Researchers Database

endou kazuhiro

    Center for Development of Advanced Medical Technology,Medical Education & Training Core Associate Professor
Last Updated :2021/11/23

Researcher Information

J-Global ID

Research Areas

  • Other / Other
  • Life sciences / Medical equipment testing
  • Life sciences / Biomedical engineering
  • Life sciences / Digestive surgery
  • Life sciences / General surgery, pediatric surgery

Association Memberships

  • 日本胆道学会   日本膵臓学会   日本消化器内視鏡学会   日本内視鏡外科学会   日本肝胆膵外科学会   日本消化器外科学会   日本外科学会   

Published Papers

  • Keiko Yamaoka, Shuichi Nagashima, Nobukazu Okada, Nagisa Sawayama, Shinsuke Saito, Manabu Takahashi, Kenta Okada, Kazuhiro Endo, Masaru Koizumi, Hideki Sasanuma, Ken Ebihara, Atsuko Kasajima, Noriyoshi Fukushima, Naohiro Sata, Shun Ishibashi
    Clinical case reports 9 (5) e04118  2021/05 
    Long-acting somatostatin analogs, including lanreotide slow release (LAN-SR) and octreotide long-acting release (OCT-LAR), can improve hypoglycemia in insulinoma. LAN-SR may be more beneficial in some patients with insulinoma than OCT-LAR.
  • 高橋 礼, 笹沼 英紀, 池田 恵理子, 三木 厚, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 瓦井Lefor Alan, 福嶋 敬宜, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 36 (2) 142 - 149 0913-0071 2021/04 
    症例は37歳,女性.25歳で偶発的に膵体尾部に嚢胞性病変を指摘され,精査目的に当院消化器内科に紹介された.腹部造影CTとMRI検査では膵尾部に約5cmの嚢胞性腫瘤を認め膵粘液性嚢胞腫瘍(mucinous cystic neoplasm:MCN)が疑われたが,経過観察の方針となった.32歳時の第2子妊娠を契機に経過観察が一時中断となり,5年後の37歳に再診した.嚢胞性腫瘤は多房化し,大きさ6cmへの増大を認め,血清CA19-9の上昇を伴ったことから手術目的に消化器外科紹介となった.腹腔鏡下膵体尾部脾摘術を施行し,術後経過は良好で術後11日目に退院した.病理組織像では卵巣様間質を認め,微小浸潤を伴った膵粘液性嚢胞腺癌の診断であった.MCNの自然史を解明するには長期経過観察例の集積が必要である.(著者抄録)
  • Kenichi Oshiro, Kazuhiro Endo, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Masaru Koizumi, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    BMC surgery 21 (1) 102 - 102 2021/02 
    BACKGROUND: Pancreatojejunostomy (PJ) is one of the most difficult and challenging abdominal surgical procedures. There are no appropriate training systems available outside the operating room (OR). We developed a structured program for teaching PJ outside the OR. We describe its development and results of a pilot study. METHODS: We have created this structured program to help surgical residents and fellows acquire both didactic knowledge and technical skills to perform PJ. A manual was created to provide general knowledge about PJ and the specific PJ procedure used in our institution. Based on questionnaires completed by trainers and trainees, the procedure for PJ was divided into twelve steps and described in detail. After creating the manual, we developed organ models, needles and a frame box for simulation training. Three residents (PGY3-5) and three fellows (PGY6 or above) participated in a pilot study. Objective and subjective evaluations were performed. RESULTS: Trainees learn about PJ by reading the procedure manual, acquiring both general and specific knowledge. We conducted simulation training outside the OR using the training materials created for this system. They simulate the procedure with surgical instruments as both primary and assistant surgeon. In this pilot study, as objective assessments, the fellow-group took less time to complete one anastomosis (36 min vs 48 min) and had higher scores in the objective structured assessment of technical skill (average score: 4.1 vs 2.0) compared to the resident-group. As a subjective assessment, the confidence to perform a PJ anastomosis increased after simulation training (from 1.6 to 2.6). Participants considered that this structured teaching program is useful. CONCLUSION: We developed a structured program for teaching PJ. By implementing this program, learning opportunities for surgical residents and fellows can be increased as a complement to training in the OR.
  • Yuichi Aoki, Hideki Sasanuma, Yuki Kimura, Akira Saito, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Kazuhiro Endo, Atsushi Yoshida, Atsushi Kihara, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    The Journal of international medical research 48 (10) 300060520962967 - 300060520962967 2020/10 
    Traumatic injury to the main pancreatic duct requires surgical treatment, but optimal management strategies have not been established. In patients with isolated pancreatic injury, the pancreatic parenchyma must be preserved to maintain long-term quality of life. We herein report a case of traumatic pancreatic injury with main pancreatic duct injury in the head of the pancreas. Two years later, the patient underwent a side-to-side anastomosis between the distal pancreatic duct and the jejunum. Eleven years later, he presented with abdominal pain and severe gastrointestinal bleeding from the Roux limb. Emergency surgery was performed with resection of the Roux limb along with central pancreatectomy. We attempted to preserve both portions of the remaining pancreas, including the injured pancreas head. We considered the pancreatic fluid outflow tract from the distal pancreatic head and performed primary reconstruction with a double pancreaticogastrostomy to avoid recurrent gastrointestinal bleeding. The double pancreaticogastrostomy allowed preservation of the injured pancreatic head considering the distal pancreatic fluid outflow from the pancreatic head and required no anastomoses to the small intestine.
  • 【慢性膵炎-ガイドライン改訂に向けて】早期慢性膵炎の概念と診断・治療
    佐田 尚宏, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 小泉 大, 遠藤 和洋, 鈴木 正徳
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 35 (11) 1313 - 1318 0911-601X 2020/09 
    <文献概要>早期慢性膵炎の概念は,早期治療介入により病状進行の抑制が期待できる点で重要である.早期慢性膵炎の診断基準は「慢性膵炎臨床診断基準2009」で初めて定義された.その後,2011年に行われた慢性膵炎全国調査,早期慢性膵炎の前方視的コホート・スタディなどの知見の集積を受け,2019年に慢性膵炎臨床診断基準が改訂され,早期慢性膵炎の診断基準も改訂された.2019年の早期慢性膵炎診断基準では,「急性膵炎の既往」が項目として追加されたこと,アルコール摂取量の基準が1日60g(純エタノール換算)に低減されたこと,などがおもな改訂点である.今後のさらなる知見の集積により,未だ不明な点が多い慢性膵炎の病態の理解が進むことを期待したい.
  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 日本消化器病学会-関東支部 361回 28 - 28 2020/09
  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 日本消化器病学会-関東支部 361回 28 - 28 2020/09
  • Growing teratoma syndromeの診断で外科的切除を行った1例
    篠田 祐之, 吉田 淳, 篠原 翔一, 窪木 大悟, 宮戸 秀世, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 81 (9) 1921 - 1921 1345-2843 2020/09
  • 【慢性膵炎-ガイドライン改訂に向けて】早期慢性膵炎の概念と診断・治療
    佐田 尚宏, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 小泉 大, 遠藤 和洋, 鈴木 正徳
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 35 (11) 1313 - 1318 0911-601X 2020/09 
    <文献概要>早期慢性膵炎の概念は,早期治療介入により病状進行の抑制が期待できる点で重要である.早期慢性膵炎の診断基準は「慢性膵炎臨床診断基準2009」で初めて定義された.その後,2011年に行われた慢性膵炎全国調査,早期慢性膵炎の前方視的コホート・スタディなどの知見の集積を受け,2019年に慢性膵炎臨床診断基準が改訂され,早期慢性膵炎の診断基準も改訂された.2019年の早期慢性膵炎診断基準では,「急性膵炎の既往」が項目として追加されたこと,アルコール摂取量の基準が1日60g(純エタノール換算)に低減されたこと,などがおもな改訂点である.今後のさらなる知見の集積により,未だ不明な点が多い慢性膵炎の病態の理解が進むことを期待したい.
  • 十二指腸乳頭部癌切除例の長期成績
    小泉 大, 下平 健太郎, 木村 有希, 斉藤 晶, 森嶋 計, 兼田 裕司, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 120回 SF - 1 2020/08
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した膵断端処置具の新規開発
    兼田 裕司, 木村 有希, 齋藤 晶, 青木 裕一, 目黒 由行, 森嶋 計, 宮戸 英世, 大澤 英之, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 小泉 大, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, Alan Lefor, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 120回 SF - 8 2020/08
  • 肝門部領域胆管癌における切除断端と再発形態についての検討
    森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 120回 DP - 5 2020/08
  • 田口 昌延, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 下平 健太郎, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 目黒 由行, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 清水 敦, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A337 - A337 0913-0071 2020/07
  • 切除可能膵癌に対する術前化学放射線療法の有効性
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 森嶋 計, 下平 健太郎, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A281 - A281 0913-0071 2020/07
  • 正中弓状靱帯圧迫症候群による下膵十二指腸動脈瘤破裂症例の検討
    森嶋 計, 下平 健太郎, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 敦, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A413 - A413 0913-0071 2020/07
  • 膵全摘術の現状と展望 膵全摘の治療成績と周術期血糖・栄養管理に関する検討と今後の課題
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A116 - A116 0913-0071 2020/07
  • 急性膵炎に対する局所合併症治療 左側感染性Walled-off necrosis(WON)に対する小切開Videoscope補助下ネクロセクトミー
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A210 - A210 0913-0071 2020/07
  • 膵全摘術の現状と展望 膵全摘の治療成績と周術期血糖・栄養管理に関する検討と今後の課題
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A116 - A116 0913-0071 2020/07
  • 急性膵炎に対する局所合併症治療 左側感染性Walled-off necrosis(WON)に対する小切開Videoscope補助下ネクロセクトミー
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A210 - A210 0913-0071 2020/07
  • 切除可能膵癌に対する術前化学放射線療法の有効性
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 森嶋 計, 下平 健太郎, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A281 - A281 0913-0071 2020/07
  • Heidelberg大学病院の膵頭十二指腸切除術
    田口 昌延, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 下平 健太郎, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 目黒 由行, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 清水 敦, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A337 - A337 0913-0071 2020/07
  • 正中弓状靱帯圧迫症候群による下膵十二指腸動脈瘤破裂症例の検討
    森嶋 計, 下平 健太郎, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 敦, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 35 (3) A413 - A413 0913-0071 2020/07
  • 大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 片野 匠, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内分泌学会雑誌 (一社)日本内分泌学会 95 (4) 1697 - 1697 0029-0661 2020/02
  • 当院でのABTHERドレッシングキットの使用経験と工夫について
    篠原 翔一, 笹沼 英紀, 篠田 祐之, 窪木 大悟, 宮戸 秀世, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 40 (2) 422 - 422 1340-2242 2020/02
  • 上腸間膜動脈(SMA)急性閉塞症において大量腸切除を回避するための初期治療戦略に関する全国調査
    中尾 祐樹, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 三木 厚, 森嶋 計, 田口 昌延, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 40 (2) 259 - 259 1340-2242 2020/02
  • 肝内胆管癌疑いの症例に対して腹腔鏡下肝切除を行い肝類上皮細胞肉芽腫と診断された1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 24 (7) MO188 - 5 1344-6703 2019/12
  • 篠原 翔一, 笹沼 英紀, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    胆道 日本胆道学会 33 (3) 628 - 628 0914-0077 2019/10
  • 吉田 淳, 笹沼 英紀, 片野 匠, 篠原 翔一, 森嶋 計, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    胆道 日本胆道学会 33 (3) 581 - 581 0914-0077 2019/10
  • 窪木 大悟, 笹沼 英紀, 橋本 雄介, 三木 厚, 吉田 淳, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    胆道 日本胆道学会 33 (3) 670 - 670 0914-0077 2019/10
  • 大学病院初期研修医に対する、魅力的な外科研修環境の構築
    遠藤 和洋, 塩澤 幹雄, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 80 (増刊) 530 - 530 1345-2843 2019/10
  • リウマチに対してメトトレキサート内服中に発症した、肝原発悪性リンパ腫の一例
    大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 厚, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 80 (増刊) 785 - 785 1345-2843 2019/10
  • 晩期合併症・トランジション 先天性胆道拡張症術後晩期合併症の検討
    吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 日本膵・胆管合流異常研究会 42 30 - 30 1883-4116 2019/09
  • 腎細胞癌膵転移切除症例の検討
    吉田 淳, 佐久間 康成, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 74回 P255 - 6 2019/07
  • 医学部生からレジデントまでを対象とした内視鏡外科手術トレーニングの初回報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 淺田 義和, 遠藤 和洋, 山本 真一, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 74回 P287 - 3 2019/07
  • 青木 裕一, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 34 (3) A379 - A379 0913-0071 2019/06
  • 吉田 淳, 佐久間 康成, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 三木 厚, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 34 (3) A285 - A285 0913-0071 2019/06
  • 十二指腸乳頭部腫瘍に対する外科的乳頭切除術による段階的治療戦略
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 119回 PS - 7 2019/04
  • 12年の長期経過観察中に悪性化したと考えられる膵粘液嚢胞性腫瘍の一例
    高橋 礼, 笹沼 英紀, 三木 厚, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 池田 恵理子, 福島 敬宜
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 日本消化器病学会-関東支部 354回 49 - 49 2019/04
  • 腹腔動脈狭窄を伴う特発性下膵十二指腸動脈破裂の1例
    小泉 恵, 吉田 淳, 高橋 和也, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 80 (3) 630 - 630 1345-2843 2019/03
  • 鼠径部ヘルニア嵌頓症例における経過時間と腸切除の検討
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 39 (2) 379 - 379 1340-2242 2019/02
  • 術前診断しえた特発性大網出血の1例
    高橋 和也, 笹沼 英紀, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 39 (2) 465 - 465 1340-2242 2019/02
  • 膵十二指腸動脈瘤の3例
    渡部 晃佑, 吉田 淳, 高橋 和也, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 39 (2) 345 - 345 1340-2242 2019/02
  • ウェアラブルチェア「アルケリス」の使用経験 内視鏡外科手術の負担軽減を目指して
    井上 賢之, 川平 洋, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) OS34 - 6 1344-6703 2018/12
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除(Lap-DP)における定型化膵離断 膵臓の厚みとカートリッジに関する検討
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) OS218 - 1 1344-6703 2018/12
  • 当科の後腹膜鏡下副腎摘出術の手術成績の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) DP135 - 1 1344-6703 2018/12
  • 内視鏡補助下に切除した膵内分泌腫瘍術後の異時性転移性副腎腫瘍の1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) DP135 - 4 1344-6703 2018/12
  • 腹腔鏡下肝切除とRFAを併用して治療した肝細胞癌5例の検討
    森嶋 計, 青木 裕一, 田口 昌延, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) DP150 - 8 1344-6703 2018/12
  • 田中 裕美子, 石黒 保直, 丸山 博行, 遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 安田 是和
    臨牀と研究 大道学館出版部 95 (12) 1388 - 1391 0021-4965 2018/12 
    症例は66歳男性で、下血、血圧低下により当院に緊急搬送された。上部消化管内視鏡検査では、十二指腸球部は変形し、前壁と思われる部位に露出血管を伴う潰瘍を認めた。クリップによる止血を試みたが、3本目をかけたところで噴出性に出血し、内視鏡的止血は困難と判断しIVRに移行した。血管造影検査では、固有肝動脈側壁の近傍に内視鏡クリップを認め、十二指腸内に出血していた。大量輸血後もショック状態が持続していたため固有肝動脈塞栓を行ったが、塞栓後もクリップ近傍から緩徐に出血を認め、止血目的に緊急手術を施行した。総肝動脈および胃十二指腸動脈を露出し、潰瘍穿通部の固有肝動脈へ流入する総肝動脈・胃十二指腸動脈および肝門側の固有肝動脈を切離せずに二重結紮で血流を遮断した。十二指腸開放部は1層に縫合閉鎖し、さらに大網を縫着した。ウィンスロー孔にドレーンを留置し、閉腹し手術を終了した。術後10日目、発熱と上腹部痛が出現し、CTでは肝左葉に低吸収域と横隔膜経由と考えられる側副血行路を認めた。肝膿瘍の診断で緊急開腹ドレナージを行い、膿瘍部にドレーンを留置した。ドレナージ後は速やかに解熱し腹痛も消失した。術後51日目、ドレーンを抜去し退院したが、10日後に高熱と肝膿瘍ドレナージ創から胆汁様滲出液が出現し、減圧目的に胆管ステントを留置した。術後1年5ヵ月、ERCPで胆管狭窄が改善していることを確認し、胆管ステントを抜去した。半年後のCTでは肝膿瘍や胆管狭窄は認めなかった。
  • 「地域医療の実践」と「医師のキャリア形成」の両立 自治医科大学の取り組み
    深井 晴成, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 山本 真一, 遠藤 俊輔
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (増刊) 260 - 260 1345-2843 2018/10
  • 膵頭部癌に対して膵頭十二指腸切除術を施行し膵尾側断端閉鎖を行った一例
    倉田 佳彦, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (増刊) 572 - 572 1345-2843 2018/10
  • 慢性膵炎急性増悪を契機に脾膿瘍を合併した1例
    寺田 茉位子, 吉田 淳, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (増刊) 829 - 829 1345-2843 2018/10
  • 複雑な部分内臓逆位症を伴う総胆管結石症に対し手術を行った1例
    丸藤 琴音, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 秀世, 目黒 由行, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (増刊) 852 - 852 1345-2843 2018/10
  • 当科における非拡張型膵・胆管合流異常症の治療成績
    深井 晴成, 笹沼 英紀, 木村 有希, 青木 祐一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 日本膵・胆管合流異常研究会 41 49 - 49 1883-4116 2018/08
  • 東條 峰之, 小泉 大, 齋藤 晶, 目黒 由行, 田口 昌延, 三木 厚, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    胆道 日本胆道学会 32 (3) 588 - 588 0914-0077 2018/08
  • 【ここまで来た ナビゲーション手術】胆道癌、膵癌に対するナビゲーション手術 三次元モデルによる術前シミュレーション、術中ナビゲーションおよびシミュレーション・トレーニング
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 太白 健一, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 吉田 淳, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成
    消化器外科 (株)へるす出版 41 (9) 1317 - 1327 0387-2645 2018/08
  • 下行結腸癌異時性孤立性脾転移の1例
    松宮 美沙希, 三木 厚, 川口 英之, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (7) 1556 - 1556 1345-2843 2018/07
  • 膵体尾部切除術における膵断端処理と術後膵液瘻の検討
    木村 有希, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 73回 1090 - 1090 2018/07
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した膵空腸吻合の工夫 Blumgart変法自治医大方式
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 73回 374 - 374 2018/07
  • 原発性副甲状腺機能亢進症に併発した重症急性膵炎後の感染性被包化壊死の1例
    辻 賢太郎, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (6) 1352 - 1353 1345-2843 2018/06
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, Alan瓦井 Lefor
    小切開・鏡視外科学会雑誌 (NPO)小切開・鏡視外科学会 9 (1) 47 - 51 2185-2820 2018/06 
    症例1は30歳男性で、発熱と左腹部痛で来院した。CTで感染性Walled-off necrosis(WON)と診断し、保存的治療を行ったが、症状ならびに炎症所見の改善を認めず、インターベンション治療目的に当院転院となった。造影CT所見から壊死物質を主成分とした感染性WONと診断し、小切開Videoscope補助下に後腹膜経路でネクロセクトミーを行った。1回のネクロセクトミーで炎症所見とCT所見は速やかに改善し、追加の処置は不要となった。左後腹膜のドレーンは留置したまま入院40日目に退院した。症例2は34歳男性で、急性膵炎の診断で保存的治療が開始され、退院約2週間後に間歇的腹痛と発熱で来院し、炎症反応高値、CTで感染性WONと診断され再入院した。造影CT所見から膵体尾部の壊死物質を主成分とする左側感染性WONと診断し、腹腔経路で小切開Videoscope補助下にネクロセクトミーを行った。その後、右側WON増大による閉塞性黄疸が出現し、開腹ネクロセクトミーと胆道ドレナージが必要となった。症状出現から7ヵ月後、ERCPで左右肝管にERBD tubeを留置し退院した。
  • 小泉 大, 斎藤 晶, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 33 (3) 641 - 641 0913-0071 2018/05
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 33 (3) 678 - 678 0913-0071 2018/05
  • 三木 厚, 佐久間 康成, 斉藤 晶, 目黒 由行, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 33 (3) 415 - 415 0913-0071 2018/05
  • 泉 遼, 遠藤 和洋, 斉藤 晶, 田口 昌延, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 33 (3) 662 - 662 0913-0071 2018/05
  • 齋藤 匠, 笹沼 英紀, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 33 (3) 684 - 684 0913-0071 2018/05
  • 拡大肝切除後合併症のリスクファクターの検討
    三木 厚, 佐久間 康成, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 118回 1682 - 1682 2018/04
  • 膵頭十二指腸切除術を施行した十二指腸乳頭部癌の長期成績
    小泉 大, 斎藤 晶, 横田 真一郎, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 118回 2414 - 2414 2018/04
  • 上部空腸憩室穿孔による急性汎発性腹膜炎の1例
    齋藤 俊祐, 利府 数馬, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (3) 652 - 653 1345-2843 2018/03
  • 太田 学, 三木 厚, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, アラン K.・レフォー, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (2) 405 - 411 1345-2843 2018/02 
    症例は44歳,女性.主訴は心窩部不快感.CTで膵尾部に径約70mmの嚢胞性病変,それと連続し胃壁内に小嚢胞の集簇を認めた.経過観察中に突然の腹痛で当院へ救急搬送され,CTで胃側の嚢胞が長径95mmと増大しており入院した.超音波内視鏡検査で胃側の嚢胞は胃壁筋層内に存在し,膵尾部の嚢胞との交通を認めた.穿刺内容液は血性で,内容液中のamylase(AMY),CEAが高値であった.膵粘液性嚢胞腫瘍(MCN)が胃壁内へ穿破したことによる胃壁筋層内出血と診断し,待機的に手術を行った.手術は膵体尾部脾合併切除を行い,胃側の嚢胞は胃壁の筋層を温存し嚢胞壁のみ合併切除した.膵嚢胞内容液のAMY,CEAは高値で胃壁側の嚢胞液と類似していた.病理組織診断ではMCNの診断であった.MCNが膵管と交通を持ち,胃壁筋層内へ穿破し出血を生じたと考えられる1例を経験したため,文献的考察も含めて報告する.(著者抄録)
  • 仮想モデル、3次元プリンターモデル、高質感臓器モデルを用いた段階的手術シミュレーション教育
    遠藤 和洋, 太白 健一, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 22 (7) EP042 - 04 1344-6703 2017/12
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除における電動式自動縫合器を使った膵離断定型化の試み
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 22 (7) EP141 - 02 1344-6703 2017/12
  • 膵頭十二指腸切除での再建の工夫 Blumgart変法(自治医大方式)による膵空腸吻合の成績
    小泉 大, 斎藤 晶, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 78 (増刊) 425 - 425 1345-2843 2017/10
  • 佐田 尚宏, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 清水 敦, 佐久間 康成, 栗原 克己, 大木 準, 鈴木 正徳
    臨床外科 (株)医学書院 72 (8) 986 - 989 0386-9857 2017/08
  • 胃切除後の胆道結石症の検討
    木村 有希, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 72回 PP2 - 1 2017/07
  • 当科における膵IPMNの縮小手術の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 72回 PK4 - 6 2017/07
  • 退形成性膵管癌の6切除例
    風當 ゆりえ, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 72回 PL4 - 1 2017/07
  • 切除可能膵癌に対する術前治療戦略の意義 切除可能膵癌に対する術前化学放射線治療の有用性
    三木 厚, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 72回 O2 - 4 2017/07
  • 消化器外科の診断・手技・治療に役立つ先進技術 非視覚的主体情報の統合した、マクロ・ミクロをカバーする4K/8K対応・内視鏡手術システムの開発
    遠藤 和洋, 太白 健一, 直井 大志, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, アラン・レフォー, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 72回 WS13 - 5 2017/07
  • Blumgart-dumpling法(Blumgart変法 自治医大方式)による膵空腸吻合の工夫
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 72回 RS2 - 1 2017/07
  • 十二指腸腫瘍性病変に対する膵温存十二指腸切除術の治療成績
    齋藤 晶, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 72回 PH17 - 6 2017/07
  • 木村 有希, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北谷 丈二, 佐田 尚宏
    胆膵の病態生理 日本胆膵病態・生理研究会 33 (1) 43 - 46 2185-4564 2017/06 
    膵頭十二指腸切除術(PD)を施行し術後胆管炎に、ダブルバルーン内視鏡逆行性胆道造影(DBERC)を施行した13例34回を対象とした。PDを施行した244例中20例(8.2%)に術後胆管炎を認め、反復する胆管炎症例も7例存在し、延べ合計47件の術後胆管炎を認めた。胆管狭窄を伴うものは11例で、吻合部再発をきたしたものは2例、術後胆管炎による死亡例は認めなかった。DBERCは13例、合計34件の術後胆管炎に実施し、肝門部へ到達できなかったのは1件のみで、97%の到達率であった。この1例は、後日再度DBERCを施行した際には到達できた。到達できた際には、造影やステント留置などの胆管内治療も全件において成功した。DBERC関連合併症による胆管炎の悪化や死亡例を認めなかった。
  • 齋藤 匠, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 32 (3) 460 - 460 0913-0071 2017/05
  • 質感と人体解剖を忠実に再現した、高難度手術教育のための臓器モデル 鏡視下手術の教育効果を高めるために必要な技術トレーニング
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 尚哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 117回 SF - 4 2017/04
  • 膵空腸吻合Blumgart変法(自治医大方式)に適した膵臓の検討
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 117回 PS - 1 2017/04
  • IPMN国際診療ガイドラインからみた当院でのIPMN手術例の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 117回 PS - 4 2017/04
  • 家族性大腸腺腫症に合併した十二指腸病変の検討
    木村 有希, 小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 117回 PS - 7 2017/04
  • 佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成
    最新医学 (株)最新医学社 別冊 (胆石症・胆管結石・胆道炎・胆道がん) 171 - 176 0370-8241 2017/04 
    十二指腸乳頭部がんの外科治療において最も問題となるのは,深達度が乳頭部粘膜内にとどまる(T1a)か,Oddi筋に達する(T1b)かで,T1a以浅とT1b以深とでは治療の考え方が大きく異なる.Stage0〜IAの乳頭部がんの中には,内視鏡的,外科的乳頭切除術で治癒する症例は存在するが,『エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン改訂第2版』(2014年)で推奨される標準治療は,StageIB〜IIIと同様に,(幽門輪温存,亜全胃温存)膵頭十二指腸切除術である.(著者抄録)
  • 膵体尾部を中心とした左側感染性WONに対する治療戦略
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 37 (2) 292 - 292 1340-2242 2017/02
  • 佐田 尚宏, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 栗原 克己, 大木 準, 鈴木 正徳
    胆と膵 医学図書出版(株) 38 (2) 195 - 199 0388-9408 2017/02 
    近年、内視鏡的治療の進歩により、慢性膵炎およびその合併症(膵石症、膵仮性嚢胞、internal pancreatic fistula(IPF:膵性胸腹水)、胆道狭窄)に対して、膵管ステント留置、経胃的ドレナージなどの難易度の高い内視鏡手技が開発され、その低侵襲性から多くの病態では第一選択の治療となっている。しかし、すべての例で内視鏡的治療が実施できる訳ではなく、奏効率、長期成績では外科的治療に劣る部分もあり、どのようなタイミングで外科的治療を行うかを常に念頭に置いて治療計画を検討することが重要である。治療コンプライアンスの悪い症例などでは外科的治療を第一選択とすることも選択肢として、施設の熟達度を考慮し、十分なインフォームドコンセントを行ったうえで治療法を決定する必要がある。(著者抄録)
  • Yasunaru Sakuma, Naohiro Sata, Kazuhiro Endo, Yoshikazu Yasuda, Shinichiro Yokota, Yoshinori Hosoya, Atsushi Shimizu, Hirofumi Fujii, Daisuke Matsubara, Noriyoshi Fukushima, Shoko Asakawa, Yuuki Kawarai Shimada, Chieko Kawarai Lefor, Alan Kawarai Lefor
    International journal of surgery case reports 41 169 - 173 2017 
    INTRODUCTION: Pancreatic neuroendocrine tumors are rare. Treatment includes aggressive local management of the primary lesion and metastases, and systemic somatostatin. This is the first report of an isolated metachronous metastasis to the adrenal gland from a pancreatic neuroendocrine tumor that presented 90 months after the primary tumor. PRESENTATION OF CASE: The patient presented as a 53yo man with a left upper quadrant mass and synchronous metastases to the spleen and liver (pancreatic neuroendocrine tumor T4N0M1, Stage IV), which were resected (CD56-, synaptophysin+, chromogranin+, Ki-67<1%). Over the next 90 months, he underwent five procedures to treat hepatic recurrences (2 liver resections and 3 percutaneous radiofrequency ablations). Serum PIVKA levels were elevated prior to treatment of four of six lesions and returned to baseline after therapy. He presents now, asymptomatic, with a right adrenal mass found on routine imaging and no other lesions. Serum PIVKA was elevated to 44mg/dL. The adrenal gland was resected and shown to be a metastasis (CD56+, synaptophysin+, chromogranin+, Ki-67 15-20%). DISCUSSION: This patient's clinical course reflects aggressive local therapy of the primary lesion and multiple metastatic lesions to three organs (liver, spleen, adrenal) over nearly eight years. The utility of serum PIVKA levels in patients with pancreatic neuroendocrine tumors is not previously reported and needs further investigation. CONCLUSION: This patient has a pancreatic neuroendocrine tumor with metastases to the spleen, liver and adrenal gland and elevated PIVKA levels with recurrent disease. These unique clinical features add to the diversity of clinical presentation of these rare tumors.
  • 医工連携による革新的内視鏡手術トレーニングシステムの開発 外科教育の新たな手法確立に向けて
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 直哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 21 (7) OS145 - 6 1344-6703 2016/12
  • 腹腔鏡下肝切除にRFAを併用して治療した肝細胞癌4例の経験
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 21 (7) DP99 - 1 1344-6703 2016/12
  • 佐田 尚宏, 齋藤 晶, 青木 裕一, 木村 有希, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 清水 敦, 佐久間 康成
    胆と膵 医学図書出版(株) 37 (12) 1575 - 1579 0388-9408 2016/12 
    慢性膵炎の疼痛治療として、まず内科的治療が行われる。外科的治療は内科的治療無効例に対して適応が検討される。膵管拡張例には膵管ドレナージ術が適応になり、術式としては主にPartington手術とFrey手術が行われる。膵切除術は、膵管拡張がなく病変が頭部もしくは体尾部に限局した症例が適応になるが、術後の膵内分泌機能低下が必発であり、それを上回る利点があると判断された症例に実施すべきである。膵全摘術、腹腔神経叢ブロック、(胸腔鏡下)内臓神経切除術は限られた症例のみが適応となる。慢性膵炎の疼痛治療は、症例により所見、疼痛の状態はさまざまで、慢性膵炎が良性疾患であることも考慮して、治療方針を決定する必要がある。外科的治療の実施にあたっても、断酒・禁煙を中心とする生活指導は重要で、治療コンプライアンスの高い症例に対してのみ治療を行うことが推奨される。(著者抄録)
  • Kazuhiro Endo, Dai Kujirai, Hinako Maeda, Takashi Ishida, Toshiaki Terauchi, Masaru Kimata, Hiroharu Shinozaki, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Asian journal of endoscopic surgery 9 (4) 270 - 274 2016/11 
    INTRODUCTION: The aim of this study was to compare the clinical outcomes of single-incision transumbilical laparoscopy-assisted appendectomy performed by surgical residents and attending surgeons. METHODS: We reviewed the clinical outcomes of 131 transumbilical laparoscopy-assisted appendectomies performed from January 2011 to June 2014. During the study period, 13 residents and 6 board-certified attending surgeons performed the procedures. For all operations performed by residents and attending surgeons, we reviewed and compared gender, age, BMI, body temperature, white blood cell count, C-reactive protein serum level, and the presence of a fecalith or abscess. Clinical outcomes including operative time, estimated blood loss, need for additional ports, conversion to open surgery, intraoperative complications, postoperative complications, and postoperative hospital stay were compared between the two groups. RESULTS: The mean preoperative white blood cell count in the resident-operated group was significantly higher than in the attending-operated group (14.0 vs 10.8 ×103 /mm3 , P = 0.007). There were no other significant differences in clinical variables between the two groups. Outcomes show that estimated blood loss was significantly higher (23.4 vs 9.8 mL, P = 0.031) and operative time tended to be longer (86.0 vs 72.0 min, P = 0.056) in the resident-operated group. No other significant differences were observed. CONCLUSION: Transumbilical laparoscopy-assisted appendectomy performed by residents is feasible and safe. It is an acceptable as a part of routine surgical training.
  • 膵体尾部切除における膵断端処理の工夫 膵体尾部切除における水平マットレス法による膵断端処理と術後膵液瘻の検討
    木村 有希, 小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 77 (増刊) 405 - 405 1345-2843 2016/10
  • シナリオベースの低侵襲手術training systemの開発と活用 technical skillとnon technical skillの習得
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 直哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 77 (増刊) 527 - 527 1345-2843 2016/10
  • 十二指腸乳頭部腫瘍に対する乳頭切除術
    小泉 大, 木村 有希, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 77 (増刊) 578 - 578 1345-2843 2016/10
  • 子宮摘出術3ヵ月後に腟断端離開、小腸脱出した一例
    扇原 香澄, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 77 (増刊) 843 - 843 1345-2843 2016/10
  • 胃癌・大腸癌切除例の術前CT検査で指摘された膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 木村 有希, 田口 昌延, 三木 広, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増大会) A681 - A681 0446-6586 2016/09
  • 消化器外科手術アトラス Blumgart-dumpling法膵空腸吻合を併置した幽門輪温存膵頭十二指腸切除術
    佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成
    消化器外科 (株)へるす出版 39 (10) 1347 - 1359 0387-2645 2016/09
  • Blumgart-dumpling法による膵空腸吻合の工夫
    小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 71回 P1 - 3 2016/07
  • 転移性肝癌との鑑別に苦慮した肝柵状肉芽腫の一例
    森本 光昭, 佐久間 康成, 笹沼 秀紀, 小泉 大, 遠藤 和洋, 三木 厚, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 28回 565 - 565 2016/06
  • 膵硬化度・主膵管拡張に注目した膵空腸吻合法の選択と術後膵液瘻の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 28回 479 - 479 2016/06
  • 十二指腸乳頭部神経内分泌癌の一例
    加賀谷 丈紘, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 28回 559 - 559 2016/06
  • 胃壁筋層内へ穿破し出血を生じた膵粘液性嚢胞腫瘍の1例
    太田 学, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 28回 656 - 656 2016/06
  • 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    手術 金原出版(株) 70 (7) 985 - 989 0037-4423 2016/06
  • 石田 隆, 篠崎 浩治, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本消化器外科学会雑誌 (一社)日本消化器外科学会 49 (6) 563 - 568 0386-9768 2016/06 
    症例は49歳の女性で,1991年に胆嚢結石症に対して,腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行された既往がある.2012年4月頃より,臍部創に有痛性の皮下腫瘤を自覚するようになった.悪性の可能性も否定できず,手術を勧めたが,月経困難症・子宮内膜症があり,本人の強い希望で,婦人科でホルモン治療を先行することになった.以後,臍部痛は改善したが,2014年9月より再び臍部痛を認めるようになり外来を再受診した.腫瘤は30mm大と増大傾向を示したため,2014年11月に全身麻酔下に腫瘤摘出術を施行した.腫瘤は腹直筋前鞘や腹膜と接して存在していたため,一部を合併切除し,腹壁欠損に対して,メッシュを用いて修復術を施行した.病理組織学的所見は,子宮内膜症であった.創部に生じる腹壁子宮内膜症は,9割以上が婦人科領域の手術既往によるものであるが,本症例は腹腔鏡下胆嚢摘出術後の創部に発生した極めて稀有な症例であるため,報告した.(著者抄録)
  • 三木 厚, 佐久間 康成, 大澤 英之, 芝 聡美, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏
    胆膵の病態生理 日本胆膵病態・生理研究会 32 (1) 35 - 37 2185-4564 2016/06 
    膵切除術を行った浸潤性膵管癌74例(男性46例、女性28例、平均66.6歳)を対象に、標記について検討した。膵体尾部癌は31例、膵頭部癌は43例で、臨床病期はStage Iが2例、Stage IIが8例、Stage IIIが40例、Stage IVaが24例であった。術後補助化学療法は50例に施行した。R0群の3年生存率は60.1%、R1群では41.0%であったが有意差は認められなかった。癌組織型では有意差はなく、T因子についてはT1〜T2群に対しT3〜T4群は有意に予後良好であった。リンパ節転移なし群に対し、あり群は有意に予後不良であった。多変量解析では、リンパ節転移の有無のみが独立した予後規定因子であった。リンパ節転移の有無(N)と癌遺残度(R)の検討では、R0N-群の3年生存率は85.8%、R0N+群では40.3%、R1N-群は50.0%、R1N+群は41.7%と、R0N-群で有意に予後良好であった。
  • 十二指腸乳頭部癌に対する膵頭十二指腸切除術の長期成績の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 116回 PS - 4 2016/04
  • 乳癌術後経過観察中に発見し、診断に難渋した異時性重複癌の1例
    湯澤 真梨子, 三木 厚, 利府 数馬, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 116回 RS - 5 2016/04
  • 丸山 博行, 小泉 大, 高橋 大二郎, 太白 健一, 村橋 賢, 清水 徹一郎, 遠藤 和洋, 藤原 岳人, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会雑誌 (一社)日本消化器外科学会 49 (3) 250 - 257 0386-9768 2016/03 
    症例1は76歳の男性で,突然の下腹部痛と嘔気を主訴に救急搬送された.CTで右下腹部に腸管壁の造影不良な拡張した小腸ループと右陰嚢水腫を認め,絞扼性イレウス・右陰嚢水腫と診断し,緊急手術を行った.ヘルニア嚢は腹膜前腔に存在し右内鼠径輪で小腸が絞扼され鼠径ヘルニア偽還納と診断した.小腸部分切除とヘルニア門縫縮を行った.症例2は60歳の男性で,午前8時頃より腹痛,嘔吐があり,右鼠径部膨隆を自己還納したが症状軽快せず,午後4時救急搬送された.CTで右下腹部,鼠径部近傍に小腸ループを認め,右鼠径ヘルニア偽還納と診断し緊急手術を行った.右内鼠径輪で小腸が絞扼され,ヘルニア嚢は腹膜前腔に存在し鼠径ヘルニア偽還納と診断した.小腸を腹腔内に引き出し腹膜前腔にメッシュを留置しヘルニア修復を行った.鼠径部ヘルニア偽還納本邦報告例19例に自験例を含め報告する.(著者抄録)
  • 実体臓器モデルの内視鏡手術への活用 手術トレーニングに特化した軟部組織実体臓器モデルの開発と製品化
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) PD21 - 5 1344-6703 2015/12
  • 専門医を目指すための気腹状態dry boxと臓器ユニットの開発 シナリオベースsimulation trainingの実現
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) OS87 - 7 1344-6703 2015/12
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除術の完全腹腔鏡下手術例と小切開併用手術例の比較検討
    吉田 淳, 佐久間 康成, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) OS254 - 4 1344-6703 2015/12
  • 腹腔鏡下肝切除にRFAを併用して治療した肝細胞癌2例
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) OS277 - 5 1344-6703 2015/12
  • 中西 亮, 星野 好則, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二
    日本外科系連合学会誌 日本外科系連合学会 40 (6) 1164 - 1169 0385-7883 2015/12 
    症例は58歳,男性.心窩部痛と褐色尿を主訴に来院.血液検査にて黄疸を認め,造影CTにて3管合流部近傍の結石による閉塞性黄疸が疑われ,精査目的のため入院となった.EUSの検査では3管合流部と思われる狭窄部に結石と腫瘍病変をうたがった.またERCPの直接造影では結石が強く疑われた.ERCP時の生検とENBDからの細胞診では悪性所見は認めなかった.術前に悪性疾患でないことを確認するため,SpyGlassを用いて3管合流部の観察を行ったところ,炎症によるベラークと合流部結石を認め,狙撃生検では悪性所見を認めなかった.以上より3管合流部結石の診断にて胆嚢摘出,総胆管切開切石術を行った.術後経過良好にて合併症なく退院となった.EUS・ERCPで悪性を否定できない症例に対して経口胆道鏡を用いた観察や生検が有用であると考えられた.(著者抄録)
  • 腹部大動脈瘤術後に十二指腸と孔形成した1例
    熊谷 祐子, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 日本Acute Care Surgery学会 5 (2) 198 - 198 2015/10
  • 病理学的完全奏効が得られた門脈腫瘍栓を伴う急速進展肝細胞癌の1例
    田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 安田 是和, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 76 (増刊) 983 - 983 1345-2843 2015/10
  • 3Dプリンターの医学への応用 消化器外科における3D printerの活用 現況と問題点、その解決案まで
    遠藤 和洋, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 76 (増刊) 436 - 436 1345-2843 2015/10
  • 手術シナリオをベースとした、人体を忠実に再現した手術simulationシステムの開発
    遠藤 和洋, 太白 健一, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 76 (増刊) 512 - 512 1345-2843 2015/10
  • 膵体尾部切除術後のドレーンアミラーゼと膵液瘻の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 76 (増刊) 579 - 579 1345-2843 2015/10
  • 123I-MIBGシンチグラフィで集積を認めなかった褐色細胞腫の3例の臨床的検討
    利府 数馬, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 76 (増刊) 699 - 699 1345-2843 2015/10
  • 後腹膜気管支原性嚢胞の1例
    坂田 知久, 三木 厚, 利府 数馬, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 76 (増刊) 1146 - 1146 1345-2843 2015/10
  • 胃癌・大腸癌手術症例の術前に指摘された膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 安田 是和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 112 (臨増大会) A881 - A881 0446-6586 2015/09
  • 「複雑な合流」を呈する膵・胆管合流異常症例から推測される膵・胆管合流異常の発生機序
    眞田 幸弘, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 日本膵・胆管合流異常研究会 38 54 - 54 1883-4116 2015/09
  • 三木 厚, 佐久間 康成, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 秀紀, 佐田 尚宏
    胆道 日本胆道学会 29 (3) 553 - 553 0914-0077 2015/08
  • 杉本 真樹, 志賀 淑之, 磯部 陽, 西原 佑一, 佐田 尚宏, 遠藤 和洋
    日本コンピュータ外科学会誌 (一社)日本コンピュータ外科学会 17 (2) 73 - 81 1344-9486 2015/08
  • 清水 敦, 遠藤 和洋, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 鈴木 正徳, 佐田 尚宏
    肝・胆・膵 (株)アークメディア 70 (6) 901 - 906 0389-4991 2015/06
  • 中西 亮, 木全 大, 小澤 広輝, 前田 日菜子, 熊谷 祐子, 石田 隆, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 篠崎 浩治
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 86 (1) 116,3 - 117,3 1348-9844 2015/06 
    50歳代女。夕食に鯛を摂取し、夜間に腹痛が出現したため当院を受診した。造影CTでは明らかな異常所見がなく、いったん帰宅したが、その後も症状が持続し、再診時のCTで魚骨による食道異物が判明したため、緊急入院となった。内視鏡検査で食道壁に刺入した魚骨を確認し、内視鏡摘出を試みるも困難であったが、1ヵ月後の内視鏡施行時に魚骨の摘出が可能であった。摘出後は出血や穿孔もなく、良好に経過している。
  • Satoshi Takada, Yoshinori Hoshino, Homare Ito, Yohei Masugi, Toshiaki Terauchi, Kazuhiro Endo, Masaru Kimata, Junji Furukawa, Hiroharu Shinozaki, Kenji Kobayashi, Yoshiro Ogata
    Japanese journal of clinical oncology 45 (3) 286 - 90 2015/03 
    Recently, bevacizumab has become a key drug for treatment of metastatic colorectal cancer. Molecularly targeted agents such as bevacizumab can cause life-threatening adverse effects, though they are generally considered less toxic than cytotoxic drugs. Here, we review the case of a 76-year-old male rectal cancer patient with liver metastasis who suffered extensive bowel necrosis after administration of 5-fluorouracil-based chemotherapy with bevacizumab, and required a subtotal colectomy and end-ileostomy. Microscopic findings revealed extensive mucosal necrosis in the resected colon specimen and necrosis at the muscularis propria of the descending colon. Pathological findings suggested that the mucosal damage induced by chemotherapy may be exacerbated by treatment with bevacizumab, resulting in extensive necrosis.
  • 盲腸軸捻転による腸閉塞の一例
    戸ヶ崎 和博, 古川 潤二, 小澤 広輝, 前田 日菜子, 桐谷 ゆり子, 松岡 義, 熊谷 祐子, 中西 亮, 石田 隆, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 小林 健二, 尾形 佳郎, 篠崎 浩治
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 35 (2) 385 - 385 1340-2242 2015/02
  • 当院における下部消化管穿孔の治療戦略
    松岡 義, 石田 隆, 小澤 広輝, 前田 日菜子, 桐谷 ゆり子, 中西 亮, 熊谷 祐子, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎, 篠崎 浩治
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 35 (2) 460 - 460 1340-2242 2015/02
  • S状結腸癌に対するHartmann手術・胃瘻造設術後に気腫性胃炎による敗血症性ショックを発症した一例
    鯨井 大, 遠藤 和洋, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 35 (2) 486 - 486 1340-2242 2015/02
  • Billroth II法再建後のBraun吻合と輸出入脚の腸間膜間隙に小腸が嵌頓し内ヘルニアを呈した1例
    前田 日菜子, 石田 隆, 戸ヶ崎 和博, 小澤 広輝, 松岡 義, 桐谷 ゆり子, 熊谷 祐子, 中西 亮, 遠藤 和洋, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎, 篠崎 浩治
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 35 (2) 503 - 503 1340-2242 2015/02
  • 目黒 由行, 細谷 好則, 遠藤 和洋, 田中 亨, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科系連合学会誌 日本外科系連合学会 40 (1) 55 - 60 0385-7883 2015/02 
    患者は25年前胃癌で胃全摘,膵体尾部切除,脾摘出術を施行された62歳男性.腹痛で近医を受診,腹部CTで輸入脚の拡張を認めたため当科紹介受診.ダブルバルーン内視鏡,FDG-PETでの精査の結果,Y脚近傍に生じた悪性腫瘍による腸重積と診断した.また,ネフローゼ症候群と低栄養による著明な低蛋白血症も認められた.腸重積は内視鏡施行時に解除されたため,待機的手術とした.開腹時,腫瘍はTreitz靱帯から20cm遠位に存在し,腫瘍からY脚吻合部までの距離は30cmであった.腫瘍から10cmのマージンを確保し切除,linear staplerでfunctional end-to-end anastomosisを施行した.術後も著明な低蛋白血症は改善せず術後3ヵ月で前医転院となった.術後病理は小腸腺癌であった.胃全摘術後輸入脚に生じた小腸癌による腸重積という稀な病態は報告例がなく,文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)
  • 中西 亮, 木全 大, 小澤 広輝, 前田 日菜子, 熊谷 祐子, 石田 隆, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 篠崎 浩治
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 86 (Suppl.) s112 - s112 1348-9844 2014/12
  • 小澤 広輝, 寺内 寿彰, 前田 日菜子, 桐谷 ゆり子, 松岡 義, 中西 亮, 熊谷 祐子, 石田 隆, 遠藤 和洋, 木全 大, 篠崎 浩治
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 86 (Suppl.) s119 - s119 1348-9844 2014/12
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 小泉 大, 安田 是和
    胆道 日本胆道学会 28 (5) 741 - 746 0914-0077 2014/12 
    厚生労働省難治性疾患克服研究事業難治性肝・胆道疾患調査研究班参加施設を対象に、1990-2009年の肝内結石症合併肝内胆管癌のProfile調査を行った。調査期間の肝内結石症症例は696例、肝内胆管癌合併症例は37例(5.3%)であった。癌合併症例の肝内結石症罹患期間は、従来から特徴的とされる肝内結石症罹患歴10年以上の症例が37%と最多であったが、肝内結石とほぼ同時に癌が発見された肝内結石症罹患歴0-6ヵ月の症例が36%とほぼ同数認められ、その頻度は2000年以降増加していた。肝内結石症に合併する肝内胆管癌の65%が腫瘤指摘により診断され、その治療成績は極めて不良であった。肝内胆管癌の診断は従来の直接造影法もしくは胆管内視鏡による細胞診・生検が主で、2000年以降臨床使用されているMRI-DWI、FDG-PETなどの新たな診断Modalityの実施頻度は低く、その評価は困難であった。今後さらに症例を集積し肝内胆管癌早期発見のための診断方法についての検討が必要である。(著者抄録)
  • 絞扼性イレウスを呈した巨大な成人回腸重複腸管症の1例
    熊谷 祐子, 星野 好則, 寺内 寿彰, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 中西 亮, 高田 智司, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 75 (11) 3205 - 3205 1345-2843 2014/11
  • 腹腔鏡下直腸癌手術における反転法吻合の有効性
    中西 亮, 星野 好則, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 高田 智司, 熊谷 祐子, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 75 (11) 3221 - 3221 1345-2843 2014/11
  • 小腸腸閉塞を伴った小腸間膜原発デスモイド腫瘍の一例
    熊谷 祐子, 古川 潤二, 小澤 広輝, 前田 日菜子, 松岡 義, 桐谷 ゆり子, 中西 亮, 石田 隆, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 75 (増刊) 753 - 753 1345-2843 2014/10
  • 総胆管結石症、胆管炎を契機に診断された肝内門脈体静脈シャントの一例
    神保 麻耶, 遠藤 和洋, 熊谷 祐子, 小澤 広輝, 前田 日菜子, 桐谷 ゆり子, 松岡 義, 中西 亮, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎, 篠崎 浩治
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 75 (増刊) 852 - 852 1345-2843 2014/10
  • 非吸収性クリップによる異物反応を原因とした炎症性偽腫瘍の一例
    石田 隆, 小林 健二, 寺内 寿彰, 前田 日菜子, 尾形 佳郎, 篠崎 浩治, 古川 潤二, 木全 大, 遠藤 和洋, 熊谷 祐子, 中西 亮, 桐谷 ゆり子, 松岡 義, 小澤 広輝
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 19 (7) 668 - 668 1344-6703 2014/10
  • 鼠径ヘルニア再発に対する腹腔鏡手術の利点
    木全 大, 小澤 広輝, 松岡 義, 熊谷 祐子, 中西 亮, 石田 隆, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 篠崎 浩治
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 19 (7) 732 - 732 1344-6703 2014/10
  • 【膵炎大全〜もう膵炎なんて怖くない〜】膵炎各論 アルコール性膵炎
    佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 直哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 石黒 保直, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 栗原 克己, 安田 是和
    胆と膵 医学図書出版(株) 35 (臨増特大) 1125 - 1129 0388-9408 2014/10 
    アルコール摂取(多飲)は急性膵炎、慢性膵炎の成因として最も頻度が高い。他の成因と異なり、アルコール性膵炎は断酒・禁煙で発症・進展の予防が可能で、生活指導が重要な疾患である。その一方で「アルコール性」を規定するエタノール摂取量の明確な基準はなく、その発症・進展の機序についても不明な点が多い。慢性膵炎臨床診断基準2009では慢性膵炎をアルコール性と非アルコール性に分類し、発症前、発症早期に治療介入ができるように慢性膵炎疑診、早期慢性膵炎の診断基準を設定した。急性膵炎でも高リスク群であるアルコール多飲者の実際の発症率は低率で、遺伝子異常(SPINK1、PRSS1など)など、他の要因が深く関与していることが想定されている。アルコール性急性膵炎、慢性膵炎の診断・治療は、他の成因によるものと大きく変わるところはなく、介入治療は改訂アトランタ分類2012による膵炎局所合併症の新分類に応じた適切な時期・手技で行うことが推奨される。(著者抄録)
  • 清水 敦, 佐田 尚宏, 森嶋 計, 兼田 裕司, 石黒 保直, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 田中 昌宏, 安田 是和
    外科 (株)南江堂 76 (7) 747 - 752 0016-593X 2014/07 
    胆道手術におけるドレーン挿入の功罪を臨床試験の結果から検討した.膿瘍・穿孔などの合併症がない胆嚢摘出術では,開腹・腹腔鏡下ともにドレーンの挿入は創感染,呼吸器感染といった術後の合併症を増やし,それに見合う利点がないとされる.胆道切開や胆管切除・吻合でも同様に,ドレーンの利点が乏しいという結果が得られている.ルーチンワークとして行われがちなドレーンの挿入であるが,evidence-based medicine(EBM)に基づき再考すべきである.(著者抄録)
  • 佐田 尚宏, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 29 (3) 434 - 434 0913-0071 2014/06
  • 黒河内 顕, 佐田 尚宏, 森嶋 計, 石黒 保直, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 29 (3) 660 - 660 0913-0071 2014/06
  • 胆管浸潤を伴った直腸癌肝転移の切除範囲決定にソナゾイド超音波が有用であった一例
    鯨井 大, 遠藤 和洋, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 26回 658 - 658 2014/06
  • 術前固有肝動脈塞栓後に幽門輪温存膵頭十二指腸切除を施行した胆管癌の1例
    田口 昌延, 眞田 幸弘, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 26回 639 - 639 2014/06
  • 治療支援を目的とした、3次元画像活用の現状 CT画像データを中心に
    遠藤 和洋, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 中西 亮, 鯨井 大, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    栃木県医学会々誌 栃木県医学会 44 59 - 60 0285-6387 2014/06
  • Kazuhiro Endo, Takahiro Sasaki, Naohiro Sata, Shuji Hishikawa, Hideharu Sugimoto, Alan T Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques 24 (3) 221 - 5 2014/06 
    BACKGROUND: The goal of this study is to examine changes in pancreatic perfusion due to pneumoperitoneum using perfusion CT in vivo. METHODS: Three pigs were studied. Under general anesthesia, pneumoperitoneum was induced to 16 mm Hg. Perfusion CT scans were acquired at a rate of 1 image per 2 seconds for 60 seconds. Scans were repeated 5 days later without pneumoperitoneum using the same protocol, in the same animals. The time density curve, color map, peak enhancement, time to peak, blood flow, blood volume, and permeability were evaluated. RESULTS: In the presence of pneumoperitoneum, peak enhancement in radiodensity was decreased and time to peak was increased, and both blood flow and blood volume decreased. However, there was no consistent change in permeability observed. CONCLUSION: This study demonstrates that pneumoperitoneum quantitatively results in decreased blood flow and blood volume to the pancreas in an in vivo animal model.
  • 縦隔内へ進展した膵仮性嚢胞による食道狭窄にEUS下嚢胞ドレナージが有効であった一例
    熊谷 祐子, 寺内 寿彰, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 中西 亮, 高田 智司, 星野 好則, 遠藤 和洋, 木全 大, 篠崎 浩治
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 56 (Suppl.1) 1231 - 1231 0387-1207 2014/04
  • 当院における膵IPMN手術症例の検討
    寺内 寿彰, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 遠藤 和洋, 木全 大, 篠崎 浩治
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 56 (Suppl.1) 1240 - 1240 0387-1207 2014/04
  • Naohiro Sata, Masaru Koizumi, Yuji Kaneda, Yasunao Ishiguro, Akira Kurogochi, Kazuhiro Endo, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract 18 (4) 858 - 64 2014/04 
    Rational treatment for neoplasms of the duodenal papilla (NDPs) is still controversial, especially for early stage lesions. Total papillectomies are indicated in patients expected to have adenomas, adenocarcinoma in an adenoma, or mucosal adenocarcinomas with no lymph node metastases. However, the preoperative pathological evaluation of NDPs is still challenging and often inaccurate, mainly because of the complicated anatomical structures involved and the possibility of an adenocarcinoma in an adenoma. Herein, we introduce a new method of total papillectomy, the extraduodenal papillectomy (ExDP). In this method, papillectomy is undertaken from outside of the duodenum, instead of resection from the inside through a wide incision of the duodenal wall as is done in conventional transduodenal papillectomy (TDP). The advantages of ExDP are precise and deeper cutting of the sphincter and shorter exploration time of the tumor compared to conventional TDP. We demonstrate three representative patients, all of whom had an uneventful postoperative course. One of them subsequently underwent a pylorus preserving pancreatoduodenectomy after detailed postoperative pathological evaluation. Including that patient, no recurrence has occurred with 37-46 months of follow-up. In conclusion, ExDP is regarded as a "total biopsy" for early stage borderline lesions and a feasible, less demanding alternative method for the treatment of NDPs.
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 田口 昌延, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 太田 真, Lefor Alan, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 115 (臨増2) 918 - 918 0301-4894 2014/03
  • 古川 潤二, 豊田 尚潔, 鯨井 大, 二宮 大和, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 篠崎 浩司, 小林 健二
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 115 (臨増2) 714 - 714 0301-4894 2014/03
  • 絞扼性腸閉塞の診断と治療 絞扼性腸閉塞の術前診断 腸管壊死は予測できるか
    星野 好則, 篠崎 浩治, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 中西 亮, 高田 智志, 熊谷 祐子, 山元 良, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 34 (2) 381 - 381 1340-2242 2014/02
  • 破裂性腹部大動脈瘤治療の最前線 大動脈腸管瘻に対しBridge therapyとして血管内治療を行い待機的に根治手術を行った3症例
    高田 智司, 篠崎 浩治, 寺内 寿彰, 橋詰 賢一, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 中西 亮, 清水 理葉, 熊谷 祐子, 星野 好則, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 34 (2) 383 - 383 1340-2242 2014/02
  • 胃・十二指腸潰瘍穿孔の治療 新たな展開 当院における上部消化管穿孔治療の検討
    木全 大, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 遠藤 和洋, 寺内 寿彰, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 34 (2) 397 - 397 1340-2242 2014/02
  • 血栓溶解療法で治療困難であった上腸間膜動脈血栓症に対して手術治療で救命しえた1例
    北川 剛裕, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 34 (2) 408 - 408 1340-2242 2014/02
  • 低用量アスピリン服用中に発症した小腸穿孔の2例
    伊藤 栄, 星野 好則, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 34 (2) 411 - 411 1340-2242 2014/02
  • 急性胆嚢炎の待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術に対する早期PTGBDの取り組み
    二宮 大和, 星野 好則, 豊田 尚潔, 鯨井 大, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 34 (2) 440 - 440 1340-2242 2014/02
  • 当院における腫瘍性疾患へ対する胆管ドレナージについて
    寺内 寿彰, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 中西 亮, 鯨井 大, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 尾形 佳郎, 小林 健二, 篠崎 浩治
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 34 (2) 459 - 459 1340-2242 2014/02
  • 当院における急性虫垂炎に対する単孔式手術の検討
    鯨井 大, 寺内 寿彰, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 34 (2) 505 - 505 1340-2242 2014/02
  • 寺内 寿彰, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎, 篠崎 浩治
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 84 (Suppl.) s119 - s119 1348-9844 2013/12
  • 盲腸癌を伴う直腸脱に対して腹腔鏡下に回盲部切除および直腸固定術を施行した例
    星野 好則, 二宮 大和, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 遠藤 和洋, 木全 大, 篠崎 浩治
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 18 (7) 734 - 734 1344-6703 2013/11
  • 佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 安田 是和
    胆と膵 医学図書出版(株) 34 (11) 1159 - 1164 0388-9408 2013/11 
    肝内結石症の画像診断は、肝内胆管に結石が確実に存在するという存在診断と、肝内胆管全枝における結石の有無を見極める部位診断から成る。肝内結石症例の多くは胆管炎、肝内胆管癌の併存のため、正確な部位診断が困難である。厚生労働省難治性肝・胆道疾患に関する調査研究班により作成された「肝内結石症の診療ガイド」の肝内結石診断フローチャートでは、画像診断法をスクリーニングで肝内結石症の存在診断を行う1次検査法、詳細な部位診断、肝内胆管癌の有無、手術適応を判断する非侵襲的な2次検査法、治療を前提とした侵襲的3次検査法に分類している。今後肝内結石症に合併する肝内胆管癌の予後を改善するためにも、従来の超音波検査、CT、MRC(MRI)、ERC、PTCだけではなくFDG-PET、diffusion MRI、perfusion CTなど新たなmodalityを含む画像診断能の向上が望まれる。(著者抄録)
  • 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    日本外科感染症学会雑誌 (一社)日本外科感染症学会 10 (5) 609 - 609 1349-5755 2013/10
  • 憩室炎の軽快後に再発腹痛を来し門脈塞栓症を発症した一例について
    中西 亮, 遠藤 和洋, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 高田 智司, 熊谷 祐子, 星野 好則, 寺内 寿彰, 木全 大, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 74 (増刊) 733 - 733 1345-2843 2013/10
  • 術前・術中診断が困難であった腹腔内出血を伴うGISTの一例
    熊谷 祐子, 木全 大, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 中西 亮, 高田 智司, 遠藤 和洋, 小林 健二, 尾形 佳郎, 篠崎 浩治
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 74 (増刊) 932 - 932 1345-2843 2013/10
  • 骨盤内臓器全摘術後に発生した創部離解を伴う手術部位感染に対し陰圧閉鎖療法が奏功した1例
    金山 拓亮, 星野 好則, 豊田 尚潔, 二宮 大和, 鯨井 大, 中西 亮, 高田 智司, 熊谷 祐子, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 74 (増刊) 1033 - 1033 1345-2843 2013/10
  • 膵頭十二指腸切除術後の膵液瘻予防を目指した当科の対策 Blumgart変法による膵空腸吻合術
    兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森 和亮, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 74 (増刊) 568 - 568 1345-2843 2013/10
  • 当科における胆管消化管吻合術後の胆道感染症
    森 和亮, 笹沼 英紀, 田口 昌延, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 74 (増刊) 994 - 994 1345-2843 2013/10
  • 直腸癌肝転移に対しFOLFOX+Bevacizumab療法中に広範囲結腸壊死を発症した1例
    高田 智司, 伊藤 誉, 豊田 尚潔, 中西 亮, 二宮 大和, 鯨井 大, 熊谷 祐子, 星野 好則, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    日本癌治療学会誌 (一社)日本癌治療学会 48 (3) 1886 - 1886 0021-4671 2013/09
  • 術前診断が可能であり緊急で腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した胆嚢捻転の1例
    劉 啓文, 伊藤 誉, 二宮 大和, 高田 智司, 星野 好則, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 全, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 尾形 佳郎
    日本救急医学会雑誌 (一社)日本救急医学会 24 (8) 666 - 666 0915-924X 2013/08
  • 膵Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm(IPMN)の手術適応と至適術式 膵切離断端からみた膵IPMN切除術式の検討
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 福嶋 敬宜, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 68回 WS - 9 2013/07
  • 膵頭十二指腸切除後胆管炎・胆管狭窄に対する治療戦略
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 68回 O - 4 2013/07
  • 当院における膵癌切除術後の長期生存症例に関する検討
    兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 68回 P - 3 2013/07
  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後のドレーン排液アミラーゼと抜去時期に関する検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 森 和亮, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 68回 O - 5 2013/07
  • 経口避妊薬内服女性における肝細胞腺腫の1例
    安藤 尚克, 眞田 幸弘, 佐久間 康成, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 74 (7) 2039 - 2039 1345-2843 2013/07
  • Interactiveな手術simulationおよびnavigation virtual及びreal 3D modelによる治療支援と教育的活用
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 石黒 保直, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 68回 O - 4 2013/07
  • Traineeによる安全な手術実現に対する術前simulationと術中navigationの役割
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 石黒 保直, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 25回 514 - 514 2013/06
  • 石黒 保直, 佐久間 康成, 森嶋 計, 笠原 直哉, 田口 昌延, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 小泉 大, 佐田 尚宏, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 28 (3) 381 - 381 0913-0071 2013/06
  • 森 和亮, 笹沼 英紀, 田口 昌延, 森嶋 計, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 28 (3) 474 - 474 0913-0071 2013/06
  • 黒河内 顕, 佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 小泉 大, 笹沼 英紀, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 28 (3) 515 - 515 0913-0071 2013/06
  • 佐田友 藍, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 28 (3) 532 - 532 0913-0071 2013/06
  • 膵消化管吻合法の工夫 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術における前壁切開膵胃吻合法の工夫
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 25回 275 - 275 2013/06
  • 膵仮性嚢胞に対する嚢胞胃吻合術の工夫
    石黒 保直, 遠藤 和洋, 森嶋 計, 笠原 直哉, 田口 昌延, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 小泉 大, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 25回 294 - 294 2013/06
  • 非B非C型肝細胞癌の特徴と治療
    清水 敦, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 藤原 岳人, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 石黒 保直, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 森嶋 計, 三木 厚, 笠原 尚哉, 田口 昌延, 山下 圭輔, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 25回 452 - 452 2013/06
  • 非閉塞性輸入脚症候群による幽門輪温存膵頭十二指腸切除後反復性胆管炎の1例
    眞田 幸弘, 山田 直也, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 25回 490 - 490 2013/06
  • 術前放射線化学療法を施行した進行膵癌症例の治療成績
    佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 清水 敦, 俵藤 正信, 眞田 幸弘, 石黒 保直, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 25回 498 - 498 2013/06
  • 清水 敦, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 小泉 大, 俵藤 正信, 藤原 岳人, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 三木 厚, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 田口 昌延, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 114 (臨増2) 653 - 653 0301-4894 2013/03
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, Lefor Alan, 安田 是和
    自治医科大学紀要 (学)自治医科大学 35 87 - 91 1881-252X 2013/03 
    2001年〜2011年に施行した大腿ヘルニア手術症例52例を検討した。全例でCT施行し、大腿ヘルニアの術前診断は41例(CT正診率80%)だった。嵌頓群は37例(71%)で、イレウス症状は20例(嵌頓群の54%)で認め、全例緊急手術を要した。ヘルニア内容は小腸27例(73%)が最も多かった。腸切除は16例(43%)で施行した。発症から手術までの経過時間は、切除群と非切除群で平均値は同等で有意差を認めなかった(P=0.621)。後壁補強はMcVay法が37例(95%)で施行され、非嵌頓群では各種メッシュ法が53%で選択されていた。術後合併症は嵌頓群で有意に多かったが、腸切除の有無では有意差を認めなかった。腸切除を避けるためには、早期診断・治療が必要であり、発症からできるだけ早いタイミングでの介入が有効と考えられた。(著者抄録)
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 114 (臨増2) 858 - 858 0301-4894 2013/03
  • 大腿ヘルニア緊急手術症例の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 33 (2) 402 - 402 1340-2242 2013/02
  • 遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 兼田 裕司, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和
    胆と膵 医学図書出版(株) 34 (1) 69 - 73 0388-9408 2013/01 
    胆膵領域の診断に用いられる画像診断装置の進歩は著しい。これら画像診断装置から得られる高精細の情報を、系統的に活用する手法の開発が必要である。われわれは、画像情報を処理することによるvirtual 3D model(仮想三次元モデル)を作成した。さらに、産業界で用いられる3次元プリンタのrapid prototyping法によりreal 3D model(実体3次元モデル)を作成する手法を開発した。本手法により患者の個人情報を直接反映した臓器モデルが作成可能である。Virtual 3D modelは、コンピューター上での加工、処理が容易である。Real 3D modelは直接の大きさの把握や曲面の理解などに寄与する。デジタルとアナログの組み合わせにより、より詳細な理解や情報共有が得られる。今後は臨床のみならず、教育や患者コミュニケーションツールとしての活用も期待される。(著者抄録)
  • 太田 学, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 小泉 大, 遠藤 和洋, 石黒 保直, 眞田 幸弘, 佐田 尚宏, 安田 是和
    小切開・鏡視外科学会雑誌 (NPO)小切開・鏡視外科学会 3 (1) 45 - 45 2185-2820 2012/11
  • 膵切除後の合併症とドレーン排液アミラーゼ量の検討
    森 和亮, 遠藤 和洋, 田口 昌延, 森嶋 計, 兼田 裕司, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 73 (増刊) 842 - 842 1345-2843 2012/10
  • 胃全摘術後25年にY脚に生じた小腸癌による腸重積の1例
    目黒 由行, 遠藤 和洋, 瑞木 亨, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 73 (増刊) 849 - 849 1345-2843 2012/10
  • 当院にて治癒切除施行した原発性十二指腸水平部癌の3例
    青木 裕一, 佐久間 康成, 安田 是和, 佐田 尚宏, 清水 敦, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 石黒 保直, 眞田 幸弘
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 73 (増刊) 702 - 702 1345-2843 2012/10
  • 膵腫瘍手術におけるソナゾイド術中造影超音波検査の有用性
    小泉 大, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 73 (増刊) 766 - 766 1345-2843 2012/10
  • 顕微鏡的に多数の腫瘍結節を有する多発性肝血管筋脂肪腫の1例
    眞田 幸弘, 佐久間 康成, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 73 (増刊) 839 - 839 1345-2843 2012/10
  • 3次元可視化技術を用いた3D virtual model、3D real modelの臨床活用
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 67回 1 - 1 2012/07
  • 当院で行った80歳以上の高齢者に対する幽門輪温存膵頭十二指腸切除術12例の検討
    田口 昌延, 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 志村 国彦, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 67回 3 - 3 2012/07
  • 胆道嚢胞性疾患の診断と外科治療 腫瘍性嚢胞ならびに鑑別を要する非腫瘍性嚢胞
    清水 敦, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 田口 昌延, 森嶋 計, 俵藤 正信, 藤原 岳人, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 67回 2 - 2 2012/07
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 小泉 大, 田口 昌延, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 清水 敦, 福嶋 敬宜, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 27 (3) 307 - 307 0913-0071 2012/05
  • 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 27 (3) 356 - 356 0913-0071 2012/05
  • 兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 27 (3) 389 - 389 0913-0071 2012/05
  • 黒河内 顕, 佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 小泉 大, 笹沼 英紀, 安田 是和
    膵臓 (一社)日本膵臓学会 27 (3) 494 - 494 0913-0071 2012/05
  • 肝細胞癌と鑑別を要した肝血管筋脂肪腫の一切除例
    田口 昌延, 俵藤 正信, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 小泉 大, 藤原 岳人, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 24回 412 - 412 2012/05
  • Stage I膵癌切除症例に関する検討
    兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 24回 507 - 507 2012/05
  • 松本 志郎, 佐田 尚宏, 伊藤 誉, 森本 光昭, 遠藤 和洋, 小泉 大, 安田 是和, 福嶋 敬宜
    膵臓 日本膵臓学会 27 (3) 431 - 431 0913-0071 2012/05
  • 肝胆道シンチグラフィにより描出しえた胆道気管支瘻の1例
    清水 敦, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 遠藤 和洋, 田口 昌延, 眞田 幸弘, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 志村 国彦, 兼田 裕司, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 24回 500 - 500 2012/05
  • 【胆道・膵のドレナージとステント】経皮的膵嚢胞ドレナージ
    佐田 尚宏, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 27 (4) 461 - 464 0911-601X 2012/03 
    ドレナージが必要な膵嚢胞は径の大きな有症状膵仮性嚢胞に限られる.急性膵炎後の膵仮性嚢胞に対する経皮的ドレナージは根治的治療とはなり難いが,全身状態不良例,嚢胞壁の脆弱例に対する感染コントロールのために行う適応はある.慢性膵炎の急性増悪による膵仮性嚢胞は内視鏡的ドレナージ,外科的内瘻造設術の良い適応であり,経皮的ドレナージの適応はごく限られる.経皮的ドレナージはUSガイド下,CTガイド下に行われ,もっとも問題となる合併症は難治性の膵液瘻形成で,追加治療の可能性を常に念頭におく必要がある.膵嚢胞に対する経皮的ドレナージの適応になる症例は限られているが,その手技について習熟することは重要である.(著者抄録)
  • 遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 113 (臨増2) 350 - 350 0301-4894 2012/03
  • 佐田 尚宏, 小泉 大, 志村 国彦, 兼田 裕司, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 藤原 岳人, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 113 (臨増2) 456 - 456 0301-4894 2012/03
  • 清水 敦, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 藤原 岳人, 遠藤 和洋, 三木 厚, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 小泉 大, 兼田 裕司, 山下 圭輔, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 113 (臨増2) 547 - 547 0301-4894 2012/03
  • 歌野 健一, 冨樫 一智, 木島 茂喜, 佐々木 崇洋, 遠藤 和洋, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 杉本 英治
    胃と腸 (株)医学書院 47 (1) 46 - 54 0536-2180 2012/01 
    大腸癌の予後および治療法の選択は深達度と密接に関係している.CT colonographyでは,MDCTの技術革新に伴って,短時間で仮想内視鏡像や仮想注腸像,MPR像といった様々なpost processing imageの作成が可能となった.一方,大腸内視鏡や注腸造影検査においては,これまでに培われたそれぞれの診断基準が存在する.CT colonographyにおける大腸癌の深達度診断においては,得られた様々なpost processing imageに,従来のモダリティで培われた診断基準を用いて,総合的に診断することで的確な深達度診断が可能と考える.(著者抄録)
  • 当科における幽門輪温存膵頭十二指腸の前壁切開膵胃吻合法の工夫
    佐田 尚宏, 小泉 大, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 志村 国彦, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 72 (増刊) 486 - 486 1345-2843 2011/10
  • 肝胆膵領域における手術シミュレーション 3D-virtualおよび3D-real modelによる肝胆膵手術simulationおよびnavigationの試み
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 小泉 大, 藤原 岳人, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 72 (増刊) 327 - 327 1345-2843 2011/10
  • 堀江 久永, 冨樫 一智, 歌野 健一, 遠藤 和洋, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    臨床画像 (株)メジカルビュー社 26 (8) 930 - 933 0911-1069 2010/08
  • Kazuhiro Endo, Kenichi Utano, Kazutomo Togashi, Tomonori Yano, Alan T Lefor, Hironori Yamamoto, Yoshikazu Yasuda, Hideharu Sugimoto
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 22 (3) 205 - 10 2010/07 
    BACKGROUND: There are no studies to date using air as an enteral contrast medium for small bowel expansion in virtual enteroscopy. We examine the feasibility of air as an enteral contrast medium for virtual enteroscopy to achieve small bowel expansion. PATIENTS AND METHODS: Two volunteers and six patients were examined. The six patients included three with small bowel tumors, one with small bowel hemorrhage and two with suspected cases of post-operative small bowel stenosis. A duodenal tube was inserted under fluoroscopy and approximately 2000 ml air was administered prior to scanning. A 16-detector row computed tomography apparatus was used with 2-mm thick slices. Intravenous contrast material was administered to the patients, but not to the volunteers. Computed tomography scanning was performed two to three times until the air reached the colon. Two examiners reconstructed multi-planar reformation, volume rendering and virtual endoscopy. These images were compared with double balloon enteroscopic findings and/or resected specimens. RESULTS: There were no complications associated with this examination. In the volunteers the difference between the circular folds of the jejunum and those of the ileum was clearly visualized on virtual endoscopy. Angiodysplasia (9 mm), gastrointestinal stromal tumor (15 mm) and arteriovenous malformation were clearly detected by virtual endoscopy. In contrast, one tumor could not be detected because of inadequate intestinal distension. In the two suspected cases of the stenosis, the lesion was not identified because stenotic lesions were not differentiated from normal peristalsis of the small bowel. CONCLUSIONS: Air is a feasible enteral contrast material for virtual enteroscopy.
  • Takeshi Ohdaira, Kazuhiro Endo, Nozomi Abe, Yoshikazu Yasuda
    Surgical endoscopy 24 (1) 198 - 209 2010/01 
    BACKGROUND: In natural orifice transluminal endoscopic surgery (NOTES), the endoscope has the disadvantages of an unstable visual field and wide blind space. We developed a compact charge-coupled device (CCD) camera unit that can be transgastrointestinally placed in the abdominal cavity. METHODS: The requisites for a wireless CCD camera unit for use in NOTES have been cited as: monitoring performance, fixation to the abdominal wall, attitude control, and antifogging functionality. Models to meet these requisites were prepared to assess their performance. The monitor had a CCD with dimensions of 7 x 7 x 7 mm and resolution of 410,000 pixels. The unit had a structure that allowed its attachment to the endoscope apex when placed to the abdominal wall. The abdominal wall fixation unit was equipped with a pantograph-type needle structure that was easily activated and retained by changing the polarity of an electromagnetic force. The pantograph-type needle head was designed to rotate by 360 degrees as an attitude-control mechanism, and both the pantograph and attitude-control mechanisms enabled attitude control in horizontal and vertical directions by a magnetic force applied from outside the body. Fogging was prevented by a vibration mechanism that physically cleaned the CCD lens surface and by titanium dioxide coating of the lens surface. RESULTS: The CCD camera unit was confirmed to have sufficient performance as an auxiliary monitor for endoscopy in terms of visual field and resolution. The pantograph-type needle structure successfully completed fixation of the CCD camera unit to the abdominal wall. Unit attitude was easily controlled, and fogging could be addressed by water supply before insertion of the CCD camera unit into the peritoneal cavity. CONCLUSIONS: The wireless CCD camera unit was verified to function as an effective second eye in NOTES by using the described mechanisms and antifogging coating.
  • 肝内胆管癌との鑑別が困難であった胆管炎、胆管周囲炎の1切除例
    田口 昌延, 俵藤 正信, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 21回 363 - 363 2009/06
  • virtual endoscopyの役割と今後 大腸癌術前検査としてのCT colonography、注腸造影検査は必要か?
    遠藤 和洋, 歌野 健一, 冨樫 一智
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 51 (Suppl.1) 675 - 675 0387-1207 2009/04
  • 側方発育型大腸腫瘍(LST)はCT colonographyで描出可能か?
    歌野 健一, 冨樫 一智, 遠藤 和洋, 宮田 知彦, 山本 博徳, 杉本 英治
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 106 (臨増総会) A268 - A268 0446-6586 2009/03
  • 閉塞性大腸癌にたいする術前CT colonographyの有用性
    佐藤 陽介, 遠藤 和洋, 富樫 一智, 木島 茂喜, 木村 有喜男, 歌野 健一, 小林 茂, 杉本 英治
    日本医学放射線学会学術集会抄録集 (公社)日本医学放射線学会 68回 S236 - S236 0048-0428 2009/02
  • 直腸癌の術前リンパ節転移の検討
    木島 茂喜, 歌野 健一, 杉本 英治, 富樫 一智, 遠藤 和洋, 堀江 久永
    日本医学放射線学会学術集会抄録集 (公社)日本医学放射線学会 68回 S356 - S356 0048-0428 2009/02
  • Kazuhiro Endo, Naohiro Sata, Kunihiko Shimura, Yoshikazu Yasuda
    JOP : Journal of the pancreas 10 (1) 59 - 63 2009/01 
    CONTEXT: Although rare, a pancreatic arteriovenous malformation can have serious consequences. A diagnosis of arteriovenous malformation requires evidence of aberrant communication between the arterial and the venous systems. This report describes a case where the use of multi-detector row CT and specific post-processing methods provided a diagnosis of arteriovenous malformation. This minimally invasive diagnostic approach resulted in a clear, precise and comprehensive visual representation of the pancreatic arteriovenous malformation. CASE REPORT: A 60-year-old man with right hypochondriac pain presented with a mass in the head of the pancreas. The hypochondriac pain resolved spontaneously and physical examination revealed no abnormal findings. A multi-detector row CT study was performed. The data obtained in the arterial phase demonstrated a high-contrast mass in the head of the pancreas and early enhancement of the portal vein. A maximum intensity projection method clarified the aberrant vascular communication. Changes in Hounsfield numbers were observed using a multi-planar reformation method. A volume-rendering method was used to create a 3D model which demonstrated the spatial relationship between the aberrant vascular communication and the surrounding tissue. An annual follow-up study using this technique showed no significant alteration. CONCLUSIONS: Multi-detector row CT with specific post-processing methods is a useful diagnostic tool for pancreatic arteriovenous malformation.
  • Takeshi Ohdaira, Kazuhiro Endo, Nozomi Abe, Yoshikazu Yasuda
    Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery 16 (3) 274 - 82 2009 
    BACKGROUND/PURPOSE: We tried to determine whether the customization of an X-TRACT Tissue Morcellator could avoid the laceration-induced distension of surgical incisions/openings when transintestinally removing resected liver tissue from the body, when the greatest dimension of the tissue exceeded the dimension of the opening. METHODS: Pigs were used to examine changes in the caliber and shape of surgical incisions made with a conventional hook knife and insulation-tipped diathermic (IT) knife for electrodissection in endoscopy, and to examine changes in circular incision made with a customized X-TRACT Tissue Morcellator. The ENDO CATCH II device was used to remove tissue. RESULTS: Laceration occurred in the "roundness-lost portion" of the surgical incisions made with the hook knife, thus confirming the greatest dimension of the distended incisions and the occurrence of an irregular laceration. In the circular incision that were made with the customized X-TRACT Tissue Morcellator, by contrast, the removal of resected liver tissue whose greatest dimension was fivefold greater than that of the surgical openings did not increase the caliber of the openings. The shape of the openings remained round, and no laceration was observed. CONCLUSIONS: The use of the customized X-TRACT Tissue Morcellator with an electrifiable round cutter allowed the performance of transintestinal hepatectomy and the removal of a solid organ through surgical openings that had been made in the gastrointestinal wall.
  • 消化器癌早期発見の最新の工夫と治療戦略
    細谷 好則, 瑞木 亨, 俵藤 正信, 山本 徳博, 冨樫 一智, 遠藤 和洋, 堀江 久永, 仁平 芳人, 佐田 尚宏, 永井 秀雄, 安田 是和
    栃木県医学会々誌 栃木県医学会 38 93 - 98 0285-6387 2008/10
  • Kenichi Utano, Kazuhiro Endo, Kazutomo Togashi, Junichi Sasaki, Hiroshi J Kawamura, Hisanaga Horie, Yosikazu Nakamura, Fumio Konishi, Hideharu Sugimoto
    Diseases of the colon and rectum 51 (6) 875 - 81 2008/06 
    PURPOSE: This study was designed to estimate the accuracy of CT colonography for the assessment of T stage in colorectal cancer. METHODS: CT colonograms obtained from 246 lesions were reviewed by 3 investigators. Intestinal wall deformity on shaded-surface display and rough appearance around the intestine were studied to assess their relations to T stage. Intestinal wall deformity was classified into arc type, trapezoid type, and apple-core type, defined as a trapezoidal wall deformity involving > or = 50 percent of the circumference of the lumen. RESULTS: As for intestinal wall deformity, the rate of arc type was higher in Tis/T1 than in T2 (74 percent: 17/23 vs. 24 percent: 8/34, P < 0.0001); the rate of trapezoid type was 17 percent (4/23) in Tis/T1, 59 percent (20/34) in T2, and 15 percent (28/189) in T3/T4 (Tis/T1 vs.T2, P < 0.0001; T2 vs. T3/T4, P < 0.0001); and the rate of apple-core type was lower in T2 than in T3/T4 (18 percent: 6/34 vs. 81 percent: 154/189, P < 0.0001). Arc type, trapezoid type, and apple-core type were primarily associated with T1, T2, and T3/T4, respectively. When these criteria were used, the overall accuracy for T stage was 79 percent. Rough appearance was specific for T3/T4, but insensitive. CONCLUSIONS: CT colonography can provide important information for the preoperative assessment of T stage in colorectal cancer.
  • 田中 宏幸, 冨樫 一智, 遠藤 和洋, 栗田 真紀子, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 歌野 健一
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 109 (臨増2) 555 - 555 0301-4894 2008/04
  • 【CT colonography】CT colonographyによる大腸腫瘍性病変の診断 大腸癌の深達度診断
    歌野 健一, 冨樫 一智, 遠藤 和洋, 木村 有喜男, 小林 茂, 杉本 英治
    早期大腸癌 (株)日本メディカルセンター 12 (2) 205 - 210 1343-2443 2008/03
  • CT enema像による術前大腸癌の深達度診断およびリンパ節転移診断の有用性
    歌野 健一, 遠藤 和洋, 冨樫 一智, 木村 有喜男, 大竹 悠子, 赤羽 佳子, 小林 茂, 杉本 英治
    日本医学放射線学会学術集会抄録集 (公社)日本医学放射線学会 67回 S247 - S247 0048-0428 2008/02
  • 環周率を用いた直腸癌の深達度診断
    歌野 健一, 遠藤 和洋, 冨樫 一智, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 杉本 英治
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 104 (臨増大会) A664 - A664 0446-6586 2007/09
  • 空気をcontrast mediumとして用いたCT enterography
    遠藤 和洋, 歌野 健一, 冨樫 一智, 矢野 智則, 山本 博徳, 永井 秀雄
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 49 (Suppl.1) 864 - 864 0387-1207 2007/04
  • 空気をcontrast mediumとして用いた小腸3D-CTの試み
    歌野 健一, 遠藤 和洋, 冨樫 一智, 木村 有喜男, 大竹 悠子, 島田 和佳, 杉本 英治
    日本医学放射線学会学術集会抄録集 (公社)日本医学放射線学会 66回 S339 - S340 0048-0428 2007/02
  • Naohiro Sata, Akira Kurogochi, Kazuhiro Endo, Kunihiko Shimura, Masaru Koizumi, Hideo Nagai
    JOP : Journal of the pancreas 8 (1) 44 - 9 2007/01 
    CONTEXT: Primary pancreatic lymphoma is a rare form of extranodal lymphoma originating in the pancreas. The present report describes a case of follicular lymphoma of the pancreas with unique CT and MRI findings. CASE REPORT: A 58-year-old male complained of sudden abdominal pain, and routine ultrasonography detected an 8 cm hypoechoic tumor in the head of the pancreas. The 3D image generated using multi-cholangiography and virtual duodenography provided the information necessary for a laparotomy. The tumor was enucleated for diagnosis. Follicular lymphoma is quite rare in the pancreas and gastrointestinal tract. A considerable number of pancreatic lymphoma subtypes have been reported. The expression "pancreatic lymphoma" has been used to describe both primary lymphoid neoplasms originating in the pancreatic parenchyma and tumors invading from a peri-pancreatic lymphadenopathy. The present case belongs to the latter, which might explain the unique imaging findings and histological type. These subtypes display different imaging findings and different clinical characteristics. In the future, primary pancreatic lymphoma should be discussed separately depending on the subtype. CONCLUSION: We propose a new subtype of primary pancreatic lymphoma. Multi-cholangiography and virtual duodenography provided the information necessary for a laparotomy in the present case. Enucleation is indicated for benign and low-grade malignant tumors of the pancreas, even if the tumor is located in the head of the pancreas.
  • CT colonographyによる大腸癌の存在診断と深達度診断(続報)
    歌野 健一, 冨樫 一智, 遠藤 和洋, 佐々木 純一, 河村 裕, 堀江 久永, 永井 秀雄, 小西 文雄
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 103 (臨増大会) A888 - A888 0446-6586 2006/09
  • CT colonographyによる大腸癌の進展度診断
    遠藤 和洋, 冨樫 一智, 歌野 健一, 堀江 久永, 小島 正幸, 岡田 真樹, 佐々木 純一, 岡田 晋一郎, 河村 裕, 杉本 英治, 永井 秀雄, 小西 文雄
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 59 (7) 408 - 408 0047-1801 2006/07
  • CT colonographyによる大腸癌の深達度診断
    歌野 健一, 冨樫 一智, 遠藤 和洋, 佐々木 純一, 河村 裕, 岡田 真樹, 永井 秀雄
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 103 (臨増総会) A211 - A211 0446-6586 2006/03

MISC

Awards & Honors

  • 2019/05 手術手技研究会 奨励研究賞
     高質感臓器モデルをもちいた、高難度手術手技習得にむけた教育カリキュラムの確立 
    受賞者: 遠藤和洋
  • 2010 膵臓病研究財団 奨励研究賞
     術前画像を用いたrapid prototypingによる臓器3次元モデルの作成 
    受賞者: 遠藤和洋


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.