Researchers Database

kimura shiho

    MaternityNursing Associate Professor
Contact: sumikawajichi.ac.jp
Last Updated :2021/10/20

Researcher Information

URL

J-Global ID

Research Interests

  • 孫育て   教育   祖父母   避妊カウンセリング   育成プログラム   避妊・性感染症予防カウンセラー   介入研究   サポートシステム   e-ラーニング   育成プログラムの評価   避妊・性感染症予防カウンセリング   

Research Areas

  • Life sciences / Lifelong developmental nursing
  • Life sciences / Clinical nursing

Academic & Professional Experience

  • 2013/04  Jichi Medical UniversitySchool of Nursing准教授

MISC

  • 乳幼児をもつ母親を地域で孤立させないための看護支援の検討 DVDによる育児支援情報の提供を試みて
    角川 志穂, 篠原 有美子, 寒河江 かよ子, 原 啓子  自治医科大学看護学ジャーナル  14-  42  -42  2017/03  [Not refereed][Not invited]
  • 第三次医療施設で出産した母子と家族に対する家族学級を通した継続看護の検討
    角川 志穂, 柴山 真里, 寒河江 かよ子, 佐藤 美佐子, 原 啓子  自治医科大学看護学ジャーナル  13-  24  -24  2016/03  [Not refereed][Not invited]
  • 初孫を育てる中で祖父母が抱く孫の両親との役割関係の葛藤の実態
    角川 志穂  母性衛生  56-  (4)  531  -538  2016/01  [Not refereed][Not invited]
     
    本研究の目的は、初孫を育てる中で、祖父母が抱く孫の両親との役割関係の葛藤の実態について明らかにすることである。8名の祖父母を対象に、娘や嫁が妊娠中期から産後3ヵ月までの間に生じた役割関係の葛藤について半構成的面接調査を行った。その結果、祖父母は【孫の両親との関係の困難さ】を感じ、【時代背景のギャップに伴う戸惑い】や【育児知識や経験不足から生じる孫の育児への戸惑い】を感じながら、孫の育児をしていた。特に、祖父はわが子での育児経験が少ないことから、<育児知識や育児経験の不足から関わりの困難さ>を感じていた。こうした孫の両親との役割関係の葛藤がある中で、祖父母は【孫の両親との関係構築への配慮】をしていた。一方で、祖父母は育児を親の役目であると捉え、<頼まれたことだけを間違いなくやる関わり>や、<頼られるまで見守る関わり><自分のペースで無理をしない関わり>をし、【祖父母として孫の育児に介入しすぎない関わり】に留意していた。妊娠期の新たな孫育てプログラムでは、祖母だけではなく、祖父の役割遂行の向上を目的とした介入と、祖父母と孫の両親との関係性の構築に向けた介入が必要であると考える。(著者抄録)
  • 角川 志穂, 篠原 有美子, 鈴江 理恵, 望月 明見, 野々山 未希子, 成田 伸  母性衛生  56-  (3)  158  -158  2015/09  [Not refereed][Not invited]
  • ハイリスク妊婦を抱えた家族への介入方法の検討 ハイリスク病院における家族学級の意義
    角川 志穂, 柴山 真里, 寒河江 かよ子, 佐藤 美沙子, 原 啓子  自治医科大学看護学ジャーナル  12-  44  -44  2015/03  [Not refereed][Not invited]
  • 初孫を迎える祖父母に対する教育プログラムの実施と評価 子どもの両親との役割関係葛藤の解消に向けて
    角川 志穂  日本看護科学学会学術集会講演集  34回-  295  -295  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • 初孫を迎える祖父母と子どもの両親の役割関係葛藤の解消に向けて 家族学級におけるグループワークの効果
    角川 志穂  母性衛生  55-  (3)  211  -211  2014/08  [Not refereed][Not invited]
  • 臨地実習指導研修会修了後の実習指導者の実態と今後の課題 過去7年間の研修会参加者の追跡調査をもとに
    村上 礼子, 角川 志穂, 塚原 節子, 大脇 淳子, 清水 みどり, 熊谷 祐子, 小谷 妙子, 天谷 恵美子, 井上 佐代子, 相場 雅代, 井上 和子, 加藤 君子, 手塚 芳美  自治医科大学看護学ジャーナル  11-  27  -33  2014/03  [Not refereed][Not invited]
     
    本研究は,A大学看護学部の臨地実習指導のより良い臨地実習指導研修会とするための示唆を得るため,過去7年間に臨地実習指導研修会に参加し,現在もA大学附属病院ならびに子ども医療センターに勤務している看護職168名を対象に,研修会修了後の実習指導の実態を明らかにすることを目的に追跡調査を行った。その結果,看護学部の教育理念や実習目的・目標,臨床助教や教員からの実践例の講話,実習場面のグループワークなど本研修会の内容は,看護学部の実習指導者の育成に有効な研修機会となっていた。また,本研修会修了後,A大学附属病院ならびに子ども医療センターに在職している看護職の約7割は看護学部の実習指導にかかわっているが,臨床助教等の称号承認を受けないまま,実習指導にかかわっている割合が約4割を占めていた。今後,本研修会の修了後,臨床助教等の称号を得て,かつ,継続して看護学部の実習指導にかかわることの意義が伝わるような研修内容や,継続して実習指導にかかわっていくための研修会などを検討していく必要性が考えられた。(著者抄録)
  • 家族学級プログラムの開発に向けた基礎的研究 助産師に対する教育効果の検討
    角川 志穂, 佐藤 美沙子  自治医科大学看護学ジャーナル  11-  85  -85  2014/03  [Not refereed][Not invited]
  • 角川 志穂  母性衛生  54-  (3)  2013/10  [Not refereed][Not invited]
  • 育児期における家族機能の向上をめざした家族学級の意義
    角川 志穂  母性衛生  54-  (3)  252  -252  2013/10  [Not refereed][Not invited]
  • 角川 志穂  母性衛生  53-  (3)  2012/11  [Not refereed][Not invited]
  • 児がNICU入院中の母乳育児支援の効果についての研究
    角川 志穂, 成田 伸, 齋藤 良子, 小川 朋子, 大海 佳子, 金田 陽子, 寒河江 かよ子, 高木 友子, 高橋 斉子, 立木 歌織  自治医科大学看護学ジャーナル  9-  41  -41  2012/03  [Not refereed][Not invited]
  • 地域支援病院への派遣勤務が助産師のキャリア発達に与える影響
    成田 伸, 角川 志穂, 寒河江 かよ子, 工藤 祝子  自治医科大学看護学ジャーナル  8-  185  -186  2011/03  [Not refereed][Not invited]
  • 児がNICU入院中の母乳育児支援の効果についての研究
    角川 志穂, 成田 伸, 齋藤 良子, 西岡 啓子, 天谷 恵美子, 金田 陽子, 塚田 祐子, 藤川 智子, 立木 歌織, 沼尾 美津穂  自治医科大学看護学ジャーナル  8-  195  -197  2011/03  [Not refereed][Not invited]
     
    児がNICUに入院中の母親への母乳育児支援の検討に資することを目的に、当該母親7名を対象に搾乳量および搾乳回数の推移を検討するとともに、搾乳への思いや搾乳を継続していくうえでの困難を、母親の語りなどから検討した。その結果、退院後の母親は家事や育児に追われ、搾乳を継続していくには難しい状況であることが分かった。今回の対象者では、搾乳量が少ないため、さらに搾乳に時間をかけ、それが身体の疲労や手の痛み、乳房への負担につながり、そこからさらなる搾乳回数の減少、搾乳量の減少につながる悪循環に陥っている可能性が考えられた。
  • 孫育て手帳の開発に対する祖父母のニーズ
    角川 志穂  母性衛生  50-  (3)  128  -128  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • Sumikawa Shiho  Maternal health  50-  (2)  300  -309  2009/07  [Not refereed][Not invited]
     
    It is speculated that child-care support for grandparents is important in Iwate Prefecture, where there are many three-generation households and the percentage of double-income families is high. Therefore, the introduction of grandparenting classes was examined to clarify the actual state of child-care support by grandparents in Iwate Prefecture and as a part of education services for grandparents who are involved in raising their grandchildren. A self-administered questionnaire was given to mothers who had children aged 18 months or less. The replies to the questionnaire indicated that the grandmother was close by in most cases. Approximately half of the mothers lived with the grandmother, and approximately half of the grandmothers lived in the same municipality. Among mothers who had returned to work, about half reported leaving their child with the grandmother, confirming that the grandmother was a key person involved in their child's care. Approximately 10% of the mothers felt stress in their relationship with the grandmother because of differences in opinion about childcare. Responses to the concept of introducing grandparenting classes showed that 52% of the mothers favored holding such classes. The need for grandparenting classes to address the duties of the grandparent showed the greatest desirability, and looking, listening, and speaking were the three duties considered by the mothers to be most desirable in the grandparents.
  • 孫育てにおける祖父母の不安の実態 孫育てセミナーを開催して
    角川 志穂  母性衛生  49-  (3)  232  -232  2008/10  [Not refereed][Not invited]
  • 公的育児支援サービスの認知度と利用状況との関連 産後1ヵ月の母親への調査から
    舘崎 文枝, 安藤 広子, 角川 志穂  母性衛生  49-  (3)  232  -232  2008/10  [Not refereed][Not invited]
  • 孫育てセミナーの意義
    角川 志穂, 佐藤 ツセ子  日本助産学会誌  21-  (3)  161  -161  2008/02  [Not refereed][Not invited]
  • 【母乳育児と新生児・小児の栄養管理】 現代ママの特性とやる気を引き出す母乳育児支援
    福島 裕子, 角川 志穂  こどもケア  2-  (5)  4  -9  2007/12  [Not refereed][Not invited]
  • 育児支援者である祖母に求める母親のニーズ
    角川 志穂, 佐藤 ツセ子  日本助産学会誌  20-  (3)  144  -144  2007/02  [Not refereed][Not invited]
  • 岩手県の産科医療と助産師ケアに関する実態調査(その1) 産後1ヵ月の褥婦からみた助産師への役割期待
    蠣崎 奈津子, 安藤 広子, 角川 志穂, 野口 恭子, 福島 裕子, 石井 トク  母性衛生  47-  (3)  135  -135  2006/09  [Not refereed][Not invited]
  • 岩手県の産科医療と助産師ケアに関する実態調査(その2) 病院・診療所勤務助産師の意識
    福島 裕子, 角川 志穂, 蠣崎 奈津子, 野口 恭子, 安藤 広子, 石井 トク  母性衛生  47-  (3)  148  -148  2006/09  [Not refereed][Not invited]
  • 岩手県における子育て環境の実態 祖母の子育て参加に焦点をあて
    角川 志穂, 佐藤 ツセ子  母性衛生  47-  (3)  181  -181  2006/09  [Not refereed][Not invited]
  • 看護過程レビュー 分娩・産褥 基礎知識
    福島 裕子, 蠣崎 奈津子, 角川 志穂, 安藤 明子  ナーシングカレッジ  9-  (10)  46  -52  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 看護過程レビュー 産褥期母子の看護
    福島 裕子, 蠣崎 奈津子, 角川 志穂, 安藤 明子  ナーシングカレッジ  9-  (10)  53  -55  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 看護過程レビュー ケース・スタディ 産褥期母子の看護
    福島 裕子, 蠣崎 奈津子, 角川 志穂, 安藤 明子  ナーシングカレッジ  9-  (10)  56  -63  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 母親役割獲得に向けた継続的授乳指導の効果
    角川 志穂  母性衛生  46-  (1)  100  -110  2005/04  [Not refereed][Not invited]
     
    初産婦15名(平均年齢28.07±5.12歳)を対象に,妊娠32週から産後1ヵ月まで授乳指導を行い,その効果を明らかにすることを目的に,「自尊感情尺度」「愛着尺度」「母性意識尺度」を用いたアンケート調査を実施し,対照群12名の結果と比較,検討した.その結果,介入群では,妊娠期から産褥期を通して徐々に自尊感情が高まりをみせ,産後1ヵ月までに人工乳に移行せざるを得なかった母親も,母乳を与えている母親と同様,母性意識が高かった.一方,対照群では,人工乳に移行した母親は,母乳を与えている母親に比べて有意に母性意識(肯定的意識)が低いことが分かった
  • 母親役割獲得に向けた継続的授乳指導の効果
    角川 志穂  母性衛生  45-  (3)  162  -162  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 妊娠期から行う授乳指導のあり方 事例分析を通して
    角川 志穂, 石井 トク  母性衛生  44-  (3)  223  -223  2003/09  [Not refereed][Not invited]
  • 更年期の運動プログラムに関する研究(1) 2ヵ月間の運動参加による体型・日常活動量の変化
    酒井 彌生, 蠣崎 奈津子, 角川 志穂, 野口 恭子, 福島 裕子, 安藤 広子, 石井 トク  日本更年期医学会雑誌  8-  (Suppl.)  146  -146  2000/10  [Not refereed][Not invited]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.