 17(4) 590-590 Oct. 2015
  • てんかんに対する迷走神経刺激療法の実施ガイドライン
    川合 謙介, 須貝 研司, 赤松 直樹, 岡崎 光俊, 亀山 茂樹, 笹川 睦男, 辻 貞俊, 前原 健寿, 山本 仁, 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会
    てんかん研究 30(1) 68-72 Jun. 2012
  • てんかんの治療・検査クリニカルパス作成
    畑山 勝彦, 平野 翔, 山田 由美, 宮崎 由紀, 松尾 健, 川合 謙介
    日本クリニカルパス学会誌 17(4) 606-606 Oct. 2015
  • 【てんかん】 ピンポイント小児医療 てんかんの治療 小児における迷走神経刺激療法
    國井 尚人, 川合 謙介
    小児内科 47(9) 1517-1519 Sep. 2015
  • VNS導入後5年 VNS市販後調査の臨床転帰 治療2年間の成績(Two-year outcome of VNS for refractory epilepsy in Japan PMS study)
    川合 謙介, 田中 達也, Bunker Mark, 丸岡 英二, VNS資格認定委員会
    てんかん研究 33(2) 384-384 Sep. 2015
  • Non-lesional MTLEに対する外科治療の成績と課題
    國井 尚人, 川合 謙介, 嶋田 勢二郎, 井林 賢志, 石下 洋平, 小泉 友幸, 松尾 健, 齊藤 延人
    てんかん研究 33(2) 483-483 Sep. 2015
  • 当院における頭蓋内電極留置術の成績と術中手技の工夫について
    石下 洋平, 國井 尚人, 井林 賢志, 嶋田 勢二郎, 小泉 友幸, 松尾 健, 川合 謙介, 齊藤 延人
    てんかん研究 33(2) 485-485 Sep. 2015
  • 側頭葉てんかんの外科治療 微小解剖に留意した側脳室下角到達の工夫
    井林 賢志, 國井 尚人, 川合 謙介, 石下 洋平, 嶋田 勢二郎, 小泉 友幸, 齊藤 延人
    てんかん研究 33(2) 485-485 Sep. 2015
  • 言語野周辺での根治的焦点切除と機能温存 慢性頭蓋内電極と覚醒下手術の併用
    嶋田 勢二郎, 國井 尚人, 川合 謙介, 小泉 友幸, 石下 洋平, 井林 賢志, 齊藤 延人
    てんかん研究 33(2) 489-489 Sep. 2015
Display all
Papers(other)close
  • 【てんかん診療入門-患者100万人のありふれた神経疾患を知る】 てんかん診療のmultidisciplinarity 各科のエキスパートが教える最新知識
    加藤 天美, 宇川 義一, 兼本 浩祐, 川合 謙介, 須貝 研司
    脳神経外科速報 25(10) 1051-1060 Oct. 2015
  • クリニカルパスの運用のための看護師と臨床検査技師の連携
    佐藤 泰史, 高工 愛美, 芳村 旺美, 山田 由美, 宮崎 由紀, 山川 憲文, 三田村 靖子, 川合 謙介, 松尾 健
    日本クリニカルパス学会誌 17(4) 590-590 Oct. 2015
  • てんかんに対する迷走神経刺激療法の実施ガイドライン
    川合 謙介, 須貝 研司, 赤松 直樹, 岡崎 光俊, 亀山 茂樹, 笹川 睦男, 辻 貞俊, 前原 健寿, 山本 仁, 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会
    てんかん研究 30(1) 68-72 Jun. 2012
  • てんかんの治療・検査クリニカルパス作成
    畑山 勝彦, 平野 翔, 山田 由美, 宮崎 由紀, 松尾 健, 川合 謙介
    日本クリニカルパス学会誌 17(4) 606-606 Oct. 2015
  • 【てんかん】 ピンポイント小児医療 てんかんの治療 小児における迷走神経刺激療法
    國井 尚人, 川合 謙介
    小児内科 47(9) 1517-1519 Sep. 2015
  • VNS導入後5年 VNS市販後調査の臨床転帰 治療2年間の成績(Two-year outcome of VNS for refractory epilepsy in Japan PMS study)
    川合 謙介, 田中 達也, Bunker Mark, 丸岡 英二, VNS資格認定委員会
    てんかん研究 33(2) 384-384 Sep. 2015
  • Non-lesional MTLEに対する外科治療の成績と課題
    國井 尚人, 川合 謙介, 嶋田 勢二郎, 井林 賢志, 石下 洋平, 小泉 友幸, 松尾 健, 齊藤 延人
    てんかん研究 33(2) 483-483 Sep. 2015
  • 当院における頭蓋内電極留置術の成績と術中手技の工夫について
    石下 洋平, 國井 尚人, 井林 賢志, 嶋田 勢二郎, 小泉 友幸, 松尾 健, 川合 謙介, 齊藤 延人
    てんかん研究 33(2) 485-485 Sep. 2015
  • 側頭葉てんかんの外科治療 微小解剖に留意した側脳室下角到達の工夫
    井林 賢志, 國井 尚人, 川合 謙介, 石下 洋平, 嶋田 勢二郎, 小泉 友幸, 齊藤 延人
    てんかん研究 33(2) 485-485 Sep. 2015
  • 言語野周辺での根治的焦点切除と機能温存 慢性頭蓋内電極と覚醒下手術の併用
    嶋田 勢二郎, 國井 尚人, 川合 謙介, 小泉 友幸, 石下 洋平, 井林 賢志, 齊藤 延人
    てんかん研究 33(2) 489-489 Sep. 2015
  • 【抗てんかん薬と精神科臨床】 新しい静注製剤(fosphenytoin・phenobarbital)
    井林 賢志, 川合 謙介
    精神科治療学 30(8) 1045-1052 Aug. 2015
  • 実臨床下での日本人高齢発症部分てんかん患者に対するレベチラセタムの併用療法
    山内 俊雄, 兼本 浩祐, 川合 謙介, 石田 重信, 山田 真由美, 徳増 孝樹, 白井 大和, 山村 佳代
    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 67(6) 749-758 Jun. 2015
  • 「平成26年度警察庁委託調査研究報告書:てんかんにかかっている者と運転免許に関する調査研究」の解説と検討
    川合 謙介, 西田 拓司, 荒木 敦, 久保田 英幹, 菅野 秀宣, 太組 一朗, 平田 幸一, 前垣 義弘, 松浦 雅人, 日本てんかん学会法的問題検討委員会
    てんかん研究 33(1) 147-158 Jun. 2015
  • MEGはVNSの治療効果予測因子となり得るか
    國井 尚人, 川合 謙介, 湯本 真人, 小泉 友幸, 嶋田 勢二郎, 斉藤 延人
    日本生体磁気学会誌 28(1) 76-77 Jun. 2015
  • 今後のてんかんの作業療法にむけて 重複した障害をもつてんかん患者への取り組み
    村木 慈, 稲川 利光, 川合 謙介
    日本作業療法学会抄録集 49回 O1032-O1032 Jun. 2015
  • 【精神疾患・向精神薬と運転】 てんかんと自動車運転
    川合 謙介
    臨床精神薬理 18(5) 537-544 May 2015
  • てんかん最前線 海馬多切術
    川合 謙介
    Epilepsy: てんかんの総合学術誌 9(1) 39-45 May 2015
  • 【症候性てんかんと自動車運転-最新の道路交通法改正も踏まえて-】 抗てんかん薬服用中の自動車運転
    川合 謙介
    MEDICAL REHABILITATION(184) 47-52 May 2015
  • 【難治性けいれん重積】 てんかんの外科的治療
    松尾 健, 川合 謙介
    ICUとCCU 39(5) 309-313 May 2015
  • 症候性てんかんと自動車運転
    川合 謙介
    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 52(Suppl.) S113-S113 May 2015
  • てんかんと自動車運転 押さえておきたい基本的知識と日本てんかん学会の提言
    川合 謙介
    Journal of Clinical Rehabilitation 24(4) 395-400 Apr. 2015
  • 【電気刺激による神経・精神疾患治療】 てんかんに対する迷走神経刺激療法
    松尾 健, 川合 謙介
    脳21 18(1) 23-27 Jan. 2015
  • 側頭葉てんかん術後の視野欠損と一過性の幻視 シャルル・ボネ症候群
    嶋田 勢二郎, 國井 尚人, 川合 謙介, 寺西 裕, 小泉 友幸, 宇野 健志, 松尾 健, 斉藤 延人
    てんかん研究 32(3) 596-596 Jan. 2015
  • 脳炎後難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法の治療成績 成人6例の検討
    小泉 友幸, 國井 尚人, 嶋田 勢二郎, 宇野 健志, 宇佐美 憲一, 松尾 健, 川合 謙介, 斉藤 延人
    てんかん研究 32(3) 604-604 Jan. 2015
  • 迷走神経刺激の即時的効果に対する電気生理学的検討
    宇野 健志, 國井 尚人, 嶋田 勢二郎, 小泉 友幸, 宇佐美 憲一, 松尾 健, 川合 謙介, 斉藤 延人
    てんかん研究 32(3) 607-607 Jan. 2015
  • 抗てんかん薬単剤療法下の部分てんかん患者に対するlevetiracetamの付加投与 実臨床下における有効性と安全性の検討
    山内 俊雄, 兼本 浩祐, 川合 謙介, 石田 重信, 山田 真由美, 徳増 孝樹, 白井 大和, 山村 佳代
    臨床精神薬理 17(12) 1671-1686 Dec. 2014
  • パッと見てサッと押さえる!科別で覚える診る看るカンタン手術イラスト 脳神経外科
    川合 謙介, 庄野 直之
    オペナーシング 29(9) 795-798 Sep. 2014
  • 専門医に求められる最新の知識 機能外科 てんかん外科における言語機能マッピング
    國井 尚人, 川合 謙介
    脳神経外科速報 24(9) 1008-1014 Sep. 2014
  • 難治性てんかんのパラダイムシフト 緩和的治療の存在意義と迷走神経刺激療法
    川合 謙介
    Neurological Surgery 42(9) 807-816 Sep. 2014
  • てんかん発作と不随意運動発作をめぐって 術前の神経心理検査は頭蓋内脳波による焦点・機能局在をどの程度予見し得るか
    國井 尚人, 川合 謙介, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 宇野 健志, 小泉 友幸, 嶋田 勢二郎, 宇佐美 憲一, 松尾 健, 斉藤 延人
    てんかん研究 32(2) 306-306 Sep. 2014
  • 内側側頭葉てんかん 手術時期に関するPros and Cons 海馬切除のpros and cons
    川合 謙介, 松尾 健, 國井 尚人
    てんかん研究 32(2) 313-313 Sep. 2014
  • 側頭葉てんかん画像診断におけるピットフォール 中頭蓋窩脳瘤の2症例
    嶋田 勢二郎, 國井 尚人, 川合 謙介, 小泉 友幸, 宇野 健志, 松尾 健, 宇佐美 憲一, 斉藤 延人
    てんかん研究 32(2) 424-424 Sep. 2014
  • 迷走神経刺激療法におけるマグネットの使用状況と効果
    小泉 友幸, 國井 尚人, 嶋田 勢二郎, 宇野 健志, 松尾 健, 川合 謙介, 斉藤 延人
    てんかん研究 32(2) 426-426 Sep. 2014
  • 【機能的疾患の治療戦略-最近の話題-】 てんかんの外科的治療 最近の話題
    川合 謙介
    脳神経外科ジャーナル 23(8) 627-634 Aug. 2014
  • 頸動脈超音波検査による回旋性椎骨動脈閉塞の検出は、アトラスループ(V3部)の動脈解離の検出と経過観察に有用である
    山岡 由美子, 市川 靖充, 森田 明夫, 川合 謙介
    Neurosonology 27(増刊) 88-88 Jun. 2014
  • 運転中の急病と交通事故 てんかんと自動車運転をめぐる諸問題
    川合 謙介
    日本交通科学学会誌 14(1) 39-39 Jun. 2014
  • 松果体腫瘍により記憶障害を呈した両側脳弓病変の一例
    吉田 瑞, 林 俊宏, 藤井 くるみ, 川合 謙介, 岩田 淳, 辻 省次
    認知神経科学 16(2) 121-121 Jun. 2014
  • 【てんかん-基礎・臨床研究の最新知見-】 てんかんの治療 てんかんの外科治療における最新知見
    川合 謙介
    日本臨床 72(5) 881-886 May 2014
  • 【小児の治療指針】 神経・筋 水頭症、Dandy-Walker症候群
    川合 謙介
    小児科診療 77(増刊) 793-795 Apr. 2014
  • 【大脳の機能局在とネットワーク】 脳腫瘍手術における術前・術中脳機能マッピング・モニタリング
    鎌田 恭輔, 広島 覚, 小川 博司, 國井 尚人, 川合 謙介, 安栄 良悟, 斉藤 延人
    脳神経外科ジャーナル 23(4) 296-305 Apr. 2014
  • てんかんと法・制度
    川合 謙介
    てんかん研究 31(3) 533-534 Jan. 2014
  • 脳炎後の難治性てんかんに外科治療を行った一成人例
    小泉 友幸, 國井 尚人, 宇野 健志, 川合 謙介, 斉藤 延人
    てんかん研究 31(3) 539-539 Jan. 2014
  • 【海馬とその周辺】 疾患とその病態 側頭葉てんかんの外科治療
    川合 謙介
    Clinical Neuroscience 31(12) 1428-1430 Dec. 2013
  • 【徹底解説!小児のてんかん-多様な事例からエキスパートの「観察眼」を身につける-】 てんかんの治療 てんかんの内科的治療の限界と外科治療のポイント
    宇佐美 憲一, 川合 謙介
    小児科学レクチャー 3(6) 1476-1483 Nov. 2013
  • 頭蓋内電極による脳機能検査の新展開 皮質脳波による短時間・高精度脳機能マッピングの可能性
    國井 尚人, 川合 謙介, 鎌田 恭輔, 宇野 健志, 小泉 友幸, 松尾 健, 宇佐美 憲一, 斉藤 延人
    臨床神経生理学 41(5) 323-323 Oct. 2013
  • Quadripulse transcranial magnetic stimulation(QPS)の難治性てんかんに対する影響
    榎本 雪, 花島 律子, 濱田 雅, 松本 英之, 町井 克行, 寺尾 安生, 川合 謙介, 管 るみ子, 丹羽 慎一, 榎本 博之, 宇川 義一
    臨床神経生理学 41(5) 492-492 Oct. 2013
  • Intractable epilepsy; Cut or stimulate? 難治性てんかんに対する電気刺激療法の論拠
    川合 謙介
    てんかん研究 31(2) 305-306 Sep. 2013
  • 記憶課題による海馬誘発電位と海馬傍回高周波脳律動活動の比較 側頭葉てんかんの記憶優位側同定に向けて
    國井 尚人, 川合 謙介, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, ファリアス・フェリペ, 宇野 健志, 宇佐美 憲一, 松尾 健, 斉藤 延人
    てんかん研究 31(2) 366-366 Sep. 2013
  • 迷走神経刺激による大脳皮質神経活動の同期度変化
    宇佐美 憲一, 川合 謙介, 高橋 宏知, 狩野 竜示, 野田 貴大, 白松 知世, 國井 尚人, 斉藤 延人
    てんかん研究 31(2) 371-371 Sep. 2013
  • 脳梁離断術後の部分発作に対する迷走神経刺激療法の効果
    村上 秀喜, 清水 弘之, 川合 謙介, 森野 道晴
    てんかん研究 31(2) 433-433 Sep. 2013
  • 【てんかんの新治療戦略と課題】 電気刺激デバイスを用いたてんかん治療
    宇佐美 憲一, 川合 謙介
    医薬ジャーナル 49(5) 1289-1293 May 2013
  • 小児難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法の有効性
    宇佐美 憲一, 川合 謙介, 斉藤 延人
    小児の脳神経 38(1) 108-108 Apr. 2013
  • 基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード 側頭葉内側腫瘍の手術
    川合 謙介
    脳神経外科速報 23(3) 246-252 Mar. 2013
  • 【機能外科と神経科学】 皮質脳波による視覚認知ネットワークの解明
    鎌田 恭輔, 國井 尚人, 太田 貴裕, 川合 謙介, 斉藤 延人
    脳神経外科ジャーナル 22(3) 178-184 Mar. 2013
  • てんかんの診断から最新の治療まで 見過ごしていないか? 日常診療に潜むてんかんを考える 古くて新しい疾患「てんかん」を考える 成人てんかんの病因、診断と治療
    川合 謙介
    東京都医師会雑誌 66(1) 25-30 Jan. 2013
  • 興味深い発作症候を呈した小児前頭葉てんかんの1手術例
    長谷川 義仁, 井林 賢志, 川合 謙介, 斎藤 延人, 松浦 隆樹, 浜野 晋一郎
    てんかん研究 30(3) 530-530 Jan. 2013
  • 【いま知っておくべきてんかん 診る・治す・フォローする-てんかん診療の新展開】 てんかんの外科適応
    宇佐美 憲一, 川合 謙介, 斉藤 延人
    Mebio 29(11) 99-106 Nov. 2012
  • 前頭葉言語野におけるfMRIの信頼度の検証 皮質電気刺激マッピングとの比較
    國井 尚人, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 川合 謙介, 斉藤 延人
    脳循環代謝 24(1) 163-163 Nov. 2012
  • 顔認知の神経生理学 ECoGによる顔-文字-図形認知ダイナミクス
    鎌田 恭輔, 國井 尚人, 広島 覚, 川合 謙介, 斉藤 延人
    臨床神経生理学 40(5) 385-385 Oct. 2012
  • 【高次脳機能イメージングの脳科学への新展開】 脳皮質電位と機能的MRIによる言語・記憶機能ダイナミクス
    鎌田 恭輔, 國井 尚人, 広島 覚, 太田 貴裕, 川合 謙介, 斉藤 延人
    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 64(9) 1001-1012 Sep. 2012
  • てんかんのニューロモデュレーション VNSとニューロモデュレーション
    川合 謙介, 宇佐美 憲一, 高橋 宏知, 斉藤 延人
    てんかん研究 30(2) 253-254 Sep. 2012
  • 海馬傍回high gamma activityによる記憶優位側の同定
    國井 尚人, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, ファリアス・フェリペ, 宇野 健志, 宇佐美 憲一, 松尾 健, 川合 謙介, 斉藤 延人
    てんかん研究 30(2) 367-367 Sep. 2012
  • 成人大脳半球離断術の全般性起始発作に対する効果
    宇野 健志, 川合 謙介, 宇佐美 憲一, 松尾 健, 國井 尚人, ファリアス・フェリペ, 斉藤 延人
    てんかん研究 30(2) 369-369 Sep. 2012
  • 成人大脳半球離断術の適応判断における運動機能予測
    Farias Felipe, 川合 謙介, 宇野 健志, 國井 尚人, 宇佐美 憲一, 松尾 健, 斉藤 延人, 寺尾 安生, 花島 律子
    てんかん研究 30(2) 372-372 Sep. 2012
  • 側頭葉てんかんに対する海馬多切術の長期成績 発作抑制と記憶・認知機能について
    宇佐美 憲一, 川合 謙介, 久保田 真由美, 斉藤 延人
    てんかん研究 30(2) 373-373 Sep. 2012
  • 【高次脳機能イメージングの脳科学への新展開】 てんかん外科治療における高次脳機能イメージングの役割
    川合 謙介
    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 64(9) 1013-1022 Sep. 2012
  • Medial Temporal Vasculature and Surgical Tips for Medial Temporal Microsurgery(Anatomy and Operation of the Temporal Lobe and its Vicinity I)
    Kawai Kensuke, Saito Nobuhito
    Japanese journal of neurosurgery 21(8) 594-603 Aug. 2012
  • 【側頭葉とその周辺の解剖と手術I】 側頭葉内側の動脈と手術における留意点
    川合 謙介, 斉藤 延人
    脳神経外科ジャーナル 21(8) 594-603 Aug. 2012
  • 難治てんかんに対する迷走神経刺激療法導入1年後の状況 九州労災病院と全国における状況
    森岡 隆人, 佐山 徹郎, 下川 能史, 濱村 威, 橋口 公章, 川合 謙介, 迎 伸孝, 村上 信哉, 佐々木 富男
    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 64(6) 681-687 Jun. 2012
  • 【小児・思春期診療 最新マニュアル】(4章)よくみられる疾患・見逃せない疾患の診療 神経系疾患 水頭症
    川合 謙介
    日本医師会雑誌 141(特別1) S232-S233 Jun. 2012
  • 【小児・思春期診療 最新マニュアル】(4章)よくみられる疾患・見逃せない疾患の診療 神経系疾患 脳腫瘍
    川合 謙介, 武笠 晃丈
    日本医師会雑誌 141(特別1) S233-S235 Jun. 2012
  • 【子どもの突然死】 てんかんに関連した突然死
    川合 謙介
    小児科 53(6) 675-679 Jun. 2012
  • てんかんのある人における運転免許の現状と問題点 道路交通法改正8年後の公安委員会・医師へのアンケート調査
    松浦 雅人, 川合 謙介, 久保田 英幹, 西田 拓司, 杉本 健郎, 平田 幸一, 日本てんかん学会法的問題検討委員会
    てんかん研究 30(1) 60-67 Jun. 2012
  • 症候・疾患と検査・診断 てんかんの治療 特に外科的治療について
    川合 謙介
    小児神経学の進歩 41 57-68 May 2012
  • 頭蓋底悪性腫瘍手術例における予後因子に関する検討
    朝蔭 孝宏, 蝦原 康宏, 齊藤 祐毅, 小村 豪, 川合 謙介, 飯田 拓也, 山本 健太郎
    頭頸部癌 38(2) 141-141 May 2012
  • 脳神経疾患に伴うてんかんの治療戦略 QOLに着目した薬物治療の実践
    川合 謙介, 卜部 貴夫, 藤本 礼尚, 太組 一朗
    Pharma Medica 30(4) 123-128 Apr. 2012
  • 【脳室と髄液腔の最新情報】 小児の水頭症と奇形 脳室病変とてんかん
    川合 謙介
    Clinical Neuroscience 30(4) 447-449 Apr. 2012
  • 多形膠芽腫を合併した結節性硬化症の1例
    高橋 長久, 内野 俊平, 水野 葉子, 岩崎 博之, 高橋 寛, 武笠 晃丈, 川合 謙介, 小林 敏之, 樋野 興夫, 大澤 麻記, 斎藤 真木子, 水口 雅
    脳と発達 44(2) 156-156 Mar. 2012
  • 迷走神経刺激装置植込術の術中モニタリング法
    宇佐美 憲一, 川合 謙介, 斉藤 延人
    てんかん研究 29(3) 509-510 Jan. 2012
  • 【小児医療における診断・治療の進歩】 治療技術 てんかんに対する迷走神経刺激療法
    川合 謙介, 宇佐美 憲一
    小児科 52(12) 1689-1695 Nov. 2011
  • 最新のてんかんの病態と治療 てんかんの迷走神経刺激療法
    川合 謙介, 宇佐美 憲一, 斎藤 延人
    臨床神経学 51(11) 990-992 Nov. 2011
  • 迷走神経刺激療法の現状 迷走神経刺激療法の臨床神経生理学的側面
    宇佐美 憲一, 川合 謙介
    臨床神経生理学 39(5) 329-329 Oct. 2011
  • 症例検討会 先生ならどうするか クモ膜嚢胞に伴う小児難治性てんかんの1例
    宇佐美 憲一, 川合 謙介, 石下 洋平, 齊藤 延人
    てんかん研究 29(2) 249-249 Sep. 2011
  • 言語課題における皮質電気刺激と高周波ガンマ帯活動の比較(A comparative study between electrocortical stimulation and high-frequency gamma activity during language tasks)
    國井 尚人, 鎌田 恭輔, 宇佐美 憲一, 松尾 健, ファリアス・フェリペ, 太田 貴裕, 川合 謙介, 齊藤 延人
    てんかん研究 29(2) 314-314 Sep. 2011
  • 迷走神経刺激療法における迷走神経誘発電位の測定とその意義
    宇佐美 憲一, 川合 謙介, 園生 雅弘, 松尾 健, 國井 尚人, 齊藤 延人
    てんかん研究 29(2) 314-314 Sep. 2011
  • 電極間相関を考慮にいれたてんかん焦点診断(Localization of epileptogenic zone from electrocorticogram using causal connectivity)
    松尾 健, 川合 謙介, 宇佐美 憲一, 國井 尚人, 齊藤 延人
    てんかん研究 29(2) 334-334 Sep. 2011
  • てんかん術前モニタリングにおける単一ニューロン記録電極の開発と皮質脳波同時記録の試み
    川合 謙介, 松尾 健, 宇佐美 憲一, 國井 尚人, 宮川 尚久, 長谷川 功, 齊藤 延人
    てんかん研究 29(2) 335-335 Sep. 2011
  • 内側型側頭葉てんかん症例の発作間欠期画像におけるAsymmetry解析法の術後予後予測における有用性
    高橋 美和子, 相馬 努, 古山 桂太郎, 川合 謙介, 大友 邦, 百瀬 敏光
    核医学 48(3) S285-S286 Sep. 2011
  • 脳外科領域で用いられる機器最前線 迷走神経刺激装置 植込み型迷走神経刺激装置
    宇佐美 憲一, 川合 謙介
    脳神経外科速報 21(8) 904-909 Aug. 2011
  • 小児難治てんかんに対する迷走神経刺激療法の効果 本邦における7例の臨床経過と予後
    若井 周治, 川合 謙介, 長尾 雅悦, 小野村 章
    てんかん研究 29(1) 82-82 Jun. 2011
  • 検査からみる神経疾患 高FGF23血症による骨軟化症
    宇野 健志, 川合 謙介, 福本 誠二, 齊藤 延人
    Clinical Neuroscience 29(6) 714-715 Jun. 2011
  • 【医療現場におけるてんかん診療の現状と展望】 てんかん外科の種類と適応 どのような患者をいつどこに紹介するか
    川合 謙介
    医薬ジャーナル 47(5) 1465-1469 May 2011
  • 1. Blood Supply of Temporal Lobe : the Points You Better Keep in Mind during Temporal Lobe Surgery(PS2-1 The 25th Microneurosurgical Anatomy Seminar "Anatomy and Surgery in the Temporal Lobe and its Surrounding Tissues",Plenary Session,Professional Spirit
    Kawai Kensuke
    Japanese journal of neurosurgery 20(0) Apr. 2011
  • 【てんかんの新しい治療】 てんかんに対する迷走神経刺激療法
    川合 謙介
    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 63(4) 331-346 Apr. 2011
  • 【最新の治療デバイス】 刺激・微量注入デバイス 迷走神経刺激療法(Vagus nerve stimulation)
    宇佐美 憲一, 川合 謙介
    Clinical Neuroscience 29(4) 422-425 Apr. 2011
  • 【てんかん治療 New Standards】 その他のポイント 迷走神経刺激療法
    川合 謙介
    Clinical Neuroscience 29(1) 76-77 Jan. 2011
  • 各種疾患 機能性疾患 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法
    川合 謙介
    Annual Review神経 2011 366-373 Jan. 2011
  • 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法
    川合 謙介
    てんかん研究 28(3) 466-466 Jan. 2011
  • 興味深い経過をたどったくも膜下嚢胞に伴う小児てんかんの1手術例
    石下 洋平, 小泉 友幸, 國井 尚人, 宇佐美 憲一, 川合 謙介, 斎藤 延人
    てんかん研究 28(3) 489-489 Jan. 2011
  • 小児難治てんかんに対する迷走神経刺激療法の効果 本邦における7例の臨床経過と予後
    若井 周治, 川合 謙介, 長尾 雅悦, 小野村 章
    てんかん研究 28(3) 506-506 Jan. 2011
  • Clinical Utility and Impact of Functional Neuronavigation for Glioma Surgery(Progress in Treatment for Malignant Gliomas)
    Kamada Kyousuke, Ota Takahiro, Kawai Kensuke, Anei Ryogo, Saito Nobuhito
    Japanese journal of neurosurgery 19(12) 916-922 Dec. 2010
  • 【新時代の脳腫瘍学 診断・治療の最前線】 脳腫瘍の治療 脳腫瘍の外科療法 脳腫瘍摘出に用いる術中モニタリング
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 斉藤 延人
    日本臨床 68(増刊10 新時代の脳腫瘍学) 344-348 Dec. 2010
  • 【悪性グリオーマ治療の進歩】 グリオーマにおけるfunctional neuronavigationの有用性とその効果の実際
    鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 川合 謙介, 安栄 良悟, 斉藤 延人
    脳神経外科ジャーナル 19(12) 916-922 Dec. 2010
  • Intraoperative monitoring for brain tumor resection
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 斉藤 延人
    Japanese journal of clinical medicine 68(0) 344-348 Dec. 2010
  • 【てんかん 最近の話題】 てんかんの外科治療の進歩 成人てんかん
    川合 謙介
    MEDICO 41(11) 377-381 Nov. 2010
  • 【てんかん 最近の話題】 成人てんかんの診断と治療 最近の話題
    亀山 茂樹, 岡田 元宏, 池田 昭夫, 川合 謙介
    MEDICO 41(11) 382-392 Nov. 2010
  • 【大脳機能局在はここまで分かった】 側頭葉 側頭葉の解剖と機能概説 臨床的視点から
    川合 謙介
    Clinical Neuroscience 28(10) 1131-1134 Oct. 2010
  • 脳神経外科からみたてんかんの新たな薬物治療戦略
    中里 信和, 兼本 浩祐, 三國 信啓, 川合 謙介
    Pharma Medica 28(10) 141-146 Oct. 2010
  • てんかん診療最前線 てんかんに対する迷走神経刺激療法
    川合 謙介
    Epilepsy: てんかんの総合学術誌 3(2) 129-133 Nov. 2009
  • 【神経疾患に対するもう一つのEBM-Engineering Based Medicine】 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法
    川合 謙介
    Brain Medical 22(3) 215-221 Sep. 2010
  • Memory function of temporal lobe epilepsy patients after multiple hippocampal transaction
    久保田 真由美, 川合 謙介, 太田 貴裕
    臨床脳波 51(10) 620-625 Oct. 2009
  • 小児難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法の効果 本邦における7例の臨床経過と予後
    若井 周治, 川合 謙介, 長尾 雅悦, 小野村 章
    てんかん研究 28(2) 255-255 Sep. 2010
  • 3T-fMRIによる言語機能局在の実用化にむけての現状と課題
    國井 尚人, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 宇佐美 憲一, 川合 謙介, 斉藤 延人
    てんかん研究 28(2) 266-266 Sep. 2010
  • 迷走神経刺激時皮質脳波の時間周波数解析
    宇佐美 憲一, 國井 尚人, 川合 謙介, 斉藤 延人
    てんかん研究 28(2) 312-312 Sep. 2010
  • 一般病棟でターミナルケアを行った新生児頭蓋内未熟奇形腫の1例
    設楽 佳彦, 井田 孔明, 大久保 淳, 伊藤 直樹, 細井 洋平, 安井 孝二郎, 五石 圭司, 本村 あい, 滝田 順子, 菊地 陽, 五十嵐 隆, 辛 正廣, 川合 謙介
    日本小児科学会雑誌 114(8) 1241-1241 Aug. 2010
  • てんかんの外科治療 最近の進歩
    川合 謙介
    Current Insights in Neurological Science 18(2) 2-4 Aug. 2010
  • 皮質脳波を用いた側頭葉視覚領野の機能マッピング(Electrocorticographic mapping of human ventral visual areas)
    松尾 健, 川嵜 圭祐, 川合 謙介, 増田 浩, 國井 尚人, 村上 博淳, 間島 慶, 鎌田 恭輔, 神谷 之康, 亀山 茂樹, 齋藤 延人, 長谷川 功
    神経化学 49(2-3) 508-508 Aug. 2010
  • 皮質脳波の時間的パターンを用いた視覚物体カテゴリーのデコーディング(Neural decoding of visual object categories using temporal patterns of ECoG signals)
    間島 慶, 松尾 健, 川嵜 圭祐, 川合 謙介, 増田 浩, 國井 尚人, 村上 博淳, 鎌田 恭輔, 亀山 茂樹, 斉藤 延人, 長谷川 功, 神谷 之康
    神経化学 49(2-3) 724-724 Aug. 2010
  • 言語ネットワークの画像化と電気刺激マッピングによる検証(Visualization of language network and its validation by electrical stimulation)
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 國井 尚人, 斉藤 延人
    神経化学 49(2-3) 743-743 Aug. 2010
  • 2. Clinical Impact and Practical Utility of Functional Neuronavigation for Glioma Surgery(PS1-1 Progress in Treatment for Malignant Gliomas,Plenary Session,Surgery Revisited,The 30th Annual Meeting of The Japanese Congress of Neurological Surgeons)
    Kamada Kyousuke
    Japanese journal of neurosurgery 19(0) Apr. 2010
  • 5. Vagus Nerve Stimulation for Refractory Epilepsy(PS1-6 Progress in Epilepsy Surgery (Videoseminar),Plenary Session,Surgery Revisited,The 30th Annual Meeting of The Japanese Congress of Neurological Surgeons)
    Kawai Kensuke
    Japanese journal of neurosurgery 19(0) Apr. 2010
  • 【小児の治療指針】 神経・筋 水頭症・Dandy-Walker症候群
    川合 謙介
    小児科診療 73(増刊) 737-739 Apr. 2010
  • 小児てんかんの外科治療
    川合 謙介
    日本小児科学会雑誌 114(4) 749-749 Apr. 2010
  • 【島皮質は何をしているか】 島皮質の疾患 島領域の腫瘍
    川合 謙介
    Clinical Neuroscience 28(4) 422-426 Apr. 2010
  • Vagus nerve stimulation for refractory epilepsy
    宇佐美 憲一, 川合 謙介
    医学のあゆみ 232(10) 998-1002 Mar. 2010
  • 【てんかん治療Update 研究と臨床の最前線】 最新・外科治療動向 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法
    宇佐美 憲一, 川合 謙介
    医学のあゆみ 232(10) 998-1002 Mar. 2010
  • 【てんかんのトピックス】 難治性部分てんかんと迷走神経刺激療法
    川合 謙介
    神経内科 72(3) 262-269 Mar. 2010
  • Hydrocephalus, Dandy-Walker syndrome
    川合 謙介
    The Journal of pediatric practice 73(0) 737-739 2010
  • Clinical Practice and Perspectives in Neurosurgery using Multi-modality Functional Imaging and Monitoring
    Kamada Kyousuke, Morita Akio, Todo Tomoki, Kawai Kensuke, Ota Takayuki, Kawahara Nobutaka, Saito Nobuhito
    Japanese journal of neurosurgery 16(3) 206-214 Mar. 2007
  • 【脳磁図で何がわかるか?】 脳磁図と機能MRIによる優位半球同定と言語機能野の局在
    鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 川合 謙介, 斉藤 延人
    臨床検査 53(9) 1027-1033 Sep. 2009
  • 難治性てんかんに対する外科的治療における核医学検査の有用性の検討
    高橋 美和子, 百瀬 敏光, 古山 桂太郎, 川合 謙介, 大友 邦
    核医学 46(3) 313-313 Sep. 2009
  • 内側側頭葉てんかんに対するガンマナイフ治療の長期成績 特に長期経過後の合併症について(Long-term outcome of gamma knife surgery for mesial temporal lobe epilepsy)
    宇佐美 憲一, 川合 謙介, 甲賀 智之, 辛 正廣, 栗田 浩樹, 鈴木 一郎, 斉藤 延人
    てんかん研究 27(2) 243-243 Sep. 2009
  • 発作時MEG-ECoG同時記録の臨床的意義(The clinical impact of simultaneous recording of MEG and ECoG in ictal state)
    國井 尚人, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 川合 謙介, 斉藤 延人
    てんかん研究 27(2) 274-274 Sep. 2009
  • 脳皮質電位によるてんかん焦点活動の時間-周波数変化と発作Semiology(Time-frequency ECoG changes of epileptogenic activity and seizure semiology)
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 太田 貴裕, 國井 尚人, 斉藤 延人
    てんかん研究 27(2) 275-275 Sep. 2009
  • 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法後の発作予後の予測因子(Predictive factors of seizure outcome in vagus nerve stimulation for intractable epilepsy)
    川合 謙介, 宇佐美 憲一, 鎌田 恭輔, 斉藤 延人
    てんかん研究 27(2) 285-285 Sep. 2009
  • Resective Surgery for Temporal Lobe Epilepsy : Review on Surgical Outcome and Some Procedural Tips
    Kawai Kensuke
    Japanese journal of neurosurgery 15(1) 27-35 Jan. 2006
  • Epileptic Focus Localization and Indication for Placement of Intracranial Electrodes in Epilepsy with Organic Lesion(Surgery of Epilepsy with Structural Lesions)
    Kawai Kensuke, Kamada Kyousuke, Ohta Takahiro, Saito Nobuhito
    Japanese journal of neurosurgery 18(8) 586-595 Aug. 2009
  • 【器質性病変を持つてんかんの外科治療】 器質性病変を持つてんかんにおける焦点局在診断と頭蓋内電極留置の適応 てんかん外科を始めるために必要な知識
    川合 謙介, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 斉藤 延人
    脳神経外科ジャーナル 18(8) 586-595 Aug. 2009
  • 【てんかん外科】 機能温存的てんかん外科とニューロネットワーク
    川合 謙介, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 斎藤 延人
    臨床脳波 51(7) 389-396 Jul. 2009
  • Function-preserving epilepsy surgery and neuronetwork
    川合 謙介, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕
    臨床脳波 51(7) 389-396 Jul. 2009
  • 全身の骨痛及び、筋力低下で発症した側頭骨腫瘍性骨軟化症の1例
    小林 謙也, 中尾 一成, 朝蔭 孝宏, 山岨 達也, 福本 誠二, 川合 謙介, 大田 聡, 元井 亨
    頭頸部癌 35(2) 198-198 May 2009
  • 2. White Matter Mapping by DTI-based Tractography for Neurosurgery(2) White Matter Dissection for Glioma Surgery,PS3-1 The 23th Microneurosurgical Anatomy Seminar "Surgical Anatomy Practice as Operative Training",Plenary Session,The 29th Annual Meeting of
    Kamada Kyosuke
    Japanese journal of neurosurgery 18(0) Apr. 2009
  • 興味深い画像所見を呈した前頭葉てんかんの一例
    久保田 真由美, 川合 謙介, 荻原 英樹, 太田 貴裕, 鎌田 恭輔, 斉藤 延人
    てんかん研究 26(3) 463-464 Jan. 2009
  • 解剖を中心とした脳神経手術手技 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法 刺激装置の埋込術
    川合 謙介
    Neurological Surgery 36(11) 979-989 Nov. 2008
  • 側頭葉てんかん研究・治療の進歩 側頭葉てんかんに対する海馬多切術後の記銘力
    川合 謙介, 久保田 真由美, 太田 貴裕, 鎌田 恭輔, 百瀬 敏光, 青木 茂樹, 川島 明子, 斎藤 延人
    臨床神経生理学 36(5) 466-466 Oct. 2008
  • 脳皮質電位によるヒト高次脳機能ネットワークの解明
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 太田 貴裕, 斉藤 延人
    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集 67回 2D-O07 Oct. 2008
  • O1-18 Memory function and structural change of Papez's circuit after hippocampal transaction(The 42^ Congress of the Japan Epilepsy Society)
    久保田 真由美, 川合 謙介, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 青木 茂樹, 百瀬 敏光, 川島 明子, 斉藤 延人
    Journal of the Japan Epilepsy Society 26(2) Sep. 2008
  • てんかんの最先端医療 日本のTractography最新情報 Tractographyと電気生理モニタリング融合によるeloquent networkの画像化
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 太田 貴裕, 増谷 佳孝, 青木 茂樹, 斉藤 延人
    てんかん研究 26(2) 254-254 Sep. 2008
  • 多点皮質脳波におけるてんかん発作の予測・検出の試み
    藤原 正道, 川合 謙介, 神崎 亮平, 高橋 宏知
    てんかん研究 26(2) 257-257 Sep. 2008
  • 海馬多切術後の記憶温存とPapez's circuit 海馬容積・糖代謝・白質線維の変化
    久保田 真由美, 川合 謙介, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 青木 茂樹, 百瀬 敏光, 川島 明子, 斉藤 延人
    てんかん研究 26(2) 277-277 Sep. 2008
  • Functional Approach for Intracranial Lesions Using Magnetoencephalography
    KAMADA K., KAWAI K., OTA T., SAITO N.
    Magnetics Japan 3(2) 73-81 Feb. 2008
  • Preoperative Mapping of Language-related Functions using Functional MRI and Magnetoencephalography( Functional Neurophysiological Monitoring for Neurosurgery)
    Kamada Kyousuke, Ota Takahiro, Kawai Kensuke, Todo Tomoki, Kawahara Nobutaka, Morita Akio, Saito Nobuhito
    Japanese journal of neurosurgery 17(1) 4-12 Jan. 2008
  • 【てんかん What's new?】 てんかんの治療 てんかんの外科治療
    川合 謙介
    Clinical Neuroscience 26(1) 83-86 Jan. 2008
  • 頭蓋内くも膜嚢胞
    川合 謙介
    Current Insights in Neurological Science 16(1) 5-5 Jan. 2008
  • 【脳神経外科手術のモニタリング】 機能MRI/MEGを用いた術前言語機能局在診断
    鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 川合 謙介, 藤堂 具紀, 川原 信隆, 森田 明夫, 斉藤 延人
    脳神経外科ジャーナル 17(1) 4-12 Jan. 2008
  • 脳手術におけるNIRSの応用 言語優位半球同定においてNIRSはfMRIをこえられるか? 42例の経験から
    太田 貴裕, 鎌田 恭輔, 川合 謙介, 湯本 真人, 青木 茂樹, 斉藤 延人
    臨床神経生理学 35(5) 307-308 Oct. 2007
  • てんかん外科とニューロネットワーク 機能温存的てんかん外科とニューロネットワーク
    川合 謙介
    臨床神経生理学 35(5) 353-353 Oct. 2007
  • Eloquent fiber tractographyとマルチ電気生理学モニタリングによる白質マッピングの検証と課題
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 藤堂 具紀, 太田 貴裕, 増谷 佳孝, 青木 茂樹, 斉藤 延人
    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集 66回 1D-S04 Oct. 2007
  • 術中Diffusion Tensor Tractographyが可能なニューロナビゲーション装置の開発とその臨床応用
    金 太一, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 増谷 佳孝, 青木 茂樹, 川合 謙介, 藤堂 具紀, 斉藤 延人
    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集 66回 2J-O27 Oct. 2007
  • 非侵襲的言語優位半球同定法の検討
    太田 貴裕, 鎌田 恭輔, 川合 謙介, 青木 茂樹, 斎藤 延人
    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集 66回 3A-S21 Oct. 2007
  • MST・海馬多切を中心としたnon-lesional TLEの外科治療
    川合 謙介, 太田 貴裕, 鎌田 恭輔, 斎藤 延人
    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集 66回 3G-O50 Oct. 2007
  • O1-45 Indication for unpermitted vagus nerve stimulation therapy in Japan(The 41^ Congress of the Japan Epilepsy Society)
    川合 謙介, 清水 弘之, 若井 周二, 太田 貴裕, 鎌田 恭輔, 斎藤 延人
    Journal of the Japan Epilepsy Society 25(3) Sep. 2007
  • 脳皮質電位計測による言語関連脳機能とてんかん焦点活動の時間 周波数変化とネットワークの画像化
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 太田 貴裕, 青木 茂樹, 斉藤 延人
    てんかん研究 25(3) 245-245 Sep. 2007
  • 未承認状況下での迷走神経刺激療法の治療適応
    川合 謙介, 清水 弘之, 若井 周二, 太田 貴裕, 鎌田 恭輔, 斎藤 延人
    てんかん研究 25(3) 275-275 Sep. 2007
  • 外科治療方針決定に難渋した複雑身振り自動症の1例
    黒岩 正文, 宮本 伸哉, 太田 貴裕, 鎌田 恭輔, 川合 謙介, 斎藤 延人
    てんかん研究 25(2) 131-131 Aug. 2007
  • 【脳腫瘍の診断と治療 グリオーマにおける画像診断の役割を中心に】 Fiber trackingの脳腫瘍手術ナビゲーションへの応用
    鎌田 恭輔, 青木 茂樹, 増谷 佳孝, 井野 賢二, 藤堂 具紀, 川合 謙介, 太田 貴裕, 斉藤 延人
    臨床放射線 52(6) 759-765 Jun. 2007
  • 適応の破綻と修復 脳機能可塑性の画像化と脳神経疾患の治療戦略
    鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 川合 謙介, 斉藤 延人
    適応医学 11(1) 19-19 May 2007
  • 1. Functional Brain Mapping for Language Functions using fMRI & MEG and its Validation(Part 1:Cortex/white matter mapping, PS1-1 Functional Mapping/Monitoring in Neurosurgical Management, The 27^ Annual Meeting of The Japanese Congress of Neurological
    Kamada Kyousuke
    Japanese journal of neurosurgery 16(4) Apr. 2007
  • 【てんかん外科 てんかん治療の現状と将来】 代替療法 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法の現状
    川合 謙介
    カレントテラピー 25(4) 309-313 Apr. 2007
  • 【最近注目される脳神経疾患治療の研究】 難治性てんかんに対する低侵襲治療 迷走神経刺激療法と定位的放射線治療
    川合 謙介
    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 59(4) 299-311 Apr. 2007
  • 神経機能局在と脳神経外科手術 皮質・白質機能の局在と温存 機能MRI/MEGを用いた術前言語関連脳機能局在診断とその検証
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 藤堂 具紀, 川原 信隆, 斉藤 延人
    脳神経外科ジャーナル 16(4) 308-308 Apr. 2007
  • Hemispherectomy and Hemispherotomy for Intractable Epilepsy
    KAWAI Kensuke, SHIMIZU Hiroyuki
    脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery 16(3) 184-193 Mar. 2007
  • Vagus Nerve Stimulation Therapy for Intractable Epilepsy : Current Status
    KAWAI Kensuke
    脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery 16(3) 194-202 Mar. 2007
  • Hemispherectomy and Hemispherotomy for Intractable Epilepsy(Epilepsy Surgery)
    Kawai Kensuke, Shimizu Hiroyuki
    Japanese journal of neurosurgery 16(3) 184-193 Mar. 2007
  • Vagus Nerve Stimulation Therapy for Intractable Epilepsy : Current Status(Epilepsy Surgery)
    Kawai Kensuke
    Japanese journal of neurosurgery 16(3) 194-202 Mar. 2007
  • 【てんかん外科】 難治性てんかんに対する大脳半球切除術と大脳半球離断術
    川合 謙介, 清水 弘之
    脳神経外科ジャーナル 16(3) 184-193 Mar. 2007
  • 【てんかん外科】 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法の現状
    川合 謙介
    脳神経外科ジャーナル 16(3) 194-202 Mar. 2007
  • 放射線壊死
    川合 謙介
    Current Insights in Neurological Science 14(3) 5-5 Oct. 2006
  • O1-30 Four surgically treated cases of non-lesional frontal lobe epilepsy(The 40th Congress of the Japan Epilepsy Society)
    太田 貴裕, 川合 謙介, 鎌田 恭輔, 斎藤 延人
    Journal of the Japan Epilepsy Society 24(3) Aug. 2006
  • O2-35 Neuropsycnological changes after multiple hippocampal transection for temporal lobe epilepsy(The 40th Congress of the Japan Epilepsy Society)
    川合 謙介, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 百瀬 敏光, 青木 茂樹, 斎藤 延人
    Journal of the Japan Epilepsy Society 24(3) Aug. 2006
  • 脳機能画像と慢性硬膜下電極による皮質電気刺激、皮質電位計測結果の比較検討
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 太田 貴裕, 斉藤 延人
    てんかん研究 24(3) 185-185 Aug. 2006
  • non-lesional Frontal Lobe epilepsyに対して外科治療をおこなった4例
    太田 貴裕, 川合 謙介, 鎌田 恭輔, 斎藤 延人
    てんかん研究 24(3) 200-200 Aug. 2006
  • 側頭葉てんかんに対する海馬多切術後の高次脳機能
    川合 謙介, 鎌田 恭輔, 太田 貴裕, 百瀬 敏光, 青木 茂樹, 斎藤 延人
    てんかん研究 24(3) 219-219 Aug. 2006
  • 【術中の皮質脳波】 てんかん外科における術中皮質脳波の有用性
    川合 謙介
    臨床脳波 48(5) 267-274 May 2006
  • 1.From Hemispherectomy to Hemispherotomy(PS-4 Epilepsy Surgery:Creating New, Learning from Old,The 26^ Annual Meeting of The Japanese Congress of Neurological Surgeons)
    Kawai Kensuke
    Japanese journal of neurosurgery 15(4) Apr. 2006
  • てんかん外科の温故創新 半球切除術から半球離断術まで
    川合 謙介
    脳神経外科ジャーナル 15(4) 319-319 Apr. 2006
  • 側頭葉てんかん
    川合 謙介
    Current Insights in Neurological Science 14(1) 6-6 Jan. 2006
  • 【てんかん研究の新しい展開】 迷走神経刺激療法と定位的放射線治療
    川合 謙介
    神経研究の進歩 49(5) 809-823 Oct. 2005
  • 専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 Tractographyと白質マッピング融合型functional neuronavigation
    鎌田 恭輔, 藤堂 具紀, 川原 信隆, 川合 謙介, 森田 明夫, 桐野 高明
    脳神経外科速報 15(8) 751-759 Aug. 2005
  • 結節性硬化症のてんかんと認知発達障害
    川合 謙介
    Current Insights in Neurological Science 13(2) 6-6 Aug. 2005
  • 【脳神経疾患病棟で起こるけいれんと看護】 けいれんの原因疾患とその病態
    川合 謙介
    Brain Nursing 21(6) 579-585 Jun. 2005
  • てんかんの外科治療 適応とpitfall回避法 側頭葉切除術
    川合 謙介
    脳神経外科ジャーナル 14(4) 236-236 Apr. 2005
  • 機能MRIを用いた言語関連脳領域の局在と皮質刺激による結果の検証
    鎌田 恭輔, 川合 謙介, 増谷 佳孝, 青木 茂樹, 桐野 高明
    てんかん研究 23(1) 44-45 Feb. 2005
  • 【機能的脳神経外科の最前線】 難治性てんかん 特異な病態に対する外科治療 大脳皮質形成異常
    川合 謙介
    Clinical Neuroscience 22(11) 1273-1275 Nov. 2004
  • てんかんの基礎と臨床 側頭葉てんかんの外科的治療と術後記銘力障害
    清水 弘之, 川合 謙介, 須永 茂樹, 山田 俊隆
    臨床神経学 44(11) 868-870 Nov. 2004
  • 術中皮質脳波の応用 てんかん外科における術中皮質脳波の有用性 特に側頭葉外てんかんについて
    川合 謙介
    臨床神経生理学 32(5) 431-432 Oct. 2004
  • Optic radiation tractographyと皮質VEPモニタリング融合によるFunctional Neuronavigation
    鎌田 恭輔, 藤堂 具紀, 川合 謙介, 青木 茂樹, 増谷 佳孝, 森田 明夫, 桐野 高明
    臨床神経生理学 32(5) 566-566 Oct. 2004
  • 片側巨脳症・水頭症を認め日齢71で機能的半球離断術を施行された一例
    竹村 祥子, 五石 圭司, 久保田 雅也, 川合 謙介
    脳と発達 36(Suppl.) S299-S299 Jun. 2004
  • 小児の機能的疾患の手術適応・外科的治療 大脳半球離断を施行したスタージウエーバー症候群の2例
    中西 肇, 新井 一, 菅野 秀宣, 川合 謙介, 清水 弘之
    小児の脳神経 29(2) 201-201 Apr. 2004
  • 難治性てんかん焦点部における微小形成不全 同一施設における焦点切除全532例の解析
    新井 信隆, 前原 健寿, 川合 謙介, 清水 弘之
    てんかん研究 22(1) 28-28 Feb. 2004
  • 難治性てんかんに対する半球離断術式の比較と新しい工夫
    川合 謙介, 清水 弘之, Delalande Olivier
    てんかん研究 22(1) 37-37 Feb. 2004
  • 異なる機序に由来すると思われる転倒発作を伴う側頭葉てんかんの2症例
    須永 茂樹, 清水 弘之, 川合 謙介
    てんかん研究 22(1) 41-41 Feb. 2004
  • Hippocampal transectionによる左側頭葉てんかんの外科的治療と言語性記銘力の温存
    清水 弘之, 川合 謙介, 須永 茂樹
    てんかん研究 22(1) 45-45 Feb. 2004
  • 【てんかんの神経生理】 前頭葉てんかん手術後の脳機能
    清水 弘之, 川合 謙介
    臨床脳波 45(8) 475-479 Aug. 2003
  • Brain function after surgical treatment of frontal lobe epilepsy
    清水 弘之, 川合 謙介
    臨床脳波 = Clinical electroencephalography : 脳波・筋電図と臨床神経生理 45(8) 475-479 Aug. 2003
  • 左側脳室三角部近傍腫瘍の一例
    永井 正一, 上山 浩永, 栗本 昌紀, 平島 豊, 遠藤 俊郎, 川合 謙介
    Brain Tumor Pathology 20(Suppl.) 52-52 May 2003
  • てんかん外科病理における形成異常と脳腫瘍
    新井 信隆, 小森 隆司, 水谷 俊雄, 川合 謙介, 清水 弘之
    Brain Tumor Pathology 20(Suppl.) 82-82 May 2003
  • 両側広範な大脳皮質形成異常に伴う難治性てんかんに対する全脳梁離断術の効果
    川合 謙介, 清水 弘之, 前原 健寿, 玉川 公子
    脳と発達 35(Suppl.) S184-S184 May 2003
  • 良性脳腫瘍を伴う側頭葉てんかん患者におけるメチオニンPETの有用性
    前原 健寿, 成相 直, 新井 信隆, 川合 謙介, 清水 弘之, 石井 賢二, 大野 喜久郎
    てんかん研究 21(1) 50-51 Feb. 2003
  • 側頭葉前底部に焦点を有する側頭葉てんかんの診断と外科治療
    川合 謙介, 清水 弘之
    てんかん研究 21(1) 59-60 Feb. 2003
  • 直達手術によるマウス中大脳動脈近位閉塞モデルの開発とその特性の検討
    古屋 一英, 川原 信隆, 川合 謙介, 豊田 富勝, 前田 佳一郎, 桐野 高明
    脳循環代謝 14(3) 230-231 Sep. 2002
  • 【Radiosurgeryの最前線 現況と展望】 Radiosurgeryに望むこと てんかん治療におけるradiosurgeryの展望 てんかん外科の立場から
    川合 謙介
    医学のあゆみ 別冊(Radiosurgeryの最前線-現況と展望) 121-125 Sep. 2002
  • 【てんかん update】 てんかんの外科療法 難治性てんかんに対するガンマナイフ治療
    川合 謙介
    Clinical Neuroscience 20(7) 828-829 Jul. 2002
  • 両側広汎な大脳形成異常に伴う難治性てんかんに対する脳梁離断術の効果
    川合 謙介, 清水 弘之, 前原 健寿, 村上 秀喜, 玉川 公子, 柳下 章
    脳と発達 34(Suppl.) S105-S105 Jun. 2002
  • 脳波・筋電図の臨床 ヒトの辺縁系における覚醒睡眠時の脳波律動
    内田 直, 西多 昌規, 平井 伸英, 川合 謙介, 清水 弘之, 前原 健寿
    臨床脳波 44(6) 361-366 Jun. 2002
  • クリニカルテクニック 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法
    川合 謙介
    Clinical Neuroscience 20(2) 234-235 Feb. 2002
  • 結節性硬化症に伴う難治性てんかんの外科的治療戦略
    川合 謙介, 清水 弘之, 前原 健寿, 村上 秀喜, 新井 信隆, 柳下 章, 繁友 律子, 玉川 公子
    てんかん研究 20(1) 63-63 Feb. 2002
  • 軟膜下皮質多切術(multiple subpial transection)の処置巣の形態学的,免疫組織学的解析
    新井 信隆, 川合 謙介, 村上 秀喜, 前原 健寿, 水谷 俊雄, 清水 弘之
    てんかん研究 20(1) 66-66 Feb. 2002
  • 内側側頭葉てんかんの外科治療における非発作時[18F]FDG-PETの有効性
    浅野 修一郎, 川合 謙介, 鈴木 一郎, 百瀬 敏光, 川原 信隆, 森田 明夫, 桐野 高明
    てんかん研究 20(1) 59-60 Feb. 2002
  • 側頭葉てんかんに対するガンマナイフ治療の至適線量分布 低線量照射が無効であった症例の病理学的検討
    川合 謙介, 鈴木 一郎, 新井 信隆, 栗田 浩樹, 辛 正廣, 桐野 高明
    てんかん研究 20(1) 63-64 Feb. 2002
  • 外科的治療が奏効した両側前頭葉眼窩面起始の複雑部分発作の1例
    村上 秀喜, 川合 謙介, 清水 弘之
    てんかん研究 20(1) 64-64 Feb. 2002
  • マウス一過性心停止モデルにおける海馬の虚血性神経細胞死 マウス海馬は虚血抵抗性か?
    川原 信隆, 川合 謙介, 豊田 富勝, 古屋 一英, 斎藤 延人, 中冨 浩文, 桐野 高明
    脳循環代謝 13(4) 239-240 Dec. 2001
  • 【難治性てんかんの治療】 難治性てんかんの外科的適応
    川合 謙介
    脳の科学 23(11) 941-950 Nov. 2001
  • 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法の長期成績
    川合 謙介, 清水 弘之
    臨床神経学 41(11) 960-960 Nov. 2001
  • 【脳波のGamma activity】 ヒトの後頭葉皮質におけるガンマオシレーション
    平井 伸英, 内田 直, 前原 健寿, 川合 謙介, 清水 弘之
    臨床脳波 43(8) 479-484 Aug. 2001
  • 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法の長期成績
    川合 謙介, 清水 弘之, 前原 健寿, 村上 秀喜
    東京都医師会雑誌 54(5) 589-591 Jun. 2001
  • 小児難治性てんかんに対する半球離断術後の大脳形態成長と精神運動発達
    川合 謙介, 清水 弘之, 前原 健寿, 村上 秀喜
    脳と発達 33(Suppl.) S256-S256 May 2001
  • 側頭葉てんかんの成因としての人ヘルペス6(HHV-6)脳炎(軽症)について
    上杉 秀二, 南 成祐, 清水 弘之, 川合 謙介, 水谷 俊雄, 中山 宏, 新井 信隆
    臨床神経生理学 29(2) 199-199 Apr. 2001
  • 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法の長期成績
    川合 謙介, 清水 弘之, 前原 健寿, 村上 秀喜
    てんかん研究 19(1) 59-59 Feb. 2001
  • 虚血耐性現象の電気生理学的検討
    川合 謙介, 中込 忠好, 桐野 高明, 田村 晃, 川合 述史
    神経化学 37(3) 475-475 Sep. 1998
  • Localization of inhibitor-of-apoptosis protein mRNA in the central nervous system
    SAITO N., KAWAHARA N., KAWAI K., KIRINO T.
    神経組織の成長・再生・移植 10(1) 39-40 Jun. 1998
  • 脳腫瘍に起因する側頭葉てんかんと海馬病理所見 てんかん発作の海馬への影響
    上杉 秀二, 清水 弘之, 新井 信隆, 前原 健寿, 水谷 俊雄, 川合 謙介, 中山 宏
    てんかん研究 19(1) 58-59 Feb. 2001
  • 【神経細胞制御】 遺伝的要因と環境因子の相互作用 グルタミン酸興奮毒性と虚血性神経細胞死
    川合 謙介, 桐野 高明
    医学のあゆみ 別冊(神経細胞死制御) 85-89 Nov. 1998
  • in vivo前負荷虚血は海馬スライスにおけるanoxic LTPを抑制する
    川合 謙介, 中込 忠好, 桐野 高明, 田村 晃, 川合 述史
    脳循環代謝 10(2) 236-237 Sep. 1998
  • 難治てんかんに対する定位的放射線治療
    鈴木 一郎, 栗田 浩樹, 川合 謙介, 佐々木 富男, 桐野 高明
    日本脳神経外科学会総会抄録集 56回 44-44 Oct. 1997
  • クモ膜下出血発症に気象要因は本当に関係しているのか?
    川合 謙介, 野中 浩一, 成田 孝而, 中込 忠好, 中山 比登志, 桐野 高明, 田村 晃
    日本脳神経外科学会総会抄録集 56回 291-291 Oct. 1997
  • くも膜下出血の予後について 過去15年に経験した症例の検討
    高木 清, 田村 晃, 中込 忠好, 永島 博, 古屋 一英, 西原 哲浩, 川合 謙介
    脳血管攣縮 12 344-347 Jul. 1997
  • 嚢胞性変化と膠原線維増生を伴った小型類円形細胞からなる成人脊髄髄内髄外腫瘍の一例
    川合 謙介, 佐々木 富男, 藤巻 高光, 石田 剛, 桐野 高明
    NEUROPATHOLOGY 17(Suppl.) 279-279 May 1997
  • 外科手術著効例から検討した非器質性前頭葉性複雑部分発作の解析
    前原 健寿, 清水 弘之, 川合 謙介, 村上 秀喜
    てんかん研究 19(1) 57-58 Feb. 2001
  • 6番染色体短腕の部分欠失の認められた間葉性軟骨肉腫の1例
    石田 剛, 佐々木 富男, 藤巻 高光, 三島 一彦, 川合 謙介, 桐野 高明, 町並 陸生
    NEUROPATHOLOGY 17(Suppl.) 295-295 May 1997
  • マウス心停止モデルにおける海馬の虚血性神経細胞死 マウス海馬は虚血抵抗性か?
    川原 信隆, 川合 謙介, 豊田 富勝, 斎藤 延人, 中冨 浩文, 桐野 高明
    日本脳神経外科学会総会抄録集 59回 192-192 Oct. 2000
  • 難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法の手技と長期成績
    川合 謙介, 清水 弘之, 前原 健寿, 村上 秀喜
    日本脳神経外科学会総会抄録集 59回 43-43 Oct. 2000
  • 非器質性の前頭葉前部難治てんかんの外科治療
    前原 健寿, 清水 弘之, 川合 謙介, 村上 秀喜
    日本脳神経外科学会総会抄録集 59回 54-54 Oct. 2000
  • 側頭葉てんかんの診断におけるMRIの有用性と限界
    川合 謙介, 鈴木 一郎, 桐野 高明
    脳神経外科速報 9(11) 939-940 Nov. 1999
  • 虚血性脳障害におけるグルタミン酸トランスポーターの役割に関する実験的研究
    川合 謙介
    臨床成人病 29(10) 1376-1377 Oct. 1999
  • 脳虚血 アポトーシス抑制蛋白質XIAPの成長期及び虚血ラット脳における発現
    斉藤 延人, 川原 信隆, 川合 謙介, 淺井 昭雄, 桐野 高明
    日本脳神経外科学会総会抄録集 58回 72-72 Oct. 1999
  • 脳神経外科疾患と細胞死研究の最前線 calcineurin発現による神経細胞脆弱性の増加と細胞死誘導
    淺井 昭雄, 秋 建華, 篠浦 伸禎, 成田 善孝, 斎藤 延人, 川合 謙介, 川原 信隆, 桐野 高明
    日本脳神経外科学会総会抄録集 58回 293-293 Oct. 1999
  • 海馬CA1の虚血性遅発性神経細胞死におけるGluR2仮説の検証
    川合 謙介, 川原 信隆, 斉藤 延人, 中富 浩文, 桐野 高明
    日本脳神経外科学会総会抄録集 58回 365-365 Oct. 1999
  • 虚血耐性 Adenosine受容体を介する虚血耐性増強効果
    川原 信隆, 井手 隆文, 斉藤 延人, 川合 謙介, 桐野 高明
    脳循環代謝 11(1) 12-13 Jul. 1999
  • Proapoptotic factor Bak及びBadのラット脳での発現と一過性前脳虚血後の変化
    川原 信隆, 川合 謙介, 斎藤 延人, 中富 浩文, 伊地 俊介, 桐野 高明
    脳卒中 21(1) 180-180 Mar. 1999
  • 側頭葉焦点に対するガンマナイフ治療の効果
    川合 謙介, 鈴木 一郎, 栗田 浩樹, 辛 正廣, 桐野 高明
    てんかん研究 17(1) 58-58 Feb. 1999
  • Effect of exposure of repetitive pulsed magnetic stimulation on the brain in rats
    TSURITA G., UENO S., NAGAWA H., MUTO T., KAWAI K., KIRINO T., TAKI M.
    日本応用磁気学会学術講演概要集 = Digest of ... annual conference on magnetics in Japan 22 Sep. 1998
  • 脳低体温療法 その基礎と臨床 前脳虚血モデルにおける低脳温の効果
    川合 謙介, 桐野 高明
    集中治療 9(6) 627-634 May 1997
  • 頭蓋底骨折に伴う外傷性下垂体損傷の検討
    川合 謙介
    日本脳神経外科学会総会抄録集 53回 155-155 Oct. 1994
  • ラット一過性全脳虚血における視床網様核の選択的脆弱性
    川合 謙介
    脳循環代謝 5(1) 130-130 Nov. 1993
  • ラット一過性全脳虚血後に認められるangiogenic seizure susceptibility
    川合 謙介
    脳循環代謝 5(1) 62-62 Nov. 1993
  • 医師に必要とされる放射線防護の基本的知識
    吉沢 康雄, 草間 朋子, 川合 謙介
    日本医事新報(3265) 43-47 Nov. 1986

Outside Fund Adoption

  • Comprehensive study on the development of novel methods for localization and treatment of epilepsy focusing on the abnormal synchronization of neural network
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Project Year :2009 - 2012 Investigator(s) : Kensuke KAWAI
  • Changes in intraoperative electrocorticography after various partial resection and disconnection of the medial temporal structures - toward elucidation of the medial temporal epiloptogenic unit and development of a new function-preserving surgical treatme
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Project Year :2004 - 2006 Investigator(s) : Kensuke KAWAI
  • Changes of sphingosine-1-phosphate in delayed neuronal death
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Project Year :1997 - 1998 Investigator(s) : 井手 隆文, Kensuke KAWAI
  • Higher brain function changes after selective amygdala-hippocampai radiosurgery in medial temporal lobe epilepsy : Relationship between neuropsychological findings and functional MRI
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Project Year :1999 - 2001 Investigator(s) : 鈴木 一郎, Tomikatsu TOYODA
  • Elucidation of the Mechanisms for Glutamate Release in Ischemic Neuronal Injury
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Project Year :1999 - 2000 Investigator(s) : Takaaki KIRINO
  • Study of functional resection of cirtical epileptogenic foci by cortical cooling
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Project Year :1996 - 1998 Investigator(s) : Ichiro SUZUKI
  • Study of mechanism of ischemic neuronal death.a molecular biological approach
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(一般研究(A), 基盤研究(A))
    Project Year :1994 - 1997 Investigator(s) : Akira TAMURA
  • Ischemic neuronal cell damage and iron metaoblism
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(一般研究(C), 基盤研究(C))
    Project Year :1994 - 1996 Investigator(s) : Hitdeaki KANEMITSU
  • Molecular basis for ischemic cochlear dysfunction
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(一般研究(C))
    Project Year :1994 - 1995 Investigator(s) : Yosiaki KAWASAKI
Display all
Outside Fund Adoptionclose
  • Comprehensive study on the development of novel methods for localization and treatment of epilepsy focusing on the abnormal synchronization of neural network
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Project Year :2009 - 2012 Investigator(s) : Kensuke KAWAI
  • Changes in intraoperative electrocorticography after various partial resection and disconnection of the medial temporal structures - toward elucidation of the medial temporal epiloptogenic unit and development of a new function-preserving surgical treatme
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Project Year :2004 - 2006 Investigator(s) : Kensuke KAWAI
  • Changes of sphingosine-1-phosphate in delayed neuronal death
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Project Year :1997 - 1998 Investigator(s) : 井手 隆文, Kensuke KAWAI
  • Higher brain function changes after selective amygdala-hippocampai radiosurgery in medial temporal lobe epilepsy : Relationship between neuropsychological findings and functional MRI
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Project Year :1999 - 2001 Investigator(s) : 鈴木 一郎, Tomikatsu TOYODA
  • Elucidation of the Mechanisms for Glutamate Release in Ischemic Neuronal Injury
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Project Year :1999 - 2000 Investigator(s) : Takaaki KIRINO
  • Study of functional resection of cirtical epileptogenic foci by cortical cooling
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Project Year :1996 - 1998 Investigator(s) : Ichiro SUZUKI
  • Study of mechanism of ischemic neuronal death.a molecular biological approach
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(一般研究(A), 基盤研究(A))
    Project Year :1994 - 1997 Investigator(s) : Akira TAMURA
  • Ischemic neuronal cell damage and iron metaoblism
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(一般研究(C), 基盤研究(C))
    Project Year :1994 - 1996 Investigator(s) : Hitdeaki KANEMITSU
  • Molecular basis for ischemic cochlear dysfunction
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(一般研究(C))
    Project Year :1994 - 1995 Investigator(s) : Yosiaki KAWASAKI


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.