Researchers Database

SHINOZAKI Takeshi

    Radiology Assistant Professor
Last Updated :2021/11/23

Researcher Information

J-Global ID

Research Interests

  • diagnostic radiology   

Research Areas

  • Life sciences / Radiology

Academic & Professional Experience

  • 1991/05 - Today  Jichi Medical University放射線医学講師

Education

  • 1984/04 - 1991/03  Akita University  School of Medicine

Published Papers

  • Takeshi Shinozaki, Kenichi Utano, Hiroyuki Fujii, Yuka Utano, Takahiro Sasaki, Shigeyoshi Kijima, Hidenori Kanazawa, Yukio Kimura, Akifumi Fujita, Hideharu Sugimoto
    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY 32 (8) 476 - 481 1867-1071 2014/08 [Refereed][Not invited]
     
    The objective of this study was to compare the diagnostic accuracy of dual-time-point 18F-fluorodeoxyglucose (F-18-FDG) positron emission tomography (PET) to single-time-point F-18-FDG PET for staging of preoperative lung cancer. Between November 2008 and December 2009, 107 patients who were diagnosed as having lung cancer or strongly suspected of having lung cancer were enrolled. They underwent dual-time-point F-18-FDG PET following conventional imaging. Dual-time-point F-18-FDG PET imaging (whole body) was performed at 1-h (early) post-FDG injection and repeated (2 h delayed) after injection. The diagnostic accuracy of pre-PET staging and post-PET staging was retrospectively evaluated, and the diagnostic accuracy of dual-time-point F-18-FDG PET was compared to that of single-time-point F-18-FDG PET. In 100 patients, the early F-18-FDG PET scan resulted in upstaging of the tumor in ten (10 %) and down-staging of the tumor in five (5 %) compared to the conventional scan. The delayed phase of F-18-FDG PET provided no additional information on staging for lung cancer patients. The remaining seven patients were diagnosed as not having lung cancer. This study confirmed that dual-time-point F-18-FDG PET is useful for differential diagnosis between benign and malignant lesions, but has no major impact on staging and therapeutic management of patients with pathologically proven lung cancer.
  • Hidenori Kanazawa, Atsushi Kotoda, Tetsu Akimoto, Takeshi Shinozaki, Makoto Inoue, Hideharu Sugimoto, Eiji Kusano
    Internal Medicine 52 (9) 987 - 991 0918-2918 2013/05 [Refereed][Not invited]
     
    Acute kidney injury (AKI) is a well-recognized complication of minimal change nephrotic syndrome (MCNS). Previous reports support the concept that AKI associated with MCNS is reversible however, information regarding the hemodynamic basis of AKI in MCNS is insufficient. We herein describe a case of AKI in a man with MCNS. In this case, monitoring the longitudinal changes in renal perfusion using serial Tc-99 m-MAG3 renal scanning was beneficial for evaluating the pathophysiological background associated with the development of AKI. The potential impact of serial renal scanning in MCNS patients with AKI will also be discussed. © 2013 The Japanese Society of Internal Medicine.
  • Y Sakuhara, T Shinozaki, Y Hozumi, S Ogura, K Omoto, M Furuse
    AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY 179 (5) 1201 - 1203 0361-803X 2002/11 [Refereed][Not invited]
  • 杉本 英治, 篠崎 健史, 大澤 忠, 釜田 惠子, 大久保 彰, 大原 國俊, スギモト ヒデハル, シノザキ タケシ, オオサワ タダシ, カマタ ケイコ, オオクボ アキラ, オオハラ クニトシ, Sugimoto Hideharu, Shinozaki Takeshi, Ohsawa Tadashi, Kamata Keiko, Ohkubo Akira, Ohhara Kunitoshi
    日本医学放射線学会雑誌 日本医学放射線学会 53 (4) 387 - 394 0048-0428 1993/04 [Not refereed][Not invited]

MISC

  • 篠崎健史, 菊地智博, 任燕, 國友直樹, 小林遼真, 藤井奈々, 小野澤裕昌, 中田和佳, 古川理恵子, 杉本英治  臨床放射線  61-  (11)  1515‐1520  -1520  2016/11  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 古川理恵子, 中田和佳, 小野澤裕昌, 藤井奈々, 小林遼真, 國友直樹, 菊地智博, REN Y, 杉本英治  臨床画像  32-  (10)  1102‐1113  -1113  2016/10  [Not refereed][Not invited]
  • 大竹悠子, 菊地智博, 國友直樹, 任燕, 篠崎健史, 藤田晃史, 杉本英治  日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  52nd-  S523  -S523  2016/08  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 小川一成, 小林遼真, 藤井奈々, 小屋敷洋平, 鈴木瑞穂, 河原悠一郎, 宇賀神敦, 寺内弥穂, 伊藤浩一, 藤井裕之, 杉本英治  臨床放射線  61-  (1)  75  -84  2016/01  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎 健史, 小川 一成, 小林 遼真, 藤井 奈々, 小屋敷 洋平, 鈴木 瑞穂, 河原 悠一郎, 宇賀神 敦, 寺内 弥穂, 伊藤 浩一, 藤井 裕之, 杉本 英治  臨床放射線  61-  (1)  75  -84  2016/01  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI, FURUKAWA RIEKO, NAKATA WAKA, FUJII NANA, OGAWA KAZUNARI, KOBAYASHI RYOUMA, SUZUKI MIZUHO, KOYASHIKI YOHEI, KAWAHARA YUICHIRO, SUGIMOTO HIDEHARU  臨床放射線  60-  (11)  1855  -1860  2015/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【救急画像診断のすべて】 内因性疾患 骨軟部 炎症性疾患 骨・関節の感染症・炎症
    篠崎 健史, 古川 理恵子, 中田 和佳, 藤井 奈々, 小川 一成, 小林 遼真, 鈴木 瑞穂, 小屋敷 洋平, 河原 悠一郎, 杉本 英治  臨床放射線  60-  (11)  1855  -1860  2015/11  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 歌野健一, 佐々木崇洋, 歌野有香, 中田和佳, 木村有喜男, 大竹悠子, 杉本英治  臨床放射線  60-  (10)  1245  -1257  2015/10  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎 健史, 歌野 健一, 佐々木 崇洋, 歌野 有香, 中田 和佳, 木村 有喜男, 大竹 悠子, 杉本 英治  臨床放射線  60-  (10)  1245  -1257  2015/10  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎 健史, 歌野 健一, 佐々木 崇洋  臨床放射線  60-  (10)  1245  -1257  2015/10  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI KENJI, UTANO KEN'ICHI, ITO KOICHI, SASAKI TAKAHIRO, UTANO YUKA, NAKATA KAZUYOSHI, KIMURA YUKIO, OTAKE YUKO, TAKAMATSU NOBUO, ASHIZAKI MICHITA, SUGIMOTO HIDEHARU  核医学  52-  (3)  299  2015/09  [Not refereed][Not invited]
  • 肺多形癌の18FDG-PET/CT所見
    篠崎 健史, 歌野 健一, 伊藤 浩一, 佐々木 崇洋, 歌野 有香, 中田 和佳, 木村 有喜男, 大竹 悠子, 高松 伸郎, 芦崎 道太, 杉本 英治  核医学  52-  (3)  299  -299  2015/09  [Not refereed][Not invited]
  • NAKAMURA YOSHIYASU, KATO HIROKI, KAWAHARA YUICHIRO, KOYASHIKI YOHEI, UGAJIN ATSUSHI, FUJII HIROYUKI, SASAKI TAKAHIRO, KANAZAWA HIDENORI, KIJIMA SHIGEYOSHI, FUJITA AKIFUMI, SHINOZAKI KENJI, HONDA MASANORI, SUGIMOTO HIDEHARU  日本門脈圧こう進症学会雑誌  21-  (3)  159  -159  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • ITO KOICHI, KIMURA YUKIO, KIJIMA SHIGEKI, SHINOZAKI KENJI, SUGIMOTO HIDEHARU, FURUKAWA RIEKO  Jpn J Radiol  33-  (Supplement)  40  -40  2015/02  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 藤井裕之, 伊藤浩一, 宇賀神敦, 杉本英治  PET J  (28)  9  -11  2014/12  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 佐々木崇洋, 中田和佳, 木村有喜男, 大竹悠子, 歌野有香, 歌野健一, 竹内美砂子, 高松伸郎, 芦崎道太, 杉本英治  核医学  51-  (3)  289  -289  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 木村有喜男, 大竹悠子, 歌野有香, 歌野健一, 杉本英治  核医学  51-  (2)  58  -58  2014/05  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 木村有喜男, 大竹悠子, 歌野有香, 歌野健一, 佐々木崇洋, 中田和佳, 中田学, 高松伸郎, 芦崎道太, 杉本英治  核医学  50-  (3)  243  2013/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎 健史, 木村 有喜男, 大竹 悠子, 歌野 有香, 歌野 健一, 佐々木 崇洋, 中田 和佳, 中田 学, 高松 伸郎, 芦崎 道太, 杉本 英治  核医学  50-  (3)  S233  -S233  2013/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠田沙智, 黒崎史朗, 坂東政司, 瀧上理子, 堂嶽洋一, 大圃美穂, 澤田哲郎, 佐多将史, 水品佳子, 開陽子, 平野利勝, 水谷英明, 中山雅之, 間藤尚子, 山沢英明, 河合陽, 篠崎健史, 吉本多一郎, 福嶋敬宜, 手塚憲志, 遠藤俊輔, 杉山幸比古  気管支学  35-  (3)  349  -350  2013/05  [Not refereed][Not invited]
  • 篠田 沙智, 黒崎 史朗, 坂東 政司, 瀧上 理子, 堂嶽 洋一, 大圃 美穂, 澤田 哲郎, 佐多 将史, 水品 佳子, 開 陽子, 平野 利勝, 水谷 英明, 中山 雅之, 間藤 尚子, 山沢 英明, 河合 陽, 篠崎 健史, 吉本 多一郎, 福嶋 敬宜, 手塚 憲志, 遠藤 俊輔, 杉山 幸比古  気管支学 : 日本気管支研究会雑誌  35-  (3)  349  -350  2013/05  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 藤井裕之, 中田有香, 歌野健一, 金澤英紀, 木島茂喜, 杉本英治  日本医学放射線学会総会抄録集  72nd-  S157  -S157  2013/02  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 大竹悠子, 佐々木崇洋, 木村有喜男, 中田和佳, 藤田晃史, 杉本英治  日本医学放射線学会総会抄録集  72nd-  S157-S158  -S158  2013/02  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎 健史, 藤井 裕之, 杉本 英治  臨床放射線  58-  (1)  47  -58  2013/01  [Not refereed][Not invited]
  • 【胸部の最新画像情報2013】 気管・気管支の画像診断 CT画像を中心に
    篠崎 健史, 藤井 裕之, 杉本 英治  臨床放射線  58-  (1)  47  -58  2013/01  [Not refereed][Not invited]
  • 胸部X線上の心膜脂肪と異常影の鑑別
    篠崎 健史, 杉本 英治  日本医事新報  (4611)  60  -61  2012/09  [Not refereed][Not invited]
  • 川村義文, 芦崎道太, 篠崎健史, 杉本英治  核医学  49-  (3)  228  -S208  2012/08  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 木村有喜男, 歌野健一, 大竹悠子, 中田有香, 芦崎道太, 川村義文, 杉本英治  核医学  49-  (3)  257  2012/08  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 中田有香, 歌野健一, 大竹悠子, 木村有喜男, 芦崎道太, 川村義文, 杉本英治  核医学  49-  (3)  230  -S210  2012/08  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎 健史, 木村 有喜男, 歌野 健一, 大竹 悠子, 中田 有香, 芦崎 道太, 川村 義文, 杉本 英治  核医学  49-  (3)  S237  -S237  2012/08  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 鉄田大輔, 杉本英治  日本医学放射線学会総会抄録集  71st-  S131-S132  -S132  2012/02  [Not refereed][Not invited]
  • 中田和佳, 篠崎健史, 杉本英治  臨床画像  27-  (12)  1502  -1515  2011/12  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史  日本高血圧学会総会プログラム・抄録集  34th-  356  -356  2011/10  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 歌野健一, 大竹悠子, 芦崎道太, 川村義文, 杉本英治  核医学  48-  (3)  325  2011/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎 健史, 歌野 健一, 大竹 悠子, 芦崎 道太, 川村 義文, 杉本 英治  核医学  48-  (3)  S263  -S263  2011/09  [Not refereed][Not invited]
  • TAKAHASHI KOJI, MURATA RIE, KOBAYASHI KEIGO, HARA MASAKI, SHINOZAKI KENJI  画像診断  31-  (5)  422  -431  2011/03  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史  日本医学放射線学会総会抄録集  70th-  S114  2011/02  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 佐々木崇洋, 中村仁康, 金澤英紀, 中田有香, 河合陽, 杉本英治  日本医学放射線学会総会抄録集  70th-  S145  -S145  2011/02  [Not refereed][Not invited]
  • 胸膜疾患画像診断 良性胸膜病変
    篠崎 健史  日本医学放射線学会学術集会抄録集  70回-  S114  -S114  2011/02  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 杉本英治  栃木県医学会々誌  40-  118  -122  2010/12  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 歌野健一, 大竹悠子, 芦崎道太, 川村義文, 杉本英治  核医学  47-  (3)  S280  -434  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 金澤英紀, 中田和佳, 藤田晃史, 杉本英治  臨床画像  26-  (9)  1037  -1047  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • 坂本敦子, 木村有喜男, 藤田晃史, 篠崎健史, 杉本英治, 薄井広樹, 荒川浩明, 弘中貢  Jpn J Radiol  28-  (Supplement 1)  22  -22  2010/07  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 中田有香, 河合陽, 中田和佳, 藤田晃史, 杉本英治  臨床画像  26-  (3)  322  -333  2010/03  [Not refereed][Not invited]
  • 藤田晃史, 酒井修, 木村有喜男, 篠崎健史  臨床画像  26-  (3)  273  -289  2010/03  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 中田有香, 河合陽, 坂本敦子, 木島茂喜, 佐藤陽介, 竹内美砂子, 木村有喜男, 大竹悠子, 杉本英治  日本医学放射線学会総会抄録集  69th-  S141  -S141  2010/02  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎 健史, 坂本 敦子, 佐藤 陽介  臨床放射線  55-  (1)  18  -26  2010/01  [Not refereed][Not invited]
  • 【胸部の最新画像情報2010】 胸部領域の石灰化病変の画像診断
    篠崎 健史, 坂本 敦子, 佐藤 陽介, 竹内 美砂子, 木島 茂喜, 中田 有香, 河合 陽, 杉本 英治  臨床放射線  55-  (1)  18  -26  2010/01  [Not refereed][Not invited]
     
    胸部X線写真やCTで、肺、縦隔、リンパ節、胸膜、胸壁、軟部組織などに石灰化や骨化所見を目にする機会は多い。多くは動脈硬化による大動脈壁の石灰化や陳旧性の炎症による石灰化など、病的意義が少ないものである。しかし、腫瘍性疾患、代謝性疾患、職業性呼吸器疾患、慢性炎症性疾患などの病態でもみられ、鑑別診断が必要な場合もある。胸部画像診断でみられることのある胸部領域の石灰化・骨化病変を呈する疾患について概説した。
  • 篠崎健史, 河合陽, 中田有香, 杉本英治  臨床画像  25-  (12)  1367  -1379  2009/12  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 大竹悠子, 藤田晃史, 芦崎道太, 川村義文, 杉本英治  核医学  46-  (3)  S197  -253  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 川村義文, 芦崎道太, 三原常径, 山岸正和, 篠崎健史, 杉本英治, 松田博史, 西川和宏  核医学  46-  (3)  S252  -308  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 大竹悠子, 川村義文, 杉本英治  核医学  46-  (3)  S233  -289  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 竹内美砂子, 篠崎健史, 佐藤陽介, 坂本敦子, 木島茂喜, 杉本英治, 金井信行, 田中亨, 水品佳子, 杉山幸比古  日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  45th-  S552  -S552  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 細谷好則, 熊野秀俊, 瑞木亨, 安田是和, 篠崎健史, 永井秀雄  手術  63-  (10)  1565  -1569  2009/09  [Not refereed][Not invited]
     
    74歳男性。患者は食道表在癌に対し内視鏡補助下粘膜下層切開剥離術が行われたが、病理組織学的に粘膜下層深部浸潤および深部断端陽性で、胸腔鏡・腹腔鏡補助下食道亜全摘D3郭清と後縦隔胃管再建術が追加された。しかし、術後6日目の胸部X線で多量の左胸水が認められ、乳び胸と診断、左胸腔ドレーンを挿入したものの、1000mlの排液が持続した。そこで、リンパ管シンチグラフィーと造影CTを行ったところ、フュージョン画像より胃管左側、下行大動脈前方に漏出部が同定された。そのため、左側からのアプローチで胸腔鏡下に胸管クリッピングを行い、PGAシートとフィブリン糊を用いて被覆固定したところ、再手術直後より胸腔ドレーン排液は著明な減少が認められ、以後、良好な経過が得られた。
  • 篠崎健史  断層映像研究会雑誌  36-  (2)  63  -63  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 中田有香, 河合陽, 杉本英治  臨床画像  25-  (7)  783  -794  2009/07  [Not refereed][Not invited]
  • 木村有喜男, 大竹悠子, 中田和佳, 歌野健一, 藤田晃史, 小林茂, 山元龍哉, 中田学, 篠崎健史, 杉本英治  Radiat Med  27-  (Supplement 1)  24  -24  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI  断層映像研究会雑誌  36-  (1)  23  -31  2009/04  [Not refereed][Not invited]
     
    関節リウマチ(rheumatoid arthritis:RA)は、進行性の慢性滑膜炎を主体とする全身性慢性炎症性自己免疫疾患である。病変は皮膚や肺など全身臓器にみられ、症状やRA因子などの臨床所見も診断に重要となる。単純X線写真は骨関節病変の診断、経過観察に日常的に用いられており、軟部組織腫脹、骨侵食(エロージョン)、関節裂隙狭小化、関節周囲の骨粗鬆症などの形態的変化と、左右対称性、多発性などの罹患関節の分布評価に有用である。最近のRA治療は、単純X線写真で骨・関節の所見が出現するよりも早期に診断し、抗リウマチ薬や生物学的製剤による治療を積極的に行うようになってきている。単純X線写真は進行したRAの所見を観察するには適しているが、骨・関節の変化が出現する以前の滑膜炎の活動性の評価や治療効果を観察するには限界がある。単純X線写真で異常所見として認識できない時期の滑膜炎や骨の変化を評価する方法として超音波検査やMRIの有用性が多く報告されるようになってきている。RAに関連した炎症性関節炎には、歴史的には血清反応陰性脊椎関節症(seronegative spondyloarthropathy)と呼ばれていた疾患群が含まれるが、これは現在、脊椎関節症(spondyloarthropathy:SpA)としてまとめられている。SpAには強直性脊椎炎、乾癬性脊椎炎、Reiter症候群、腸炎に合併した関節炎が含まれる。RAとSpAの相違点は、RAが主に滑膜関節に限局しているのに対し、SpAは滑膜関節以外に軟骨結合や靱帯付着部、関節包も侵す。SpAとRAの最大の相違点は、SpAでは関節炎に骨形成性変化を伴うことで、骨浸食病変近傍の骨硬化性変化、靱帯付着部の骨化、骨性強直が起きることである。本稿ではこれらの関節炎の特徴的な画像所見を呈示すると共に、RAの早期診断におけるMRIの有用性について解説する。(著者抄録)
  • 【救急画像診断 見逃してはならないポイント集】 上肢の骨折
    篠崎 健史, 竹内 美砂子, 坂本 敦子, 杉本 英治  臨床画像  25-  (4月増刊)  152  -163  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 竹内美砂子, 坂本敦子, 杉本英治  臨床画像  25-  152  -163  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 坂本敦子, 木島茂喜, 佐藤陽介, 竹内美砂子, 木村有喜男, 大竹悠子, 杉本英治  日本医学放射線学会総会抄録集  68th-  S138  -S138  2009/02  [Not refereed][Not invited]
  • HYODO HARUO, SHINOZAKI TAKESHI, MONMA KIMITSUNE, OBARA YASUHIRO, FUKUDA HARUMI, YAMAGUCHI YOSHIYUKI, MATSUMOTO MASATOSHI, NIWA YASUNORI, SUGIMOTO HIDEHARU  日本画像医学雑誌  27-  (1)  1  -8  2008/12  [Not refereed][Not invited]
     
    健康成人人間ドック症例の喫煙群と非喫煙群の間で末梢肺紋理の描出に差が出るか検討した。ドック症例で、喫煙歴有無記載の明らかな1082例を対象にした。1秒率70%以上群に就いてC別に集計し、喫煙群全体でCategory 2(C2)が非喫煙群全体に比べて有意に多く、各年代においても、喫煙群にC2が有意に多かった。1秒率69%以下の症例の喫煙群と非喫煙群の比較で、喫煙群は39歳以下、40歳、50歳代にはいずれも正常者はいなかった。喫煙者、非喫煙共に、C2を拾い上げる感度性を検討した。C2を異常とした時、喫煙或いは非喫煙者の受動喫煙に対する末梢肺紋理像の異常と読影できるsensitivityは、39歳以下では70%で、specificityは50%であった。同様に、40歳代では78%、58%、50歳代では91%、40%、60歳以上では89%、43%であった。Sensitivityは各年代を通して、約70%以上の感度であった。
  • 川村義文, 三原常径, 山岸正和, 篠崎健史, 杉本英治, 松田博史  核医学  45-  (3)  S178  -S178  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 大竹悠子, 歌野健一, 藤田晃史, 芦崎道太, 川村義文, 杉本英治  核医学  45-  (3)  S205  -S205  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI, SAKAMOTO ATSUKO, TAKEUCHI MASAKO, SATO YOSUKE, KIJIMA SHIGEKI, SUGIMOTO HIDEHARU  画像診断  28-  (11)  1162  -1173  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【膠原病の画像診断update】 膠原病に伴う骨関節病変 MRIの有用性
    篠崎 健史, 坂本 敦子, 竹内 美砂子, 佐藤 陽介, 木島 茂喜, 杉本 英治  画像診断  28-  (11)  1162  -1173  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI, KIMURA YUKIO, SUGIMOTO HIDEHARU  画像診断  28-  (8)  774  -784  2008/06  [Not refereed][Not invited]
  • 大竹悠子, 島田和佳, 歌野健一, 藤田晃史, 篠崎健史, 杉本英治  Radiat Med  26-  (Suppl.I)  23  -23  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 兵頭春夫, 福田武隼, 門馬公経, 小原靖尋, 福田晴美, 高橋秀光, 今田俊哉, 森田賀津雄, 乾裕子, 荒井大輔, 小林幹雄, 水野智弥, 岩崎忠臣, 百目木希美, 山口佳志, 丹羽康則, 篠崎健史, 杉本英治  栃木県医学会々誌  37-  28  -31  2007/12  [Not refereed][Not invited]
     
    人間ドック受診者1082名(男831名・女251名)を対象に、喫煙による胸部X線像への影響を検討した。喫煙者は596名(男567名・女29名:A群)で、非喫煙者が486名(男264名・女222名:B群)であった。評価は詳細画像による末梢の細気管支像のCategory分類により行い、緩衝帯まで追跡可能(C1)、1/2肋骨巾まで追跡可能(C2)、1/3肋骨巾まで追跡可能(C3)とした。肺機能別にみると、1秒率80%以上の症例では各年代ともA群でC2・C3の割合が高かった。A群のC3例の割合は39歳以下20.4%、40歳代22%、50歳代22.6%、60歳以上24%で、B群との間に有意差を認めた。1秒率70%台でもA群は各年代でB群に比較してC2・C3の割合が有意に高く、1秒率69%以下ではA群25名のうち60歳以上群の1名のみC1で、他の年齢群に正常者はみられず、B群との間に有意差を認めた。B群のうち、職場や配偶者の喫煙による受動喫煙者204名(男74名・女130名)では、30〜59歳でのC2・C3の割合が男100%、女78%と高かった。
  • 川村義文, 篠崎健史, 杉本英治  核医学  44-  (3)  306  -306  2007/10  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史  断層映像研究会雑誌  34-  (2)  92  2007/09  [Not refereed][Not invited]
  • 島田和佳, 山元龍哉, 小林茂, 篠崎健史, 杉本英治, 小黒恵司, 渡辺英寿  Radiat Med  25-  (Suppl.I)  36  -36  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI, OTAKE YUKO, SUGIMOTO HIDEHARU  画像診断  27-  (5)  553  -561  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • 藤栄寿雄, 吉田慶之, 篠崎健史, 杉本英治  IVR  22-  (2)  195  -199  2007/04  [Not refereed][Not invited]
     
    チアノーゼ性先天心疾患では体動脈-肺動脈側副血行路が発達し、肺血流の減少を代償する役割を担っているが、しばしば血管の破綻による肺出血やシャント血流過多による鬱血性心不全を惹起することが知られている。そのような場合には経カテーテル動脈塞栓術の適応と考えられ、これまでに幾つかの報告があるが、いずれも塞栓術の有用性についての一般的な検討にとどまっている。今回、自験6例の治療成績を詳細に検討し、本疾患の特異性を考慮したうえでの動脈塞栓術の有用性と限界について考察した。結果、動脈塞栓術は可及的な対症療法としては非常に有用であるが、血行動態的には再発を繰り返す可能性が高いと考えられた。
  • FUJITA AKIFUMI, SAKAI OSAMU, OTAKE YUKO, UTANO KEN'ICHI, NAKATA WAKA, KOBAYASHI SHIGERU, NAKATA MANABU, YAMAMOTO TATSUYA, SHINOZAKI TAKESHI, SUGIMOTO HIDEHARU  臨床放射線  52-  (3)  458  -464  2007/03  [Not refereed][Not invited]
     
    1990〜2005年に当院で鼻腔・副鼻腔原発悪性リンパ腫と病理診断された患者で、CTもしくはMRIが施行された12例の画像所見について検討した。CT、MRIともそれぞれ11例に施行され、CTの撮影方法は単純CTのみが3例、造影CTのみが6例、単純+造影が2例であった。MRI検査では10例にガドリニウム造影剤が投与された。病理診断の内訳はdiffuse large B-cell lymphoma(DLBCL)が7例、B-cell,Burkitt's typeが1例、T-cellが1例、extranodal NK/T cell lymphoma,nasal type(NTCL)が3例であった。CTの所見は、造影の有無にかかわらず、1例のDLBCLを除いて均一な濃度を示した。著明な骨破壊像を6例に認めたが、この中にNTCL例は含まれていなかった。骨壁構造が比較的保たれ浸透性に進展する像が3例で認められ、うち2例はNTCLであった。MRIでは11例とも鼻粘膜に比べてT1強調像で等信号、T2強調像で低信号を示した。ガドリニウムによる増強効果は様々であったが、NTCLとT-cell例はすべて増強効果が弱かった。
  • 篠崎健史, 大竹悠子, 歌野健一, 中田和佳, 小林茂, 藤田晃史, 中田学, 山元龍哉, 杉本英治  日本医学放射線学会学術集会抄録集  66th-  S117  -S117  2007/02  [Not refereed][Not invited]
  • 山元龍哉, 大竹悠子, 中田和佳, 歌野健一, 小林茂, 藤田晃史, 中田学, 篠崎健史, 杉本英治, 吉田慶之  日本医学放射線学会学術集会抄録集  66th-  S110-S111  -S111  2007/02  [Not refereed][Not invited]
  • 兵頭春夫, 篠崎健史, 杉本英治  日本医学放射線学会学術集会抄録集  66th-  S174-S175  -S175  2007/02  [Not refereed][Not invited]
  • 兵頭春夫, 篠崎健史, 杉本英治  日本画像医学雑誌  25-  (3)  168  -168  2007/02  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI, UTANO KEN'ICHI, SUGIMOTO HIDEHARU  画像診断  27-  (1)  31  -40  2006/12  [Not refereed][Not invited]
  • 兵頭春夫, 福田武隼, 門馬公経, 小原靖尋, 福田晴美, 高橋秀光, 今田俊哉, 米倉悦子, 鈴木真琴, 丹羽康則, 篠崎健史  栃木県医学会々誌  36-  34  -37  2006/12  [Not refereed][Not invited]
     
    平成16年1月から17年6月末までのドック症例で、喫煙歴有無記載の明らかな743例を対象にViewerによる精細画像診断を行い、下肺野の線状影について喫煙群と非喫煙群の描出の相違を検討した。症例の内訳は男性556例、女性187例で、喫煙歴の有無では男性は367/189例(喫煙率66.7%)、女性は23/164例(喫煙率12.3%)であった。年齢別男女数は、39歳以下では113(55/58)、43歳代254(197/57)、50歳代294(243/51)、60歳以上82(61/21)例である。男性の喫煙率は39歳以下65%、40歳代73%、50歳代63%、60歳以上56%である。Viewer診断に用いたX線CR装置はコニカREGIUSシステムMODEL170である。検討の結果、精密画像診断は自覚症状の有無に関係なく、たばこによる末梢気道の病態推定に寄与すると考えられた。
  • 篠崎健史, 島田和佳, 杉本英治  臨床画像  22-  (11)  1224  -1236  2006/11  [Not refereed][Not invited]
  • 川村義文, 三澤一郎, 篠崎健史, 杉本英治  核医学  43-  (3)  272  -272  2006/10  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 大竹悠子, 杉本英治  臨床画像  22-  (10)  1170  -1171  2006/10  [Not refereed][Not invited]
  • われらがベストティーチングコレクション 骨 悪性腫瘍が疑われた仙骨病変
    篠崎 健史, 大竹 悠子, 杉本 英治  臨床画像  22-  (10)  1170  -1171  2006/10  [Not refereed][Not invited]
  • 中田学, 藤田晃史, 歌野健一, 島田和佳, 大竹悠子, 小林茂, 山元龍哉, 篠崎健史, 杉本英治, 湯澤政行, 中野一彦, 森田辰男, 喜舎場由香  日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  42nd-  S517  -S517  2006/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 杉本英治, 高徳賢三, 松村福広  画像診断  26-  (6)  684  -685  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 杉本英治, 高徳賢三, 松村福広  画像診断  26-  (6)  686  -687  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 杉本英治, 高徳賢三, 松村福広  画像診断  26-  (6)  688  -689  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 杉本英治, 高徳賢三, 松村福広  画像診断  26-  (6)  692  -693  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 杉本英治, 高徳賢三, 松村福広  画像診断  26-  (6)  690  -691  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 【骨折の画像診断 CTで何を報告するのか】 肩・上腕 転位のない大結節骨折
    篠崎 健史, 杉本 英治, 高徳 賢三, 松村 福広  画像診断  26-  (6)  684  -685  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 【骨折の画像診断 CTで何を報告するのか】 肩・上腕 外科頸骨折
    篠崎 健史, 杉本 英治, 高徳 賢三, 松村 福広  画像診断  26-  (6)  686  -687  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 【骨折の画像診断 CTで何を報告するのか】 肩・上腕 解剖頸脱臼骨折
    篠崎 健史, 杉本 英治, 高徳 賢三, 松村 福広  画像診断  26-  (6)  688  -689  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 【骨折の画像診断 CTで何を報告するのか】 肩・上腕 右上腕骨遠位部骨折
    篠崎 健史, 杉本 英治, 高徳 賢三, 松村 福広  画像診断  26-  (6)  690  -691  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 【骨折の画像診断 CTで何を報告するのか】 肩・上腕 左上腕骨遠位部粉砕骨折
    篠崎 健史, 杉本 英治, 高徳 賢三, 松村 福広  画像診断  26-  (6)  692  -693  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • 藤田晃史, 島田和佳, 歌野健一, 吉田慶之, 小林茂, 中田学, 山元龍哉, 篠崎健史, 杉本英治, 酒井修  日本医学放射線学会学術集会抄録集  65th-  S250  -S250  2006/02  [Not refereed][Not invited]
  • 山元龍哉, 歌野健一, 島田和佳, 吉田慶之, 小林茂, 藤田晃史, 篠崎健史, 相原敏則, 杉本英治  日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  41st-  S485  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 山元龍哉, 島田和佳, 歌野健一, 吉田慶之, 小林茂, 藤田晃史, 篠崎健史, 相原敏則, 杉本英治  臨床画像  21-  (7)  791  -799  2005/07  [Not refereed][Not invited]
  • FUJITA AKIFUMI, SHINOZAKI TAKESHI, YOSHIDA YOSHIYUKI, SUGIMOTO HIDEHARU  画像診断  25-  (7)  804  -818  2005/06  [Not refereed][Not invited]
  • 肝カルチノイドの1例
    吉田 慶之, 藤田 晃史, 篠崎 健史, 島田 和佳, 杉本 英治, 川野輪 香織, 川井 俊郎, 佐藤 博之, 磯田 憲夫  日独医報  50-  (2)  406  -406  2005/06  [Not refereed][Not invited]
  • 藤田晃史, 島田和佳, 歌野健一, 吉田慶之, 山元龍哉, 篠崎健史, 相原敏則, 杉本英治  臨床画像  21-  (2)  174  -182  2005/02  [Not refereed][Not invited]
  • 藤田晃史, 杉本英治, 久保田勇人, 島田和佳, 歌野健一, 吉田慶之, 山元龍哉, 篠崎健史, 本田実  日本医学放射線学会学術集会抄録集  64th-  S103  -S103  2005/02  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 藤田晃史, 杉本英治  Medicina  41-  (12)  332  -339  2004/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【臨床医必携 単純X線写真の読み方・使い方】 骨格系 血液・造血器疾患と骨関節病変 単純X線写真から多くを読みとるクセをつける
    篠崎 健史, 藤田 晃史, 杉本 英治  Medicina  41-  (12)  332  -339  2004/11  [Not refereed][Not invited]
  • FUJITA AKIFUMI, SAKAI OSAMU, SHIMADA WAKA, UTANO KEN'ICHI, YOSHIDA YOSHIYUKI, SHINOZAKI TAKESHI, SHIBAYAMA CHIAKI, NAKAZAWA MASANORI, SUGIMOTO HIDEHARU  画像診断  24-  (11)  1302  -1310  2004/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【頭頸部画像診断に必要不可欠な臨床・画像解剖】 眼窩
    藤田 晃史, 酒井 修, 島田 和佳, 歌野 健一, 吉田 慶之, 篠崎 健史, 柴山 千秋, 仲澤 聖則, 杉本 英治  画像診断  24-  (11)  1302  -1310  2004/10  [Not refereed][Not invited]
     
    眼窩内にはさまざまな解剖学的構造が含まれ,形態的な異常の把握には多断面での撮像あるいは再構成が有用である.視神経管や上眼窩裂などは眼窩内から頭蓋内への進展経路として重要で,腫瘍や炎症の深部への進展の診断にCTおよびMRIの果す役割は大きい.そこで,臨床的に重要と思われる解剖学的構造を中心に症例を呈示しながら解説した
  • 藤田晃史, 柴山千秋, 仲沢聖則, 島田和佳, 歌野健一, 吉田慶之, 篠崎健史, 川野輪香織, 斉藤建  日本医学放射線学会雑誌  64-  (6)  S431  -S431  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 川村義文, 三沢一郎, 篠崎健史, 杉本英治  核医学  41-  (3)  349  -349  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 藤田晃史, 吉田慶之, 島田和佳, 杉本英治  臨床画像  20-  (7)  846  -857  2004/07  [Not refereed][Not invited]
     
    脂質代謝異常症は,高脂血症と先天性脂質代謝異常症に大きく分けられる.高脂血症は,原発性と続発性がある.先天性脂質代謝異常症は,先天的に欠損した酵素の種類により多様な臨床症状を呈する.そこで,これらの疾患の骨軟部病変を中心に組織球症を加えて解説した
  • スポーツ外傷・障害のMRI 検査のコツと診断のピットフォール 手関節,手
    藤田 晃史, 杉本 英治, 篠崎 健史, 吉田 慶之, 島田 和佳  臨床スポーツ医学  21-  (7)  813  -825  2004/07  [Not refereed][Not invited]
  • 藤田晃史, 杉本英治, 篠崎健史, 吉田慶之, 島田和佳  臨床スポーツ医学  21-  (7)  813  -825  2004/07  [Not refereed][Not invited]
  • 藤田 晃史, 杉本 英治, 篠崎 健史, 吉田 慶之, 島田 和佳  臨床スポーツ医学 = The journal of clinical sports medicine  21-  (7)  813  -825  2004/07  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 吉田慶之, 島田和佳, 渡辺佳明, 杉本英治  日本医学放射線学会雑誌  64-  (2)  S293-S294  2004/02  [Not refereed][Not invited]
  • ダイナミックMRIによる乳腺腫瘤の診断能の検討
    篠崎 健史, 吉田 慶之, 島田 和佳, 渡辺 佳明, 杉本 英治  日本医学放射線学会雑誌  64-  (2)  S293  -S294  2004/02  [Not refereed][Not invited]
  • 川村義文, 三沢一郎, 才田祥子, 篠崎健史, 吉田慶之, 島田和佳, 杉本英治  日本放射線技術学会雑誌  59-  (9)  1073  2003/09  [Not refereed][Not invited]
  • 川村 義文, 三澤 一郎, 才田 祥子, 篠崎 健史, 吉田 慶之, 島田 和佳, 杉本 英治  日本放射線技術學會雜誌  59-  (9)  2003/09  [Not refereed][Not invited]
  • 123I-IMP Diamox負荷1日法における安静時脳内分推定法
    川村 義文, 三澤 一郎, 才田 祥子, 篠崎 健史, 吉田 慶之, 島田 和佳, 杉本 英治  日本放射線技術学会雑誌  59-  (9)  1073  -1073  2003/09  [Not refereed][Not invited]
  • 川村義文, 三沢一郎, 才田祥子, 篠崎健史, 杉本英治  核医学  40-  (3)  349  2003/08  [Not refereed][Not invited]
  • 123I-IMP1日法の有用性 経過観察症例におけるeZIS,3DSRT,BEATによるSPECTカウント増加率の解析
    川村 義文, 三澤 一郎, 才田 祥子, 篠崎 健史, 杉本 英治  核医学  40-  (3)  349  -349  2003/08  [Not refereed][Not invited]
  • 中村みちる, 篠崎健史, 鯉淵晴美, 中島尚美, 金井孝裕, 谷口信行, 桃井真里子, 伊東絃一  日本小児放射線学会雑誌  19-  7  2003/05  [Not refereed][Not invited]
  • 排尿時超音波尿路造影 低侵襲膀胱尿管逆流診断法を目指して
    中村 みちる, 篠崎 健史, 鯉渕 晴美, 中島 尚美, 金井 孝裕, 谷口 信行, 桃井 真里子, 伊東 紘一  日本小児放射線学会雑誌  19-  (Suppl.)  7  -7  2003/05  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI, IWASAKI YUKO, TSUBURAYA YUKIKO, FURUSE MAKOTO, SHIDA HISAO  画像診断  23-  (1)  20  -30  2003/01  [Not refereed][Not invited]
  • 【職業,環境因子とびまん性肺疾患】 塵肺症 石綿曝露を中心に
    篠崎 健史, 岩崎 優子, 圓谷 由紀子, 古瀬 信, 志田 寿夫  画像診断  23-  (1)  20  -30  2002/12  [Not refereed][Not invited]
     
    石綿吸入により,無症状の石綿関連胸膜疾患のほか,予後を左右する肺線維症(石綿肺)や肺癌,悪性中皮腫を引き起すことが知られている.石綿は広く生活物資に使用されており,職業性だけではなく非職業性曝露も少なくはなく,その肺実質,胸膜病変の画像所見を理解することは重要と考えられる.胸部単純X線写真,CT画像所見により概説した
  • TSUBURAYA YUKIKO, SHINOZAKI TAKESHI, FURUSE SHIN, SAKAI OSAMU, FUJITA AKIFUMI, TAKAYASHIKI NORIO, SAITO TAKESHI, HOSHINO YUICHI  臨床放射線  47-  (11)  1625  -1628  2002/10  [Not refereed][Not invited]
  • 後頸部の滑膜肉腫の1例
    圓谷 由紀子, 篠崎 健史, 古瀬 信, 酒井 修, 藤田 晃史, 高屋敷 典夫, 斉藤 建, 星野 雄一  臨床放射線  47-  (11)  1625  -1628  2002/10  [Not refereed][Not invited]
     
    29歳男.主訴は右後頸部腫瘤で,超音波下に細胞診を施行した.腫瘍は増大傾向で準広範切除術が行われた.腫瘍と共に癒着の強い右僧帽筋と頭板状筋の筋膜を摘出した.肉眼的所見では腫瘤は境界明瞭,分葉状の充実成分と多房性の嚢胞成分を持ち,内部には出血を認めた.組織学的所見では紡錘形細胞が束状に増殖し,渦巻状配列を呈していた.一部には微細な石灰化を認め,免疫組織学的検査では上皮系マーカーが陽性を示した為,滑膜肉腫と診断された.手術後1ヵ月おきに計6クールの化学療法が追加された.その後,約半年程経っているが局所再発及び転移性病変は認められていない
  • 圓谷 由紀子, 篠崎 健史, 古瀬 信  臨床放射線  47-  (11)  1625  -1628  2002/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【頭頸部の画像診断】 舌骨下頸部
    酒井 修, 作原 祐介, 長沢 研一, 篠崎 健史  画像診断  別冊-  (頭頸部の画像診断)  310  -339  2002/08  [Not refereed][Not invited]
  • 超音波造影剤を用いた被曝のない排尿時尿路造影(VUS)の検討
    中村 みちる, 篠崎 健史, 谷口 信行, 中島 尚美, 金井 孝裕, 桃井 真里子, 伊東 紘一  日本小児腎臓病学会雑誌  15-  (1Suppl.)  132  -132  2002/06  [Not refereed][Not invited]
  • 中村みちる, 谷口信行, 篠崎健史, 重田浩一朗, 小野倫子, 尾本きよか, 鯉淵晴美, 安里満信, 伊東紘一  超音波医学  29-  (Suppl.)  S423  -S423  2002/05  [Not refereed][Not invited]
  • 中村みちる, 篠崎健史, 中島尚美, 金井孝裕, 谷口信行, 桃井真里子, 伊東紘一  日本小児腎臓病学会雑誌  14-  (1)  172  -172  2001/05  [Not refereed][Not invited]
  • 加藤博基, 酒井修, 藤田晃史, 清水正之, 岩崎優子, 篠崎健史, 古瀬信, 小幡博人  日本医学放射線学会雑誌  61-  (3)  107  -107  2001/02  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 志田寿夫  日本医学放射線学会雑誌  61-  (2)  S224  -S224  2001/02  [Not refereed][Not invited]
  • 清水正之, 藤栄寿雄, 作原祐介, 篠崎健史, 古瀬信, 平沢知介, 長嶺伸彦  日本医学放射線学会雑誌  61-  (2)  S180-S181  -S181  2001/02  [Not refereed][Not invited]
  • 金井信行, 田淵智子, 村山史雄, 篠崎健史  月刊地域医学  14-  (11)  787  -791  2000/11  [Not refereed][Not invited]
  • 古瀬信, 酒井修, 本多正徳, 藤栄寿雄, 兵頭秀樹, 田村和哉, 兵頭かずさ, 田中修, 篠崎健史  週刊日本医事新報  (3964)  18  -25  2000/04  [Not refereed][Not invited]
  • 兵頭かずさ, 鐘ケ江香久子, 兵頭秀樹, 古瀬信, 篠崎健史, 神山辰彦  日本医学放射線学会雑誌  60-  (2)  S247  2000/02  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI  画像診断  19-  (11)  1325  -1334  1999/10  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI KENJI, MORIKUBO HIROSHI, SHIDA TOSHIO  栃木県医学会々誌  (29)  39  -42  1999/06  [Not refereed][Not invited]
  • 古瀬信, 酒井修, 本多正徳, 藤栄寿雄, 兵頭秀樹, 田村和哉, 杉本英治, 田中修, 篠崎健史  週刊日本医事新報  (3907)  26  -32  1999/03  [Not refereed][Not invited]
  • SAKAI OSAMU, FUJITA AKIFUMI, SHINOZAKI KENJI, FURUSE MAKOTO  臨床放射線  44-  (2)  235  -239  1999/02  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI  臨床医  23-  1658  -1659  1997/09  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI  臨床医  23-  1574  -1575  1997/09  [Not refereed][Not invited]
  • TOEI HISAO, FURUSE MAKOTO, SHINOZAKI TAKESHI, SOHARA YASUNORI  日本医学放射線学会雑誌  57-  (8)  493  -498  1997/07  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI, FURUSE MAKOTO  臨床放射線  42-  (6)  713  -714  1997/06  [Not refereed][Not invited]
  • SHINOZAKI TAKESHI, SAKAI OSAMU, FURUSE MAKOTO, FUJII TAKESHI  週刊日本医事新報  (3806)  69  -72  1997/04  [Not refereed][Not invited]
  • KIKUNO MOTOYUKI, TAKAHASHI KOJI, SHINOZAKI TAKESHI, NAKAZAWA MASANORI, SUGAWARA TADASHI, FURUSE MAKOTO  日本医学放射線学会雑誌  56-  (11)  703  -707  1996/09  [Not refereed][Not invited]
  • KIKUNO Motoyuki, TAKAHASHI Kohji, SHINOZAKI Takeshi, NAKAZAWA Masanori, SUGAWARA Tadashi, FURUSE Makoto  日本醫學放射線學會雜誌  56-  (11)  703  -707  1996/09  [Not refereed][Not invited]
  • 古瀬信, 篠崎健史, 兵頭秀樹, 本多正徳, 菊野基幸, 柴山千秋, 兵頭かずさ, 大沢忠  薬理と治療  24-  (Suppl 3)  S.457-S.463  1996/02  [Not refereed][Not invited]
  • 古瀬信, 高橋康二, 篠崎健史, 本多正徳, 菊野基幸, 柴山千秋, 兵頭かずさ, 永井純, 小林泰之  新薬と臨床  45-  (1)  40-49,51-55  1996/01  [Not refereed][Not invited]
  • SUGAWARA Tadashi, NAKAZAWA Masanori, OHGAWARA Kiyoshi, SHINOZAKI Takeshi  J Jpn Soc Ther Radiol Oncol  8-  (4)  293  -301  1996  [Not refereed][Not invited]
     
    A retrospective study was carried out on 101 patients with glottic cancer who underwent radical radiotherapy during 14 years from June, 1977 [58 treated by conventional fractionation (CF) and 43 treated by accelerated hyperfractionation (AHF)] to evaluate the effects of the overall treatment time (OAT) on the control of glottic cancer and to confirm the effects of AHF. The stage of the disease was Ito II in 83% of the patients and either III or IV in a small percentage. The diseases were T<SUB>1</SUB> or T<SUB>2</SUB> in 92% and N<SUB>0</SUB> in 91% of the patients. Radiotherapy was performed using bilateral opposing fields of<SUP>60</SUP> Co, and a CF regimen of 1.8-2.3 Gy/F (5F/W) to a total dose of 50.6-78.2 Gy/33-80 days and an AHF regimen of 1.5 Gy/F (l 0F/W) at 52.2 to 62 Gy/23-35 days. Microscopic partial tumor resection was carried out in 57% of the patients before or shortly after the beginning of radiotherapy. Evaluation by eliminating the biases of prognostic factors by the use of the proportional hazards model showed that tumor control was better as the OAT was shorter. The reduction of the control rate associated with prolongation of the OAT was 0.8%/day. Evaluation of the biologically equivalent dose calculated by a timedependent LQ-model indicated that the average clonogen doubling time during the treatment period was only 3.5 days or less. Early mucosal reaction was more marked after AHF. However, recovery was observed after a short period in all patients. Late injuries were observed in 2 patients undergoing CF but by none with undergoing AHF, and tumor control was significantly better with AHF than with CF.
  • TOEI HISAO, SHINOZAKI TAKESHI, OKAWARA KIYOSHI, FURUSE MAKOTO, FUJII TAKESHI, YATA HIROSHI  臨床放射線  41-  (1)  89  -96  1996/01  [Not refereed][Not invited]
  • 藤栄 寿雄, 篠崎 健史, 大河原 清  臨床放射線  41-  (1)  89  -96  1996/01  [Not refereed][Not invited]
  • SUGAWARA TADASHI, NAKAZAWA MASANORI, OKAWARA KIYOSHI, SHINOZAKI KENJI  日本放射線腫よう学会誌  7-  (Suppl 1)  64  1995/11  [Not refereed][Not invited]
  • NAKAZAWA MASANORI, SUGAWARA TADASHI, OKAWARA KIYOSHI, SHINOZAKI KENJI  日本放射線腫よう学会誌  7-  (Suppl 1)  123  1995/11  [Not refereed][Not invited]
  • SUGAWARA Tadashi, NAKAZAWA Masanori, OHKAWARA Kiyoshi, SHINOZAKI Kenji  日本放射線腫瘍学会誌学術大会報文集  17-  (1)  1995/10  [Not refereed][Not invited]
  • NAKAZAWA Masanori, SUGAWARA Tadashi, OHKAWARA Kiyoshi, SHINOZAKI Kenji  日本放射線腫瘍学会誌学術大会報文集  17-  (1)  1995/10  [Not refereed][Not invited]
  • SUGIMOTO HIDEHARU, SHINOZAKI TAKESHI, OSAWA TADASHI  画像診断  14-  (7)  805  -815  1994/07  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎健史, 藤栄寿雄, 古瀬信  臨床画像  10-  (6)  24  -32  1994/06  [Not refereed][Not invited]
  • SUGIMOTO HIDEHARU, SHINOZAKI TAKESHI, OSAWA TADASHI  Medicina  30-  (10)  464  -467  1993/09  [Not refereed][Not invited]
  • SUGIMOTO HIDEHARU, SHINOZAKI TAKESHI, OSAWA TADASHI, KAMATA KEIKO, OKUBO AKIRA, OHARA KUNITOSHI  日本医学放射線学会雑誌  53-  (4)  387  -394  1993/04  [Not refereed][Not invited]
  • SUGIMOTO HIDEHARU, SHINOZAKI TAKESHI, OSAWA TADASHI  臨床放射線  37-  (11)  1293  -1305  1992/10  [Not refereed][Not invited]
  • SUGIMOTO EIJI, SHINOZAKI TAKESHI, KAWARADA RYUJI, OSAWA TADASHI  最新医学  47-  (5)  821  -825  1992/05  [Not refereed][Not invited]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.