Researchers Database

yano tomonori

    InternalMedicineGastroenterology Associate Professor
Contact: tomonorijichi.ac.jp
Last Updated :2021/12/04

Researcher Information

URL

J-Global ID

Research Interests

  • ナイセリア   消化管   消化器   小腸   ディフィシル菌   胃   細菌   構造   細菌叢   生理   ダブルバルーン内視鏡   ピロリ菌   

Research Areas

  • Life sciences / Gastroenterology

Academic & Professional Experience

  • 2009 - 2011  Jichi Medical UniversitySchool of Medicine助教

Published Papers

  • Tsevelnorov Khurelbaatar, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Yuichi Sagara, Ulzii Dashnyam, Satoshi Shinozaki, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 53 (7) 744 - 748 2021/07 
    BACKGROUND: To decrease the risk of bleeding or perforation, ischemic polypectomy is performed using a detachable snare or endoclip with double-balloon endoscopy (DBE) for small-bowel polyps in patients with Peutz - Jeghers syndrome. The aim of this study was to determine the effectiveness and feasibility of ischemic polypectomy. METHODS: We retrospectively reviewed patients who underwent two or more sessions of ischemic polypectomy using DBE from July 2004 to August 2017. RESULTS: 67 therapeutic DBEs were performed in nine patients during the study period and 352 polyps were treated. The median observation period was 34 months (range 12 - 66). There was a declining trend over time in the median number of polyps > 15 mm treated per patient first DBE session 6, second 2, third 1.5, fourth 0.5, fifth 0.5; P = 0.11, Friedman test). No patient required laparotomy due to intussusception during the study period. One patient developed mild acute pancreatitis after the procedure. CONCLUSIONS: Ischemic polypectomy was feasible for the control of small-bowel polyps in patients with Peutz - Jeghers syndrome.
  • Tomonori Yano, Takahito Takezawa, Kousei Hashimoto, Ayako Ohmori, Satoshi Shinozaki, Manabu Nagayama, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy international open 9 (7) E1123-E1127  2021/07
  • 小黒 邦彦, 矢野 智則, 永山 学, 坂本 博次, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 99 (Suppl.) s85 - s85 1348-9844 2021/06
  • 【消化管悪性リンパ腫のすべて】稀な消化管原発悪性リンパ腫 狭窄を伴う小腸濾胞性リンパ腫
    北村 昌史, 矢野 智則, 岡田 昌浩, 坂口 美織, 福嶋 敬宜, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 33 (5) 911 - 915 0915-3217 2021/05
  • Mariko Sekiya, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Shoko Miyahara, Manabu Nagayama, Yasutoshi Kobayashi, Satoshi Shinozaki, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 53 (5) 517 - 521 2021/05 
    BACKGROUND : Many patients with familial adenomatous polyposis (FAP) have adenomatous polyps of the duodenum and the jejunum. We aimed to elucidate the long-term outcomes after double-balloon endoscopy (DBE)-assisted endoscopic resection of duodenal and jejunal polyps in patients with FAP. METHODS : We retrospectively reviewed patients who underwent more than two sessions of endoscopic resection using DBE from August 2004 to July 2018. RESULTS : A total of 72 DBEs were performed in eight patients (median age 30 years, range 12-53; 1.4 DBE procedures/patient-year) during the study period, and 1237 polyps were resected. The median observation period was 77.5 months (range 8-167). There were 11 adverse events, including seven delayed bleeds and four episodes of acute pancreatitis. No delayed bleeding occurred after cold polypectomy. Although, in one patient, one endoscopically resected duodenal polyp was diagnosed as being intramucosal carcinoma, none of the patients developed an advanced duodenal or jejunal cancer during the study period. CONCLUSIONS : Endoscopic resection of duodenal and jejunal polyposis using DBE in patients with FAP can be performed safely, efficiently, and effectively.
  • クローン病に対するCAST hoodを用いたhigh qualityなダブルバルーン内視鏡
    永山 学, 矢野 智則, 関谷 万理子, 矢野 慶太郎, 北村 昌史, 小黒 邦彦, Dashnyam Ulzii, Khurelbaatar Tsevelnorov, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸検査学会雑誌 日本大腸検査学会 37 (2) 102 - 112 1344-1639 2021/04 
    慢性炎症性腸疾患の一つであるクローン病は主に小腸と大腸を侵す疾患であり、大腸内視鏡で到達困難な小腸にも病変が多い。バルーン小腸内視鏡は診断のみならず、狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術(endoscopic balloon dilation;EBD)を施行することができ、これにより外科的切除を回避もしくは遅らせることができる。CASThood(calibrated small-caliber-tip transparent hood)は腸管狭窄に対して開発されたバルーン内視鏡用フードで、狭窄内径の正確な測定が可能で、先端細径によるブジー効果や高い挿入効率が期待でき、効率的なEBDを可能にする。多数の小腸狭窄が存在する場合には連続的に多くの狭窄をEBDする必要があり、そのためには適切なデバイスとストラテジーを用いる必要がある。日本を含む東アジア諸国ではクローン病の症例は増加しており、小腸内視鏡の必要性はさらに高まると思われる。(著者抄録)
  • 苦痛のない大腸検査の工夫 ゴム栓を併用したwater exchange法による大腸内視鏡検査
    小黒 邦彦, 矢野 智則, 関谷 万理子, 北村 昌史, 宮原 晶子, 永山 学, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸検査学会雑誌 日本大腸検査学会 37 (2) 116 - 116 1344-1639 2021/04
  • IBD診療における内視鏡の役割 クローン病に対するCAST hoodを用いたhigh quality内視鏡
    永山 学, 矢野 智則, 関谷 万理子, 小黒 邦彦, 北村 昌史, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸検査学会雑誌 日本大腸検査学会 37 (2) 118 - 118 1344-1639 2021/04
  • 矢野 智則, 永山 学, 坂本 博次, 北村 昌史, 小黒 邦彦, 宮原 晶子, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 33 (4) 728 - 733 0915-3217 2021/04
  • Peutz-Jeghers症候群に対するダブルバルーン内視鏡、カプセル内視鏡とCT enterographyを用いた治療戦略
    小黒 邦彦, 矢野 智則, Khurelbaatar Tsevelnorov, Dashnyam Ulzii, 関谷 万理子, 北村 昌史, 宮原 晶子, 永山 学, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本消化管学会雑誌 (一社)日本消化管学会 5 (Suppl.) 130 - 130 2433-3840 2021/01
  • 小黒 邦彦, 坂本 博次, 北村 昌史, 永山 学, 矢野 智則
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 98 (Suppl.) s85 - s85 1348-9844 2020/12
  • Manabu Nagayama, Tomonori Yano, Koji Atarashi, Takeshi Tanoue, Mariko Sekiya, Yasutoshi Kobayashi, Hirotsugu Sakamoto, Kouichi Miura, Keijiro Sunada, Takaaki Kawaguchi, Satoru Morita, Kayoko Sugita, Seiko Narushima, Nicolas Barnich, Jun Isayama, Yuko Kiridooshi, Atsushi Shiota, Wataru Suda, Masahira Hattori, Hironori Yamamoto, Kenya Honda
    Gut microbes 12 (1) 1788898 - 1788898 2020/11 
    Dysbiotic microbiota contributes to the pathogenesis of Crohn's disease (CD) by regulating the immune system. Although pro-inflammatory microbes are probably enriched in the small intestinal (SI) mucosa, most studies have focused on fecal microbiota. This study aimed to examine jejunal and ileal mucosal specimens from patients with CD via double-balloon enteroscopy. Comparative microbiome analysis revealed that the microbiota composition of CD SI mucosa differs from that of non-CD controls, with an increased population of several families, including Enterobacteriaceae, Ruminococcaceae, and Bacteroidaceae. Upon anaerobic culturing of the CD SI mucosa, 80 bacterial strains were isolated, from which 9 strains representing 9 distinct species (Escherichia coli, Ruminococcus gnavus, Klebsiella pneumoniae, Erysipelatoclostridium ramosum, Bacteroides dorei, B. fragilis, B. uniformis, Parabacteroides distasonis, and Streptococcus pasteurianus) were selected on the basis of their significant association with CD. The colonization of germ-free (GF) mice with the 9 strains enhanced the accumulation of TH1 cells and, to a lesser extent, TH17 cells in the intestine, among which an E. coli strain displayed high potential to induce TH1 cells and intestinal inflammation in a strain-specific manner. The present results indicate that the CD SI mucosa harbors unique pro-inflammatory microbiota, including TH1 cell-inducing E. coli, which could be a potential therapeutic target.
  • 基礎から臨床へ:栄養、腸内細菌 クローン病の小腸細菌叢解析から同定されたクローン病関連大腸菌は腸炎誘導能を有する
    永山 学, 矢野 智則, 関谷 万理子, 坂本 博次, 三浦 光一, 砂田 圭二郎, 河口 貴昭, 森田 覚, 本田 賢也, 山本 博徳
    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集 日本小腸学会 58回 33 - 33 2434-2912 2020/10
  • 矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 宮原 晶子, 小黒 邦彦, 北村 昌史, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Intestine (株)日本メディカルセンター 24 (3) 208 - 212 1883-2342 2020/08 
    <文献概要>キャストフードは,狭窄の内径を計測可能とする目盛りが側面に刻まれた先端細径フードである.これを使用することで,無送気でも視野確保が容易で,適切なサイズの拡張用バルーンを選択でき,ガイドワイヤの挿入も容易となり,バルーン拡張後のスコープ通過も容易となる.無送気での腸間膜付着側の病変観察も,透明なフード側面を透して容易に可能であり,有用である.
  • 砂田 圭二郎, Khurelbaatal Tsevelnorov, 坂本 博次, 矢野 智則, 山本 博徳
    Intestine (株)日本メディカルセンター 24 (3) 244 - 247 1883-2342 2020/08 
    <文献概要>クローン病小腸狭窄性病変に対する内視鏡的バルーン拡張術(EBD)は,腸管を温存する有効な方法として,バルーン内視鏡の普及とともに徐々に広がりを見せている.EBD中およびEBD後の出血は,頻度が低いものの報告されている.予防のためには,狭窄部に深い潰瘍が存在する場合などのEBD除外基準を正しく守ることが必要である.出血を認めた際には,自然止血も期待できるが,持続する場合は内視鏡下のクリップ留置など止血術を考慮する必要がある.
  • 矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 宮原 晶子, 小黒 邦彦, 北村 昌史, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Intestine (株)日本メディカルセンター 24 (3) 208 - 212 1883-2342 2020/08 
    <文献概要>キャストフードは,狭窄の内径を計測可能とする目盛りが側面に刻まれた先端細径フードである.これを使用することで,無送気でも視野確保が容易で,適切なサイズの拡張用バルーンを選択でき,ガイドワイヤの挿入も容易となり,バルーン拡張後のスコープ通過も容易となる.無送気での腸間膜付着側の病変観察も,透明なフード側面を透して容易に可能であり,有用である.
  • 砂田 圭二郎, Khurelbaatal Tsevelnorov, 坂本 博次, 矢野 智則, 山本 博徳
    Intestine (株)日本メディカルセンター 24 (3) 244 - 247 1883-2342 2020/08 
    <文献概要>クローン病小腸狭窄性病変に対する内視鏡的バルーン拡張術(EBD)は,腸管を温存する有効な方法として,バルーン内視鏡の普及とともに徐々に広がりを見せている.EBD中およびEBD後の出血は,頻度が低いものの報告されている.予防のためには,狭窄部に深い潰瘍が存在する場合などのEBD除外基準を正しく守ることが必要である.出血を認めた際には,自然止血も期待できるが,持続する場合は内視鏡下のクリップ留置など止血術を考慮する必要がある.
  • 小黒 邦彦, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 32 (7) 965 - 970 0915-3217 2020/07 
    十二指腸水平部・上行部の内視鏡観察は、バルーン内視鏡(BAE)やカプセル内視鏡(CE)の開発によって、容易に行えるようになった。BAE、CEを用いなくても従来の上部消化管内視鏡で十二指腸水平部・上行部を観察することは可能であるが、それぞれの特徴をふまえ、目的や部位に応じて適切に検査の選択をする必要性がある。十二指腸は他の臓器に比較すると疾患の頻度が低く、水平部・上行部においては特に低いが、腫瘍性病変から非腫瘍性病変まで多彩な病変がみられる。近年十二指腸病変の症例数は徐々に増えてきていることから、スクリーニングでも、可能なかぎりこの部位も観察すべきである。特に留意すべき疾患として、十二指腸腺腫・癌、悪性リンパ腫、GIST(消化管間質腫瘍)、また全身疾患に伴う病変などがあげられる。十二指腸水平部・上行部の観察はルーチンでは行われないため、進行例で発見されることも多い。この部位をどう観察計断すべきであるか検討するため、今後さらに症例を集積する必要がある。(著者抄録)
  • 【十二指腸はこう診る】十二指腸への内視鏡挿入と観察の実際 十二指腸水平部・上行部の観察と診断
    小黒 邦彦, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 32 (7) 965 - 970 0915-3217 2020/07 
    十二指腸水平部・上行部の内視鏡観察は、バルーン内視鏡(BAE)やカプセル内視鏡(CE)の開発によって、容易に行えるようになった。BAE、CEを用いなくても従来の上部消化管内視鏡で十二指腸水平部・上行部を観察することは可能であるが、それぞれの特徴をふまえ、目的や部位に応じて適切に検査の選択をする必要性がある。十二指腸は他の臓器に比較すると疾患の頻度が低く、水平部・上行部においては特に低いが、腫瘍性病変から非腫瘍性病変まで多彩な病変がみられる。近年十二指腸病変の症例数は徐々に増えてきていることから、スクリーニングでも、可能なかぎりこの部位も観察すべきである。特に留意すべき疾患として、十二指腸腺腫・癌、悪性リンパ腫、GIST(消化管間質腫瘍)、また全身疾患に伴う病変などがあげられる。十二指腸水平部・上行部の観察はルーチンでは行われないため、進行例で発見されることも多い。この部位をどう観察計断すべきであるか検討するため、今後さらに症例を集積する必要がある。(著者抄録)
  • 小黒 邦彦, 矢野 智則, 宮原 晶子, 坂本 博次, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 97 (Suppl.) s81 - s81 1348-9844 2020/05
  • 宮原 晶子, 矢野 智則, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 97 (Suppl.) s91 - s91 1348-9844 2020/05
  • フレルバータルツェベルノロフ, 小林 泰俊, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 木原 淳, 仁木 利郎, 新井 由季, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 97 (Suppl.) s128 - s128 1348-9844 2020/05
  • 小林 泰俊, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本臨床 (株)日本臨床社 別冊 (消化管症候群III) 366 - 371 0047-1852 2020/04
  • 小腸腫瘍の診療の実際:診断から内視鏡治療、手術治療、化学療法まで 小腸GISTの診断におけるDynamic CTの有用性
    北村 昌史, 矢野 智則, 小林 泰俊, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本消化管学会雑誌 (一社)日本消化管学会 4 (Suppl.) 229 - 229 2433-3840 2020/01
  • Shogo Magome, Hirotsugu Sakamoto, Satoshi Shinozaki, Masahiro Okada, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical endoscopy 53 (1) 101 - 105 2020/01 [Refereed][Not invited]
  • 三輪田 哲郎, 矢野 智則, 小林 泰俊, 坂本 博次, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 96 (Suppl.) s75 - s75 1348-9844 2019/12
  • 胸腺腫を合併した自己免疫性腸炎による難治性下痢症が疑われた1例
    澁谷 優子, 小林 泰俊, 坂本 博次, 大森 彩子, 高橋 治夫, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 日本消化器病学会-関東支部 357回 45 - 45 2019/12
  • 櫻井 祐輔, 坂本 博次, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 95 (1) 72 - 74 1348-9844 2019/12 
    21歳男。発熱、腹痛を主訴とした。4ヵ月前より続く食思不振と腹痛、1ヵ月前より続く発熱にて近医を受診し、下部消化管内視鏡で回盲部中心に高度狭窄を伴う潰瘍を認めた。経肛門的ダブルバルーン内視鏡では回盲部に潰瘍を伴う開口部2ヵ所を認め、一方は約10cmの狭窄、もう一方は回腸末端に繋がる内瘻形成を伴っており、上行結腸粘膜からの生検で非乾酪性類上皮肉芽腫を認めた。疑診に該当するものの中等症のCrohn病として治療を開始し、栄養療法と生物学的製剤の併用により全身状態は安定していた。また、内視鏡的バルーン拡張術(EBD)を繰り返すことで腸閉塞症状なく狭窄部の粘膜治癒と内瘻閉鎖が得られ、初診から18ヵ月後には15mmまで拡張してスコープ通過可能なまでに改善した。以後腸閉塞所見なく寛解を維持しており、初回EBDから30ヵ月間手術を回避できている。
  • ダブルバルーン内視鏡にて診断した盲係蹄症候群の長期経過に関する検討
    上野 貴, 坂本 博次, 矢野 智則, 櫻井 祐輔, 関谷 万理子, 宮原 晶子, 小林 泰俊, Khurelbaatar Tsevelnorov, Dashyam Ulzii, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集 日本小腸学会 57回 47 - 47 2434-2912 2019/11
  • 北村 昌史, 矢野 智則, 所 晋之助, 小林 泰俊, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 松原 大祐
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 116 (臨増大会) A764 - A764 0446-6586 2019/11
  • 眞田 幸弘, 佐久間 康成, 大西 康晴, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 宮原 豪, 片野 匠, 大豆生田 尚彦, 横山 健介, 矢野 智則, 山本 博徳, 佐田 尚宏
    胆道 日本胆道学会 33 (3) 604 - 604 0914-0077 2019/10
  • Masahiro Okada, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Tomonori Yano, Satoshi Shinozaki, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical journal of gastroenterology 12 (4) 320 - 324 1865-7257 2019/08 [Refereed][Not invited]
     
    A 67-year-old woman presented with symptoms of bowel obstruction. Radiographic and ultrasonographic findings suggested colo-colonic intussusception caused by a colonic lipoma. Colonoscopy with an endoscope tip balloon was performed for reduction. The intussusception was partially reduced by injecting dilute contrast media with a wedged inflated balloon at the endoscope tip. For definitive treatment of the polyp, ischemia was induced using a detachable snare. The abdominal pain well improved after endoscopic treatment. However, ultrasonography suggested a residual lesion. Another detachable snare was applied to the stalk on day 6. A large amount of dark-red necrotic tissue was passed per anus the following day. One month later, complete scarring of the site was confirmed colonoscopically. This is the first report of curative endoscopic treatment of an intussusception due to a giant colonic lipoma with detachable snares after the reduction with a wedged balloon of colonoscope tip.
  • A boy with duodenocolic fistula mimicking functional gastrointestinal disorder
    Okada Y, Yokoyama K, Yano T, Kumagai H, Morikawa T, Kobayashi Y, Imagawa T, Yamagata T
    Clin J Gastroenterol https://doi.org/10.1007/s12328  2019/04 [Refereed][Not invited]
  • Miura Y, Yano T, Takezawa T, Sakamoto H, Osawa H, Lefor AK, Yamamoto H
    Endoscopy 50 (10) E294 - E295 0013-726X 2018/10 [Refereed][Not invited]
  • IBD治療における内科・外科・肛門科の連携 クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 本間 祐子, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 71 (抄録号) A37 - A37 0047-1801 2018/09
  • Yano T, Shinozaki S, Yamamoto H
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 30 (5) 677  0915-5635 2018/09 [Refereed][Not invited]
  • Iida M, Sakamoto H, Miura Y, Yano T, Hayashi Y, Lefor AK, Yamamoto H
    Endoscopy 50 (9) 931 - 932 0013-726X 2018/09 [Refereed][Not invited]
  • Yamashina T, Hayashi Y, Sakamoto H, Yano T, Miura Y, Shinozaki S, Sunada K, Kawarai Lefor A, Yamamoto H
    Endoscopy 50 (8) 800 - 808 0013-726X 2018/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Colorectal endoscopic submucosal dissection (ESD) can be technically difficult in some situations, such as paradoxical movement of the proximal colon. The double-balloon endoscope provides stable endoscopic maneuvering, even in the small intestine. The aim of this study was to assess the outcomes of balloon-assisted endoscopic submucosal dissection (BAESD) of colonoscopically difficult superficial proximal colon tumors. METHODS: We retrospectively reviewed the records of patients who underwent BAESD of superficial proximal colon tumors where colonoscopic difficulties were encountered, from January 2011 to September 2016. Difficulties were defined as a previous incomplete colonoscopy using a conventional colonoscope or unstable endoscopic maneuverability around the tumor with a conventional colonoscope. A propensity score model was used as a secondary analysis to compare outcomes of the BAESD group with those of a non-BAESD group.  RESULTS:  BAESD was performed on 63 tumors in 63 patients. En bloc resection was achieved for 62 tumors (98 %) and an R0 resection was achieved for 55 tumors (87 %). Propensity score matching analysis created 59 matched pairs from the BAESD and non-BAESD groups. There were no statistically significant differences between the two groups in en bloc resection (100 % vs. 100 %; P > 0.99), R0 resection (90 % vs. 93 %; P = 0.74), perforation (0 % vs. 2 %; P > 0.99) or postoperative bleeding (3 % vs. 0 %; P = 0.50). CONCLUSION: Balloon-assisted endoscopy achieved safe and reliable ESD of colonoscopically difficult superficial proximal colon tumors.
  • Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yasutoshi Kobayashi, Manabu Nagayama, Hiroko Tojo, Shoko Miyahara, Mariko Sekiya, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto
    Gastroenterological Endoscopy 60 (5) 1107 - 1115 0387-1207 2018/05 [Refereed][Not invited]
     
    Strictures of the small intestine are a significant complication in patients with Crohn’s disease. Their treatment remains a major challenge. Surgical resection cannot cure Crohn’s disease. Multiple resection of strictures may lead to short bowel syndrome. The development of balloon-assisted enteroscopy has enabled balloon dilation for strictures in the deep small bowel. Because balloon dilation can be repeatedly performed for recurrence of strictures, it may avoid or postpone the need for surgery. In this article, we introduce strategies and devices for endoscopic balloon dilation therapy for Crohn’s disease strictures.
  • Yukihiro Sanada, Tomonori Yano, Taizen Urahashi, Yoshiyuki Ihara, Noriki Okada, Naoya Yamada, Yuta Hirata, Takumi Katano, Hironori Yamamoto, Koichi Mizuta
    Liver Transplantation 24 (3) 436 - 439 1527-6473 2018/03 [Refereed][Not invited]
  • Takahito Takezawa, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto
    ENDOSCOPY 49 (10) E262 - E263 0013-726X 2017/10 [Refereed][Not invited]
  • Yuki Kawasaki, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Kenichi Oshiro, Mitsuaki Morimoto, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Case Reports in Gastroenterology 11 (3) 640 - 644 1662-0631 2017/09 [Refereed][Not invited]
     
    An 18-year-old man presented after undergoing multiple investigations for abdominal pain. Retrograde double-balloon enteroscopy showed a protruding red lesion in the ileum with small ulcers, approximately 75 cm proximal to the ileocecal valve, resulting in an intussusception. An inverted Meckel's diverticulum was strongly suspected. Pressure was applied to the protruding lesion using contrast medium injection after wedging the lumen with a balloon. The intussusception partially reduced, avoiding the need for emergent surgery. Endoscopic tattooing was performed to mark the lesion for subsequent resection. Elective laparoscopy-assisted surgery with minimum laparotomy revealed an inverted Meckel's diverticulum, which was resected.
  • Hironori Yamamoto, Haruhiko Ogata, Takayuki Matsumoto, Naoki Ohmiya, Kazuo Ohtsuka, Kenji Watanabe, Tomonori Yano, Toshiyuki Matsui, Kazuhide Higuchi, Tetsuya Nakamura, Kazuma Fujimoto
    DIGESTIVE ENDOSCOPY 29 (5) 519 - 546 0915-5635 2017/07 [Refereed][Not invited]
     
    Management of small bowel diseases has evolved since the advent of capsule endoscopy (CE) and balloon-assisted enteroscopy (BAE). One of the most common indications for enteroscopy is obscure gastrointestinal bleeding (OGIB), followed by small bowel stenosis, tumors, and inflammatory bowel disease. Although enteroscopes have been regarded as useful tools, correct guidelines are required to ensure that we manipulate these enteroscopes safely and efficiently in clinical practice. Herein, the Japanese Gastroenterological Endoscopy Society has developed Clinical Practice Guidelines for Enteroscopy' in collaboration with the Japanese Society of Gastroenterology, the Japanese Gastroenterological Association, and the Japanese Association for Capsule Endoscopy. These guidelines are based on the evidence available until now, but small bowel endoscopy is a relatively new technology, so the guidelines include recommendations based on a consensus reached among experts when the evidence has not been considered sufficient. These guidelines were not designed to be disease-based, but focus on how we should use small bowel CE and BAE in everyday clinical practice.
  • Yuka Kagaya, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Toshiro Niki, Hironori Yamamoto
    Clinical Journal of Gastroenterology 10 (3) 244 - 249 1865-7265 2017/06 [Refereed][Not invited]
     
    We describe a patient with Crohn’s disease (CD) concurrent with systemic lupus erythematosus (SLE). Continuous prednisolone and cyclosporine treatment resulted in no recurrent symptoms. However, diarrhea, vomiting, and fever occurred for approximately 3 months. A colonoscopy was then performed, which showed a discontinuous cobblestone appearance and longitudinal ulcers extending from the sigmoid colon to the descending colon and distal ileum. A biopsy revealed a noncaseating granulomatous lesion in the colonic mucosa. These findings led to a diagnosis of CD concurrent with SLE. We first attempted treatment with a full elemental diet, mesalazine, and azathioprine, in that order. However, as there was no improvement in inflammation, we started infliximab, a tumor necrosis factor-alpha inhibitor. Transanal double-balloon enteroscopy performed 4 months after starting infliximab showed mucosal healing, suggesting that infliximab was effective. There are few reports of treating patients with CD concurrent with SLE using a tumor necrosis factor-alpha inhibitor. We report our experience with a patient who had mucosal healing with infliximab and review the literature.
  • Keijiro Sunada, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES 62 (4) 979 - 983 0163-2116 2017/04 [Refereed][Not invited]
     
    Cecal intubation using conventional colonoscopy (CC) requires substantial training. We hypothesized that double-balloon colonoscopy (DBC) facilitates cecal intubation by endoscopy na < ve operators. The aim of this study is to evaluate the cecal intubation rate and learning curve of DBC compared with CC. Eighteen endoscopy na < ve medical students were allocated to two groups and attempted cecal intubation within 20 min using a colon simulator. In group A, CC was performed ten times and then DBC ten times. In group B, the reverse was carried out. We evaluated the cecal intubation rate and learning curve. The overall success rate for cecal intubation using DBC was significantly superior to CC [132/180 (73%) vs. 12/180 (7%), p < 0.001]. To evaluate the success rate overtime, we divided the ten repetitions of the procedure into three time periods: first (1-3), second (4-6), and third (7-10). The success rate using CC is < 20%, even during the third time period, in both groups, and one perforation occurred. The success rate using DBC is over 30% in the first period and increased to nearly 80% in the third period in both groups. Finally, we evaluated the time needed for cecal intubation using DBC. The mean cecal intubation time in the first period is 14 min and decreased to 11 min in the third period. DBC has a higher cecal intubation rate than CC performed by endoscopy naive medical students using a colon simulator in this randomized-controlled, cross-over study.
  • Tsukui Hidenori, Koinuma Koji, Morimoto Mitsuaki, Horie Hisanaga, Lefor Alan Kawrai, Kagaya Yuka, Takahashi Haruo, Yano Tomonori, Matsubara Daisuke, Yamamoto Hironori, Sata Naohiro
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32  1865-7257 2017/02 [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Tsukui Hidenori, Koinuma Koji, Morimoto Mitsuaki, Horie Hisanaga, Lefor Alan Kawrai, Kagaya Yuka, Takahashi Haruo, Yano Tomonori, Matsubara Daisuke, Yamamoto Hironori, Sata Naohiro
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32  1865-7257 2017/02 [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Hidenori Tsukui, Koji Koinuma, Mitsuaki Morimoto, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Yuka Kagaya, Haruo Takahashi, Tomonori Yano, Daisuke Matsubara, Hironori Yamamoto, Naohiro Sata
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32 - 36 1865-7265 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    We report the case of a patient with Crohn’s disease who initially presented with a ceco-urachal fistula. The patient was a 31-year-old female who underwent an appendectomy 6 years before presenting to our institution. She had a one-year history of diarrhea, and had recently developed polyuria and a sensation of residual urine. She was admitted with fever and lower abdominal pain. Endoscopy and computed tomography revealed a ceco-urachal fistula, which was consistent with Crohn’s disease. An urachal resection was performed, which included partial cystectomy and ileocecal resection. A ceco-urachal fistula is a rare initial symptom of Crohn’s disease. During the surgical management of such cases, it is necessary to resect the urachus, the affected portion of the bladder, the fistula, and the affected part of the digestive tract in order to avoid recurrence.
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Hidenori Tsukui, Koji Koinuma, Mitsuaki Morimoto, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Yuka Kagaya, Haruo Takahashi, Tomonori Yano, Daisuke Matsubara, Hironori Yamamoto, Naohiro Sata
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32 - 36 1865-7265 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    We report the case of a patient with Crohn’s disease who initially presented with a ceco-urachal fistula. The patient was a 31-year-old female who underwent an appendectomy 6 years before presenting to our institution. She had a one-year history of diarrhea, and had recently developed polyuria and a sensation of residual urine. She was admitted with fever and lower abdominal pain. Endoscopy and computed tomography revealed a ceco-urachal fistula, which was consistent with Crohn’s disease. An urachal resection was performed, which included partial cystectomy and ileocecal resection. A ceco-urachal fistula is a rare initial symptom of Crohn’s disease. During the surgical management of such cases, it is necessary to resect the urachus, the affected portion of the bladder, the fistula, and the affected part of the digestive tract in order to avoid recurrence.
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Hidenori Tsukui, Koji Koinuma, Mitsuaki Morimoto, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Yuka Kagaya, Haruo Takahashi, Tomonori Yano, Daisuke Matsubara, Hironori Yamamoto, Naohiro Sata
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32 - 36 1865-7265 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    We report the case of a patient with Crohn’s disease who initially presented with a ceco-urachal fistula. The patient was a 31-year-old female who underwent an appendectomy 6 years before presenting to our institution. She had a one-year history of diarrhea, and had recently developed polyuria and a sensation of residual urine. She was admitted with fever and lower abdominal pain. Endoscopy and computed tomography revealed a ceco-urachal fistula, which was consistent with Crohn’s disease. An urachal resection was performed, which included partial cystectomy and ileocecal resection. A ceco-urachal fistula is a rare initial symptom of Crohn’s disease. During the surgical management of such cases, it is necessary to resect the urachus, the affected portion of the bladder, the fistula, and the affected part of the digestive tract in order to avoid recurrence.
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Tsukui Hidenori, Koinuma Koji, Morimoto Mitsuaki, Horie Hisanaga, Lefor Alan Kawrai, Kagaya Yuka, Takahashi Haruo, Yano Tomonori, Matsubara Daisuke, Yamamoto Hironori, Sata Naohiro
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32  1865-7257 2017/02 [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Hidenori Tsukui, Koji Koinuma, Mitsuaki Morimoto, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Yuka Kagaya, Haruo Takahashi, Tomonori Yano, Daisuke Matsubara, Hironori Yamamoto, Naohiro Sata
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32 - 36 1865-7265 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    We report the case of a patient with Crohn’s disease who initially presented with a ceco-urachal fistula. The patient was a 31-year-old female who underwent an appendectomy 6 years before presenting to our institution. She had a one-year history of diarrhea, and had recently developed polyuria and a sensation of residual urine. She was admitted with fever and lower abdominal pain. Endoscopy and computed tomography revealed a ceco-urachal fistula, which was consistent with Crohn’s disease. An urachal resection was performed, which included partial cystectomy and ileocecal resection. A ceco-urachal fistula is a rare initial symptom of Crohn’s disease. During the surgical management of such cases, it is necessary to resect the urachus, the affected portion of the bladder, the fistula, and the affected part of the digestive tract in order to avoid recurrence.
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Hidenori Tsukui, Koji Koinuma, Mitsuaki Morimoto, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Yuka Kagaya, Haruo Takahashi, Tomonori Yano, Daisuke Matsubara, Hironori Yamamoto, Naohiro Sata
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32 - 36 1865-7265 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    We report the case of a patient with Crohn’s disease who initially presented with a ceco-urachal fistula. The patient was a 31-year-old female who underwent an appendectomy 6 years before presenting to our institution. She had a one-year history of diarrhea, and had recently developed polyuria and a sensation of residual urine. She was admitted with fever and lower abdominal pain. Endoscopy and computed tomography revealed a ceco-urachal fistula, which was consistent with Crohn’s disease. An urachal resection was performed, which included partial cystectomy and ileocecal resection. A ceco-urachal fistula is a rare initial symptom of Crohn’s disease. During the surgical management of such cases, it is necessary to resect the urachus, the affected portion of the bladder, the fistula, and the affected part of the digestive tract in order to avoid recurrence.
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Hidenori Tsukui, Koji Koinuma, Mitsuaki Morimoto, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Yuka Kagaya, Haruo Takahashi, Tomonori Yano, Daisuke Matsubara, Hironori Yamamoto, Naohiro Sata
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32 - 36 1865-7265 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    We report the case of a patient with Crohn’s disease who initially presented with a ceco-urachal fistula. The patient was a 31-year-old female who underwent an appendectomy 6 years before presenting to our institution. She had a one-year history of diarrhea, and had recently developed polyuria and a sensation of residual urine. She was admitted with fever and lower abdominal pain. Endoscopy and computed tomography revealed a ceco-urachal fistula, which was consistent with Crohn’s disease. An urachal resection was performed, which included partial cystectomy and ileocecal resection. A ceco-urachal fistula is a rare initial symptom of Crohn’s disease. During the surgical management of such cases, it is necessary to resect the urachus, the affected portion of the bladder, the fistula, and the affected part of the digestive tract in order to avoid recurrence.
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Crohn's disease presenting as a ceco-urachal fistula(和訳中)
    Tsukui Hidenori, Koinuma Koji, Morimoto Mitsuaki, Horie Hisanaga, Lefor Alan Kawrai, Kagaya Yuka, Takahashi Haruo, Yano Tomonori, Matsubara Daisuke, Yamamoto Hironori, Sata Naohiro
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32  1865-7257 2017/02 [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管出血に対する診療-JGESガイドラインをふまえて】 小腸出血に対するアプローチ
    矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Hidenori Tsukui, Koji Koinuma, Mitsuaki Morimoto, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Yuka Kagaya, Haruo Takahashi, Tomonori Yano, Daisuke Matsubara, Hironori Yamamoto, Naohiro Sata
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32 - 36 1865-7265 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    We report the case of a patient with Crohn’s disease who initially presented with a ceco-urachal fistula. The patient was a 31-year-old female who underwent an appendectomy 6 years before presenting to our institution. She had a one-year history of diarrhea, and had recently developed polyuria and a sensation of residual urine. She was admitted with fever and lower abdominal pain. Endoscopy and computed tomography revealed a ceco-urachal fistula, which was consistent with Crohn’s disease. An urachal resection was performed, which included partial cystectomy and ileocecal resection. A ceco-urachal fistula is a rare initial symptom of Crohn’s disease. During the surgical management of such cases, it is necessary to resect the urachus, the affected portion of the bladder, the fistula, and the affected part of the digestive tract in order to avoid recurrence.
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Tsukui Hidenori, Koinuma Koji, Morimoto Mitsuaki, Horie Hisanaga, Lefor Alan Kawrai, Kagaya Yuka, Takahashi Haruo, Yano Tomonori, Matsubara Daisuke, Yamamoto Hironori, Sata Naohiro
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32  1865-7257 2017/02 [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Crohn's disease presenting as a ceco-urachal fistula(和訳中)
    Tsukui Hidenori, Koinuma Koji, Morimoto Mitsuaki, Horie Hisanaga, Lefor Alan Kawrai, Kagaya Yuka, Takahashi Haruo, Yano Tomonori, Matsubara Daisuke, Yamamoto Hironori, Sata Naohiro
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32  1865-7257 2017/02 [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管出血に対する診療-JGESガイドラインをふまえて】 小腸出血に対するアプローチ
    矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • Tsukui Hidenori, Koinuma Koji, Morimoto Mitsuaki, Horie Hisanaga, Lefor Alan Kawrai, Kagaya Yuka, Takahashi Haruo, Yano Tomonori, Matsubara Daisuke, Yamamoto Hironori, Sata Naohiro
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 10 (1) 32  1865-7257 2017/02 [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則
    臨床消化器内科 (株)日本メディカルセンター 32 (3) 321  0911-601X 2017/02 [Not refereed][Not invited]
     
    上部・下部消化管内視鏡で原因不明の消化管出血では,まずdynamic CTを行い,異常所見を認めれば近い挿入経路からバルーン内視鏡,認めなければカプセル内視鏡を行う.カプセル内視鏡の結果に応じて,内科的治療,外科的治療,経過観察か,必要ならバルーン内視鏡やメッケル憩室シンチを行う.バルーン内視鏡には先端アタッチメントを装着し,持続出血例では経口挿入を選択する.出血源を同定するために,マーキングクリップや,浸水観察,gel immersion endoscopyを使用する.小腸血管性病変の多くは内視鏡治療が可能だが,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類に基づいて止血方法を選択する.(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada
    Journal of Japanese Society of Gastroenterology 114 (3) 422 - 430 1349-7693 2017 [Refereed][Not invited]
  • 【腸炎まるわかり】 血流障害 虚血性小腸炎
    坂本 博次, 長井 洋樹, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 29 (1) 103  0915-3217 2017/01 [Not refereed][Not invited]
     
    虚血性小腸炎は一過性の血流障害に起因した虚血により発症し、60歳前後の男性に好発する。腹痛、下痢、嘔吐にて発症し、症状改善後に経口摂取を再開すると、症状が再燃しやすい。好発部位は回腸であり、内視鏡所見は区域性の絨毛脱落、発赤浮腫、びらん、潰瘍を認め、狭窄型では慢性期に管状狭窄を呈する。狭窄に対しては手術が必要になることが多いが、短い狭窄であれば内視鏡的バルーン拡張術による治療も可能である。(著者抄録)
  • Sagara Yuichi, Shinozaki Satoshi, Yano Tomonori, Sakamoto Hirotsugu, Hayashi Yoshikazu, Lefor Alan Kawarai, Yamamoto Hironori
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369  1865-7257 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • Yuichi Sagara, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369 - 374 1865-7265 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    The over-the-scope clip (OTSC) system is a new technology that enables closure of fistulae which cannot be closed with a conventional clip. A 57-year-old woman had long-term hypoalbuminemia, edema and general malaise. Peroral double-balloon endoscopy (DBE) showed a jejuno-sigmoid fistula and blind loop syndrome of the jejunum and ileum, because ingested food bypassed the ileum through the fistula. She was advised to undergo surgical closure of the fistula, but she refused the procedure. For 7 years following DBE, repeat courses of antibiotics were required to treat bacterial overgrowth due to blind loop syndrome. The fistula was successfully closed using the OTSC system from the sigmoid colon side. The patient’s symptoms and quality of life improved. Two years after closure, hypoalbuminemia, edema and general malaise developed again due to dislocation of the OTSC. She then accepted surgical closure of the fistula, because she had experienced improvement after closure using the OTSC. Her quality of life improved again following surgery. OTSC application can demonstrate the improvement expected after surgical closure of a fistula, and may convince a patient of the benefits of surgical closure.
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • Yuichi Sagara, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369 - 374 1865-7265 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    The over-the-scope clip (OTSC) system is a new technology that enables closure of fistulae which cannot be closed with a conventional clip. A 57-year-old woman had long-term hypoalbuminemia, edema and general malaise. Peroral double-balloon endoscopy (DBE) showed a jejuno-sigmoid fistula and blind loop syndrome of the jejunum and ileum, because ingested food bypassed the ileum through the fistula. She was advised to undergo surgical closure of the fistula, but she refused the procedure. For 7 years following DBE, repeat courses of antibiotics were required to treat bacterial overgrowth due to blind loop syndrome. The fistula was successfully closed using the OTSC system from the sigmoid colon side. The patient’s symptoms and quality of life improved. Two years after closure, hypoalbuminemia, edema and general malaise developed again due to dislocation of the OTSC. She then accepted surgical closure of the fistula, because she had experienced improvement after closure using the OTSC. Her quality of life improved again following surgery. OTSC application can demonstrate the improvement expected after surgical closure of a fistula, and may convince a patient of the benefits of surgical closure.
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • Yuichi Sagara, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369 - 374 1865-7265 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    The over-the-scope clip (OTSC) system is a new technology that enables closure of fistulae which cannot be closed with a conventional clip. A 57-year-old woman had long-term hypoalbuminemia, edema and general malaise. Peroral double-balloon endoscopy (DBE) showed a jejuno-sigmoid fistula and blind loop syndrome of the jejunum and ileum, because ingested food bypassed the ileum through the fistula. She was advised to undergo surgical closure of the fistula, but she refused the procedure. For 7 years following DBE, repeat courses of antibiotics were required to treat bacterial overgrowth due to blind loop syndrome. The fistula was successfully closed using the OTSC system from the sigmoid colon side. The patient’s symptoms and quality of life improved. Two years after closure, hypoalbuminemia, edema and general malaise developed again due to dislocation of the OTSC. She then accepted surgical closure of the fistula, because she had experienced improvement after closure using the OTSC. Her quality of life improved again following surgery. OTSC application can demonstrate the improvement expected after surgical closure of a fistula, and may convince a patient of the benefits of surgical closure.
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • Sagara Yuichi, Shinozaki Satoshi, Yano Tomonori, Sakamoto Hirotsugu, Hayashi Yoshikazu, Lefor Alan Kawarai, Yamamoto Hironori
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369  1865-7257 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • Sagara Yuichi, Shinozaki Satoshi, Yano Tomonori, Sakamoto Hirotsugu, Hayashi Yoshikazu, Lefor Alan Kawarai, Yamamoto Hironori
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369  1865-7257 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • Use of an over-the-scope clipping device for closure of a jejuno-sigmoid fistula: a case report with long-term follow-up(和訳中)
    Sagara Yuichi, Shinozaki Satoshi, Yano Tomonori, Sakamoto Hirotsugu, Hayashi Yoshikazu, Lefor Alan Kawarai, Yamamoto Hironori
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369  1865-7257 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • Yuichi Sagara, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369 - 374 1865-7265 2016/12 [Refereed][Not invited]
     
    The over-the-scope clip (OTSC) system is a new technology that enables closure of fistulae which cannot be closed with a conventional clip. A 57-year-old woman had long-term hypoalbuminemia, edema and general malaise. Peroral double-balloon endoscopy (DBE) showed a jejuno-sigmoid fistula and blind loop syndrome of the jejunum and ileum, because ingested food bypassed the ileum through the fistula. She was advised to undergo surgical closure of the fistula, but she refused the procedure. For 7 years following DBE, repeat courses of antibiotics were required to treat bacterial overgrowth due to blind loop syndrome. The fistula was successfully closed using the OTSC system from the sigmoid colon side. The patient’s symptoms and quality of life improved. Two years after closure, hypoalbuminemia, edema and general malaise developed again due to dislocation of the OTSC. She then accepted surgical closure of the fistula, because she had experienced improvement after closure using the OTSC. Her quality of life improved again following surgery. OTSC application can demonstrate the improvement expected after surgical closure of a fistula, and may convince a patient of the benefits of surgical closure.
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • Use of an over-the-scope clipping device for closure of a jejuno-sigmoid fistula: a case report with long-term follow-up(和訳中)
    Sagara Yuichi, Shinozaki Satoshi, Yano Tomonori, Sakamoto Hirotsugu, Hayashi Yoshikazu, Lefor Alan Kawarai, Yamamoto Hironori
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369  1865-7257 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • Masaaki Shimatani, Hisashi Hatanaka, Hirofumi Kogure, Koichiro Tsutsumi, Hiroki Kawashima, Keiji Hanada, Tomoki Matsuda, Tomoki Fujita, Makoto Takaoka, Tomonori Yano, Atsuo Yamada, Hironari Kato, Kazuichi Okazaki, Hironori Yamamoto, Hideki Ishikawa, Kentaro Sugano
    AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 111 (12) 1750 - 1758 0002-9270 2016/12 [Refereed][Not invited]
     
    OBJECTIVES: To evaluate the utility and safety of a short-type double-balloon endoscope (DBE) in the treatment of biliary disease in patients with surgically altered gastrointestinal (GI) anatomy. METHODS: This study was conducted as a multicenter, single-arm, prospective trial at five tertiary academic care centers and three community-based hospitals in Japan. Consecutive patients with biliary disease with altered GI anatomy were prospectively included in this study. RESULTS: A total of 311 patients underwent double-balloon endoscopic retrograde cholangiography (ERC). The success rate of reaching the target site, the primary end point, was 97.7% (95% confidence interval (CI): 95.4-99.1). The success rate of biliary cannulation and contrast injection of the targeted duct, the secondary end point, was 96.4% (95% CI: 93.6-98.2), and the therapeutic success rate was 97.9% (95% CI: 95.4-99.2). Adverse events occurred in 33 patients (10.6%, 95% CI: 7.1-14.0) and were managed conservatively in all patients with the exception of 1 in whom a perforation developed, requiring emergency surgery. CONCLUSIONS: ERC using a short-type DBE resulted in an excellent therapeutic success rate and a low rate of adverse events. This treatment can be a first-line treatment for biliary disease in patients with surgically altered GI anatomy.
  • Yuichi Sagara, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical Journal of Gastroenterology シュプリンガー・ジャパン(株) 9 (6) 369 - 374 1865-7265 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    The over-the-scope clip (OTSC) system is a new technology that enables closure of fistulae which cannot be closed with a conventional clip. A 57-year-old woman had long-term hypoalbuminemia, edema and general malaise. Peroral double-balloon endoscopy (DBE) showed a jejuno-sigmoid fistula and blind loop syndrome of the jejunum and ileum, because ingested food bypassed the ileum through the fistula. She was advised to undergo surgical closure of the fistula, but she refused the procedure. For 7 years following DBE, repeat courses of antibiotics were required to treat bacterial overgrowth due to blind loop syndrome. The fistula was successfully closed using the OTSC system from the sigmoid colon side. The patient’s symptoms and quality of life improved. Two years after closure, hypoalbuminemia, edema and general malaise developed again due to dislocation of the OTSC. She then accepted surgical closure of the fistula, because she had experienced improvement after closure using the OTSC. Her quality of life improved again following surgery. OTSC application can demonstrate the improvement expected after surgical closure of a fistula, and may convince a patient of the benefits of surgical closure.
  • 消化管出血に対する内視鏡手技の工夫 抗血栓療法のマネージメントも含めて Gel immersion endoscopy 消化管出血における視野確保のための工夫
    馬込 省吾, 矢野 智則, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 90 (Suppl.) s88  1348-9844 2016/12 [Not refereed][Not invited]
  • 【術前内視鏡】 小腸悪性腫瘍の術前内視鏡の実際
    坂本 博次, 矢野 智則
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (12) 1986  0915-3217 2016/12 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)とバルーン内視鏡(BAE)の開発により、小腸悪性腫瘍の診断は以前よりも容易になり、ガイドラインでも積極的な活用が推奨されている。特にBAEにより、生検による質的診断を行うことが可能となり、その質的診断を踏まえて、最適な治療方針を検討することができるようになった。また、BAEによりマーキングを行うことで、より低侵襲な手術を選択できるようになった。早期の悪性腫瘍に対しては、内視鏡治療を行うことも可能である。しかし、小腸悪性腫瘍に対する標準的な治療法は確立されておらず、質の高いエビデンスの集積により、新しい診断・治療体系の構築が求められている。(著者抄録)
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A122  0047-1801 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.2) 1899  0387-1207 2016/10 [Not refereed][Not invited]
  • Kensuke Yokoyama, Hisashi Hatanaka, Mikihiro Inoue, Tomonori Yano, Norikatsu Numao, Jun Ushio, Alan Kawarai Lefor, Kiichi Tamada, Hironori Yamamoto
    JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY 51 (9) 1574 - 1576 0022-3468 2016/09 [Refereed][Not invited]
     
    A 21-year-old female underwent a Kasai hepatoportoenterostomy with Roux-en-Y reconstruction for typeIII biliary atresia at age 63 days. At the age of 19 years, she developed cholangitis and CT scan revealed hepatolithiasis. She presented for treatment of the intrahepatic stone and the hepatportoenterostomy was directly visualized with double-balloon endoscopy (DBE). Endoscopic findings showed multiple intrahepatic bile ducts open to the jejunum through multiple orifices. Cholangiography showed narrowing of intrahepatic bile duct branches with a "fire-like" appearance. These findings have not been previously reported, since endoscopic approaches to patients with a hepaticojejunostomy were limited. DBE was useful to directly visualize the anastomosis in a patient status-post the Kasai operation for biliary atresia with a Rouxen-Y reconstruction. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Koji Yokoyama, Tomonori Yano, Hideki Kumagai, Koichi Mizuta, Shigeru Ono, Tomoyuki Imagawa, Hironori Yamamoto, Takanori Yamagata
    JOURNAL OF PEDIATRIC GASTROENTEROLOGY AND NUTRITION 63 (1) 34 - 40 0277-2116 2016/07 [Refereed][Not invited]
     
    Objectives: The safety and efficacy of double-balloon enteroscopy (DBE) in pediatric patients has not been well documented. We aimed to evaluate the clinical efficacy and safety of DBE in children, especially those under 10. Methods: We retrospectively analyzed our database of DBE procedures performed between September 2000 and September 2013. Procedures performed in pediatric patients (under 18) were selected from a total of 3980, including double-balloon endoscopic retrograde cholangioscopy (DBERC). Results: Two hundred fifty-seven DBE procedures were performed in 117 pediatric patients (median age 12.5 years). Antegrade (oral-route) DBE was performed in 166 procedures including 104 DBERC procedures (lowest body weight 13.5 kg, youngest age 3 years), and retrograde (anal-route) DBE in 91 (lowest body weight 12.0 kg, youngest age 2 years). The overall diagnostic yield for obscure gastrointestinal bleeding and abdominal pain was 58.8%. The purpose of DBERC was achieved in 76.9% of procedures. The overall complication rate in our series was 5.4% (1.9% with the DBERC cases removed); in patients under 10, it was 10.4% (7/67). No severe complications associated with enteroscope insertion and sedation were observed. Serum amylase levels tended to be elevated in patients who underwent oral-route DBE. Conclusions: DBE is safe and feasible for diagnostic evaluation of small bowel disorders in pediatric patients, even those younger than 10 years. Special attention for possible complications must, however, be paid during therapeutic DBE procedures, including DBERC, especially for patients under 10.
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s123  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 89 (Suppl.) s90  1348-9844 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 坂本 博次, 矢野 智則
    Intestine (株)日本メディカルセンター 20 (3) 307  1883-2342 2016/05 [Not refereed][Not invited]
     
    小腸の消化管ポリポーシスに対する内視鏡的治療は,おもに(1)発癌の予防,(2)腸重積や出血など,ポリープ増大による症状を予防する,という二つの観点から行われる.Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリポーシスはポリープ増大による腸重積や出血などの症状が問題になるため,これらの合併症や開腹手術の予防のために小腸内視鏡による内視鏡的治療が行われている.家族性大腸腺腫症では大腸だけでなく,十二指腸・小腸にも腺腫を認めることがあり,症例によっては多発する.十二指腸・小腸腺腫に対し,発癌リスク軽減を期待して内視鏡的治療が試みられている.(著者抄録)
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • Tomonori Yano, Daiki Nemoto, Kohei Ono, Yasushi Miyata, Norikatsu Numao, Chihiro Iwashita, Manabu Nagayama, Haruo Takahashi, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto
    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 83 (4) 809 - 811 0016-5107 2016/04 [Refereed][Not invited]
     
    Background and Aims: It is difficult to secure the visual field during endoscopy for GI bleeding or colonoscopy without preparation because the injected water is rapidly mixed with fresh blood or stool. We developed a novel method to secure the visual field in these situations. Methods: Clear gel with the appropriate viscosity to prevent rapid mixing is injected through the accessory channel, instead of water. A vinyl tube was used as an in vitro GI bleeding model. After filling the lumen with indigo carmine dye, air insufflation and water injection are not effective for securing the visual field. However, after gel injection, the bleeding source is observed clearly in the space occupied by the gel. The efficacy of this method was evaluated subjectively in clinical use. From February 2014 until June 2015, gel immersion was used in 17 consecutive patients when the visual field could not be secured with routine insufflation. Results: Of these 17 patients, gel injection was very effective in 10, effective in 5, slightly effective in 1, and not effective in 1. There were no adverse events associated with this method. Conclusion: Gel immersion endoscopy is safe and effective for securing the visual field, creating a space for endoscopic visualization and treatment in otherwise difficult situations.
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 小柳 亮太, 矢野 智則, 山本 博徳
    Geriatric Medicine (株)ライフ・サイエンス 54 (4) 357  0387-1088 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡、バルーン内視鏡の登場により小腸疾患の診療は飛躍的な進歩を遂げた。実臨床で高齢者の小腸疾患を診療するに当たり、どのデバイスを選択するかを考える必要がある。カプセル内視鏡はスクリーニングには向いているが、治療介入できない点が欠点であり、見落しがあることにも注意が必要である。バルーン内視鏡は、粘膜の詳細観察や様々な治療介入ができる点が利点ではあるが、やや侵襲が高い点や、術者の技量が問われる点が欠点ではある。また、膵炎などの偶発症も認めるため注意が必要である。両者は競合するものではなくお互いに補完し合うものであり、両者の検査特性を理解し、各症例への適応を選択していくことが重要である。(著者抄録)
  • 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 28 (4) 632  0915-3217 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Satoshi Shinozaki, Manabu Nagayama, Tomonori Yano, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    INFLAMMATORY BOWEL DISEASES 22 (2) 380 - 386 1078-0998 2016/02 [Refereed][Not invited]
     
    Background:Crohn's disease (CD) strictures of the small intestine are a feared complication and difficult to treat because of difficulty gaining access to the stricture site. The development of double-balloon endoscopy (DBE) enabled access to the entire small intestine with interventional capabilities. The aim of this study was to assess the long-term outcomes in patients with small intestinal strictures secondary to CD after DBE-assisted endoscopic balloon dilation (EBD).Methods:In this retrospective cohort study, DBE-assisted EBD was performed in 85 consecutive patients with CD strictures of the small intestine from 2002 to 2014. Follow-up data were available for 85 patients for a mean of 41.9 months (range, 0-141), and clinical outcomes were assessed.Results:Overall, 321 DBE-assisted EBD sessions (473 procedures) were performed in 85 patients during the study period. Most CD strictures were de novo (97%). The surgery-free rate after initial DBE-assisted EBD was 87.3% at 1 year and 78.1% at 3 years. The presence of a fistula was significantly associated with the need for surgical intervention (hazard ratio = 5.50, 95% confidence interval: 2.16-14.0, P < 0.01). The surgery-free interval in patients with a fistula was significantly shorter than in patients without a fistula (P < 0.01, log-rank test).Conclusions:DBE-assisted EBD provides a favorable long-term outcome in patients with small intestinal CD-associated strictures. DBE-assisted EBD for CD strictures is a safe and effective treatment to avoid or postpone surgery over the long-term.
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, OHMIYA Naoki, TANAKA Shu, TANAKA Shinji, ENDO Yutaka, MATSUDA Tomoki, MATSUI Toshiyuki, IIDA Mitsuo, SUGANO Kentaro
    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 58 (4) 1010 - 1017 0387-1207 2016 [Not refereed][Not invited]
     
    Background and Aim : Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multice
  • Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES 60 (12) 3691 - 3696 0163-2116 2015/12 [Refereed][Not invited]
     
    Background The long-term outcomes of patients after negative double-balloon endoscopy (DBE) for obscure gastrointestinal (GI) bleeding remain unclear. Aim The aim of this study was to assess the long-term outcomes of patients with negative DBE and clarify the effect of repeat endoscopic work-up. Methods A total of 42 patients with a negative DBE for overt obscure GI bleeding were enrolled, and their clinical data were retrospectively reviewed. The mean (+/- standard deviation) follow-up period is 5.4 (+/- 2.8) years. The outcome measurement was overt rebleeding witnessed by the patient after negative DBE. At the time of rebleeding, further endoscopic work-up and specific treatment were performed. Results Rebleeding occurred in 16 of 42 patients (38 %). At the time of rebleeding, further investigations were made in 14 of 16 patients (88 %), and the bleeding source was identified in 10 of 14 patients (71 %). These 10 patients received specific treatment (endoscopic in five, surgical in two, medical in two, and angiographic in one). The bleeding source was in the small intestine in seven of 10 patients (70 %). Blood transfusion before DBE and multiple bleeding episodes before DBE were significant predictive factors for rebleeding (odds ratio 5.056, 95 % confidence interval 1.158-22.059, p = 0.031 and odds ratio 8.167, 95 % confidence interval 1.537-43.392, p = 0.014, respectively). Conclusions The rebleeding rate after a negative DBE is considerable. Careful long-term follow-up and repeat endoscopic work-up at the time of overt rebleeding are important.
  • Nagayama M, Sunada K, Yano T, Ono K, Nemoto D, Miyata Y, Ino Y, Takezawa T, Sakamoto H, Shinhata H, Miura Y, Hayashi Y, Sato H, Yamamoto H
    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 112 (7) 1270 - 1280 0446-6586 2015/07 [Refereed][Not invited]
  • Hisashi Hatanaka, Tomonori Yano, Kiichi Tamada
    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES 22 (6) E28 - E34 1868-6974 2015/06 [Refereed][Not invited]
     
    Although endoscopic retrograde cholangiopancreatography (ERCP) is technically difficult in patients with altered gastrointestinal tract, double-balloon endoscopy (DBE) allows endoscopic access to pancreato-biliary system in such patients. Balloon dilation of biliary stricture and extraction of bile duct stones, placement of biliary stent in patients with Roux-en-Y or Billroth-II reconstruction, using DBE have been reported. However, two major technical parts are required for double-balloon ERCP (DB-ERCP). One is insertion of DBE and the other is an ERCP-related procedure. The important point of DBE insertion is a sure approach to the afferent limb with Roux-en-Y reconstruction or Braun anastomosis. Short type DBE with working length 152 cm is beneficial for DB-ERCP because it is short enough for most biliary accessory devices. In this paper, we introduce our tips and tricks for successful DB-ERCP.
  • Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Naoki Ohmiya, Shu Tanaka, Shinji Tanaka, Yutaka Endo, Tomoki Matsuda, Toshiyuki Matsui, Mitsuo Iida, Kentaro Sugano
    DIGESTIVE ENDOSCOPY 27 (3) 331 - 337 0915-5635 2015/03 [Refereed][Not invited]
     
    Background and Aim: Double-balloon endoscopy (DBE) has enabled direct, detailed examination of the entire small bowel with interventional capabilities. Although its usefulness is recognized, efficacy and safety have not been extensively evaluated by prospective multicenter studies. To evaluate the efficacy and safety of DBE carried out by expert and non-expert endoscopists, a prospective, multicenter study was conducted in five university hospitals and a general hospital in Japan. Methods: A total of 120 patients who underwent 179 procedures were enrolled in the study. Experts carried out 129 procedures and non-experts carried out 50 procedures. Primary and secondary end points were evaluation of safety, the rate of achievement of procedural objectives, namely, identification of a new lesion, detailed examination to establish a therapeutic strategy, or exclusion of significant lesions by total enteroscopy, and rate of successful examination of the entire small bowel and evaluation of safety. Results: Overall rate of achievement of procedural objectives was 82.5% (99/120). Overall success rate for examination of the entire small bowel was 70.8% (34/48). Incidence of adverse events was 1.1% (a mucosal injury and an episode of pyrexia in two of 179 examinations). No severe adverse events were encountered. There were no significant differences in any of the outcome measures comparing expert and non-expert operators. Conclusions: DBE is effective and safe for patients with suspected small bowel diseases, and can be safely carried out even by a non-expert under the supervision of an expert, following a simple training program.
  • Hironori Yamamoto, Tomonori Yano
    Endoscopy in Small Bowel Disorders 245 - 252 2015/01 [Refereed][Not invited]
     
    Double-balloon endoscopy (DBE) has been a significant advancement in the endoscopic diagnosis and treatment of small intestinal disorders. What makes the device particularly remarkable is not only its ability to perform deep enteroscopy, but also the fact that it has therapeutic capabilities as well. The new therapeutic EN-580T has improved intervention capability with a 3.2 mm accessory channel and improved image quality as well, despite maintaining the same outer diameter of 9.4 mm as the previous model. The new diagnostic EN-580XP has the same improved image quality as EN-580T despite having a much smaller outer diameter of 7.5 mm. These new enteroscopes are expected to improve clinical management as well as the research of small intestinal disorders. Double-balloon endoscopy for evaluation of the small intestine can also be performed in patients with surgically altered anatomy and difficult colons. A short EI-530B or EC-450BI5 scope is useful for ERCP in patients with a Roux-en-Y anastomosis and also in patients who have had prior difficult colonoscopies. Future technology may allow for automated insertion of the enteroscopes.
  • Hakuei Shinhata, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Yuji Ino, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Hirotsugu Sakamoto, Aya Kitamura, Takahito Takezawa, Tomonori Yano, Takashi Sakatani, Kentaro Sugano
    ENDOSCOPY 47 E192 - E194 0013-726X 2015 [Refereed][Not invited]
  • Yuji Ino, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Osawa, Alan T. Lefor, Hironori Yamamoto
    ENDOSCOPY 47 E202 - E203 0013-726X 2015 [Refereed][Not invited]
  • Wataru Sasao, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto
    ENDOSCOPY 47 E305 - E306 0013-726X 2015 [Refereed][Not invited]
  • Hiroaki Nomoto, Yoshikazu Hayashi, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Wataru Sasao, Aya Kitamura, Mai Ohashi, Shuhei Hiyama, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical Journal of Gastroenterology 7 (6) 476 - 480 1865-7265 2014/12 [Refereed][Not invited]
     
    Pulmonary complications of ulcerative colitis (UC) are relatively rare. Generally, pulmonary lesions with cavity formation are difficult to distinguish from infections or Wegener’s granulomatosis lesions. A 15-year-old female with no remarkable past medical history had multiple pulmonary nodules on chest X-ray. Since empirical treatment with wide-spectrum antibiotics did not improve her symptoms, she was transferred for further evaluation. Chest radiography and computed tomography (CT) scan showed multiple bilateral pulmonary nodules with cavity formation, 8–65 mm in diameter, located mainly in the right lung. She was diagnosed with UC based on sigmoidoscopy. She was treated with mesalazine and granulocyte–monocyte apheresis (GMA). Steroids were not administered, because an infectious disease could not be excluded. Seven days after starting GMA, her symptoms and laboratory findings improved, and she was discharged. After the completion of 10 courses of GMA, chest radiography and CT scan showed marked diminution of the pulmonary lesions. UC-associated pulmonary lesions can be treated without steroid administration, and we suggest that this strategy is an option for a patient with UC-associated pulmonary lesions that cannot be differentiated from an infection.
  • Wada M, Lefor AT, Mutoh H, Yano T, Hayashi Y, Sunada K, Nishimura N, Miura Y, Sato H, Shinhata H, Yamamoto H, Sugano K
    Surgical endoscopy 8 28 (8) 2428 - 2436 0930-2794 2014/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Double-balloon endoscopy (DBE) has become a new standard in enteroscopy. However, it may be difficult to make a diagnosis or plan treatment strategy with endoscopic visualization alone. The addition of endoscopic ultrasonography (EUS) has the potential to improve the ability to establish the diagnosis and develop a treatment strategy. The present study was conducted to assess the feasibility and usefulness of EUS with DBE. METHODS: EUS with DBE was performed in 31 of 891 patients who underwent DBE from July 2004 to March 2011 at Jichi Medical University Hospital. We analyzed the EUS findings for lesions and evaluated the usefulness of EUS considering the following three factors: qualitative diagnostic value for lesions, depth grading of lesions, and evaluation of the structure of severe strictures prior to endoscopic balloon dilation. RESULTS: EUS was performed for 31/32 lesions (97%) in 31 patients. EUS findings were informative for 29/32 lesions (91%). EUS findings were useful for establishing a qualitative diagnosis in 15/25 lesions (60%). EUS findings for depth grading provided useful information for determining the therapeutic strategy in 11/13 lesions (85%). EUS with DBE was useful in the evaluation of strictures for all six lesions (100%). The overall usefulness of EUS with DBE on decision making was 72% (23/32) in this study. CONCLUSIONS: EUS with DBE is feasible and useful. It provides additional information on small-bowel disease and contributes to establishing a precise diagnosis and selection of an appropriate therapeutic strategy.
  • Satoshi Shinozaki, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hakuei Shinhata, Hiroyuki Sato, Edward J. Despott, Kentaro Sugano
    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 80 (1) 112 - 117 0016-5107 2014/07 [Refereed][Not invited]
     
    Background: GI bleeding secondary to small-intestine vascular lesions (SIVLs) is associated with rebleeding despite initial hemostasis by endotherapy applied at double-balloon endoscopy (DBE). Objective: To evaluate the long-term outcomes of DBE endotherapy of SIVL (as described by the YanoYamamoto classification). The impact of repeat DBE endotherapy for recurrent bleeding also was assessed. Design: Retrospective cohort study. The mean (+/- standard deviation [SD]) follow-up period was 4.9 (+/- 1.7) years (range 2.4-9.1 years). Setting: Tertiary-care referral center. Patients: A total of 43 patients, who underwent 69 sessions of DBE endotherapy of SIVLs. Intervention: DBE endotherapy. Main Outcome Measurements: Frequency of overt rebleeding after the initial DBE endotherapy. Results: Overt rebleeding occurred in 16 of 43 patients (37%). Patients with multiple SIVLs showed a significantly higher rate of overt rebleeding than did those with a solitary SIVL (12/23 [52%] vs 4/20 [20%]; P = .017). The trend toward frequency of rebleeding after the first DBE hemostasis appeared to be higher for patients with type 1a SIVLs than for those with type 1b or type 2 lesions: type 1a (8/16, 50%) versus type 1b (5/19, 26%) (P = .12) and type 1a (8/16, 50%) versus type 2 (2/7, 29%) (P = .31), respectively. In 12 of 16 patients (75%) who underwent repeat DBE endotherapy at each episode of overt rebleeding (median 3 times, range 2-6), the frequency of rebleeding decreased significantly after the first year of follow-up, as compared with the remaining 4 patients who did not undergo repeat DBE; mean (+/- SD) 0.12 (+/- 0.19) versus 0.52 (+/- 0.33) times per year per patient (P = .006). Limitations: Single-center, retrospective study. Conclusion: Although the presence of multiple SIVLs was associated with rebleeding, repeat DBE endotherapy resulted in an improved long-term outcome in patients with refractory SIVL bleeding.
  • Tsukahara H, Yano T, Kumagai H, Maisawa S
    Clin J Gastroenterol 7 144 - 147 2014 [Refereed][Not invited]
  • Ono S, Maeda K, Baba K, Usui Y, Tsuji Y, Yano T, Hatanaka W, Yamamoto H
    Pediatric surgery international 11 29 1103 - 1107 0179-0358 2013/11 [Refereed][Not invited]
  • Hayashi Y, Yamamoto H, Yano T, Kitamura A, Takezawa T, Ino Y, Sakamoto H, Miura Y, Shinhata H, Sato H, Sunada K, Sugano K
    Endoscopy 45 Suppl 2 UCTN E373 - 4 0013-726X 2013/11 [Refereed][Not invited]
  • TANO Tomonori, YAMAMOTO Hironori
    Gastroenterological Endoscopy Japan Gastroenterological Endoscopy Society 55 (7) "1961 - 8" 0387-1207 2013/07 
    The advent of capsule endoscopy (CE) and device assisted enteroscopy (DAE) has changed the diagnostic algorithm for small bowel diseases. With the July 2012 introduction of the patency capsule in Japan, the indications for CE came to include all forms of small bowel disease. CE and DAE are mutually complementary and should be used in combination. Enteroscopy is useful in cases of obscure gastrointestinal bleeding, small bowel tumors, polyposis syndrome and inflammatory bowel disease. Moreover, DAE is useful not only in cases of small bowel disease but also in ERCP patients with altered gastrointestinal anatomy or colonoscopy in difficult cases. For these innovative indications, groundbreaking results have been reported.
  • Tsuji Y, Maeda K, Ono S, Tazuke Y, Yanagisawa S, Usui Y, Baba K, Yano T, Yamamoto H
    Pediatric surgery international 4 29 (4) 357 - 361 0179-0358 2013/04 [Refereed][Not invited]
     
    INTRODUCTION: Double-balloon enteroscopy (DBE) is a useful and feasible modality for evaluating small intestinal lesions, even in children. METHODS: DBE makes it possible to perform biopsy, diagnosis, polypectomy and endoscopic therapies including hemostasis, tattooing and clipping of the small intestinal lesions. However, endoscopic procedures in the small intestines of children are more difficult than in adults, because the intestinal wall is thin and the lumen is narrow. A novel hybrid treatment was developed using DBE for small bowel lesions combined with transumbilical minimal incision surgery. CONCLUSION: This hybrid treatment is safe, effective, provides excellent cosmetic results and can be used as an alternative for traditional open laparotomy or endoscopic surgery.
  • Hatanaka H, Yamamoto H, Yano T, Ushio J, Tomiyama T, Wada S, Sakamoto H, Okada M, Tamada K, Sugano K
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 6 24 479  0915-5635 2012/11 [Refereed][Not invited]
  • 井原 欣幸, 浦橋 泰然, 眞田 幸弘, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 矢野 智則, 水田 耕一
    移植 (一社)日本移植学会 47 (総会臨時) 181 - 181 0578-7947 2012/09
  • Tomonori Yano, Hironori Yamamoto
    Textbook of Clinical Gastroenterology and Hepatology: Second Edition 961 - 968 2012/04 [Refereed][Not invited]
     
    Double-balloon enteroscopy (DBE) has enabled theendoscopic diagnosis and treatment ofsmall bowelconditions. Indications for DBE include scrutiny for midgut bleeding, small bowel tumor, and small bowel stricture, and follow-up evaluation of small bowel diseases. Contraindications to DBE are essentially similar to those in conventional upper endoscopy and colonoscopy. DBE is a safe procedure with low complication rates. Because DBE has an accessory channel and good maneuverability in the distal small bowel, it enables endoscopic treatment, including hemostasis, balloon dilation, polypectomy, mucosal resection, and retrieval of foreign bodies. © 2012 Blackwell Publishing Ltd.
  • Takahito Takezawa, Shunji Hayashi, Yoshikazu Adachi, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Naoyuki Nishimura, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Hironori Yamamoto, Yoshikazu Hirai, Kentaro Sugano
    Clinical Journal of Gastroenterology 5 (1) 69 - 73 1865-7257 2012/02 [Refereed][Not invited]
     
    Human intestinal spirochetosis (HIS) is a colorectal infectious disease caused by Brachyspira species. We describe HIS in an immunocompromised, 62-year-old Japanese man who presented at Jichi Medical University Hospital with symptoms of diarrhea and bloody stool. He had rheumatoid arthritis that had been treated with immunosuppressive drugs for 10 years. Colonoscopy revealed multiple erythematous spots in the cecum and colon. A histopathological examination identified intestinal colonization by spirochetes, and Brachyspira pilosicoli was isolated from biopsy specimens, indicating a diagnosis of HIS. Metronidazole eradicated the spirochetes, the intestinal mucosa recovered to normal, and the clinical symptoms disappeared. This case suggests that it is important to keep in mind HIS in the differential diagnosis of immunocompromised patients with chronic diarrhea and bloody stool. © 2011 Springer.
  • 歌野 健一, 冨樫 一智, 木島 茂喜, 佐々木 崇洋, 遠藤 和洋, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 杉本 英治
    胃と腸 (株)医学書院 47 (1) 46 - 54 0536-2180 2012/01 
    大腸癌の予後および治療法の選択は深達度と密接に関係している.CT colonographyでは,MDCTの技術革新に伴って,短時間で仮想内視鏡像や仮想注腸像,MPR像といった様々なpost processing imageの作成が可能となった.一方,大腸内視鏡や注腸造影検査においては,これまでに培われたそれぞれの診断基準が存在する.CT colonographyにおける大腸癌の深達度診断においては,得られた様々なpost processing imageに,従来のモダリティで培われた診断基準を用いて,総合的に診断することで的確な深達度診断が可能と考える.(著者抄録)
  • Nishimura N, Yamamoto H, Yano T, Hayashi Y, Sato H, Miura Y, Shinhata H, Sunada K, Sugano K
    Gastrointestinal endoscopy 5 74 (5) 1157 - 1161 0016-5107 2011/11 [Refereed][Not invited]
  • Sakamoto H, Yamamoto H, Hayashi Y, Yano T, Miyata T, Nishimura N, Shinhata H, Sato H, Sunada K, Sugano K
    Gastrointestinal endoscopy 2 74 (2) 328 - 333 0016-5107 2011/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: The major problem in the management of Peutz-Jeghers syndrome (PJS) is small-bowel polyps, which can cause intussusception and bleeding. Double-balloon endoscopy (DBE) enables endoscopic resection of small-bowel polyps. OBJECTIVE: The aim of this study was to determine the efficacy and safety of endoscopic management of small-bowel polyps in PJS patients by using DBE. DESIGN: Retrospective chart review. SETTING: Single university hospital. PATIENTS: Consecutive patients with PJS who underwent multiple sessions of DBE for evaluation or treatment of small-bowel polyps between September 2000 and April 2009. INTERVENTIONS: Endoscopic resection of small-bowel polyps in PJS patients was performed by using DBE. MAIN OUTCOME MEASUREMENTS: Efficacy, safety, and long-term laparotomy rate after the procedures were evaluated. RESULTS: Fifteen patients (10 men, mean age 34.0 ± 15.8 years) underwent DBE for a mean 3.0 ± 1.0 sessions. The mean numbers of resected polyps larger than 20 mm significantly decreased as sessions advanced (first, 3.6; second, 1.3; third, 0.7; fourth, 0.4; and fifth, 1.0; P = .02). The mean maximum sizes of resected polyps also significantly decreased at each session: 33, 19, 12, 17, and 30 mm (P = .01). One patient had a perforation, but was managed conservatively. Other complications were pancreatitis (n = 2) and bleeding (n = 2). Only 1 patient underwent surgery for intussusception during the study period. LIMITATIONS: This was a small single-center retrospective study of short duration. CONCLUSIONS: Endoscopic management of small-bowel polyps in PJS patients by using DBE is safe and effective and avoids urgent laparotomy.
  • Yano T, Yamamoto H, Sunada K, Miura Y, Taguchi H, Arashiro M, Yoshizawa M, Hayashi Y, Miyata T, Tanaka H, Kobayashi E, Sugano K
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 2 23 (2) 206 - 206 0915-5635 2011/04 [Refereed][Not invited]
  • Sanada Y, Mizuta K, Yano T, Hatanaka W, Okada N, Wakiya T, Umehara M, Egami S, Urahashi T, Hishikawa S, Fujiwara T, Sakuma Y, Hyodo M, Yamamoto H, Yasuda Y, Kawarasaki H
    Transplant international : official journal of the European Society for Organ Transplantation 24 (1) 85 - 90 0934-0874 2011/01 [Refereed][Not invited]
     
    Bilioenteric anastomotic stricture after liver transplantation is still frequent and early detection and treatment is important. We established the management using double-balloon enteroscopy (DBE) and evaluated the intractability for bilioenteric anastomotic stricture after pediatric living donor liver transplantation (LDLT). We underwent DBE at Jichi Medical University from May 2003 to July 2009 for 25 patients who developed bilioenteric anastomotic stricture after pediatric LDLT. The patients were divided into two types according to the degree of dilatation of the anastomotic sites before and after interventional radiology (IVR) using DBE. Type I is an anastomotic site macroscopically dilated to five times or more, and Type II is an anastomotic site dilated to less than five times. The rate of DBE reaching the bilioenteric anastomotic sites was 68.0% (17/25), and the success rate of IVR was 88.2% (15/17). There were three cases of Type I and 12 cases of Type II. Type II had a significantly longer cold ischemic time and higher recurrence rate than Type I (P = 0.005 and P = 0.006). In conclusion, DBE is a less invasive and safe treatment method that is capable of reaching the bilioenteric anastomotic site after pediatric LDLT and enables IVR to be performed on strictures, and its treatment outcomes are improving. Type II and long cold ischemic time are risk factors for intractable bilioenteric anastomotic stricture.
  • Miura Y, Yamamoto H, Sunada K, Yano T, Arashiro M, Miyata T, Sugano K
    Gastrointestinal endoscopy 3 72 658 - 659 0016-5107 2010/09 [Refereed][Not invited]
  • Kazuhiro Endo, Kenichi Utano, Kazutomo Togashi, Tomonori Yano, Alan T. Lefor, Hironori Yamamoto, Yoshikazu Yasuda, Hideharu Sugimoto
    DIGESTIVE ENDOSCOPY 22 (3) 205 - 210 0915-5635 2010/07 [Refereed][Not invited]
     
    Background: There are no studies to date using air as an enteral contrast medium for small bowel expansion in virtual enteroscopy. We examine the feasibility of air as an enteral contrast medium for virtual enteroscopy to achieve small bowel expansion. Patients and Methods: Two volunteers and six patients were examined. The six patients included three with small bowel tumors, one with small bowel hemorrhage and two with suspected cases of post-operative small bowel stenosis. A duodenal tube was inserted under fluoroscopy and approximately 2000 ml air was administered prior to scanning. A 16-detector row computed tomography apparatus was used with 2-mm thick slices. Intravenous contrast material was administered to the patients, but not to the volunteers. Computed tomography scanning was performed two to three times until the air reached the colon. Two examiners reconstructed multi-planar reformation, volume rendering and virtual endoscopy. These images were compared with double balloon enteroscopic findings and/or resected specimens. Results: There were no complications associated with this examination. In the volunteers the difference between the circular folds of the jejunum and those of the ileum was clearly visualized on virtual endoscopy. Angiodysplasia (9 mm), gastrointestinal stromal tumor (15 mm) and arteriovenous malformation were clearly detected by virtual endoscopy. In contrast, one tumor could not be detected because of inadequate intestinal distension. In the two suspected cases of the stenosis, the lesion was not identified because stenotic lesions were not differentiated from normal peristalsis of the small bowel. Conclusions: Air is a feasible enteral contrast material for virtual enteroscopy.
  • Shinozaki S, Yamamoto H, Yano T, Sunada K, Miyata T, Hayashi Y, Arashiro M, Sugano K
    Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association 2 8 (2) 151 - 158 1542-3565 2010/02 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND & AIMS: It is often difficult to determine the cause of obscure gastrointestinal bleeding (OGIB). We evaluated the diagnostic yield and long-term outcome of patients with OGIB by using double-balloon endoscopy (DBE). METHODS: In this large, retrospective cohort study, DBE was performed in 200 consecutive patients with OGIB. Follow-up data were available from 151 patients for 29.7 months (range, 6-78 months), and clinical outcome was assessed. RESULTS: DBE detected bleeding sources in 155 of 200 patients (77.5%). The most frequent source detected was small intestine ulcers/erosions (64 patients). Patients who underwent DBE within 1 month after the last episode of overt bleeding had a better yield of positive findings than those who did not (84%, 107/128 patients vs 57%, 24/42; P = .002). The overall rate of control of OGIB was 64% (97/151 patients). Patients with vascular lesions of the small intestine had a significantly lower rate of control of OGIB than those with other small intestine lesions (40%, 12/30 patients vs 74%, 52/70; P = .001). A requirement for a large transfusion before DBE (P = .012), multiple lesions (P = .010), and suspicious (not definite) lesions (P = .038) each significantly increased the likelihood of overt rebleeding in patients with vascular lesions of the small intestine. CONCLUSIONS: DBE is useful for the diagnosis of patients with OGIB and should be performed as soon as possible after overt OGIB. Patients with vascular lesions of the small intestine should be followed with particular care.
  • Nishimura N, Yamamoto H, Yano T, Hayashi Y, Arashiro M, Miyata T, Sunada K, Sugano K
    Gastrointestinal endoscopy 2 71 (2) 287 - 294 0016-5107 2010/02 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Although double-balloon enteroscopy (DBE) is performed increasingly often in adults, few findings are available on the use of DBE in pediatric patients in the published literature. OBJECTIVES: The aim of our study was to evaluate the safety and efficacy of DBE in pediatric patients. DESIGN: A retrospective database review. SETTING AND PATIENTS: A database analysis was performed on all pediatric patients (18 years old or younger) who underwent DBE at the Jichi Medical University Hospital between September 2000 and October 2008 selected from a total of 825 patients. MAIN OUTCOME MEASUREMENTS: Clinical utility and safety of DBE in pediatric patients. RESULTS: A total of 92 procedures were performed in 48 patients (27 male, 21 female) with a median age (range) of 12.2 (4-18) years. DBE was performed with the patients under general anesthesia in 43 procedures and under moderate sedation in 49 procedures. The most common indication for DBE was treatment of a stricture of a biliary anastomosis after living-donor liver transplantation with establishment of Roux-en-Y hepaticojejunostomy (23 patients). Endoscopic retrograde cholangiography using DBE was performed, and endoscopic therapy could be performed successfully in 13 (56%) patients. The second most common indication was obscure GI bleeding (10 patients); the lesions responsible for the bleeding were found in 7 (70%) patients. Other indications included surveillance and treatment of hereditary polyposis syndromes (5 patients), abdominal pain (4 patients), and inflammatory bowel disease (2 patients). The overall diagnostic yield was 65% (31 of the 48 patients). Postpolypectomy bleeding occurred in 1 case, but no other complications such as perforation and pancreatitis were observed. LIMITATIONS: Small number of patients, participation bias, and single center's experience. CONCLUSIONS: DBE is a safe and clinically useful endoscopic procedure in pediatric patients.
  • Mitsui, Keigo, Tanaka, Shu, Yamamoto, Hironori, Kobayashi, Tsuyoshi, Ehara, Akihito, Yano, Tomonori, Goto, Hidemi, Nakase, Hiroshi, Tanaka, Shinji, Matsui, Toshiyuki e
    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY MOSBY-ELSEVIER 70 (3) 498 - 504 0016-5107 2009/09 [Refereed][Not invited]
     
    Background: The early diagnosis of small-bowel tumors (SBT) was a difficult task until the advent of capsule endoscopy (CE) and double-balloon endoscopy (DBE) allowed access to the disease sited. However, although CE and DBE have greatly simplified the task, DBE studies have yet to provide sufficient data on the diagnosis and outcome of patients with SBTs. Objective: To determine the efficacy of DBE examination in the detection and diagnosis of SBT. Design: A retrospective analysis of cross-sectional case series. Setting: Seven major medical centers in Japan. Patients: The first 1035 consecutive DBE cases at these major Japanese centers since the introduction of DBE. Main Outcome Measurements: The percentage of subjects with SBT and a diagnosis of SBT, their indications for DBE, and diagnostic and therapeutic DBE procedures carried out for SBT. Results: SBTs were identified in 144 of 1035 Subjects (13.9%) who underwent DBE between September 2000 and December 2005. For subjects with SBT, the most common indication for DBE was the Suspected presence of a SBT (61/144 [42.4%]). For subjects without SBT, the most common indication was obscure GI bleeding (OGIB) (419/891 [47.0%]). Malign
  • 肝胆膵領域におけるIVRの応用 小児生体肝移植後胆管空腸吻合部狭窄に対する治療戦略 Double balloon endoscopy併用IVRの有用性について
    眞田 幸弘, 川野 陽一, 水田 耕一, 江上 聡, 林田 真, 森 美鈴, 安部 望, 菱川 修司, 矢野 智則, 山本 博徳, 森嶋 計, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和, 河原崎 秀雄
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 (一社)日本肝胆膵外科学会 21回 146 - 146 2009/06
  • Hayashi Y, Yamamoto H, Yano T, Sugano K
    Therapeutic advances in gastroenterology 2 2 (2) 109 - 117 1756-283X 2009/03 [Refereed][Not invited]
     
    The new methods of capsule endoscopy (CE) and double-balloon endoscopy (DBE) have revolutionized the diagnostic approach to middle (mid) gastrointestinal bleeding (MGIB) in recent years. DBE also has therapeutic options and enables us to treat the MGIB endoscopically. In this review, we discuss endoscopic diagnosis and management of three major categories of sources of MGIB - vascular lesions, ulcers/erosions and tumors/polyps.
  • 川野 陽一, 水田 耕一, 江上 聡, 清水 篤志, 眞田 幸弘, 菱川 修司, 俵藤 正信, 安田 是和, 矢野 智則, 中澤 克行, 山本 博徳, 河原崎 秀雄
    移植 (一社)日本移植学会 44 (1) 109 - 109 0578-7947 2009/02
  • Hayashi Y, Yamamoto H, Taguchi H, Sunada K, Miyata T, Yano T, Arashiro M, Sugano K
    Journal of gastroenterology 44 Suppl 19 57 - 63 0944-1174 2009 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) occasionally induce small-bowel injury. However, the clinical features have only been partially clarified. The aim of this study was to clarify the clinical features of the disease and evaluate the effectiveness of endoscopic balloon dilation therapy for diaphragm disease, using double-balloon endoscopy (DBE). METHODS: This is a retrospective case study using our DBE database. Our inclusion criteria required patients to meet all the following criteria: (1) history of NSAID use; (2) endoscopic findings of erosion and/or ulcer and/or typical diaphragm-like strictures; (3) improvement in clinical findings (signs and symptoms) and/or endoscopic findings by cessation of NSAIDs, except for diaphragm disease; and (4) exclusion of other causes (e.g., malignant tumor, inflammatory bowel disease, and infectious disease). The clinical records of patients were investigated. RESULTS: Eighteen patients were included. Sixteen patients showed ulcerative lesions, and the remaining 2 patients showed diaphragm diseases. For localized lesions, 12 patients evidenced lesions in the ileum, 5 patients had lesions in the duodenum and/or jejunum, and 1 had lesions in both intestines. The ulcerative lesions were multiple with various morphologies that were located unrelated to mesenteric or antimesenteric sides. The endoscopic balloon dilations were performed safely, and all patients improved with regard to their symptoms. CONCLUSIONS: Symptomatic NSAID-induced small-bowel injuries exhibit a variety of patterns of ulcerative lesions as observed in the ileum in many cases. The endoscopic balloon dilation appears to be a safe and effective treatment for diaphragm disease.
  • Daisuke Tsukui, Tomonori Yano, Katsuyuki Nakazawa, Hiroyuki Osawa, Yoichi Kawano, Koichi Mizuta, Hideo Kawarasaki, Hironori Yamamoto
    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 68 (5) 1013 - 1015 0016-5107 2008/11 [Refereed][Not invited]
  • 川野 陽一, 水田 耕一, 江上 聡, 林田 真, 眞田 幸弘, 俵藤 正信, 安田 是和, 矢野 智則, 山本 博徳, 河原崎 秀雄
    移植 (一社)日本移植学会 43 (総会臨時) 245 - 245 0578-7947 2008/09
  • Shinozaki S, Yamamoto H, Ohnishi H, Kita H, Yano T, Iwamoto M, Miyata T, Hayashi Y, Sunada K, Ido K, Takayashiki N, Sugano K
    Journal of gastroenterology and hepatology 8 Pt 2 23 (8 Pt 2) e308 - 11 0815-9319 2008/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIM: Most cases of Meckel's diverticula are asymptomatic, however, some cases presented with gastrointestinal (GI) bleeding. It is often difficult to determine whether Meckel's diverticulum is a source of obscure GI bleeding. Double balloon endoscopy allows endoscopic access to the entire small intestine. The aim of this study was to compare endoscopic findings of three hemorrhagic and two non-hemorrhagic Meckel's diverticula in patients with obscure GI bleeding using this novel technique. METHODS: Between September 2000 and April 2005, 354 enteroscopies, including 162 anterograde and 192 retrograde procedures, were performed on 217 patients at the Jichi Medical University Hospital, Japan, using the double balloon endoscopy system. Five consecutive patients where Meckel's diverticulum was endoscopically observed were selected and analyzed. RESULTS: Double balloon endoscopy enabled direct observation of Meckel's diverticula in all five patients. Surgical procedures were indicated for three patients where double balloon endoscopy discovered ulcers. By contrast, double balloon endoscopy detected other sources of bleeding in the remaining two patients where no ulcers were found in the Meckel's diverticula. CONCLUSION: Endoscopic observation of the ulcers in Meckel's diverticula was important evidence of bleeding in patients with obscure GI bleeding. Other sources of bleeding should be considered when no ulcers are found in the Meckel's diverticula.
  • Youichi Kawano, Koichi Mizuta, Shuji Hishikawa, Satoshi Egami, Takehito Fujiwara, Masanobu Hyodo, Yoshikazu Yasuda, Tomonori Yano, Katsuyuki Nakazawa, Hironori Yamamoto, Hideo Kawarasaki
    LIVER TRANSPLANTATION 14 (3) 385 - 387 1527-6465 2008/03 [Refereed][Not invited]
  • Takayuki Matsumoto, Tetsuji Kudo, Motohiro Esaki, Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Choitsu Sakamoto, Hidemi Goto, Hiroshi Nakase, Shinji Tanaka, Toshiyuki Matsui, Kentaro Sugano, Mitsuo Iida
    SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 43 (4) 490 - 496 0036-5521 2008 [Refereed][Not invited]
     
    Objective. Capsule endoscopy has shown that non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) can damage the small intestine. The aim of this study was to determine the prevalence of NSAIDs enteropathy in subjects indicated for double-balloon endoscopy (DBE). Material and methods. The Japanese Study Group for Double-Balloon Endoscopy (JSG-DBE) established a database for the practical use of DBE in the Japanese population during a 2-year period from 2004 to 2005. Using this database, we identified subjects who had been taking NSAIDs within a month prior to DBE (NSAIDs group) and those free from NSAIDs use (control group). The clinical background and DBE findings were compared between the two groups. Results. Among 1035 patients registered in the JSG-DBE database, 61 subjects were classified as the NSAIDs group and 600 served as the control group. Patients in the NSAIDs group were older (62 +/- 18 versus 51 +/- 19 years, p<0.0001) and gastrointestinal bleeding was a more frequent indication for DBE (79% versus 44%, p<0.001) compared with in the control group. Non-specific mucosal breaks were detected by DBE in 31 patients in the NSAIDs group (51%) and 29 patients in the control group (5%, p<0.0001). Aspirin was less frequently prescribed and cardiovascular disease was a less frequent indication for NSAIDs use in patients with mucosal breaks than in those without breaks. Conclusions. In the cases indicated for enteroscopy, NSAIDs enteropathy occurred in half of the patients taking NSAIDs. Aspirin seems to be less harmful to the small intestine than other NSAIDs.
  • Yano T, Yamamoto H, Sunada K, Miyata T, Iwamoto M, Hayashi Y, Arashiro M, Sugano K
    Gastrointestinal endoscopy 1 67 (1) 169 - 172 0016-5107 2008/01 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Small-intestinal vascular lesions observed by endoscopy vary in appearance. Angioectasia is a venous lesion that requires cauterization; a Dieulafoy's lesion and arteriovenous malformation may cause arterial bleeding, which requires clipping or laparotomy. For selection of the appropriate treatment, it is necessary to distinguish between venous and arterial lesions. PATIENTS AND METHODS: We classified these lesions into the following 6 groups: type 1a, punctulate erythema (< 1 mm), with or without oozing; type 1b, patchy erythema (a few mm), with or without oozing; type 2a, punctulate lesions (< 1 mm), with pulsatile bleeding; type 2b, pulsatile red protrusion, without surrounding venous dilatation; type 3, pulsatile red protrusion, with surrounding venous dilatation; type 4, other lesions not classified into any of the above categories. Types 1a and 1b are considered angioectasias. Types 2a and 2b are Dieulafoy's lesions. Type 3 represents an arteriovenous malformation. Type 4 is unclassifiable. Three endoscopists independently reviewed images and video to classify 102 vascular lesions into the above types. The rate of concordance among the 3 endoscopists was calculated. RESULTS: Eighty-four lesions (82%) were classified into the same type by all of 3 endoscopists. The mean kappa value (standard deviation) for the concordance was 0.72 +/- 0.07, which confirmed substantial interobserver concordance. LIMITATIONS: This classification is applicable only to endoscopic findings. It was desirable to correlate the histopathologic findings with endoscopic observations. CONCLUSIONS: This classification will be useful for selecting the hemostatic procedure and outcome studies.
  • 津久井 大介, 矢野 智則, 中澤 克行, 玉田 喜一, 山本 博徳, 菅野 健太郎, 川野 陽一, 江上 聡, 菱川 修司, 水田 耕一, 河原崎 秀雄
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 72 (1) 102 - 102 1348-9844 2007/11
  • Sunada K, Yamamoto H, Hayashi Y, Yano T, Taguchi H, Iwamoto M
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 10 65 (10) 1866 - 1874 0047-1852 2007/10 [Refereed][Not invited]
     
    Double balloon endoscopy (DBE) and video capsule endoscopy (VCE) are breakthrough methods for endoscopic examination of the small intestine. Using these modalities, it has been clarified that use of nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) induces ulcers not only in upper gastrointestinal tract but also in the small intestine. Furthermore, concentric membranous strictures, so called "diaphragm disease" can be induced with long-term NSAID use in some cases. The best therapy for ulcers induced by NSAIDs in small intestine is cessation of NSAIDs use so far. For these diaphragm-like small intestinal strictures, a balloon dilation therapy using DBE can be performed safety and effectively.
  • Ohmiya, Naoki, Yano, Tomonori, Yamamoto, Hironori, Arakawa, Daigo, Nakamura, Masanao, Honda, Wataru, Itoh, Akihiro, Hirooka, Yoshiki, Niwa, Yasumasa, Maeda, Osamu
    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY MOSBY-ELSEVIER 66 (3) S72 - S77 0016-5107 2007/09 [Refereed][Not invited]
     
    Background: Double balloon endoscopy (DBE) and videocapsule endoscopy (VCE) have been useful in managing Obscure GI bleeding (OGIB). Objective: This study evaluated the usefulness of DBE for diagnosis, treatment, and prognosis of OGIB and compared diagnostic yield between DBE and VCE in Japan. Methods: Detection rates of abnormalities and diagnostic yields between VCE and DBE were compared in 74 patients at 5 centers. Of 244 patients who underwent DBE at Nagova University Hospital, 130 (53%) with OGIB were enrolled for investigation of therapeutic procedures. Setting: Seven Japanese medical centers. Patients: Of 1034 patients who underwent DBE between September 2000 and December 2005 at 7 medical centers, 479 (46%) with OGIB were enrolled. Results: Overall diagnostic yield of DBE for OGIB was 277 of 479 (58%). In patients with overt-ongoing bleeding, overt-previous bleeding of sporadic type, overt-previous bleeding of first attack only, occult bleeding with continuous positive fecal occult blood test (FOBT), or occult bleeding with I positive FOBT with iron deficiency anemia, diagnostic yield was 24 of 31 (77%), 179 of 310 (58%), 34 of 72 (47%), 24 of 35 (71%), and 56 of 93 (60%),
  • Iwamoto M, Hayashi Y, Yamamoto H, Kita H, Yano T, Sunada K, Sugano K, Horie H, Nagai H, Kanai N
    Gastrointestinal endoscopy 1 66 (1) 184 - 5; discussion 185 0016-5107 2007/07 [Refereed][Not invited]
  • 空気をcontrast mediumとして用いたCT enterography
    遠藤 和洋, 歌野 健一, 冨樫 一智, 矢野 智則, 山本 博徳, 永井 秀雄
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 49 (Suppl.1) 864 - 864 0387-1207 2007/04
  • Hayashi Y, Yamamoto H, Kita H, Sunada K, Miyata T, Yano T, Sato H, Iwamoto M, Sugano K
    Journal of gastroenterology and hepatology 12 21 1861  0815-9319 2006/12 [Refereed][Not invited]
  • Hayashi Y, Yamamoto H, Kita H, Sunada K, Sato H, Yano T, Iwamoto M, Sekine Y, Miyata T, Kuno A, Iwaki T, Kawamura Y, Ajibe H, Ido K, Sugano K
    World journal of gastroenterology : WJG 31 11 (31) 4861 - 4864 1007-9327 2005/08 [Refereed][Not invited]
     
    AIM: To clarify clinical features of the NSAID-induced small bowel lesions using a new method of endoscopy. METHODS: This is a retrospective study and we analyzed seven patients with small bowel lesions while taking NSAIDs among 61 patients who had undergone double-balloon endoscopy because of gastro-intestinal bleeding or anemia between September 2000 and March 2004, at Jichi Medical School Hospital in Japan. Neither conventional EGD nor colonoscopy revealed any lesions of potential bleeding sources including ulcerations. Double-balloon endoscopy was carried out from oral approach in three patients, from anal approach in three patients, and from both approaches in one patient. RESULTS: Ulcers or erosions were observed in the ileum in six patients and in the jejunum in one patient, respectively. The ulcers were multiple in all the patients with different features from tiny punched out ulcers to deep ulcerations with oozing hemorrhage or scar. All the patients recovered uneventfully and had full resolution of symptoms after suspension of the drug. CONCLUSION: NSAIDs can induce injuries in the small bowel even in patients without any lesions in both the stomach and colon.
  • Yano T, Yamamoto H, Kita H, Sunada K, Hayashi Y, Sato H, Iwamoto M, Sekine Y, Miyata T, Kuno A, Nishimura M, Ajibe H, Ido K, Sugano K
    Gastrointestinal endoscopy 62 (2) 302 - 304 0016-5107 2005/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: The inability to pass endoscopes beyond strictures is a considerable problem in patients with a colonic stricture. METHODS: In patients with bowel obstruction, we have modified the insertion method for double-balloon endoscopy with a long, transnasal decompression tube. OBSERVATIONS: We have succeeded in reaching the proximal side of the stricture from the oral approach across the entire small bowel in a patient. CONCLUSIONS: This modified double-balloon enteroscopy is useful for patients with bowel obstruction in whom a long decompression tube is already placed.
  • Sunada K, Yamamoto H, Kita H, Yano T, Sato H, Hayashi Y, Miyata T, Sekine Y, Kuno A, Iwamoto M, Ohnishi H, Ido K, Sugano K
    World journal of gastroenterology : WJG 7 11 (7) 1087 - 1089 1007-9327 2005/02 [Refereed][Not invited]
     
    AIM: To evaluate the clinical outcome of enteroscopy, using the double-balloon method, focusing on the involvement of neoplasms in strictures of the small intestine. METHODS: Enteroscopy, using the double-balloon method, was performed between December 1999 and December 2002 at Jichi Medical School Hospital, Japan and strictures of the small intestine were found in 17 out of 62 patients. These 17 consecutive patients were subjected to analysis. RESULTS: The double-balloon enteroscopy contributed to the diagnosis of small intestinal neoplasms found in 3 out of 17 patients by direct observation of the strictures as well as biopsy sampling. Surgical procedures were chosen for these three patients, while balloon dilation was chosen for the strictures in four patients diagnosed with inflammation without involvement of neoplasm. CONCLUSION: Double-balloon enteroscopy is a useful method for the diagnosis and treatment of strictures in the small bowel.
  • Kuno A, Yamamoto H, Kita H, Sunada K, Yano T, Hayashi Y, Sato H, Miyata T, Sekine Y, Iwamoto M, Ido K, Sugano K
    Gastrointestinal endoscopy 6 60 (6) 1032 - 1034 0016-5107 2004/12 [Refereed][Not invited]
  • Yamamoto H, Kita H, Sunada K, Hayashi Y, Sato H, Yano T, Iwamoto M, Sekine Y, Miyata T, Kuno A, Ajibe H, Ido K, Sugano K
    Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association 11 2 (11) 1010 - 1016 1542-3565 2004/11 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND & AIMS: A specialized system for a new method for enteroscopy, the double-balloon method, was developed. The aim of this study was to evaluate the usefulness of this endoscopic system for small-intestinal disorders. METHODS: The double-balloon endoscopy system was used to perform 178 enteroscopies (89 by the anterograde approach and 89 by the retrograde approach) in 123 patients. The system was assessed on the basis of the rates of success in jejunal and ileal insertion and the entire examination of the small intestine, diagnostic yields, ability to perform treatment, and complications. RESULTS: Insertion of the endoscope beyond the ligament of Treitz or ileocecal valve was possible in all 178 procedures. It was possible to observe approximately one half to two thirds of the entire small intestine by each approach, and observation of the entire small intestine was possible in 24 (86%) of 28 trials. The source of bleeding was identified in 50 (76%) of 66 patients with GI bleeding, scrutiny of strictures was possible in 23 patients, and a tumor was examined endoscopically in 17 patients. Two complications (1.1%) occurred. Endoscopic therapies in the small intestine including hemostasis (12 cases), polypectomy (1 case), endoscopic mucosal resection (1 case), balloon dilation (6 cases), and stent placement (2 cases) were performed successfully. CONCLUSIONS: Double-balloon endoscopy permits the exploration of the small intestine with a high success rate of total enteroscopy. The procedure is safe and useful, and it provides high diagnostic yields and therapeutic capabilities.
  • Yamamoto H, Kita H, Sunada K, Yano T, Hayashi Y, Sato H, Iwamoto M, Ido K, Sugano K
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 6 93 (6) 1189 - 1199 0021-5384 2004/06 [Refereed][Not invited]
  • Shinichi Wada, Tomonori Yano, Kiichi Tamada, Takeshi Tomiyama, Shigeo Tano, Kenichi Ido, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal Endoscopy 58 (3) 464 - 466 0016-5107 2003/09 [Refereed][Not invited]

MISC

  • 消化管出血の診断・治療の進歩-現状と課題- 下部消化管出血に対するGel immersion endoscopyによる視野確保
    三輪田 哲郎, 矢野 智則, 小林 泰俊, 坂本 博次, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  96-  (Suppl.)  s75  -s75  2019/12  [Not refereed][Not invited]
  • 森川 昇玲, 坂本 博次, 矢野 智則, 所 晋之助, 関谷 万理子, 相良 裕一, 船山 陽平, 関口 裕美, 山下 晋平, 上野 貴, 濱田 嵩史, Tsevelnorov Khurelbaatal, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  95-  (Suppl.)  s114  -s114  2019/06  [Not refereed][Not invited]
  • 原発性小腸癌30例の検討 ダブルバルーン内視鏡を活用してきた立場から
    根本 大樹, 矢野 智則, 坂本 博次, 小林 泰俊, 歌野 健一, 愛澤 正人, 五十畑 則之, 遠藤 俊吾, 冨樫 一智, 山本 博徳  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (5)  322  -322  2019/05  [Not refereed][Not invited]
  • 坂本 博次, 相良 裕一, 矢野 智則, 山本 博徳  臨床消化器内科  34-  (6)  640  -646  2019/05  [Not refereed][Not invited]
     
    <文献概要>Peutz-Jeghers症候群は,食道を除く消化管の過誤腫性ポリポーシス,口唇・口腔粘膜・指尖部を中心とする皮膚・粘膜の色素斑,常染色体優性遺伝を3主徴とする疾患である.原因遺伝子は癌抑制遺伝子のLKB1/STK11である.ポリープは粘膜上皮の過形成と粘膜筋板からの平滑筋線維束の樹枝状増生が特徴であり,小腸で増大したポリープにより腸重積をきたし,開腹手術が余儀なくされることが多い.近年ではバルーン内視鏡下でポリープに対する内視鏡的治療を定期的に行うことで手術を回避できるようになっているため,8歳までに消化管のサーベイランスを行うことが望ましい.消化器癌,乳癌,卵巣癌,子宮癌(最小偏倚腺癌),セルトリ細胞腫,肺癌等の悪性腫瘍合併発症リスクが高く,サーベイランスも重要である.
  • Linked color imaging(LCI)/Blue light imaging(BLI)で範囲/質的診断、Pocket-creation method(PCM)によるESDで一括切除しえたColitis-associated-cancer(CAC)の1例
    如水 慶嗣, 小林 泰俊, 林 芳和, 所 晋之助, 相良 裕一, 平岡 友二, 岩下 ちひろ, 角田 真人, 篠崎 聡, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 岡田 昌浩, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集  354回-  31  -31  2019/04  [Not refereed][Not invited]
  • 宮原 晶子, 坂本 博次, 井野 裕治, 林 芳和, 矢野 智則, 宇賀神 ららと, 永山 学, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  自治医科大学紀要  41-  47  -51  2019/03  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は65歳女性。30歳頃から鼻出血を繰り返し、近医にて鉄欠乏性貧血に対して鉄剤投与されていた。貧血が悪化したため当科入院となった。小腸カプセル内視鏡にて空腸粘膜に矢野・山本分類type 1b相当のangioectasiaが多発し、血性腸液を認めた。手指に毛細血管拡張病変も認め、遺伝性出血性末梢血管拡張症と診断した。経口ダブルバルーン内視鏡下にangioectasiaに対するアルゴンプラズマ凝固術を施行したところ、貧血の改善を認めた。その後、6ヵ月から1年程度の間隔でカプセル内視鏡を施行している。Angioectasiaの数が明らかに増加し、貧血の進行を伴う際には、カプセル内視鏡で確認されたangioectasiaが多発している領域に集中して内視鏡的治療を行っている。遺伝性出血性末梢血管拡張症では内視鏡的治療を行った後もangioectasiaが再発するが、病変数と分布を把握するためのサーベイランスとしてカプセル内視鏡検査を行うことで、より侵襲の高い内視鏡的治療を行う回数と処置時間を低減できる可能性が示唆される。(著者抄録)
  • 矢野智則, 竹澤敬人, 橋元幸星, 大森彩子, 坂本博次, 砂田圭二郎, 山本博徳  日本消化管学会雑誌  3-  (Suppl.)  167  -167  2019/02  [Not refereed][Not invited]
  • 三浦義正, 矢野智則, 坂口美織, 井野裕治, 角田真人, TSEVELNOROV Khurelbaatar, 小林泰俊, 坂本博次, 林芳和, 砂田圭二郎, 大澤博之, 福嶋敬宜, 山本博徳  胃と腸  53-  (13)  1747‐1755  2018/12  [Not refereed][Not invited]
  • 小林 泰俊, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  94-  (Suppl.)  s72  -s72  2018/12  [Not refereed][Not invited]
  • 相良 裕一, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  94-  (Suppl.)  s80  -s80  2018/12  [Not refereed][Not invited]
  • 櫻井 祐輔, 坂本 博次, 船山 陽平, 関谷 万理子, 森川 昇玲, 上野 貴, 山下 晋平, 相良 裕一, 宮原 晶子, 平岡 友二, 所 晋之助, 東條 浩子, 小林 泰俊, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  94-  (Suppl.)  s114  -s114  2018/12  [Not refereed][Not invited]
  • 岡田 昌浩, 林 芳和, 坂本 博次, 竹澤 敬人, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  94-  (Suppl.)  s137  -s137  2018/12  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田圭二郎, 篠崎聡, 竹澤敬人, 小林泰俊, 坂本博次, 林芳和, 矢野智則, 山本博徳  Intestine  22-  (6)  570‐575  2018/11  [Not refereed][Not invited]
  • 腸管スピロヘータ症に治療は必要か?
    大和田 潤, 竹澤 敬人, 宮原 晶子, 平岡 友二, 福田 久, 岡田 昌浩, 井野 裕治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  115-  (臨増大会)  A727  -A727  2018/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸の機能はどこまで判明したのか?】 小腸内視鏡の登場と進化、基礎研究への応用
    砂田 圭二郎, 永山 学, 矢野 智則, 山本 博徳  消化器病学サイエンス  2-  (3)  120  -126  2018/09  [Not refereed][Not invited]
     
    現在、実臨床で使用されている小腸内視鏡は大別して3種類ある。一つはバルーン内視鏡であり、柔らかくて長いバルーン付きオーバーチューブを使用する。内視鏡先端にもバルーンが付いているのがダブルバルーン内視鏡であり、付いていないものはシングルバルーン内視鏡とよばれる。全小腸内視鏡観察はダブルバルーン内視鏡のほうが有利とされ、両者とも内視鏡が到達すれば、通常の内視鏡と同様の診断・治療ができる。もう一つはカプセル内視鏡であり、嚥下すれば全小腸観察が可能で非侵襲的とされている。ただし滞留などの課題もある。三つ目はスパイラル内視鏡で、最も効率的な挿入ができるとされ、電動式も開発されているが、その安全性、適応限界などはまだ今後の課題である。小腸内視鏡を活用した基礎研究はまだ多くはないが、次世代シーケンサーの登場により腸内細菌学は飛躍的に発展しており、内視鏡でサンプルを回収しその解析によって小腸疾患の病態解明が進展することが期待されている。(著者抄録)
  • 機能性胃腸障害として経過を観られていた十二指腸結腸瘻の1例
    横山 孝二, 矢野 智則, 熊谷 秀規, 今川 智之, 廣瀬 優子, 山形 崇倫  日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌  32-  (Suppl.)  94  -94  2018/09  [Not refereed][Not invited]
  • 横山 孝二, 矢野 智則, 熊谷 秀規, 今川 智之, 廣瀬 優子, 山形 崇倫  日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌  32-  (Suppl.)  94  -94  2018/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【知っておこう!遺伝性消化器疾患】 遺伝性出血性末梢血管拡張症
    井野 裕治, 矢野 智則, 宮原 晶子, 坂本 博次, 山本 博徳  消化器内視鏡  30-  (8)  1020  -1025  2018/08  [Not refereed][Not invited]
     
    遺伝性出血性末梢血管拡張症(HHT)は家族性、遺伝性に皮膚粘膜や内臓の末梢血管に異常拡張をきたし、反復する鼻出血や消化管出血を主徴とする疾患である。血管内皮細胞上に存在するTGF-βファミリーシグナル系のI型受容体であるactivin A receptor like type 1(ACVRL1)、同じくIII型受容体であるエンドグリン(ENG)、細胞内に存在するSMAD4の3遺伝子が、原因遺伝子として同定されている。これらに異常をきたすと血管内皮細胞および血管平滑筋細胞の血管新生と血管安定化のバランスが崩れ、HHTが発症すると考えられている。全消化管に毛細血管拡張症が起こりうるが、大腸よりも胃や十二指腸のほうが多いといわれている。毛細血管拡張は皮膚にみられるものと大きさや形状はほぼ同じである。鉄剤の内服でコントロールできない貧血を伴う消化管出血をきたした場合は、アルゴンプラズマ凝固法による焼灼術などの姑息的治療が行われている。また近年ではベバシズマブの投与が有効であったとの報告があり、今後の臨床応用が期待されている。(著者抄録)
  • 術後狭窄 胆管空腸吻合部狭窄に対する内視鏡的治療の長期成績
    横山 健介, 矢野 智則, 牛尾 純  胆道  32-  (3)  483  -483  2018/08  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸疾患(non-CD)を見直す】 小腸の腫瘍性病変を見直す
    船山 陽平, 矢野 智則, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  115-  (7)  597  -604  2018/07  [Not refereed][Not invited]
     
    バルーン内視鏡検査や小腸カプセル内視鏡検査の登場で、小腸腫瘍の検索難度は以前より低下しつつある。小腸原発悪性腫瘍として、本邦では悪性リンパ腫、小腸癌、gastrointestinal stromal tumorが多い。バルーン内視鏡での生検が可能になったことで、小腸癌で早期診断により治療成績が改善する可能性や、リンパ腫治療で外科的腸管切除を省略しうる可能性が示唆されている。良性腫瘍では過誤腫や腺腫の頻度が高い。過誤腫性ポリポーシスをきたすPeutz-Jeghers症候群では、内視鏡的治療を繰り返すことにより外科的手術を回避できる。今後も小腸腫瘍の領域における更なる進歩、発展が望まれる。(著者抄録)
  • 【高リスク患者の内視鏡】 小腸(空腸・回腸) 活動性小腸出血患者に対する緊急バルーン小腸内視鏡の注意点
    矢野 智則, 坂本 博次, 小林 泰俊, 宮原 晶子, 東條 浩子, 関谷 万里子, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  30-  (7)  886  -891  2018/07  [Not refereed][Not invited]
     
    活動性小腸出血では、病歴や背景疾患、便の色と排便頻度、胸腹部ダイナミックCT、バイタルサインなどの情報から出血源の病変種類と部位を推測し、緊急バルーン小腸内視鏡の適応を判断する。その挿入ルートは、視野確保が容易で血性腸液を出血部位同定の手がかりにできる経口ルートが基本である。しかし、CT等で下部回腸出血と判明している場合は経肛門ルートを選択する。スコープは鉗子口径が大きなものを選択し、先端アタッチメントと、BioShield irrigatorを併用する。小腸はランドマークがないため、経口ルートで血性腸液を認めたらマーキングクリップを留置し、それを基点にして出血源を探す。小腸は内腔が狭く、血性腸液で内腔が埋まって止血術中の視野確保が困難になりやすいが、水の代わりに透明なgelを注入して視野を確保する方法が役に立つ。(著者抄録)
  • Gel immersion endoscopyによる視野確保は急性出血性直腸潰瘍において特に有効である
    大森 彩子, 矢野 智則, 岡田 昌浩, 高岡 良成, 坂本 博次  Progress of Digestive Endoscopy  93-  (Suppl.)  s116  -s116  2018/06  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則, 坂本 博次, 小林 泰俊, 永山 学, 宮原 晶子, 東條 浩子, 山本 博徳  胃と腸  53-  (6)  801  -807  2018/05  [Not refereed][Not invited]
     
    <文献概要>小腸出血では,年齢層や背景疾患などによって出血源となる病変の頻度が異なる.また,小腸出血に対する検査方法もさまざまだが,それぞれに長所と短所がある.適切な検査方法を選択して診断するためには,病変頻度と各検査の特徴を理解しておく必要がある.小腸内視鏡診療ガイドラインではOGIBに対する診断アルゴリズムが示されており,胸腹部造影CTを最初に行う検査として位置づけている.CTで有意所見があればバルーン内視鏡だが,有意所見がなければカプセル内視鏡を行って,その結果に応じてバルーン内視鏡などの検査を追加するか判断する.ただし,若年者ではCrohn病とMeckel憩室が比較的多いことから,当施設ではカプセル内視鏡よりも先に経肛門バルーン内視鏡を行っている.また,視野確保が困難なほど持続出血する血管性病変に対してはgel immersion endoscopyが視野確保に有用である.
  • 手技の解説 クローン病小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術(動画付き)
    矢野 智則, 坂本 博次, 小林 泰俊, 永山 学, 東條 浩子, 宮原 晶子, 関谷 万里子, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  60-  (5)  1107  -1115  2018/05  [Not refereed][Not invited]
     
    クローン病患者において、小腸狭窄は重要な合併症であり、その治療については未だ課題が多い。外科的切除で治療しても、クローン病を完治させることはできない。再燃して生じた狭窄に対して外科的切除を繰り返せば、短腸症候群になってしまう。バルーン内視鏡の登場により、深部小腸の狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術も可能となった。バルーン拡張術後に再狭窄することもあるが、繰り返し治療することが可能で、外科的治療を長期にわたって回避できる。本稿では、クローン病小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術について、多数例の治療経験から編み出された戦略や工夫について紹介する。(著者抄録)
  • 上部消化管出血に対する内視鏡治療の基本と課題 Gel immersion endoscopyを用いた上部消化管での内視鏡的止血術中の視野確保
    橋元 幸星, 竹澤 敬人, 矢野 智則  Gastroenterological Endoscopy  60-  (Suppl.1)  597  -597  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • バルーン内視鏡診断と治療の現況と将来 家族性大腸腺腫症の十二指腸・小腸腺腫に対する内視鏡的治療の有用性
    関谷 万理子, 坂本 博次, 矢野 智則  Gastroenterological Endoscopy  60-  (Suppl.1)  641  -641  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • 腸管再建を有する胆道結石に対するダブルバルーン内視鏡を用いたERCの成績と困難例への対応
    横山 健介, 矢野 智則, 牛尾 純, 池田 恵理子, 多田 大和, 川崎 佑輝, 玉田 喜一, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  60-  (Suppl.1)  727  -727  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • SNADETに対するUnderwater polypectomy/EMRの治療成績
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 坂本 博次, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  60-  (Suppl.1)  863  -863  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • Peutz-Jeghers症候群におけるダブルバルーン内視鏡を用いた治療ならびにトランジション
    辻 由貴, 小野 滋, 薄井 佳子, 馬場 勝尚, 矢野 智則, 山本 博徳  日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌  32-  (1)  32  -32  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • 原因不明消化管出血の治療戦略と予後 ダブルバルーン内視鏡のスコープ先端バルーンを用いたGel immersion endoscopy効果倍増の工夫
    矢野 智則, 坂本 博次, 小林 泰俊  日本消化器病学会雑誌  115-  (臨増総会)  A146  -A146  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • SNADETに対するUnderwater polypectomy/EMRの治療成績
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 坂本 博次, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  60-  (Suppl.1)  863  -863  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • 消化器内視鏡領域における医工学診療の最近の進歩 ダブルバルーン内視鏡を用いたGel immersion endoscopy
    矢野 智則, 小林 泰俊, 坂本 博次, 宮原 晶子, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  医工学治療  30-  (Suppl.)  96  -96  2018/03  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則, 山本 博徳  Intestine  22-  (2)  173  -176  2018/03  [Not refereed][Not invited]
     
    <文献概要>バルーン小腸内視鏡によって深部小腸においてもさまざまな内視鏡治療が可能になった.その偶発症として,急性膵炎,誤嚥性肺炎,穿孔,出血,腸重積などが挙げられ,バルーン小腸内視鏡の特性と小腸の解剖学的特徴が関わっている場合がある.偶発症の発生原因をよく理解したうえで,適切な戦略をとれば偶発症を低減できると考えている.
  • 小腸出血 カプセル内視鏡vsダブルバルーン内視鏡 ダブルバルーン内視鏡の立場から
    矢野 智則  日本消化管学会雑誌  2-  (Suppl.)  65  -65  2018/02  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸ESDのこれまでとこれから Balloon-assisted ESDの右側結腸内視鏡困難症例に対する有用性についての検討
    山階 武, 林 芳和, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本消化管学会雑誌  2-  (Suppl.)  123  -123  2018/02  [Not refereed][Not invited]
  • 家族性大腸腺腫症の空腸腺腫に対してバルーン内視鏡とPocket-creation methodを併用しESDを施行し得た1例
    飯田 瑞穂, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 平岡 友二, 福田 久, 岡田 昌浩, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 小林 泰俊, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  日本消化管学会雑誌  2-  (Suppl.)  328  -328  2018/02  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸ESDのこれまでとこれから Balloon-assisted ESDの右側結腸内視鏡困難症例に対する有用性についての検討
    山階 武, 林 芳和, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本消化管学会雑誌  2-  (Suppl.)  123  -123  2018/02  [Not refereed][Not invited]
  • 家族性大腸腺腫症の空腸腺腫に対してバルーン内視鏡とPocket-creation methodを併用しESDを施行し得た1例
    飯田 瑞穂, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 平岡 友二, 福田 久, 岡田 昌浩, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 小林 泰俊, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  日本消化管学会雑誌  2-  (Suppl.)  328  -328  2018/02  [Not refereed][Not invited]
  • 術後腸管患者に対する胆膵内視鏡の進歩 術後再建腸管における胆管空腸吻合部高度狭窄に対する工夫
    横山 健介, 矢野 智則, 牛尾 純, 多田 大和, 池田 恵理子  Progress of Digestive Endoscopy  92-  (Suppl.)  s93  -s93  2017/12  [Not refereed][Not invited]
  • 【内視鏡安全学-偶発症の予防と発生時の対応】 小腸 小腸バルーン内視鏡における偶発症の予防と発生時の対応
    矢野 智則, 坂本 博次, 小林 泰俊, 宮原 晶子, 東條 浩子, 永山 学, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  29-  (11)  2022  -2025  2017/11  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸はその解剖学的特徴から、内視鏡での深部挿入が困難であった。今世紀に入って登場したバルーン小腸内視鏡は、バルーン付きオーバーチューブを用いることで深部挿入を可能にした。バルーン小腸内視鏡検査では、その構造的特徴と小腸の解剖学的特徴から、誤嚥性肺炎、急性膵炎、穿孔などの偶発症に注意が必要である。特にCrohn病症例では全層性炎症によって腸間膜が短縮した部分に力が集中し、穿孔が起こりやすい。バルーン小腸内視鏡は深部小腸においても操作性がよく、小腸における内視鏡治療も可能にした。しかし小腸は、ほかの消化管に比べて腸壁が薄く、内腔が狭いため、注意が必要である。ポリープ治療では穿孔と出血、バルーン拡張術では穿孔、止血術では高周波装置や止血クリップによる穿孔に注意が必要である。これらの偶発症について、その発生原理を理解し、適切な予防策をとることが、安全な検査・治療のために重要である。(著者抄録)
  • 永山 学, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Intestine  21-  (6)  526  -530  2017/11  [Not refereed][Not invited]
     
    Cryptogenic multifocal ulcerous stenosing enteritis(CMUSE)は小腸に中心性狭窄が多発する原因不明の慢性稀少疾患である。腸管病変はNSAIDsの膜様狭窄に類似しており、おもに腸管閉塞症状をきたす。治療に関してはステロイド感受性が高いとされるが、ステロイド依存性も示し、また術後の再燃も問題となる。近年、本疾患の病態にプロスタグランジン(PG)が関与していることが示唆されているが結論はついていない。本邦からの報告例はこれまでにないが、東アジアからの報告例もみられてきており、注目すべき疾患の一つである。(著者抄録)
  • 眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 片野 匠, 中村 仁康, 矢野 智則, 杉本 英治, 山本 博徳, 水田 耕一  移植  52-  (4-5)  423  -424  2017/11  [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  胃と腸  52-  (11)  1458  -1466  2017/10  [Not refereed][Not invited]
     
    CMUSE(cryptogenic multifocal ulcerous stenosing enteritis)は空腸,回腸に境界明瞭な浅い潰瘍と多発性再発性狭窄を来す原因不明の慢性希少疾患である.本邦からの報告はこれまでに認めていない.腸管病変は短い求心性狭窄が主体で,粘膜下層までの線維化にとどまり,これにより慢性/再発性の腸管閉塞症状を来す.治療には主にステロイドや手術が選択され,内視鏡的バルーン拡張術も選択肢の一つである.近年,本疾患の病態にプロスタグランジン(PG)が関与していることが示唆されているが結論はついておらず,今後の症例蓄積が必要である.(著者抄録)
  • Peutz-Jeghers症候群におけるダブルバルーン内視鏡を用いた治療ならびにトランジション
    辻 由貴, 小野 滋, 薄井 佳子, 馬場 勝尚, 矢野 智則, 山本 博徳  日本小児外科学会雑誌  53-  (6)  1228  -1228  2017/10  [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  胃と腸  52-  (11)  1458  -1466  2017/10  [Not refereed][Not invited]
     
    CMUSE(cryptogenic multifocal ulcerous stenosing enteritis)は空腸,回腸に境界明瞭な浅い潰瘍と多発性再発性狭窄を来す原因不明の慢性希少疾患である.本邦からの報告はこれまでに認めていない.腸管病変は短い求心性狭窄が主体で,粘膜下層までの線維化にとどまり,これにより慢性/再発性の腸管閉塞症状を来す.治療には主にステロイドや手術が選択され,内視鏡的バルーン拡張術も選択肢の一つである.近年,本疾患の病態にプロスタグランジン(PG)が関与していることが示唆されているが結論はついておらず,今後の症例蓄積が必要である.(著者抄録)
  • φ3.2鉗子チャンネル搭載DBEを使用したEBDの有用性に関する検討
    岸 昌廣, 平井 郁仁, 矢野 豊, 松井 敏行, 高田 康道, 武田 輝之, 別府 剛志, 二宮 風夫, 山本 博則, 矢野 智則, 坂本 長逸, 三井 啓吾, 後藤 秀実, 中村 正直, 田中 信治, 岡 志郎, 江崎 幹宏, 浅野 光一, 八尾 建史, 植木 敏晴  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.2)  2161  -2161  2017/09  [Not refereed][Not invited]
  • 悪性リンパ腫に関連した小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術は有用である
    馬込 省吾, 坂本 博次, 矢野 智則, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 三浦 義正, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.2)  2161  -2161  2017/09  [Not refereed][Not invited]
  • DBERCP303例の既往術式別成績では胆道閉鎖症術後の生体肝移植術後で目的部位到達率が低い
    横山 健介, 矢野 智則, 牛尾 純, 池田 恵理子, 玉田 喜一, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.2)  2194  -2194  2017/09  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸・小腸疾患に対する診断の進歩 Water exchange法とGel immersion endoscopyを用いたダブルバルーン内視鏡
    矢野 智則  日本大腸肛門病学会雑誌  70-  (抄録号)  A70  -A70  2017/09  [Not refereed][Not invited]
  • 悪性リンパ腫に関連した小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術は有用である
    馬込 省吾, 坂本 博次, 矢野 智則, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 三浦 義正, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.2)  2161  -2161  2017/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【内視鏡データリファレンスブック2017】 十二指腸・小腸 バルーン小腸内視鏡
    矢野 智則  消化器内視鏡  29-  (8)  1442  -1445  2017/08  [Not refereed][Not invited]
  • 小児生体肝移植後胆管合併症の危険因子と治療成績
    眞田 幸弘, 矢野 智則, 片野 匠, 平田 雄大, 山田 直也, 岡田 憲樹, 井原 欣幸, 浦橋 泰然, 山本 博徳, 水田 耕一  日本消化器外科学会総会  72回-  PN15  -7  2017/07  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡観察の現状と近未来 観察条件不良例に対するGel immersion endoscopyを用いた観察法
    矢野 智則, 福田 久, 岡田 昌浩, 井野 裕治, 竹澤 敬人  Progress of Digestive Endoscopy  91-  (Suppl.)  s64  -s64  2017/06  [Not refereed][Not invited]
  • 挿入困難例に対する工夫 大腸、術後腸管、胆膵領域 Water exchange methodを用いたダブルバルーン内視鏡下ERCP
    横山 健介, 矢野 智則, 牛尾 純, 池田 恵理子, 玉田 喜一  Progress of Digestive Endoscopy  91-  (Suppl.)  s76  -s76  2017/06  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化器内視鏡-私の流儀】 ダブルバルーン内視鏡 機器選択と施行前点検が成功の要
    矢野 智則  消化器内視鏡  29-  (6)  1130  -1131  2017/06  [Not refereed][Not invited]
  • S状結腸に滞留したPress through pack(PTP)シートをダブルバルーン内視鏡(DBE)内に引き込んで安全に回収しえた一例
    小林 泰俊, 矢野 智則, 坂本 博次, 長井 洋樹, 馬込 省吾, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 三浦 義正, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  91-  (Suppl.)  s118  -s118  2017/06  [Not refereed][Not invited]
  • 【図説「胃と腸」所見用語集2017】分類 小腸血管性病変の内視鏡所見分類(矢野・山本分類)[endoscopic classification of vascular lesions of the small intestine(Yano-Yamamoto classification)]
    矢野 智則  胃と腸  52-  (5)  740  -740  2017/05  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸出血とOGIB患者の長期予後 出血性小腸血管性病変の再出血とその危険因子
    永山 学, 矢野 智則, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  781  -781  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡 近年の進歩と課題 Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリープに対する阻血治療の有用性と手技の工夫
    相良 裕一, 坂本 博次, 矢野 智則  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  904  -904  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 非乳頭部十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療の変遷と現状 Pocket-creation methodを用いたESD
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 坂本 博次, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  1171  -1171  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡 近年の進歩と課題 Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリープに対する阻血治療の有用性と手技の工夫
    相良 裕一, 坂本 博次, 矢野 智則  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  904  -904  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 非乳頭部十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療の変遷と現状 Pocket-creation methodを用いたESD
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 坂本 博次, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  1171  -1171  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管ポリポーシスの最前線】 過誤腫性ポリポーシス
    坂本 博次, 矢野 智則, 砂田 圭二郎  日本消化器病学会雑誌  114-  (3)  422  -430  2017/03  [Not refereed][Not invited]
     
    Peutz-Jeghers症候群、若年性ポリポーシス症候群、PTEN過誤腫症候群は、いずれも過誤腫性ポリポーシスをきたす常染色体優性遺伝の疾患である。発症頻度はそれほど高くない疾患であるが、ポリープ増大に対する治療と悪性腫瘍の高リスク群としてのサーベイランスの両方を適切に行っていく必要がある疾患であり、診断や治療の遅れにつながることのないよう、各疾患の特徴を理解しておく必要がある。本稿では、各疾患の臨床的特徴、原因遺伝子、ポリポーシスに対する治療、発癌リスクとサーベイランス方法について解説する。(著者抄録)
  • 【これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類法】 内視鏡分類 小腸血管性病変
    高橋 治夫, 矢野 智則  診断と治療  105-  (Suppl.)  56  -60  2017/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック】 小腸 ダブルバルーン小腸内視鏡挿入・観察法
    矢野 智則  消化器内視鏡  29-  (3)  490  -493  2017/03  [Not refereed][Not invited]
  • 新たなモダリティーが解明した小腸疾患の診断と治療 Peutz-Jeghers症候群のポリポーシスに対する治療戦略
    坂本 博次, 相良 裕一, 矢野 智則  日本消化器病学会雑誌  114-  (臨増総会)  A101  -A101  2017/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸出血-診断・治療の最前線-】 小腸出血に対する診断・治療戦略
    矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器・肝臓内科  1-  (1)  1  -6  2017/01  [Not refereed][Not invited]
  • Masaaki Shimatani, Hirofumi Kogure, Koichiro Tsutsumi, Tomonori Yano, Kazuichi Okazaki, Hironori Yamamoto, Hideki Ishikawa, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  31-  223  -223  2016/11  [Not refereed][Not invited]
  • Takahiko Mimura, Jun Ushio, Eriko Ikeda, Kensuke Yokoyama, Norikatsu Numao, Tomonori Yano, Kiichi Tamada, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  31-  262  -262  2016/11  [Not refereed][Not invited]
  • こんな時どうする?ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング Water exhange methodとGel immersion endoscopyを用いた安全なダブルバルーンERCPの安全性(Safety double balloon ERCP using Water exchange method & Gel immersion endoscopy)
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則  Gastroenterological Endoscopy  58-  (Suppl.2)  1899  -1899  2016/10  [Not refereed][Not invited]
  • 胆道内視鏡のトラブルシューティング Gel immersion endoscopyによる新たな視野確保法 術後再建腸管の悪性胆道狭窄からの出血で視野が取れない時
    川崎 佑輝, 畑中 恒, 矢野 智則  胆道  30-  (3)  459  -459  2016/08  [Not refereed][Not invited]
  • 【内視鏡切除を極める-基本から覚悟を要する手技まで】 [中級編] 1cm以上の大腸・小腸病変に対するスネアポリペクトミー
    林 芳和, 岡田 昌浩, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  28-  (7)  995  -1003  2016/07  [Not refereed][Not invited]
     
    スネアポリペクトミーは基本的に有茎あるいは亜有茎性の隆起型病変に行う。特に大きなポリープにおいては、ポリープの茎部や基部を確認しながら適切な位置をスネアリングし、断端陰性に一括切除すべきである。また、安全なスネアポリペクトミーのためには、「穿孔」と「出血」の2つに注意しなければならない。そのためには、高周波電流の性質の理解や、出血への対策が必要である。特に小腸は腸壁が薄いので慎重を要する。(著者抄録)
  • Manabu Nagayama, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Chihiro Iwashita, Hisashi Fukuda, Masahiro Okada, Yuji Ino, Takahito Takezawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Keijiro Sunada, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  83-  (5)  AB500  -AB500  2016/05  [Not refereed][Not invited]
  • Tomonori Yano, Masahiro Okada, Hisashi Fukuda, Hirotsugu Sakamoto, Manabu Nagayama, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  83-  (5)  AB638  -AB639  2016/05  [Not refereed][Not invited]
  • Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Yoshimasa Miura, Haruo Takahashi, Hisashi Fukuda, Masahiro Okada, Chihiro Iwashita, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  83-  (5)  AB374  -AB375  2016/05  [Not refereed][Not invited]
  • 小児小腸バルーン内視鏡の現況
    萩原 真一郎, 中山 佳子, 矢野 智則, 角田 文彦, 十河 剛, 井上 幹大, 龍城 真衣子, 青松 友槻, 工藤 孝広, 渡辺 憲治, 岩間 達  日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌  30-  (1)  1  -7  2016/04  [Not refereed][Not invited]
     
    本邦における15歳以下の小腸バルーン内視鏡検査の現況を調査することを目的に、日本小児小腸内視鏡検討会に参加した施設に対し小腸バルーン内視鏡に関するアンケート調査を実施した。回答があった22施設のうち、10施設(45%)で15歳以下の小腸バルーン内視鏡を施行していた。デバイスに関しては9施設がダブルバルーンを採用していた。10施設の総施行件数は373件であり、経肛門的バルーン内視鏡を施行した最年少は7ヵ月、最小体重は7kg、経口的バルーン内視鏡を施行した最年少は1歳、最小体重は10kgであった。偶発症の発生率は、3.5%、観察のみに限ると1.0%であり、過去の小児バルーン内視鏡の報告と同等の結果であった。検査の適応や観察以外の処置に関しては、成人の報告と同様であった。今回の研究により、本邦においても、小児小腸バルーン内視鏡は安全に行われていることが明らかとなった。(著者抄録)
  • 【粘膜下腫瘍のすべて】 空腸・回腸の粘膜下腫瘍の診断と治療
    矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 岡田 昌浩, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  28-  (2)  276  -282  2016/02  [Not refereed][Not invited]
     
    空腸・回腸の粘膜下腫瘍や粘膜下腫瘍様病変には、さまざまなものがあるが、無症状に経過するものも珍しくなく、正確な頻度は不明である。消化管出血や、狭窄症状、腹痛、腸重積、腹部腫瘤触知を契機として診断されるほか、無症状で他疾患に対する検査で偶然見つかる場合もある。表面を正常粘膜が覆っているため、内視鏡単独で診断せず、CTや腹部超音波、ミニプローブを用いたEUSなどの情報も考慮して総合的に診断する。内視鏡的生検は、正診率の割に生検後出血の危険が高いものがあり、施行するかどうか慎重に判断する。外科的切除が必要な場合には、点墨などのマーキングを行っておけば、腹腔鏡補助下小腸部分切除術を行う際に役に立つ。(著者抄録)
  • 先天性胆道拡張症術後の肝内胆管結石に対するダブルバルーン内視鏡(DBE)治療
    小野 滋, 前田 貢作, 馬場 勝尚, 薄井 佳子, 辻 由貴, 河原 仁守, 福田 篤久, 関根 沙知, 矢野 智則, 畑中 恒, 山本 博徳  日本小児外科学会雑誌  51-  (7)  1271  -1271  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • 山本 博徳, 緒方 晴彦, 松本 主之, 大宮 直木, 大塚 和朗, 渡辺 憲治, 矢野 智則, 松井 敏幸, 樋口 和秀, 中村 哲也, 藤本 一眞, 日本消化器内視鏡学会, 日本消化器病学会, 日本消化管学会, 日本カプセル内視鏡学会, 日本消化器内視鏡学会ガイドライン委員会  Gastroenterological Endoscopy  57-  (12)  2685  -2720  2015/12  [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡・バルーン内視鏡の開発・普及により、小腸領域においても内視鏡が疾患の診断・治療に重要な役割を果たすようになった。小腸内視鏡の適応として最も頻度が高いのは、いわゆる原因不明の消化管出血(obscure gastrointestinal bleeding:OGIB)である。その他には小腸狭窄、腫瘍、炎症性腸疾患などにおいて小腸内視鏡の有用性が確認されている。小腸内視鏡の有用性が認識された今、臨床現場で安全かつ効率的に使用し、最大限の効果を得るためには一定の指針が必要となる。そこで、日本消化器内視鏡学会では、日本消化器病学会、日本消化管学会、日本カプセル内視鏡学会の協力を得て、現時点で得られるだけのエビデンスに基づく「小腸内視鏡診療ガイドライン」を作成した。しかし、まだ比較的新しい内視鏡手技であり、エビデンスが不十分な部分に関しては専門家のコンセンサスに基づき推奨度を決定した。本ガイドラインは小腸疾患診療のガイドラインとしての疾患中心のまとめではなく、小腸内視鏡というモダリティを中心としたガイドラインとして作成し、小腸内視鏡としては臨床現場の実情に即して小腸カプセル内視鏡とバルーン内視鏡に絞り、指針を作成した。(著者抄録)
  • Kunihiko Oguro, Yoshimasa Miura, Yuji Ino, Chihiro Iwashita, Masahiro Okada, Hisashi Fukuda, Haruo Takahashi, Manabu Nagayama, Takahitotakezawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hiroyuki Osawa, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  290  -290  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • Hisashi Fukuda, Yoshikazu Hayashi, Masahiro Okada, Chihiro Iwashita, Haruo Takahashi, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Yoshimasamiura, Hirotsugu Sakamoto, Hiroyukisato, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hiroyuki Osawa, Alan K. Lefor, Hironoriyamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  175  -175  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • Rarato Ugajin, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Yuji Ino, Yoshikazu Hayashi, Chihiro Iwashita, Masahiro Okada, Hisashi Fukuda, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Hiroyuki Sato, Keijiro Sunada, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  219  -220  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • Kawasaki Yuki, Takahito Takezawa, Shunji Hayashi, Masahiro Okada, Hisashi Fukuda, Manabu Nagayama, Haruo Takahashi, Yuji Ino, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hiroyuki Osawa, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  180  -181  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • Kozue Murayama, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hisashi Fukuda, Masahiro Okada, Haruo Takahashi, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Hirotsugu Sakamoto, Ino Yuji, Yoshimasa Miura, Tomonori Yano, Hiroyuki Sato, Hiroyuki Osawa, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  178  -178  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • 誤飲したPTPシートが小腸狭窄に滞留し発症したサブイレウスの1例
    崎尾 亮太郎, 岩下 ちひろ, 坂本 博次, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本内科学会関東地方会  619回-  31  -31  2015/11  [Not refereed][Not invited]
  • 石毛 崇, 新井 勝大, 糸井 隆夫, 井上 幹大, 及川 愛里, 角田 文彦, 工藤 孝広, 齋藤 武, 田川 学, 萩原 真一郎, 堀内 朗, 米沢 俊一, 村越 孝次, 柳 忠宏, 矢野 智則, 山田 寛之, 横山 孝二, 余田 篤, 中山 佳子, 小児消化器内視鏡ガイドライン作成ワーキンググループ  Gastroenterological Endoscopy  57-  (11)  2551  -2559  2015/11  [Not refereed][Not invited]
     
    本邦小児の消化器内視鏡検査における鎮静・前処置・スコープ選択の実態を明らかにすべく、日本小児栄養消化器肝臓学会を中心に作成中である小児消化器内視鏡ガイドラインの作成委員17名を対象に、その実態調査を行った。乳児及び幼児の上部消化管内視鏡の鎮静は全身麻酔が多く、大腸内視鏡では全身麻酔・静脈鎮静薬使用がほぼ同数であった。年長児でより静脈鎮静薬使用の頻度が高かった。バルーン小腸内視鏡は全年齢とも全身麻酔が最多であったが、経肛門挿入では鎮静薬も多く用いられていた。静脈鎮静薬使用例では、複数の鎮静薬・鎮痛薬を併用する施設が多かった。鎮静薬使用例では、鎮静および患者観察のため、専従の医師の立会いが全施設で行われていた。腸管洗浄薬は患者の味の好みなどに応じて複数薬剤から選択する施設が多かった。また、スコープサイズの選択基準として年齢、検査目的、体重を重視する施設が多かった。(著者抄録)
  • 【ERCPマスターへのロードマップ】 応用編 術後腸管の胆膵疾患に対するダブルバルーン内視鏡治療
    畑中 恒, 矢野 智則, 沼尾 規且, 横山 健介, 牛尾 純, 岩下 ちひろ, 宮原 晶子, 吉田 友直, 高橋 治夫, 小柳 亮太, 山口 将太, 深谷 幸祐, 加賀谷 結華, 小黒 邦彦, 川崎 佑輝, 森川 昇玲, 玉田 喜一, 山本 博徳  胆と膵  36-  (臨増特大)  1039  -1046  2015/10  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡(DBE)は、小腸内視鏡として開発されたが、その優れた挿入性と操作性により、術後腸管の胆膵疾患に対しても有用である。有効長152cmのshort DBEは、多くのERCP関連処置具が使用可能であり、胆管狭窄拡張、胆管結石除去、胆管ステント留置など、これまで困難とされてきた術後腸管の胆膵内視鏡治療を行うことができるようになってきた。本稿では、われわれが実践している術式別のDBE挿入法のコツ、ERCP関連手技のコツを中心に述べ、動画付きで解説する。(著者抄録)
  • 【血便をみたら】 血便に対する検査手技の要点 小腸出血の診断と治療
    小野 公平, 矢野 智則  消化器内視鏡  27-  (10)  1623  -1628  2015/10  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸出血の原因として、血管性病変、びらん・潰瘍などの炎症性病変、腫瘍性病変、憩室があげられる。Dynamic CTの所見と全身状態・発症経過をもとに治療戦略を立てる。CT上、異常所見があれば、バルーン内視鏡(BAE)で精査を行い、明らかな異常所見がなければカプセル内視鏡(CE)を先行し、BAEの適応を判断する。出血源が同定できれば、病変の種類に応じた治療を行うが、血管性病変においては、拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類を参考に、治療方針を決定する。出血から検査開始まで時間がかかると、病変の検出率は低下するため、出血源が同定できなかった場合、再出血時には可及的早期に緊急BAEを検討する。(著者抄録)
  • 胆膵内視鏡検査・治療のトラブルシューティング 術後再建腸管の胆道疾患に対するダブルバルーンERCPの術式別成績と手技のコツ
    畑中 恒, 矢野 智則, 沼尾 規且  Gastroenterological Endoscopy  57-  (Suppl.2)  2038  -2038  2015/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【処置具を使いこなす】 消化管出血治療 小腸出血 小腸止血手技の種類と使い分けのコツ 総論と処置具を使いこなすコツ
    坂本 博次, 矢野 智則  消化器内視鏡  27-  (8)  1242  -1245  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • 術後再建腸管の胆道疾患に対するダブルバルーンERCP術式別成績と今後の課題
    畑中 恒, 矢野 智則, 沼尾 規且, 横山 健介, 牛尾 純, 玉田 喜一, 山本 博徳  胆道  29-  (3)  546  -546  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • 胆管空腸吻合部狭窄のバルーン拡張後も胆管炎を繰り返し胆管結石を形成した一例
    畑中 恒, 矢野 智則, 沼尾 規且, 横山 健介, 牛尾 純, 小野 公平, 永山 学, 玉田 喜一, 山本 博徳  胆道  29-  (3)  628  -628  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • 大舘 花子, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 永山 学, 矢野 智則, 水田 耕一  移植  50-  (2-3)  308  -308  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡を活用したあらたな診療展開 十二指腸、小腸 ダブルバルーン内視鏡まで施行しても原因不明であった消化管出血の長期予後の検討
    篠崎 聡, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  87-  (Suppl.)  s93  -s93  2015/06  [Not refereed][Not invited]
  • 坂本 典孝, 小野 公平, 永山 学, 吉田 友直, 根本 大樹, 宮田 康史, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 大澤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  87-  (Suppl.)  s104  -s104  2015/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小児期に診断されたPeutz-Jeghers症候群における当院での診断とサーベイランス
    辻 由貴, 小野 滋, 馬場 勝尚, 薄井 佳子, 河原 仁守, 福田 篤久, 矢野 智則, 山本 博徳  日本小児外科学会雑誌  51-  (3)  449  -449  2015/05  [Not refereed][Not invited]
  • Tomonori Yano, Daiki Nemoto, Kohei Ono, Yasushi Miyata, Norikatsu Numao, Alan Lefor, Hironori Yamamoto  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  81-  (5)  AB177  -AB177  2015/05  [Not refereed][Not invited]
  • ONO KOHEI, MIURA YOSHIMASA, NAGAYAMA MANABU, NEMOTO TAIKI, MIYATA YASUSHI, INO YUJI, TAKEZAWA TAKAHITO, SATO HIROYUKI, SAKAMOTO HIROTSUGU, NIIHATA HIROHIDE, HAYASHI YOSHIKAZU, YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, OSAWA HIROYUKI, HOSOYA YOSHINORI, YAMAMOTO HIRONORI  Gastroenterol Endosc  57-  (Supplement 1)  749  -749  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • NEMOTO TAIKI, HAYASHI YOSHIKAZU, ONO KOHEI, NAGAYAMA MANABU, INO YUJI, WATANABE SHUNJI, MIURA YOSHIMASA, TAKEZAWA TAKAHITO, SATO HIROYUKI, SAKAMOTO HIROTSUGU, YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, OSAWA HIROYUKI, YAMAMOTO HIRONORI  Gastroenterol Endosc  57-  (Supplement 1)  902  -902  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • UGAJIN RARATO, SAKAMOTO HIROTSUGU, YANO TOMONORI, INO YUJI, HAYASHI YOSHIKAZU, NAGAYAMA MANABU, TAKEZAWA TAKAHITO, NIIHATA HIROHIDE, SATO HIROYUKI, SUNADA KEIJIRO, YAMAMOTO HIRONORI  Gastroenterol Endosc  57-  (Supplement 1)  883  -883  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • HAYASHI YOSHIKAZU, TAKAHASHI HARUO, NAGAYAMA MANABU, INO YUJI, MIURA YOSHIMASA, TAKEZAWA TAKAHITO, SATO HIROYUKI, NIIHATA HIROHIDE, SAKAMOTO HIROTSUGU, YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, OSAWA HIROYUKI, YAMAMOTO HIRONORI  Gastroenterol Endosc  57-  (Supplement 1)  955  -955  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • 消化器疾患診断・治療のための医療技術開発 画期的な臨床手技の開発経緯と舞台裏 ダブルバルーン内視鏡
    矢野 智則, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  112-  (臨増総会)  A262  -A262  2015/03  [Not refereed][Not invited]
  • Roux-en-Y再建例におけるDBEを用いた胆膵内視鏡治療戦略
    畑中 恒, 矢野 智則, 沼尾 規且  日本消化器病学会雑誌  112-  (臨増総会)  A272  -A272  2015/03  [Not refereed][Not invited]
  • Takahito Takezawa, Teppei Sasahara, Shunji Hayashi, Manabu Nagayama, Yuji Ino, Hirotsugu Sakamoto, Hakuei Shinhata, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Satou, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  239  -240  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Hakuei Shinhata, Yoshikazu Hayashi, Daiki Nemoto, Kohei Ono, Masahiro Okada, Yasushi Miyata, Manabu Nagayama, Yuji Ino, Takahito Takezawa, Yoshimasa Miura, Hiroyuki Sato, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  300  -300  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Yuji Ino, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Hiroyuki Osawa, Keijiro Sunada, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Hakuei Shinhata, Takahito Takezawa, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  79  -79  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Hakuei Shinhata, Daiki Nemoto, Kohei Ono, Yasushi Miyata, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Yoshimasa Miura, Hiroyuki Sato, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Hiroyuki Osawa, Alan Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  283  -283  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Hisashi Hatanaka, Tomonori Yano, Norikatsu Numao, Kensuke Yokoyama, Jun Ushio, Takeshi Tomiyama, Kiichi Tamada, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  139  -139  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hakuei Shinhata, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Hirotsugu Sakamoto, Yuji Ino, Yoshimasa Miura, Tomonori Yano, Hiroyuki Sato, Alan T. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  301  -301  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Yoshimasa Miura, Yuji Ino, Yoshikazu Hayashi, Wataru Sasao, Haruo Takashita, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Hirotsugu Sakamoto, Hakuei Shinhata, Hiroyuki Sato, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hiroyuki Osawa, Alan T. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  296  -296  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • 腹痛と尿潜血を呈し紫斑出現前に疑い得た高齢発症Schonlein-Henoch紫斑病の1例
    池田 恵理子, 渡邊 俊司, 小野 公平, 矢野 智則, 大原 健, 藤田 有理香, 鈴木 司, 坂谷 貴司, 山本 博徳  日本内科学会関東地方会  610回-  27  -27  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • 永山学, 矢野智則, 佐藤博之, 永田博之, 宮田康史, 北村絢, 井野裕治, 竹澤敬人, 坂本博次, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  56-  (Supplement 2)  3173  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 相良裕一, 坂本博次, 矢野智則, 永山学, 竹澤敬人, 新畑博英, 井野裕治, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 大澤博之, 山本博徳  Gastroenterol Endosc  56-  (Supplement 2)  3180  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 根本 大樹, 矢野 智則, 山本 博徳  臨床外科 = Journal of clinical surgery  69-  (9)  1059  -1063  2014/09
  • 小児におけるバルーン内視鏡検査の現状
    萩原 真一郎, 中山 佳子, 工藤 孝広, 井上 幹大, 岩間 達, 角田 文彦, 矢野 智則, 渡辺 憲治, 十河 剛, 青松 友槻, 龍城 真衣子  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.2)  3180  -3180  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 腸管スピロヘータ症11症例の検討
    竹澤 敬人, 林 俊治, 永山 学, 井野 佑治, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 足立 吉數, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  111-  (臨増大会)  A900  -A900  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, SATO HIROYUKI, HAYASHI YOSHIKAZU, MIURA YOSHIMASA, SHINHATA HAKUEI, SAKAMOTO HIROTSUGU, INO YUJI, TAKEZAWA TAKAHITO, NAGAYAMA MANABU, OSAWA HIROYUKI, YAMAMOTO HIRONORI  胃と腸  49-  (9)  1283  -1291  2014/08  [Not refereed][Not invited]
  • SAKAMOTO HIROTSUGU, KITAMURA AYA, TAKEZAWA TAKAHITO, SHINHATA HAKUEI, HAYASHI YOSHIKAZU, SATO HIROYUKI, YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, YAMAMOTO HIRONORI  Intestine  18-  (4)  397  -402  2014/07  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化器内視鏡治療の最前線】 小腸疾患内視鏡治療の最前線 小腸腫瘍に対するバルーン内視鏡を用いた治療の進歩
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  Modern Physician  34-  (5)  559  -562  2014/05  [Not refereed][Not invited]
     
    1 BAEはポリープ切除術をはじめとした内視鏡治療を小腸でも可能にした。2 BAEは消化管ポリポーシスに対して、内視鏡治療のみによる小腸ポリープの管理を実現した。3 DBEは小腸ポリープによる腸重積の内視鏡的解除も可能である。4 外科手術を要する小腸腫瘍でも、BAEは組織診断や病変近傍の点墨において有用である。5 今後は小腸腫瘍も内視鏡による早期診断、内視鏡による治療完遂がますます期待される。(著者抄録)
  • 坂本博次, 矢野智則  モダンフィジシャン  34-  (5)  568  -571  2014/05  [Not refereed][Not invited]
  • 坂本博次, 矢野智則, 井野裕治, 林芳和, 北村絢, 竹澤敬人, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  56-  (Supplement 1)  1075  2014/04  [Not refereed][Not invited]
  • 相良裕一, 矢野智則, 北村絢, 高橋治夫, 宮田なつ美, 竹澤敬人, 坂本博次, 新畑博英, 井野裕治, 林芳和, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  56-  (Supplement 1)  1275  2014/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸血管性病変の再出血例にダブルバルーン内視鏡による止血術を繰り返すことで長期予後を改善できる
    篠崎 聡, 山本 博徳, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 新畑 博英, 井野 裕治, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.1)  1156  -1156  2014/04  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 高橋治夫, 北村絢, 井野佑治, 坂本博次, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 山本博徳  消化器内視鏡  26-  (3)  445  -453  2014/03  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡的切除標本による十二指腸球部上皮性腫瘍の免疫組織学的検討
    永田 博之, 武藤 弘行, 坂本 博次, 三浦 義正, 宮田 康史, 永山 学, 高橋 治夫, 北村 絢, 井野 裕治, 新畑 博英, 竹澤 敬人, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 佐藤 貴一, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  111-  (臨増総会)  A344  -A344  2014/03  [Not refereed][Not invited]
  • 永山学, 矢野智則, 林芳和, 沼尾規且, 北村絢, 井野裕治, 竹澤敬人, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 坂本博次, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  栄養-評価と治療  31-  (1)  75  2014/02  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤雅史, 根本大樹, 吉田友直, 村山梢, 林芳和, 竹澤敬人, 井野裕治, 三浦義正, 新畑博英, 佐藤博之, 坂本博次, 矢野智則, 砂田圭二郎, 大澤博之, 山本博徳  Prog Dig Endosc  86-  (Supplement)  S130  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 林俊治, 笹原鉄平, 永山学, 井野佑治, 坂本博次, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 平井義一, 山本博徳  日本ブラキスピラ学会学術集会抄録集  6th-  15  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 根本大樹, 林芳和, 小野公平, 宮田康史, 横山健介, 村山梢, 永山学, 竹澤敬人, 井野裕治, 三浦義正, 新畑博英, 佐藤博之, 坂本博次, 矢野智則, 砂田圭二郎, 大澤博之, 山本博徳  Prog Dig Endosc  86-  (Supplement)  S92  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 宮田康史, 矢野智則, 永山学, 井野裕治, 竹澤敬人, 坂本博次, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 大澤博之, 山本博徳  Prog Dig Endosc  85-  (Supplement)  S95  2014  [Not refereed][Not invited]
  • SANADA YUKIHIRO, KAWANO YOICHI, YANO TOMONORI, HATANAKA HISASHI, URAHASHI TAIZEN, IHARA YOSHIYUKI, OKADA NORIKI, YAMADA NAOYA, HIRATA YUTA, MORISHIMA KEI, MIKI ATSUSHI, KANEDA YUJI, SASANUMA HIDEKI, SAKUMA YASUNARI, YASUDA YOSHIKAZU, YAMAMOTO HIRONORI, MIZUTA KOICHI  日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM)  26th-  ROMBUNNO.PRS12-1  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 近藤佳恵, 笹原鉄平, 北村絢, 井野裕治, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 林俊治, 平井義一, 足立吉數, 山本博徳, 菅野健太郎  Brachyspira  4-  (1)  12  -22  2013/11  [Not refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Hakuei Shinhata, Aya Kitamura, Haruo Takahashi, Yoshimasa Miura, Takahito Takezawa, Hiroyuki Sato, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  28-  557  -557  2013/10  [Not refereed][Not invited]
  • Sasao Wataru, Yano Tomonori, Yamamoto Hironori, Kitamura Aya, Ino Yuji, Takezawa Takahito, Miura Yoshimasa, Hayashi Yoshikazu, Sato Hiroyuki, Sunada Keijiro, Sugano Kentaro  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  28-  255  -255  2013/10  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野智則, 林芳和, 井野裕治, 坂本博次  消化器内視鏡  25-  (9)  1397  -1400  2013/09  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野智則, 砂田圭二郎, 林芳和, 佐藤博之, 三浦義正, 新畑博英, 坂本博次, 井野裕治, 北村絢, 山本博徳  IBD Res  7-  (3)  215  -220  2013/09  [Not refereed][Not invited]
  • 西村 誠, 喜多 宏人, 矢野 智則, 山本 博徳  胃と腸  48-  (10)  1481  -1486  2013/09  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸には胃,膵臓,大腸,肺などから腫瘍が転移することがあり,小腸以外に原発を持つ小腸腫瘍を転移性小腸腫瘍と言う.症状としては,狭窄による嘔気,腹部膨満感,腹痛や貧血・体重減少などがあるが,大半が無症状であるために術前診断は難しく,剖検で発見されることが多い.転移の経路としては,(1)脈管性転移,(2)腹膜播種,(3)腸管内転移が知られている.画像診断には,小腸X線造影検査,CT・MRI,超音波検査が用いられる.近年開発されたバルーン内視鏡(DBE,SBE)により病理診断も可能になり,画像所見と病理学的所見を併せて転移性小腸腫瘍と原発性小腸癌の鑑別を行う.本稿では,両者の診断および治療の違いを中心に述べる.(著者抄録)
  • 坂本博次, 矢野智則, 山本博徳  消化器内視鏡  25-  (7)  1034  -1035  2013/07  [Not refereed][Not invited]
  • Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Aya Kitamura, Kentaro Sugano  Journal of Japanese Society of Gastroenterology  110-  (7)  1198  -1204  2013/07  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸出血の原因病変として,血管性病変,炎症性病変,腫瘍性病変,憩室が挙げられる.初期評価のdynamic造影CTで異常所見があればバルーン内視鏡で精査し,異常所見がなければカプセル内視鏡を行って,バルーン内視鏡の要否を判断する.出血源を同定できれば,その診断に応じた治療を行うが,血管性病変については,拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類を参考に治療方針を決定する.小腸出血の診断率向上には,出血エピソードからできるだけ早いタイミングでの検査が必要であり,カプセル内視鏡とバルーン内視鏡の普及の妨げとなっている保険点数の改訂が望まれる.
  • ダブルバルーン内視鏡下で留置スネアとクリップでの阻血により治療できた小腸多発脂肪腫の一例
    高橋 治夫, 矢野 智則, 磯部 亮太, 佐々尾 航, 竹澤 敬人, 佐藤 博之, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  83-  (Suppl.)  s109  -s109  2013/06  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野智則, 林芳和, 井野裕治, 北村絢, 三浦義正, 佐藤博之, 竹澤敬人, 砂田圭二郎, 山本博徳  臨床消化器内科  28-  (7)  901  -906  2013/05  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田圭二郎, 林芳和, 井野裕治, 坂本博次, 竹澤敬人, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 矢野智則, 山本博徳  消化器内視鏡  25-  (5)  743  -749  2013/05  [Not refereed][Not invited]
  • 新畑博英, 砂田圭二郎, 井野裕治, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 宮田知彦, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  55-  (Supplement 1)  1151  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • 平岡友二, 牛尾純, 矢野智則, 佐々尾航, 北村絢, 秋元正年, 高橋治夫, 竹澤敬人, 佐々木文郷, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 畑中恒, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎, 五十嵐高広, 本間浩一  Gastroenterol Endosc  55-  (Supplement 1)  1223  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤博之, 砂田圭二郎, 秋元正年, 北村絢, 竹澤敬人, 井野祐治, 三浦義正, 林芳和, 矢野智則, 山本博徳, 菅野健太郎, 宮倉安幸, 堀江久永  Gastroenterol Endosc  55-  (Supplement 1)  1150  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • 林芳和, 砂田圭二郎, 新畑博英, 佐藤博之, 三浦義正, 井野裕治, 矢野智則, 竹澤敬人, 北村絢, 秋元正年, 高橋治夫, 長谷川浩之, 佐々尾航, 磯部亮太, 佐々木文郷, 那須雄一郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  55-  (Supplement 1)  1103  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • 三浦義正, 佐藤博之, 林芳和, 井野裕治, 佐々尾航, 北村絢, 竹澤敬人, 矢野智則, 砂田圭二郎, 大澤博之, 佐藤貴一, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  55-  (Supplement 1)  1241  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • パテンシーカプセルによる消化管通過性判定の本邦での問題点とダブルバルーン内視鏡によるカプセル内視鏡回収戦略
    矢野 智則, 井野 祐治, 林 芳和  Gastroenterological Endoscopy  55-  (Suppl.1)  1039  -1039  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • INO YUJI, YAMAMOTO HIRONORI, MIURA YOSHIMASA, HAYASHI YOSHIKAZU, SUNADA KEIJIRO, SATO HIROYUKI, SHINHATA HAKUEI, YANO TOMONORI, SUGANO KENTARO  胃と腸  48-  (2)  164  -172  2013/02  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 笹原鉄平, 林俊治, 井野佑二, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 足立吉數, 平井義一, 山本博徳, 菅野健太郎  日本消化器病学会雑誌  110-  A311  2013/02  [Not refereed][Not invited]
  • 井野裕治, 佐々尾航, 矢野智則, 林芳和, 竹澤敬人, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  栄養-評価と治療  30-  (1)  83  2013/02  [Not refereed][Not invited]
  • 三浦義正, 大澤博之, 井野裕治, 北村絢, 佐藤博之, 佐々尾航, 林芳和, 竹澤敬人, 矢野智則, 砂田圭二郎, 佐藤貴一, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  83-  (Supplement)  S69  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 北村絢, 矢野智則, 平岡友二, 廣澤拓也, 井野裕治, 竹澤敬人, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  83-  (Supplement)  S101  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 井野裕治, 矢野智則, 林芳和, 坂本博次, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 三浦義正, 北村絢, 新畑博英, 高橋治夫, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  83-  (Supplement)  S78  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 新畑博英, 林芳和, 砂田圭二郎, 佐藤博之, 竹澤敬人, 三浦義正, 井野裕治, 北村絢, 坂本博次, 矢野智則, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  84-  (Supplement)  S64  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 三浦義正, 井野裕治, 林芳和, 佐藤博之, 新畑博英, 北村絢, 坂本博次, 竹澤敬人, 佐々尾航, 高橋治夫, 矢野智則, 砂田圭二郎, 大澤博之, 佐藤貴一, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  84-  (Supplement)  S74  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 高橋治夫, 矢野智則, 林芳和, 砂田圭二郎, 佐藤博之, 新畑博英, 竹澤敬人, 坂本博次, 北村絢, 山本博徳  Prog Dig Endosc  84-  (Supplement)  S82  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 大西 洋英, 矢野 智則, 藤森 俊二, 松田 知己, 能田 貞治  Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi  110-  (7)  1225  -1248  2013  [Not refereed][Not invited]
  • HARUTA HIDENORI, HOSOYA YOSHINORI, KURASHINA KENTARO, ZUIKI TOORU, UI TAKASHI, YANO TOMONORI, YAMAMOTO HIRONORI, SUGANO KENTARO, SATA NAOHIRO, YASUDA YOSHIKAZU  Gastroenterol Endosc  54-  (12)  3804  -3811  2012/12  [Not refereed][Not invited]
  • Yoshimasa Miura, Hironori Yamamoto, Hiroyuki Osawa, Yuji Ino, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Takahito Takezawa, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Kiichi Satoh, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  27-  111  -111  2012/12  [Not refereed][Not invited]
  • Hisashi Hatanaka, Tomonori Yano, Kiichi Tamada, Norikatsu Numao, Jun Ushio, Takeshi Tomiyama, Shin-Ichi Wada, Akira Ohashi, Katsuyuki Nakazawa, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  27-  81  -82  2012/12  [Not refereed][Not invited]
  • Wataru Sasao, Yoshimasa Miura, Hiroyuki Osawa, Yuji Ino, Takahito Takezawa, Hakuei Shinhata, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Kiichi Sato, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  27-  105  -106  2012/12  [Not refereed][Not invited]
  • Takahito Takezawa, Teppei Sasahara, Shunji Hayashi, Yuuji Ino, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Satou, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hirai, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  27-  64  -64  2012/12  [Not refereed][Not invited]
  • Daiki Nemoto, Kazutomo Togashi, Tomonori Yano, David G. Hewett  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  27-  39  -40  2012/10  [Not refereed][Not invited]
  • 山岡正治, 矢野智則, 山本博徳, 井野裕治, 竹澤敬人, 西村直之, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  54-  (Supplement 2)  2972  2012/09  [Not refereed][Not invited]
  • Emanuele Rondonotti, Keijiro Sunada, Tomonori Yano, Silvia Paggi, Hironori Yamamoto  DIGESTIVE ENDOSCOPY  24-  (4)  209  -219  2012/07  [Not refereed][Not invited]
     
    Double-balloon endoscopy (DBE) was developed in 2000 for the diagnosis and treatment of small bowel diseases. Although use rates still differ between Eastern and Western countries, DBE quickly reached a broad global diffusion. Together with capsule endoscopy (CE), DBE represented a revolution for the management of small bowel diseases because of its therapeutic capabilities. At present, the main indications for DBE in clinical practice are obscure gastrointestinal bleeding, Crohn's disease and familial polyposis. In the setting of obscure gastrointestinal bleeding, DBE seems to have similar diagnostic performances as capsule endoscopy, but it allows for a more definitive diagnosis and the treatment of identified lesions. The main contribution of DBE in the management of Crohn's disease patients is its therapeutic capabilities. Indeed, several recently published studies have suggested that endoscopic dilation of small bowel strictures can delay or, in the near future, could even replace surgical interventions. Also, for patients with familial polyposis syndromes, DBE can represent a viable alternative to small bowel surgery. The complication rate of DBE appears to be low; major complications, such as pancreatitis, bleeding and perforation, have been reported in approximately 1% of all diagnostic DBE whereas the complication rate for therapeutic procedures is about 5%.
  • 森田真紀子, 村田哲, 小宮根真弓, 大槻マミ太郎, 矢野智則  日本皮膚科学会雑誌  122-  (4)  1218  2012/04  [Not refereed][Not invited]
  • 沼尾規且, 畑中恒, 矢野智則, 渡邊俊司, 三浦義正, 牛尾純, 宮田知彦, 中澤克行, 田野茂夫, 大橋明, 冨山剛, 和田伸一, 玉田喜一, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  54-  (Supplement 1)  1216  2012/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸病変に対する内視鏡治療の現況と課題 ニューデバイス「目盛つき先端細径透明(CST)フード」のCrohn病の狭窄拡張術における使用経験
    林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎  Gastroenterological Endoscopy  54-  (Suppl.1)  926  -926  2012/04  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田圭二郎, 林芳一, 井野裕次, 竹澤敬人, 新畑博英, 三浦義正, 西村直之, 佐藤博之, 矢野智則, 山本博徳  消化器内視鏡  24-  (2)  235  -242  2012/02  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 岩下ちひろ, 村山梢, 坂本博次, 新畑博英, 西村直之, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  栄養-評価と治療  29-  (1)  94  2012/02  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡・カプセル内視鏡・CTを組み合わせた効率的な小腸検査法
    矢野 智則, 西村 直之, 林 芳和, 佐藤 博之, 新畑 博英, 三浦 義正, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本大腸検査学会雑誌  28-  (2)  118  -118  2012/01  [Not refereed][Not invited]
  • 長谷川浩之, 竹澤敬人, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎, 金井信行  日本内科学会関東支部関東地方会  592nd-  29  2012  [Not refereed][Not invited]
  • 北村絢, 矢野智則, 井野裕治, 林芳和, 佐藤博之, 竹澤敬人, 砂田圭二郎, 三浦義正, 新畑博英, 篠崎聡, 秋元正年, 佐々尾航, 高橋治夫, 長谷川浩之, 磯部亮太, 高村紀昭, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  82-  (Supplement)  S67  2012  [Not refereed][Not invited]
  • 山岡正治, 矢野智則, 林芳和, 西村直之, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  81-  (1)  80  2012  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 笹原鉄平, 林俊治, 井野佑二, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 平井義一, 足立吉數, 山本博徳, 菅野健太郎  日本ブラキスピラ学会学術集会抄録集  4th-  9  2012  [Not refereed][Not invited]
  • 近藤佳恵, 竹澤敬人, 笹原鉄平, 林俊治, 井野佑二, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭一郎, 平井義一, 足立吉數, 山本博徳, 菅野健太郎  日本ブラキスピラ学会学術集会抄録集  4th-  16  2012  [Not refereed][Not invited]
  • 岩間 達, 鍵本 聖一, 萩原 真一郎, 辻 由貴, 田附 裕子, 前田 貢作, 矢野 智則, 山本 博徳  日本小児外科学会雑誌  47-  (7)  1102  -1103  2011/12  [Not refereed][Not invited]
  • 春田英律, 細谷好則, 宇井崇, 瑞木亨, 倉科憲太郎, 帖地健, 矢野智則, 山本博徳, 菅野健太郎, 佐田尚宏, 安田是和  Gastroenterol Endosc  53-  (Supplement 2)  2723  2011/09  [Not refereed][Not invited]
  • 坂本博次, 矢野智則, 山本博徳  Gastroenterol Endosc  53-  (Supplement 2)  2571  2011/09  [Not refereed][Not invited]
  • 岩下ちひろ, 竹澤敬人, 村山梢, 廣澤拓也, 野口地塩, 牛尾純, 坂本博次, 新畑博英, 西村直之, 三浦義正, 佐藤博之, 矢野智則, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  日本消化器病学会雑誌  108-  A835  2011/09  [Not refereed][Not invited]
  • 新畑博英, 山本博徳, 西村直之, 三浦義正, 佐藤博之, 林芳和, 坂本博次, 矢野智則, 砂田圭二郎  月刊消化器内科  53-  (1)  35  -41  2011/07  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野智則, 西村直之, 砂田圭二郎, 佐藤博之, 新畑博英, 三浦義正, 坂本博次, 林芳和, 宮田知彦, 山本博徳  Intestine  15-  (2)  123  -128  2011/03  [Not refereed][Not invited]
  • 畑中恒, 玉田喜一, 矢野智則, 牛尾純, 冨山剛, 和田伸一, 中澤克行, 田野茂夫, 大橋明, 西村直之, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  日本消化器病学会雑誌  108-  A245  2011/03  [Not refereed][Not invited]
  • Shunichi Misawa, Hisanaga Horie, Hidetoshi Kumano, Koji Koinuma, Yasuyuki Miyakura, Kazutomo Togashi, Yoshikazu Yasuda, Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano, Michitaka Nagase  Journal of Japanese Society of Gastroenterology  108-  (3)  429  -435  2011/03  [Not refereed][Not invited]
     
    Between 1989 and 2009. 10 patients with small bowel adenocarcinoma were treated in our hospitaL These tumors appeared in the jejunum in 6 patients and in the ileum in the remaining 4 patients. All patients had some symptoms. The median size of the tumors was 50mm (30-110mm). All tumors were advanced type 2 lesion with severe stricture. Histologically there were 8 well, 1 moderately and 1 poorly differentiated adenocarcinomas. There were 8 tumors invading the serosa and 2 tumors invaded other organs. Positive lymph nodes were identified in 6 cases. Liver metastasis and peritoneal dissemination were identified in 3 and 4 cases, respectively. Eight cases were diagnosed as small bowel adenocarcinoma preoperatively by double balloon endoscopy. The 4 patients with stage II tumor and 2 patients with stage III tumor underwent curative-intent surgery. The 4 patients with stage II tumor are all surviving without evidence of disease now.
  • YANO Tomonori, NISHIMURA Naoyuki, MIURA Yosimasa, SHINHATA Hakuei, SATO Hiroyuki, HAYASHI Yoshikazu, MIYATA Tomohiko, SUNADA Keijiro, YAMAMOTO Hironori  Nihon Naika Gakkai Zasshi  100-  (1)  102  -107  2011/01  [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡とバルーン内視鏡という新たな方法が登場して小腸疾患に対する診断・治療戦略が大きく変化した.これまで困難であった小腸良性腫瘍の内視鏡的診断が可能になり,正確な診断をもとにして治療方針を決定できるようになった.また,内視鏡的治療も可能になったことで,Peutz-Jeghers syndromeの小腸ポリープなど,開腹手術となる前に早期発見して治療することが重要となってきている.
  • 矢野智則, 西村直之, 林芳和, 佐藤博之, 新畑博英, 三浦義正, 竹澤敬人, 砂田圭二郎, 山本博徳  日本大腸検査学会総会プログラム・抄録集  29th-  65  2011  [Not refereed][Not invited]
  • 三浦義正, 砂田圭二郎, 佐藤博之, 吉澤充代, 林芳和, 西村直之, 當摩祥子, 新畑博英, 竹澤敬人, 矢野智則, 大澤博之, 佐藤貴一, 山本博徳  Prog Dig Endosc  80-  (1)  76  2011  [Not refereed][Not invited]
  • 山岡正治, 矢野智則, 西村直之, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  80-  (1)  71  2011  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 西村直之, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 矢野智則, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎, 林俊治, 平井義一, 足立吉數  日本ブラキスピラ学会学術集会抄録集  3rd-  22  2011  [Not refereed][Not invited]
  • 横山健介, 坂本博次, 竹澤敬人, 青木崇, 矢野智則, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 山本博徳, 佐渡和也, 村岡新, 大木伸一, 三澤吉雄, 坂谷貴司, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  80-  (1)  98  2011  [Not refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Tomohiko Miyata, Yoshikazu Hayashi, Masayuki Arashiro, Kentaro Sugano  Gastroenterology  139-  (6)  2217  2010/12  [Not refereed][Not invited]
  • 辻 由貴, 前田 貢作, 馬場 勝尚, 田附 裕子, 木島 茂喜, 相原 敏則, 矢野 智則, 山本 博徳  日本小児外科学会雑誌  46-  (6)  2010/10  [Not refereed][Not invited]
  • SUNADA KEIJIRO, YANO TOMONORI, MIYATA TOMOHIKO, NISHIMURA NAOYUKI, MIURA YOSHIMASA, SHINHATA HAKUEI, SATO HIROYUKI, YAMAMOTO HIRONORI  胃と腸  45-  (10)  1605  -1612  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • 坂本博次, 矢野智則, 佐藤博之, 西村直之, 新畑博英, 渡邊俊司, 篠崎聡, 砂田圭二郎, 林芳和, 宮田知彦, 山本博徳  消化器内視鏡  22-  (9)  1390  -1396  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • YANO Tomonori, YAMAMOTO Hironori  GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY  52-  (9)  2730  -2737  2010/09  [Not refereed][Not invited]
     
    The use of balloon assisted endoscopy has enabled endoscopic diagnoses of, and treatment for small-intestinal bleeding. Since the balloon assisted endoscope has an accessory channel and provides good maneuverability in the distal small-intestine, it is possible to perform endoscopic treatment such as cauterization, hemoclipping, injection, polypectomy and EMR. Vascular lesions, ulcerative lesions, neoplastic lesions, varices and the diverticulum can be sources of bleeding and appropriate endoscopic hemostatic methods should be selected according to the type of lesion on an individual basis.
  • 牛尾純, 玉田喜一, 矢野智則, 畑中恒, 大橋明, 和田伸一, 阿藤一志, 志村国彦, 佐田尚宏, 弘中貢, 福嶋敬宜, 菅野健太郎  日本消化器病学会雑誌  107-  (臨増大会)  A971  -A971  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • 村山梢, 畑中恒, 矢野智則, 牛尾純, 大橋明, 和田伸一, 廣澤拓也, 野口地塩, 杉田浩, 浅川岳士, 三澤知子, 當摩祥子, 新畑博英, 西村直之, 三浦義正, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 玉田喜一, 山本博徳, 菅野健太郎  日本消化器病学会雑誌  107-  A941  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 林俊二, 新畑博英, 三浦義正, 西村直之, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 足立吉數, 山本博徳, 菅野健太郎  日本消化器病学会雑誌  107-  A824  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • 廣澤拓也, 畑中恒, 矢野智則, 牛尾純, 大橋明, 和田伸一, 三沢知子, 野口地塩, 杉田浩, 浅川岳士, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 西村直之, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 玉田喜一, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  52-  (Supplement 2)  2495  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Naoyuki Nishimura, Hiroyuki Sto, Yoshimasa Miura, Hirohide Shinhata, Yoshikazu Hayashi, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  25-  A155  -A155  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • NISHIMURA NAOYUKI, YAMAMOTO HIRONORI, YANO TOMONORI, SHINHATA HAKUEI, MIURA YOSHIMASA, SATO HIROYUKI, MIYATA TOMOHIKO, SUNADA KEIJIRO, SUGANO KENTARO  胃と腸  45-  (8)  1399  -1404  2010/07  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野智則, 砂田圭二郎, 佐藤博之, 新畑博英, 三浦義正, 西村直之, 林芳和, 宮田知彦, 山本博徳  Intestine  14-  (4)  411  -415  2010/07  [Not refereed][Not invited]
  • 辻 由貴, 前田 貢作, 馬場 勝尚, 田附 裕子, 相原 敏則, 矢野 智則, 山本 博徳  日本小児外科学会雑誌  46-  (3)  2010/05  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 宮田知彦, 林芳和, 西村直之, 三浦義正, 新畑博英, 浅川岳士, 三澤知子, 杉田浩, 野口地塩, 山本博徳  栄養-評価と治療  27-  (2)  205  2010/05  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野智則, 西村直之, 三浦義正  Gastroenterol Endosc  52-  (Supplement 1)  799  2010/04  [Not refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Nishimura Naoyuki, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Hakuei Shinhata, Yoshikazu Hayashi, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  71-  (5)  AB212  -AB212  2010/04  [Not refereed][Not invited]
  • 低用量アスピリンと併用薬による高齢者消化管出血
    平澤 知介, 佐藤 貴一, 東澤 俊彦, 阿治部 弘成, 大澤 博之, 新城 雅行, 矢野 智則, 林 芳和, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本高齢消化器病学会誌  12-  (2)  26  -32  2010/04  [Not refereed][Not invited]
     
    低用量アスピリン(low-dose aspirin:LDA)服用患者のうち、65歳以上の高齢者の上部消化管粘膜傷害の実態を、併用中の抗凝固薬・抗血小板薬の有無別に、65歳未満の非高齢者と比較し、抗潰瘍薬の効果を検討した。その結果、LDAに非ステロイド抗炎症薬(NSAID)、チクロピジン、ワルファリンが併用される場合、上部消化管の出血リスクの増加が有意に認められた。高齢であるほど貧血が強い傾向はみられたが、出血リスクの明らかな差は認められなかった。LDAと併用薬による上部消化管粘膜傷害の軽減には、高齢者においてPPIがもっとも有効であった。また、小腸においても、LDA起因性病変が認められ、その半数以上の症例が高齢者であった。(著者抄録)
  • 砂田圭二郎, 宮田知彦, 矢野智則, 西村直之, 三浦義正, 新畑博英, 佐藤博之, 山本博徳  Intestine  14-  (2)  169  -175  2010/03  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 西村 直之, 新畑 博英, 佐藤 博之, 三浦 正義, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  胃と腸  45-  (3)  399  -405  2010/03  [Not refereed][Not invited]
     
    バルーン内視鏡を用いることで深部小腸の出血性疾患を内視鏡的に診断・治療することが可能になった.バルーン内視鏡は深部小腸でも良好な操作性を保つことができ,鉗子口も有していることから,電気焼灼法,止血クリップ,局注法,ポリペクトミー・EMRなど,胃や大腸で用いられている方法を深部小腸でも用いることが可能である.小腸出血の原因となる病変として,血管性病変,潰瘍性病変,腫瘍性病変,静脈瘤,憩室などがあり,病変種類に応じた治療方法を選択する必要がある.しかし,内視鏡治療を行うためにはタイミングよく検査を行って病変を見つけることが必要であり,そのためにはバルーン内視鏡のさらなる普及が望まれる.(著者抄録)
  • 砂田圭二郎, 宮田知彦, 矢野智則, 西村直之, 三浦義正, 新畑博英, 佐藤博之, 山本博徳  消化器内視鏡  22-  (2)  215  -220  2010/02  [Not refereed][Not invited]
  • 坂本博次, 矢野智則, 林芳和, 山本博徳  Front Gastroenterol  15-  (1)  42  -45  2010/01  [Not refereed][Not invited]
  • 【下血/血便をきたす腸疾患 non-IBDを中心に】 炎症性腸疾患と大腸癌以外の出血をきたす各種腸疾患の画像上の鑑別診断と治療 OGIB(血管性病変を中心に)
    篠崎 聡, 山本 博徳, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 宮田 知彦, 西村 直之, 菅野 健太郎  Intestine  14-  (1)  84  -89  2010/01  [Not refereed][Not invited]
     
    obscure gastrointestinal bleeding(OGIB)は,ダブルバルーン内視鏡,カプセル内視鏡の開発によりその診断と治療が変化している.とくに,小腸血管性病変は,潰瘍性・腫瘍性病変と比較して出血コントロールが難しく,治療においてさらなる検討が必要である.われわれは,内視鏡所見に基づいて小腸血管性病変を六つに分類した.この内視鏡分類を用いて知見を集積することで,今後の長期予後解析・治療法選択を行っていくべきと考える.(著者抄録)
  • 坂本博次, 矢野智則, 西村直之, 新畑博英, 佐藤博之, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 山本博徳  日本大腸検査学会総会プログラム・抄録集  28th-  53  2010  [Not refereed][Not invited]
  • 【薬物性腸粘膜障害】 小腸出血とNSAID潰瘍の診断と治療
    西村 直之, 山本 博徳, 矢野 智則, 林 芳和, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎  臨床消化器内科  24-  (13)  1715  -1721  2009/11  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡(DBE)を施行し,小腸に出血源が同定された症例では,潰瘍性病変がもっとも多く,そのうち非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)潰瘍の頻度は高かった.NSAID小腸潰瘍はまれとされていたが,DBEおよびカプセル内視鏡の登場により,比較的容易に小腸を観察できるようになり,有病率が高いことが判明している.当院でDBEにてNSAID起因性小腸粘膜障害と診断した18例の検討を行った.小腸潰瘍は,多様な形態で,部位は回腸に多く,腸間膜付着側・対側との関係は認めなかった.治療はNSAID休薬が原則である.膜様狭窄に対しては休薬で改善しないため外科的切除が行われてきたが,バルーン拡張術が有効である.(著者抄録)
  • 【消化管症候群(第2版) その他の消化管疾患を含めて】 空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸 炎症性疾患 NSAID起因性小腸病変
    田口 宏樹, 山本 博徳, 林 芳和, 矢野 智則, 菅野 健太郎  日本臨床  別冊-  (消化管症候群(下))  309  -311  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸疾患に対する最新のアプローチ】 疾患ごとのアプローチを考える 小腸血管性病変
    矢野 智則, 砂田 圭二郎, 西村 直之, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Intestine  13-  (5)  471  -478  2009/09  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸出血の原因のうち,かなりの割合を血管性病変が占めているが,その診断・治療戦略は未だ確立されていない.血管性病変は,病理組織学的に大きく三つに分類できるが,われわれはその動脈成分の有無に着目して内視鏡所見を六つに分類し,適切な治療方法を選択する一助としている.この内視鏡分類に基づいて知見を集積することで,その病態についての理解を深め,適切な診断・治療戦略を確立していく必要がある.(著者抄録)
  • 内視鏡による経過観察及び原因菌の分離培養できた腸管スピロヘータ症の一例
    竹澤 敬人, 西村 直之, 林 芳和, 矢野 智則, 新城 雅行, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎, 林 俊治, 足立 吉數  日本消化器病学会雑誌  106-  (臨増大会)  A871  -A871  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【一般内科診療に役立つ消化器内視鏡ガイド コンサルテーションのポイントから最新知識まで】 消化器内視鏡のこの10年間のブレイクスルー バルーン内視鏡
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  Medicina  46-  (7)  1156  -1161  2009/07  [Not refereed][Not invited]
     
    <ポイント>●バルーン内視鏡の登場によって,小腸疾患の診断・治療が飛躍的に進歩してきている.●ダブルバルーン内視鏡は2つのバルーンによって安全・確実な小腸内視鏡検査を実現した.●バルーン内視鏡は優れた挿入性のみならず,深部挿入後にも保たれる優れた操作性が特徴である.●近年,ダブルバルーン内視鏡の簡略型であるシングルバルーン内視鏡も登場し,小腸のバルーン内視鏡検査はより普及しつつある.(著者抄録)
  • 画像強調観察・拡大観察を用いた大腸疾患の内視鏡診断 大腸ポリープの存在診断におけるFICE観察と通常観察の比較
    砂田 圭二郎, 冨樫 一智, 志村 国彦, 宮田 知彦, 矢野 智則, 林 芳和, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  75-  (1)  56  -56  2009/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸疾患における新しい診断学と治療戦略 通常上下部内視鏡で出血源が同定できない消化管出血症例200例に対するダブルバルーン内視鏡の有用性の検討
    篠崎 聡, 山本 博徳, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 宮田 知彦, 新城 雅行, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  75-  (1)  59  -59  2009/06  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田 圭二郎, 竹澤 敬人, 佐藤 光亮, 永山 学, 豊田 亮, 井野 裕治, 西村 直之, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳  胃と腸  44-  (6)  937  -943  2009/05  [Not refereed][Not invited]
     
    深部小腸に直接到達できるダブルバルーン内視鏡が登場し,小さな小腸病変に対しても詳細な観察と内視鏡治療を行うことが可能となった.また,内視鏡先端のバルーンを排したシングルバルーン内視鏡も発売され,両者を合わせてバルーン内視鏡として普及が進んでいる.内視鏡の普及に合わせて周辺機器や処置具の開発も進んでおり,特にCO2送気やAPC関連機器,胆道系処置具などに進化がみられる.また,従来は内視鏡が到達できないために,姑息的に経過をみるか,外科手術に頼らざるをえなかった小腸の小血管性病変や浸潤のない腫瘍性病変に対してダブルバルーン内視鏡での治療が可能となり,治療ストラテジーにも変化がみられている.(著者抄録)
  • 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 新城 雅行, 西村 直之, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  胃と腸  44-  (6)  944  -950  2009/05  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸血管性病変は小腸出血の原因のうち,かなりの部分を占めている.しかし,その内視鏡所見は様々で,用語や分類も一定していない.消化管の血管性病変は,病理組織学的に静脈の特徴をもつangioectasia,動脈の特徴をもつDieulafoy's lesion,動脈と静脈の特徴をもつarteriovenous malformationの3つに分類できる.これを踏まえ,われわれは小腸血管性病変の内視鏡所見を,拍動の有無に着目して6つのタイプに分類した.この分類を用いることで,各病態に合わせた治療方針を決定できる.また,内視鏡所見のうえでは統一した記載が可能となり,確かな知見を集積する一助となると信じている.(著者抄録)
  • 増山 宏明, 高橋 貞佳, 小川 絵里, 福本 泰規, 小沼 邦男, 河野 美幸, 岡島 英明, 矢野 智則, 畑中 恒, 中澤 克行, 伊川 廣道  日本小児外科学会雑誌  45-  (2)  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • Yutaka Kawamura, Kazutomo Togashi, Shingo Tsujinaka, Tomonori Yano, Koji Koinuma, Yuichi Kuwahara, Junichi Sasaki, Fumio Konishi  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  69-  (5)  AB223  -AB224  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Tomohiko Miyata, Yoshikazu Hayashi, Masayuki Arashiro, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  69-  (5)  AB193  -AB194  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【極めつけ大腸内視鏡】 極めつけ挿入法 バルーン補助法
    砂田 圭二郎, 竹澤 敬人, 佐藤 光亮, 永山 学, 豊田 亮, 井野 裕治, 西村 直之, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳  消化器内視鏡  21-  (4)  587  -593  2009/04  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡(DBE)は、深部小腸の観察と治療を目的に開発されたスコープで、スコープ先端のバルーンとオーバーチューブ先端のバルーンをコントロールし、オーバーチューブ上に腸管をたたみ込みながら挿入する内視鏡である。一方、シングルバルーン内視鏡(SBE)はスコープ先端のバルーンを排したシンプルなシステムである。これらのバルーン内視鏡は、大腸内視鏡に応用でき、その挿入原理から"バルーン補助法"ともいうことができる。DBEでは3種類のスコープが発売されているが、大腸を目的とする場合では、短尺のEC450-BI5が最も扱いやすい。癒着などにより通常大腸内視鏡での挿入が困難な例、ESDなどの治療への応用はもちろんのこと、今後はルーチンの大腸内視鏡への応用が期待できる。ルーチン検査での標準的な挿入方法はS-topまでスコープをpushで挿入し、オーバーチューブのバルーンで把持してpull操作を行い、S状結腸を直線化する方法である。横行結腸も同様な方法で容易に直線化できる。(著者抄録)
  • 小腸内視鏡診断・治療の工夫 ダブルバルーン内視鏡における内視鏡機種と各種先端フードの選択・活用と、簡便な先端フード・内視鏡先端バルーン装着方法の工夫
    矢野 智則, 林 芳和, 砂田 圭二郎  Gastroenterological Endoscopy  51-  (Suppl.1)  802  -802  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • 若年者(18歳未満)におけるダブルバルーン内視鏡の有効性と安全性
    西村 直之, 矢野 智則, 中澤 克行, 畑中 恒, 林 芳和, 新城 雅行, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  51-  (Suppl.1)  816  -816  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡下にN-butyl-2-cyanoacrylate(Histoacryl)を用いた硬化療法で消失した小腸静脈瘤の1例
    井野 裕治, 矢野 智則, 永山 学, 東澤 俊彦, 阿治部 弘成, 林 芳和, 新城 雅行, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  51-  (Suppl.1)  879  -879  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • 250cm長砕石具を使用しダブルバルーン内視鏡を用いたERC下砕石術で治療した生体肝移植後胆管結石の1症例
    佐藤 光亮, 矢野 智則, 畑中 恒, 阿治部 弘成, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 中澤 克行, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  51-  (Suppl.1)  952  -952  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • クローン病小腸病変の評価とその治療 CTとDBEによるクローン病の小腸狭窄病変の評価と治療
    砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和  日本消化器病学会雑誌  106-  (臨増総会)  A86  -A86  2009/03  [Not refereed][Not invited]
  • 短腸症候群に対する長期中心静脈栄養下で、銅欠乏による汎血球減少が認められ、ココア内服療法により改善を得られた1例
    北村 絢, 矢野 智則, 村山 瑛, 太田 英孝, 林 芳和, 新城 雅行, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 礒田 憲夫, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  106-  (臨増総会)  A401  -A401  2009/03  [Not refereed][Not invited]
  • Tomonori Yano, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  24-  (2)  185  -192  2009/02  [Not refereed][Not invited]
     
    Recent developments of capsule endoscopy and double balloon endoscopy (DBE) have made endoscopic examination of the entire small bowel practical, and changed the diagnostic algorithm for small bowel diseases. Double balloon endoscopy uses two balloons, one attached to the tip of the endoscope and another at the distal end of an overtube. By using these balloons to grip the intestinal wall, the endoscope can be inserted further without forming redundant loops of intestine. Total inspection by DBE is usually achieved by combination of sequential oral and anal intubations; success rates are reported to be 40-80%. Indications for DBE include scrutiny for obscure gastrointestinal bleeding, small bowel tumor, small bowel stricture and following up evaluation of previously diagnosed small bowel diseases. Because DBE has an accessory channel and good maneuverability in the distal small intestine, it enables endoscopic treatment, including hemostasis, balloon dilation, polypectomy, mucosal resection, retrieval of foreign bodies and endoscopic retrograde cholangiopancreatography (in the case of post-operative anastomoses). Double balloon endoscopy is also useful for cases of difficult colonoscopy, providing success rates of total colonoscopy between 88-100%. Although it has been a few years since its development, the usefulness of DBE is now well recognized. This challenging procedure has become popular rapidly and is currently used in many countries.
  • Sunada Keijiro, Nishimura Naoyuki, Fukushima Hiroki, Hayashi Yoshikazu, Arashiro Masayuki, Yasno Tomonori, Miyata Tomohiko, Yamamoto Hironori, Sugano Kentaro  Nihon Naika Gakkai Zasshi  98-  (1)  94  -103  2009/01  [Not refereed][Not invited]
     
    近年ダブルバルーン内視鏡(double balloon enteroscopy;DBE)カプセル内視鏡(capsule endoscopy;CE)が開発され,全小腸の内視鏡観察が可能となった.DBEで観察されるCrohn病の小腸病変の特徴は,アフタ性潰瘍,類円形潰瘍,不整型潰瘍,縦走潰瘍などである.潰瘍は腸間膜付着側に偏在する傾向があり,他疾患との鑑別に役立つ.Crohn病は,その経過中に狭窄病変を引き起こすことが臨床的に大きな問題であるが,従来外科手術に頼らざるを得なかった小腸の狭窄に対しても,内視鏡的バルーン拡張術が行えるようになった.
  • Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Kentaro Sugano  Therapeutic Advances in Gastroenterology  2-  (6)  357  -366  2009  [Not refereed][Not invited]
     
    With the recent development of double-balloon endoscopy (DBE) and capsule endoscopy (CE), it has become possible to observe the entire small bowel endoscopically. DBE enables us to make detailed observations and at the same time takes biopsy samples. Single-balloon endoscopy (SBE), which has a balloon only at the tip of the overtube, has also been introduced. Since DBE and SBE are similar in the concept of insertion method, a general term ‘balloon-assisted endoscopy' (BAE) is used when referring to these methods. Characteristic small bowel lesions observed with BAE in Crohn's disease are aphthoid ulcers, round ulcers, irregular ulcers and longitudinal ulcers. These ulcers tend to be located on the mesenteric side of the small bowel. Since BAE can determine the location (mesenteric or antimesenteric side) of the ulceration, it is useful in distinguishing Crohn's disease from other diseases that have ulcers in the small bowel. Strictures are a major clinical problem in the course of Crohn's disease. Traditionally, surgery was the main choice for small bowel strictures. In some cases, strictures located in distal ileum or proximal jejunum have been dilated using standard enteroscopes. DBE now enables balloon dilatation to be performed endoscopically even in the deep small bowel. © 2009, SAGE Publications. All rights reserved.
  • 【Intestineの時代到来 今、解決しなければならないIBDの諸問題】 カラーで見るIBDの小腸画像
    砂田 圭二郎, 西村 直之, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳  Intestine  13-  (1)  33  -41  2009/01  [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(capsule endoscopy;CE)やダブルバルーン内視鏡(double balloon enteroscopy;DBE)の開発により,全小腸の内視鏡観察が可能となった.DBEで観察されるクローン病の小腸病変の特徴は,アフタ様潰瘍,類円形潰瘍,不整形潰瘍,縦走潰瘍などである.DBEを用いると,非乾酪性類上皮細胞肉芽腫が検出されやすいアフタ様潰瘍を狙撃して生検することができ,また内視鏡先端のバルーンを拡張させて造影することにより,狭窄・痩孔・偽憩室などを明瞭に描出することができる.また,クローン病の潰瘍は腸間膜付着側に偏在する傾向があり,DBEを用いた判定により他疾患との鑑別に役立てることができる.また,クローン病の治療においては腸粘膜の粘膜治癒(mucosal healing;MH)が,その後の経過における大きな予後規定因子であることが明らかになっており,DBEやCEを用いて粘膜の状態を把握し,治療に生かしていくことが今後のクローン病治療戦略上,重要になると考えられる.(著者抄録)
  • 杉田浩, 砂田圭二郎, 宮倉安幸, 堀江久永, 野口地塩, 竹澤敬人, 西村直之, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 矢野智則, 宮田知彦, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  76-  (1)  123  2009  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤博之, 砂田圭二郎, 矢野智則, 宮田知彦, 林芳和, 西村直之, 三浦義正, 新畑博英, 竹澤敬人, 浅川岳士, 杉田浩, 三澤知子, 野口地塩, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  76-  (1)  84  2009  [Not refereed][Not invited]
  • 新畑博英, 矢野智則, 三浦義正, 西村直之, 佐藤博之, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 山本博徳  日本大腸検査学会総会プログラム・抄録集  27th-  48  2009  [Not refereed][Not invited]
  • Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Masayuki Arashiro, Tomohiko Miyata, Kentaro Sugano  Journal of Japanese Society of Gastroenterology  106-  (1)  19  -25  2009  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡とシングルバルーン内視鏡は,バルーン内視鏡と総称され,従来であれば術中内視鏡でなければ不可能であった深部小腸の病変に対する内視鏡診断·治療を可能にした.食道,胃や大腸で行われている内視鏡治療のほとんどが可能だが,小腸の解剖学的特徴を考慮した工夫と注意が必要である.また,現状では,バルーン内視鏡の有効長と鉗子口径に対応した処置具が限られており,今後の開発が待たれる.バルーン内視鏡は,今後需要が増えていくと考えられるが,その有用性とコストに見合った保険点数が算定されておらず,普及の障害となっている.医療レベルの地域間格差を解消するためにも,適正な保険点数の算定が望まれる.
  • 診断に難渋した虫垂原発腫瘍による回腸末端狭窄の1例
    竹澤 敬人, 佐藤 光亮, 永山 学, 豊田 亮, 井野 裕治, 西村 直之, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 砂田 圭次郎, 宮倉 安幸, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  74-  (1)  115  -115  2008/12  [Not refereed][Not invited]
  • SANADA Yukihiro, KAWANO Youichi, MIZUTA Koichi, EGAMI Satoshi, HAYASHIDA Makoto, HISHIKAWA Shuji, YANO Tomonori, YAMAMOTO Hironori, FUJIWARA Takehito, SAKUMA Yasunaru, HYODO Masanobu, YASUDA Yoshikazu, KOBAYASHI Eiji, KAWARASAKI Hideo  移植  43-  (5)  378  -382  2008/10  [Not refereed][Not invited]
  • 北村絢, 矢野智則, 北出卓, 仲谷朋久, 本田徹郎, 津久井大介, 坂本博次, 茂森昌人, 岩下裕一, 篠崎聡, 林芳和, 福島寛美, 新城雅行, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  50-  (Supplement 2)  2278  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 仲谷朋久, 坂本博次, 福嶋寛美, 林芳和, 新城雅行, 矢野智則, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎, 広中貢, 中村哲也, 藤盛孝博  Gastroenterol Endosc  50-  (Supplement 2)  2283  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【ここまでわかる消化管疾患の画像診断】 ダブルバルーン内視鏡
    砂田 圭二郎, 沼尾 規且, 北村 絢, 竹澤 敬人, 佐藤 光亮, 永山 学, 豊田 亮, 井野 裕治, 西村 直之, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳  成人病と生活習慣病  38-  (9)  1056  -1064  2008/09  [Not refereed][Not invited]
     
    腸管を柔らかいオーバーチューブで内腔から把持するという新しい発想によってダブルバルーン内視鏡(DBE)は誕生し、全長5〜7mにも及び腹腔内で自由に存在する小腸を術者の意のままに内視鏡観察することが可能となった。小腸の腫瘍性病変は、小腸癌、GIST、リンパ腫などが主なものであるが、いずれも直接観察により特徴的な所見が明らかになりつつあり、同時に生検により病理学的な裏付けができるようになった。炎症性疾患としてはCrohn病が代表であるが、まだまだ原因の明らかでない潰瘍性病変も多く、鑑別のため、DBEによる潰瘍の偏在(腸間膜付着側か対側か)の評価が役立つ。血管性病変に対しては、病理学的な特徴も考慮した形態分類が報告され、今後、治療法選択も含めた活用が期待されている。Meckel憩室は、比較的頻度の高い形成異常であり、DBEによる観察で潰瘍が存在するかどうか手術療法を選択するかどうかの判断材料となる。DBEによって直接観察が可能となった小腸の代表的な疾患について、内視鏡画像とともに供覧する。(著者抄録)
  • 消化管狭窄の内視鏡治療 ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸良性狭窄性病変に対するバルーン拡張術の成績と工夫
    砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.2)  2244  -2244  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸各部位からのHelicobacter pylori検出
    太田 英孝, 林 俊治, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.2)  2276  -2276  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • 坂本博次, 砂田圭二郎, 矢野智則, 新城雅行, 林芳和, 宮田知彦, 山本博徳  消化器内視鏡  20-  (6)  960  -965  2008/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸疾患の診断・治療へのアプローチ 各種小腸内視鏡のすみわけはいかにすべきか ダブルバルーン内視鏡の経験から見たカプセル内視鏡の役割
    新城 雅行, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 矢野 智則, 竹澤 敬人, 林 芳和, 福島 寛美, 北村 絢, 沼尾 規且, 篠崎 聡, 茂森 昌人, 豊田 亮, 井野 裕治, 佐藤 光亮, 永山 学, 佐藤 貴一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  73-  (1)  68  -68  2008/06  [Not refereed][Not invited]
  • SUNADA KEIJIRO, YANO TOMONORI, MIYATA TOMOHIKO, IWAMOTO MICHIKO, ARASHIRO MASAYUKI, AJIBE HIRONARI, FUKUSHIMA HIROMI, NAKAYA TOMOHISA, KITADE TAKASHI, HONDA TETSURO, TSUKUI DAISUKE, SAKAMOTO HIROTSUGU, SHIGEMORI MASATO, IWASHITA YUICHI, HAYASHI YOSHIKAZU, YAMAMOTO HIRONORI, SUGANO KENTARO  胃と腸  43-  (4)  435  -442  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 周東利奈, 矢野智則, 林芳和, 宮田知彦, 南信弘, 三浦義正, 田口宏樹, 和田正浩, 新城雅行, 岩本美智子, 砂田圭二郎, 山本博徳, 井戸健一, 菅野健太郎, 大平猛  Gastroenterol Endosc  50-  (Supplement 1)  910  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 仲谷朋久, 矢野智則, 北出卓, 本田徹郎, 津久井大介, 坂本博次, 茂森昌人, 岩下裕一, 福島寛美, 阿治部弘成, 新城雅行, 砂田圭二郎, 宮田知彦, 岩本美智子, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  50-  (Supplement 1)  909  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 北出卓, 仲谷朋久, 本田徹郎, 坂本博次, 津久井大介, 矢野智則, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  50-  (Supplement 1)  881  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 岩下裕一, 矢野智則, 北出卓, 本田徹郎, 仲谷朋久, 津久井大介, 坂本博次, 茂森昌人, 福島寛美, 阿冶部弘成, 新城雅行, 宮田知彦, 岩本美智子, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  50-  (Supplement 1)  848  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Tomonori Yano, Michiko Iwamoto, Tomohiko Miyata, Masayuki Arashiro, Hironari Ajibe, Hiromi Hukushima, Norikatsu Numao, Aya Kitamura, Takahito Takezawa, Tomohisa Nakaya, Takashi Kitade, Tetsuro Honda, Hirotsugu Sakamoto, Daisuke Tsukui, Masato Shigemori, Yuuichi Iwasshita, Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  67-  (5)  AB274  -AB274  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Mitsuyo Yoshizawa, Masato Shigemori, Hirotsugu Sakamoto, Tomohisa Nakaya, Hiromi Fukushima, Daisuke Tsukui, Tetsuro Honda, Takashi Kitade, Yuuichi Iwashita, Takahito Takezawa, Norikatsu Numao, Aya Kitarnura, Hozurmi Tanaka, Eiji Kobayashi, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  67-  (5)  AB260  -AB260  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 林 芳和, 新城 雅行, 宮田 知彦, 阿治部 弘成, 菅野 健太郎  胃と腸  43-  (4)  657  -661  2008/04  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸出血の原因のうち,かなりの割合を血管性病変が占めているが,従来の検査方法では診断が困難であった.近年の小腸内視鏡の発展により,小腸血管性病変の内視鏡的診断のみならず,治療までも可能となってきた.消化管の血管性病変は,静脈の特徴を持つangioectasia,動脈の特徴を持つDieulafoy's lesion,動脈と静脈の間に吻合あるいは移行がみられるarteriovenous malformationの3つが代表的である.この病理学的背景に基づいて,拍動性の有無に着目した内視鏡分類を用いることで,内視鏡的診断とともに,適切な治療方法の選択が可能となる.(著者抄録)
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)にて一括切除し得た十二指腸乳頭部腺腫内癌の1例
    福島 寛美, 仲谷 朋久, 北出 卓, 津久井 大介, 竹澤 敬人, 中野 秀聡, 中澤 克行, 阿治部 弘成, 茂森 昌人, 林 芳和, 矢野 智則, 新城 雅行, 岩下 裕一, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 大橋 明, 和田 伸一, 玉田 喜一, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.1)  906  -906  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田圭二郎, 宮田知彦, 新城雅行, 矢野智則, 岩本美智子, 阿治部弘成, 福島寛美, 仲谷朋久, 北出卓, 本田徹郎, 坂本博次, 津久井大介, 茂森昌人, 岩下裕一, 林芳和, 山本博徳  消化器内視鏡  20-  (3)  367  -372  2008/03  [Not refereed][Not invited]
  • 茂森昌人, 仲谷朋久, 吉澤充代, 本田哲朗, 北出卓, 津久井大介, 坂本博次, 岩下裕一, 新城雅行, 矢野智則, 砂田圭二郎, 岩本美智子, 宮田知彦, 山本博徳, 菅野健太郎  日本消化器病学会雑誌  105-  A329  2008/03  [Not refereed][Not invited]
  • 津久井大介, 矢野智則, 岩本美智子, 宮田智彦, 新城雅行, 福島寛美, 阿治部弘成, 沼尾規且, 北村絢, 竹澤敬人, 坂本博次, 本田徹郎, 北出卓, 仲谷朋久, 茂森昌人, 岩下裕一, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎, 田中亨  日本消化器病学会雑誌  105-  A299  2008/03  [Not refereed][Not invited]
  • Helicobacter pylori除菌療法により胃酸分泌能が回復し消化管Bacterial Overgrowth症候群が改善した1例
    本田 徹郎, 矢野 智則, 太田 英孝, 周東 利奈, 荒井 洋実, 中澤 克行, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 林 俊治, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  105-  (臨増総会)  A371  -A371  2008/03  [Not refereed][Not invited]
  • 新城雅行, 山本博徳, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 矢野智則, 林芳和, 福島寛美, 阿治部弘成, 岩下裕一, 茂森昌人, 坂本博次, 津久井大介, 北出卓, 仲谷朋久, 本田徹郎, 佐藤貴一, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  73-  (1)  65  2008  [Not refereed][Not invited]
  • 北出卓, 阿治部弘成, 仲谷朋久, 本田徹郎, 津久井大介, 坂本博次, 福島寛美, 茂森昌人, 岩下裕一, 林芳和, 新城雅行, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 矢野智則, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  73-  (1)  102  2008  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田圭二郎, 矢野智則, 宮田知彦, 岩本美智子, 新城雅行, 阿治部弘成, 福島寛美, 仲谷朋久, 北出卓, 本田徹郎, 坂本博次, 茂森昌人, 岩下裕一, 林芳和, 山本博徳  消化器の臨床  10-  (6)  627  -632  2007/12  [Not refereed][Not invited]
  • TAGUCHI HIROKI, YAMAMOTO HIRONORI, HAYASHI YOSHIKAZU, MINAMI NOBUHIRO, MIURA YOSHIMASA, ARASHIRO MASAYUKI, IWAMOTO MICHIKO, YANO TOMONORI, MIYATA TOMOHIKO, SUNADA KEIJIRO, SUGANO KENTARO  胃と腸  42-  (12)  1721  -1729  2007/11  [Not refereed][Not invited]
  • 濱公治, 砂田圭二郎, 山本博徳, 中澤克行, 吉澤充代, 矢野智則, 宮田知彦, 岩本美智子, 新城雅行, 田口宏樹, 三浦義正, 南信弘, 菅野健太郎, 宇井崇, 佐藤寛丈, 永井秀雄  Prog Dig Endosc  71-  (2)  104-105,8  2007/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【大腸EMR、ESDの進歩】 治療機器の工夫・改良 double balloon endoscopyを用いたESD
    砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 矢野 智則, 新城 雅行, 林 芳和, 阿治部 弘成, 福島 寛美, 茂森 昌人, 岩下 裕一, 山本 博徳  早期大腸癌  11-  (6)  529  -534  2007/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【ダブルバルーン内視鏡が変えた治療学】 ダブルバルーン内視鏡とは
    矢野 智則, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 新城 雅之, 宮田 知彦, 林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  19-  (11)  1525  -1530  2007/11  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡は、内視鏡先端とオーバーチューブ先端に装着した2つのバルーンを用いて、腸管の無駄な伸展を抑制し、腸管を短縮しつつ挿入することで、小腸全域を観察可能にした内視鏡である。経口的にも経肛門的にも挿入が可能であり、バイパスされた腸管にも選択的挿入が可能である。深部小腸においても高い操作性が保たれるため、観察だけにとどまらず、さまざまな処置具を用いた内視鏡治療も行える。このことは、小腸疾患に対する診断・治療体系を大きく変えることになった。小腸出血や、小腸ポリープ、小腸狭窄、小腸異物については、内視鏡治療を行うことで開腹手術を回避できる症例が多い。また、癒着性イレウスや良性腫瘍などについては、病変部位を内視鏡的にマーキングすることで、腹腔鏡手術や腹腔鏡補助下小開腹手術につなげることが可能になった。今後、ダブルバルーン内視鏡の需要は高くなっていくと考えられる。(著者抄録)
  • 【ダブルバルーン内視鏡が変えた治療学】 小腸癒着および腸重積に対する内視鏡的アプローチ complication、安全性も含めて
    砂田 圭二郎, 矢野 智則, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 新城 雅行, 林 芳和, 竹澤 敬人, 阿治部 弘成, 福島 寛美, 茂森 昌人, 岩下 裕一, 山本 博徳  消化器内視鏡  19-  (11)  1581  -1589  2007/11  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡は、深部小腸の内視鏡観察や内視鏡治療を目的に開発され、その有用性は各方面から注目されている。術後に伴う病態として、癒着性イレウスは頻度が高い。血行障害を伴わない癒着性イレウスでは、絶食・補液管理で保存的に治療されることが多いが、この癒着は持続するため、イレウスの発症を繰り返すことが多く、厳重な食事制限や下剤の服用を余儀なくされている。こうした患者にダブルバルーン内視鏡を行うことで、癒着部位を特定し、点墨を施しておれば、後日癒着剥離術を行う際に、腹腔鏡を使用したり、小切開の開腹術などにより低侵襲な術式を選択できる可能性がある。また、腫瘍や炎症などによる器質的狭窄の除外診断を行うことができる。一方、成人の腸重積症は、腸閉塞症の原因の約1%を占め、ポリープ、癌などの腫瘍性病変が先進部となって発症することが多い。筆者らは、この腸重積を内視鏡的に整復する2つの方法を考案した。一つは経肛門的にダブルバルーン内視鏡を挿入し、内視鏡先端のバルーンを拡張させた状態で造影剤を注入し、その圧力で整復する方法である。もう一つは、経口的にダブルバルーン内視鏡を挿入し、内視鏡先端バルーンを拡張させた状態で、腸重積の原因となっているポリープごと引いてきて整復する方法である。両方法の実際の症例を紹介するが、術前に腸管虚血の評価を十分に行い、不成功時や偶発症発生時の体制(開腹術への移行)を十分に整えて臨む必要がある。(著者抄録)
  • YANO T, YAMAMOTO H  Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi  60-  (10)  940  -946  2007/10  [Not refereed][Not invited]
     
    The advent of video capsule endoscopy and double balloon endoscopy has been changing the diagnostic algorithm for small bowel diseases whose main diagnostic modality has been barium examination. The double balloon endoscopy uses two balloons, one attached to the tip of an endoscope and another at the distal end of an overtube. By using these balloons to grip the intestinal wall, the endoscope can be inserted further without forming redundant loops in the intestines. The double balloon endoscopy technique enables endoscopic scrutiny, biopsy and treatments in any part of the small bowel in the same way as in the stomach and the colon. The authors describe the principle of insertion, characteristics, selection of endoscope type and insertion route, as well as practical insertion procedures using both the oral and anal routes.
  • 【NSAID潰瘍 診断・予防・治療の最新動向】 NSAID小腸粘膜障害 診断・治療 ダブルバルーン内視鏡による診断・治療
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 林 芳和, 矢野 智則, 田口 宏樹, 岩本 美智子  日本臨床  65-  (10)  1866  -1874  2007/10  [Not refereed][Not invited]
  • 新城雅行, 宮田知彦, 三浦義正, 南信弘, 田口宏樹, 林芳和, 矢野智則, 和田正浩, 千葉大輔, 砂田圭二郎, 岩本美智子, 山本博徳, 井戸健一, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  49-  (Supplement 2)  2338  2007/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【薬物性潰瘍の実態と診断・治療の進歩】 ダブルバルーン内視鏡を用いたNSAIDs起因性小腸粘膜障害の診断と治療
    岩本 美智子, 山本 博徳, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 宮田 知彦, 新城 雅行, 阿治部 弘成, 菅野 健太郎  消化器科  45-  (3)  283  -287  2007/09  [Not refereed][Not invited]
  • 川野 陽一, 水田 耕一, 江上 聡, 石川 りか, 藤原 岳人, 安田 是和, 矢野 智則, 山本 博徳, 河原崎 秀雄  日本消化器外科学会雑誌  40-  (7)  2007/07  [Not refereed][Not invited]
  • SUNADA KEIJIRO, YAMAMOTO HIRONORI, MIYATA TOMOHIKO, IWAMOTO MICHIKO, YANO TOMONORI, ARASHIRO MASAYUKI, HAYASHI YOSHIKAZU, TAGUCHI HIROKI, MIURA YOSHIMASA, MINAMI NOBUHIRO, CHIBA DAISUKE, WADA MASAHIRO  胃と腸  42-  (7)  1108  -1114  2007/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡における診断・治療の最前線 ダブルバルーン内視鏡を用いた盲係蹄症候群の診断
    矢野 智則, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 林 芳和, 新城 雅行, 田口 宏樹, 三浦 正義, 南 信弘, 千葉 大輔, 和田 正浩, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  71-  (1)  61  -61  2007/06  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田圭二郎, 山本博徳, 矢野智則, 林芳和, 岩本美智子, 宮田知彦, 新城雅之, 南信広, 三浦義正, 田口宏樹, 和田正浩, 千葉大輔, 菅野健太郎  早期大腸癌  11-  (3)  197  -203  2007/05  [Not refereed][Not invited]
  • 千葉大輔, 林芳和, 山本博徳, 南信広, 三浦義正, 田口宏樹, 和田正浩, 矢野智則, 新城雅之, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 喜多宏人, 岩本美智子, 井戸健一, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  49-  (Supplement 1)  841  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • 三浦義正, 矢野智則, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  49-  (Supplement 1)  826  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • Tetsuya Nakamura, Takeshi Oinuma, Hidetsugu Yamagishi, Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano, Akira Terano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  65-  (5)  AB180  -AB180  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Daisuke Chiba, Tomonori Yano, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Michiko Iwamoto, Tomohiko Miyata, Masauki Arashiro, Hiroki Taguchi, Yoshimasa Miura, Nobuhiro Minami, Masahiro Wada, Kenichi Ido, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  65-  (5)  AB184  -AB184  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡の新展開 カプセルとダブルバルーンを中心に 小腸内視鏡検査におけるEUSの有用性
    和田 正浩, 矢野 智則, 林 芳和  Gastroenterological Endoscopy  49-  (Suppl.1)  685  -685  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • 山本博徳, 砂田圭二郎, 矢野智則, 宮田知彦, 岩本美智子, 新城雅行, 林芳和, 田口宏樹, 三浦義正, 南信弘, 和田正浩, 菅野健太郎  消化器内視鏡  19-  (3)  368  -373  2007/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【がん診療の最前線】 体制の充実と現状 ダブルバルーン内視鏡の現状
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 矢野 智則, 林 芳和, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 新城 雅之  最新医学  62-  (3月増刊)  605  -617  2007/03  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡は,屈曲した腸管をオーバーチューブのバルーンで把持し,内視鏡挿入時の伸展を防止することで,深部挿入を可能とする原理に基づいている.このたび新しく有効長152cmのEC450-BI5が登場した.小腸のみならず,大腸や術後腸管の診断・治療に応用可能であり,その有用性が明らかとなった.今後も,学会や研究会などを通して新しい知見・経験を共有し,さらなる技術の向上や普及を目指していく必要がある.(著者抄録)
  • ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸細菌叢の解析
    太田 英孝, 林 俊治, 林 芳和, 和田 正浩, 新城 雅行, 矢野 智則, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  104-  (臨増総会)  A147  -A147  2007/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸内視鏡のupdate】 ダブルバルーン内視鏡の方法と原理
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 矢野 智則, 喜多 宏人, 林 芳和, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 新城 雅之  臨床消化器内科  22-  (3)  273  -280  2007/02  [Not refereed][Not invited]
     
    被検者に過度の負担をかけず,小腸を意のままに観察し,治療したいという長年の内視鏡医の夢がダブルバルーン内視鏡によって現実のものとなった.その基礎となったのが「ダブルバルーン法」の原理である.軟らかいオーバーチューブとバルーンで腸管を把持することで,腸管を直線化しなくても,屈曲やループが残ったままで,内視鏡を深部に進めることができる.また,このオーバーチューブ先端のバルーンで把持された部分が,内視鏡コントロールの基点となり,往復観察やポリペクトミー,拡張といった治療も可能になる.本稿では,このダブルバルーン内視鏡開発の基礎となった挿入原理,具体的挿入方法について解説した.(著者抄録)
  • 三浦義正, 山本博徳, 矢野智則, 喜多宏人, 砂田圭二郎, 宮田知彦, 岩本美智子, 林芳和, 新城雅行, 和田正浩, 田口宏樹, 南信弘, 井戸健一, 菅野健太郎  消化器内視鏡  19-  (1)  97  -104  2007/01  [Not refereed][Not invited]
  • 南信弘, 岩本美智子, 牛尾文, 大竹俊哉, 千葉大輔, 三浦義正, 田口宏樹, 和田正浩, 新城雅行, 林芳和, 砂田圭二郎, 矢野智則, 宮田知彦, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  71-  (1)  82  2007  [Not refereed][Not invited]
  • 林芳和, 山本博徳, 矢野智則, 砂田圭二郎, 宮田知彦, 岩本美智子, 新城雅行, 田口宏樹, 三浦義正, 南信弘, 千葉大輔, 和田正浩, 井戸健一, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  71-  (1)  77  2007  [Not refereed][Not invited]
  • 中澤克行, 砂田圭二郎, 矢野智則, 岩本美智子, 新城雅行, 南信弘, 田口宏樹, 三浦義正, 田野茂夫, 和田伸一, 玉田喜一, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  71-  (1)  58  2007  [Not refereed][Not invited]
  • 濱公治, 砂田圭二郎, 山本博徳, 中澤克行, 吉澤充代, 矢野智則, 宮田知彦, 岩本美智子, 新城雅行, 田口宏樹, 三浦義正, 南信弘, 千葉大輔, 和田正浩, 菅野健太郎, 宇井崇, 佐藤寛丈, 永井秀雄  Prog Dig Endosc  71-  (1)  98  2007  [Not refereed][Not invited]
  • 新城雅行, 三浦義正, 山本博徳, 矢野智則, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 岩本美智子, 田口宏樹, 南信弘, 千葉大輔, 和田正浩, 林芳和, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  71-  (1)  61  2007  [Not refereed][Not invited]
  • 武市和憲, 矢野智則, 吉田徹, 岩下裕一, 北出卓, 坂本博次, 津久井大介, 仲谷朋久, 本田徹郎, 阿治部弘成, 茂森昌人, 福島寛美, 林芳和, 新城雅之, 久野亜希子, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 岩本美智子, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  72-  (1)  104  2007  [Not refereed][Not invited]
  • 岩下裕一, 岩本美智子, 北村絢, 沼尾規且, 竹澤敬人, 北出卓, 本田徹郎, 仲谷朋久, 津久井大介, 武市和憲, 坂本博次, 茂森昌人, 福島寛美, 阿冶部弘成, 新城雅行, 矢野智則, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  72-  (1)  76  2007  [Not refereed][Not invited]
  • 盲腸顆粒型LSTに対する粘膜下層剥離術の1例
    石川 恵子, 山本 博徳, 喜多 宏人, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  70-  (1)  86  -86  2006/12  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸内視鏡にて偶然発見した鞭虫症の一例
    田口 宏樹, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 矢野 智則, 新城 雅行, 和田 正浩, 喜多 宏人, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  70-  (1)  86  -86  2006/12  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則, 山本 博徳, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 喜多 宏人, 宮田 知彦, 新城 雅行, 菅野 健太郎  胃と腸  41-  (12)  1629  -1636  2006/11  [Not refereed][Not invited]
  • 喜多宏人, 山本博徳, 矢野智則, 砂田圭二郎, 林芳和, 岩本美智子, 宮田知彦, 新城雅行, 田口宏樹, 三浦義正, 南信弘, 井戸健一, 菅野健太郎  炎症と免疫  14-  (6)  762  -767  2006/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【ESD時代のEMR】 大腸 ESD 先端細径フードとヒアルロン酸ナトリウム局注で一括切除可能
    喜多 宏人, 山本 博徳, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器内視鏡  18-  (7)  1167  -1174  2006/07  [Not refereed][Not invited]
     
    ESDの最大の魅力は,病変粘膜を確実に狙った範囲で一括摘除できるところにある.確実な一括摘除により,正確な病理診断による治癒的切除の判断を的確に下すことが可能となる.また,実際に治療後の局所再発率もきわめて低い.大腸のESDが困難である要因は,大腸壁が薄くて軟らかいということであり,ヒアルロン酸ナトリウムの局注による厚みと硬さを与えたうえで,ニードルナイフを用いた視認下での剥離を行っている.ニードルナイフを安全に使用するためには,フードの併用が有用であり,重力を考慮し粘膜の切開と剥離を交互に繰り返すことにより,粘膜隆起を保持する戦略が重要である.適切な手技の選択により,大腸においても安全にESDを行うことは可能であり,今後の処置具や手技の改良により,ますます大腸のESDが実用的なものとなっていくことを期待する(著者抄録)
  • Hiroto Kita, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Michiko Iwamoto, Keijiro Sunada, Toshiaki Omata, Yukio Tone, Taro Abe, Hakuei Shinhata, Shinji Fujieda, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Kenichi Ido, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  63-  (5)  AB174  -AB174  2006/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化器疾患 State of arts 消化管(食道・胃・腸)】 診断法をめぐる最近の進歩 内視鏡診断の進歩 ダブルバルーン内視鏡と小腸疾患
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  医学のあゆみ  別冊-  (消化器疾患Ver.3)  230  -233  2006/04  [Not refereed][Not invited]
  • KITA Hiroto, YAMAMOTO Hironori, YANO Tomonori, IWAMOTO Michiko, MIYATA Tomohiko, SUNADA Keijiro, SUGANO Kentaro  日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  48-  (3)  348  -355  2006/03  [Not refereed][Not invited]
  • 三浦義正, 矢野智則, 山本博徳, 喜多宏人, 砂田圭二郎, 宮田知彦, 岩本美智子, 林芳和, 新城雅行, 和田正浩, 田口宏和, 南信弘, 井戸健一, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  70-  (1)  79  2006  [Not refereed][Not invited]
  • 南信弘, 三浦義正, 田口宏樹, 新城雅行, 矢野智則, 岩本美智子, 砂田圭二郎, 宮田知彦, 喜多宏人, 山本博信, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  70-  (1)  77  2006  [Not refereed][Not invited]
  • 新城雅行, 宮田知彦, 三浦義正, 南信弘, 田口宏樹, 林芳和, 矢野智則, 砂田圭二郎, 岩本美智子, 喜多宏人, 山本博徳, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  70-  (1)  93  2006  [Not refereed][Not invited]
  • YAMAMOTO Hironori, KITA Hiroto, SUNADA Keijiro, MIYATA Tomohiko, YANO Tomonori, IWAMOTO Michiko, OMATA Toshiaki, SHINHATA Hakuei, TONE Yukio, FUJIEDA Shinji, ABE Taro, IDO Kenichi, SUGANO Kentaro  日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  47-  (12)  2672  -2680  2005/12  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡による内視鏡的治療
    矢野 智則, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 林 芳和, 佐藤 博之, 刀根 幸夫, 小俣 俊明, 藤枝 真司, 阿部 太郎, 新畑 博英, 篠崎 聡, 太田 英孝, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  68-  (1)  62  -62  2005/11  [Not refereed][Not invited]
  • YAMAMOTO Hironori, KITA Hiroto, SUNADA Keijiro, YANO Tomonori, HAYASHI Yoshikazu, SATO Hiroyuki, AJIBE Hironari, IWAMOTO Michiko, IDO Kenichi, SUGANO Kentaro  Gastroenterological Endoscopy  47-  (10)  2353  -2360  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管に対する内視鏡治療】 トピックス ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患の内視鏡的治療
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 佐藤 博之, 林 芳和, 関根 豊, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器医学  3-  123  -129  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 処置用ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の内視鏡的治療
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  日本消化吸収学会総会プログラム・講演抄録集  36回-  116  -116  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管腫瘍の内視鏡的診断と治療 最新の動向を探る】 知られざる小腸病変 これからの小腸診療
    林 芳和, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 佐藤 博之  内科  96-  (4)  619  -624  2005/10  [Not refereed][Not invited]
     
    近年,小腸の内視鏡検査に大きな変革がもたらされた.それは全小腸内視鏡観察を可能にした2つの新しい方法,カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の登場である.いずれも従来未知の領域であった小腸におけるさまざまな疾患の存在を明らかにしつつある.カプセル内視鏡の最大の特徴は被験者にほとんど苦痛を強いることなく全小腸の内視鏡観察を可能にしたことである.ダブルバルーン内視鏡の最大の特徴は,病変観察後に引き続いて内視鏡治療が可能であるということである.ダブルバルーン内視鏡では,従来胃や大腸で可能である内視鏡治療のほとんどが小腸においても施行可能であり,実際にわれわれは止血術,ポリペクトミー,粘膜切除術,狭窄部拡張術,ステント留置など,小腸におけるさまざまな内視鏡治療を行ってきた.今後,カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡はおのおのの特徴を生かして相補的に小腸疾患の診断・治療の発展に寄与するであろう(著者抄録)
  • 林 芳和, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 竹澤 敬人, 篠崎 聡, 太田 英孝, 新畑 博英, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 井戸 健一, 菅野 健太郎  胃と腸  40-  (11)  1475  -1482  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【これがBasic technique】 小腸 ダブルバルーン内視鏡の挿入手技の基本とコツ
    宮田 知彦, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 刀根 幸夫, 小俣 俊明, 藤枝 真司, 阿部 太郎, 新畑 博英, 岩本 美智子, 篠崎 聡, 太田 英孝, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器内視鏡  17-  (10)  1762  -1766  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸疾患への内視鏡的アプローチの新展開 処置用ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の内視鏡的治療
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.2)  1889  -1889  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 処置用ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の内視鏡的治療
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  日本消化器集団検診学会雑誌  43-  (5)  189  -189  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸疾患への内視鏡的アプローチの新展開 処置用ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の内視鏡的治療
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  102-  (臨増大会)  A597  -A597  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 2種類のダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患の診断と治療
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 伊藤 勝宣, 八森 久, 篠崎 聡, 宮田 知彦, 矢野 智則, 久野 亜希子, 関根 豊, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  67-  (1)  59  -59  2005/06  [Not refereed][Not invited]
  • ヒアルロン酸を用いた内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した大腸カルチノイドの検討
    篠崎 聡, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 八森 久, 岩本 美智子, 林 芳和, 佐藤 博之, 伊藤 勝宣, 高松 徹, 宮田 知彦, 久野 亜希子, 矢野 智則, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本大腸肛門病学会雑誌  58-  (6)  375  -375  2005/06  [Not refereed][Not invited]
  • 【ここまできた小腸内視鏡】 ダブルバルーン内視鏡の開発と臨床応用
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器内視鏡  17-  (4)  451  -457  2005/04  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン法は,山本が考案した新たな内視鏡挿入法である.2003年秋にフジノン東芝ESシステム株式会社からダブルバルーン内視鏡システムが市販され,ダブルバルーン内視鏡による小腸全域の内視鏡検査が日常臨床に導入可能となった.このダブルバルーン内視鏡システムは,先端にバルーン装着を可能とした専用内視鏡,バルーン付きオーバーチューブ,バルーンの拡張・脱気用ポンプから構成されており,2種類の専用内視鏡が市販されている.自治医科大学消化器内科において,2004年3月までの期間に123例の患者に対し,延べ178件のダブルバルーン内視鏡検査を施行し,50例の出血病変,23例の狭窄病変,17例の小腸腫瘍性病変を同定した.また,内視鏡治療として,出血病変に対する通電凝固による止血処置を12例,ポリペクトミーを1例,EMRを1例,バルーン拡張を6例,ステント留置を2例に行った.ダブルバルーン内視鏡は小腸疾患の診断・治療に大いに貢献することが期待される(著者抄録)
  • ダブルバルーン小腸内視鏡を用いて小腸ポリープを内視鏡的に切除したPeutz-Jeghers syndromeの一例
    高松 徹, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 伊藤 勝宣, 八森 久, 篠崎 聡, 矢野 智則, 久野 亜希子, 宮田 知彦, 関根 豊, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  762  -762  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡を用いて内視鏡的に切除された小腸隆起性病変の検討
    佐藤 博之, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 八森 久, 高松 徹, 伊藤 勝宣, 篠崎 聡, 宮田 知彦, 矢野 智則, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  762  -762  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の併用が有用であった小腸潰瘍の1症例
    伊藤 勝宣, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 高松 徹, 八森 久, 篠崎 聡, 矢野 智則, 久野 亜希子, 宮田 和彦, 井戸 健一, 菅野 健太郎, 中村 哲也, 白川 勝朗, 寺野 彰  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  824  -824  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • 上下部消化管内視鏡で出血源が同定できない消化管出血症例66例に対するダブルバルーン内視鏡の有用性の検討
    篠崎 聡, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 伊藤 勝宣, 高松 徹, 八森 久, 矢野 智則, 久野 亜希子, 宮田 知彦, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  102-  (臨増総会)  A275  -A275  2005/03  [Not refereed][Not invited]
  • 新畑博英, 武藤弘行, 関沢大輔, 矢野智則, 大竹俊哉, 東沢俊彦, 佐藤慎, いそ田憲夫, 玉田喜一, 菅野健太郎  日本内科学会関東地方会  531st-  2005
  • 【消化管画像診断と機能診断 治療への応用】 新しい消化管画像診断とその治療への応用 ダブルバルーン法による小腸内視鏡
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器医学  2-  27  -32  2004/10  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸良性狭窄に対してダブルバルーン法を用いた小腸内視鏡下における拡張術が有効であった1症例
    阿治部 弘成, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 矢野 智則, 岩城 孝明, 林 芳和, 佐藤 博之, 川村 欣之, 宮田 知彦, 関根 豊, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.2)  1990  -1990  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 術後Roux-en-Y再建の輸入脚病変に対するダブルバルーン内視鏡の有用性の検討
    佐藤 博之, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 花塚 和伸, 佐藤 幸浩, 矢野 智則, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 宮田 知彦, 久野 亜希子, 田野 茂夫, 玉田 喜一, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.2)  2000  -2000  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡にて観察された診断困難な消化管出血の原因となったメッケル憩室の4例
    篠崎 聡, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増大会)  A735  -A735  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン小腸内視鏡にて観察できた小腸MALTリンパ腫の一例
    林 芳和, 山本 博徳, 佐藤 貴一, 大西 洋英, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 佐藤 幸治, 矢野 智則, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増大会)  A737  -A737  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Michiko Iwamoto, Kentaro Sugano  Japanese Journal of Gastroenterology  101-  (9)  976  -982  2004/09  [Not refereed][Not invited]
     
    2003年11月から市販され始めたFTSダブルバルーン電子内視鏡システムは小腸への内視鏡挿入を可能とするために考え出されたダブルバルーン法に基づく新たな内視鏡システムである. この内視鏡システムの特徴は全小腸の内視鏡観察をも実現した挿入性のみならず, 深部小腸においても発揮される優れた操作性にあるといえる. 内視鏡コントロールの基点はオーバーチューブのバルーンでの把持部であり, 消化管の任意の部位に置くことが出来る. ダブルバルーン内視鏡の登場によりこれまで内視鏡到達が困難であった小腸にも内視鏡的精査, 治療を行うことが可能となった. 本稿ではわれわれの試作機時代からの使用経験をもとにその有用性について紹介した.
  • 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本内科学会雑誌  93-  (6)  1189  -1199  2004/06  [Not refereed][Not invited]
  • ステント治療の進歩とその成績 ダブルバルーン小腸鏡の応用 小腸癌による小腸狭窄に対する小腸内ステント留置の経験
    林 芳和, 山本 博徳, 佐藤 博之, 矢野 智則, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 岩城 孝明, 川村 欣之, 阿治部 弘成, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  65-  (1)  60  -60  2004/06  [Not refereed][Not invited]
  • 消化器内視鏡の新しい診断・治療法の展開 ダブルバルーン法による小腸内視鏡を用いた小腸疾患の診断と治療
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 阿治部 弘成, 岩本 美智子, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  65-  (1)  77  -77  2004/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸癒着性イレウスを繰り返す症例に対し,ダブルバルーン内視鏡が狭窄部位の診断上有効であった症例の検討
    阿治部 弘成, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 矢野 智則, 岩城 孝明, 林 芳和, 佐藤 博之, 川村 欣之, 宮田 知彦, 関根 豊, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.1)  635  -635  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡にて診断した小腸angiodysplasia症例の臨床的検討
    佐藤 博之, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 岩本 美智子, 岩城 孝明, 川村 欣之, 林 芳和, 阿治部 弘成, 宮田 知彦, 関根 豊, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.1)  635  -635  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡で観察しえたNSAIDs起因性小腸病変の検討
    林 芳和, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 岩本 美智子, 砂田 富美子, 岩城 孝明, 川村 欣之, 佐藤 博之, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増総会)  A246  -A246  2004/03  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン法を用いた小腸鏡で観察し,術後再発病変に対しバルーン拡張術を施行した回腸多発性狭窄病変の1例
    篠崎 聡, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 桂二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎, 遠藤 和洋, 岡田 真樹, 永井 秀雄, 河田 浩敏, 斉藤 建  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増総会)  A316  -A316  2004/03  [Not refereed][Not invited]
  • 苦痛なき内視鏡検査を求めて Double-balloon methodは,大腸内視鏡挿入困難症例に対し苦痛のない全大腸内視鏡検査を可能にする
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  64-  (1)  64  -64  2003/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【大腸内視鏡検査の進歩と技術の工夫】 大腸内視鏡の新しい挿入法 Double-balloon method
    山本 博徳, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 矢野 智則, 宮田 知彦, 関根 豊, 久野 亜希子, 大西 展樹, 岩城 孝明, 川村 欣之, 佐藤 博之, 林 芳和, 菅野 健太郎  消化器科  36-  (6)  559  -563  2003/06  [Not refereed][Not invited]
  • NISHIMURA MAKOTO, YAMAMOTO HIRONORI, SUGIMOTO TSUYOSHI, YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, MIYATA TOMOHIKO, KAWAKAMI KUNI, KAWADA HIROSHI, SUGANO KENTARO  日本消化器病学会雑誌  99-  A593  2002/09  [Not refereed][Not invited]
  • MIYATA TOMOHIKO, YAMAMOTO HIRONORI, YANO TOMONORI, KUNO AKIKO, SUNADA KEIJIRO, SEKINE YUTAKA, NISHIMURA MAKOTO, SUGIMOTO TSUYOSHI, KANNO KENTARO  Gastroenterol Endosc  44-  (Supplement 2)  1531  2002/09  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野智則, 山本博徳, 川田浩, 坂本博次, 川上訓, 宮田知彦, 佐藤貴一, 井戸健一, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  44-  (Supplement 2)  1512  2002/09  [Not refereed][Not invited]
  • YANO TOMONORI, YAMAMOTO HIRONORI, SUNADA KEIJIRO, MIYATA TOMOHIKO, NAKAZAWA KATSUYUKI, IINO SATOSHI, NISHIMURA MAKOTO, SUGIMOTO TAKESHI, KANNO KENTARO  Gastroenterol Endosc  44-  (Supplement 1)  569  2002/03  [Not refereed][Not invited]
  • SUGIMOTO TAKESHI, YAMAMOTO HIRONORI, YANO TOMONORI, MIYATA TOMOHIKO, SUNADA KEIJIRO, IINO SATOSHI, SEKINE YUTAKA, NISHIMURA MAKOTO, KANNO KENTARO  Gastroenterol Endosc  44-  (Supplement 1)  569  2002/03  [Not refereed][Not invited]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.